Top > Mauschen


Mäuschen

Last-modified: 2019-09-07 (土) 16:44:29

Tier9 ドイツ 重戦車 Mäuschen(モイスヒェン) Edit

Maunchen_0-min.PNG
12,8 cm Kw.K. L/50
Mausと似ているが、Mausと比べると頼りない装甲。
車体正面装甲は一枚板扱いであり機銃口は弱点ではない。

 

Maunchen_1-min.PNG
12,8 cm Kw.K. 44 L/55
この画像だと分かりにくいが、砲塔はMausとは違い六角形である。

 
砲塔形状比較

スペック(v0.9.17.1) Edit

車体

耐久値2,300
車体装甲厚(mm)200/155/135
最高速度(前/後)(km/h)20/15
重量(初期/最終)(t)168.39/169.93
実用出力重量比(hp/t)9.12
本体価格(Cr)3,580,000
修理費(Cr)
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
12,8 cm Kw.K. L/504.29AP
APCR
HE
220
260
65
440
440
630
1,8880.42.7501,070
4,800
935
3,600-8°/+25°
12,8 cm Kw.K. 44 L/554AP
APCR
HE
246
311
65
490
490
630
1,9600.382.3501,070
4,800
935
3,480
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
Mäuschen240/160/1501540050,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
DB 603 mit Mechanischer Aufladung1,30020920
DB 603 A11,550122,500
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
170 ton Panzer1711230,000
Mäuschen1801530,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
FuG 741570
FuG 12710150
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader6Loader
 

拡張パーツ

Vertical StabilizerMk2Improved VentilationClass3"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerLarge Tank
Spall LinerSuperheavy"Wet" Ammo RackClass2Additional Grousers×Enhanced SuspensionLongitudinal Torsion Bars
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時2.17%0.35%
移動時1.08%0.18%
 

派生車両

派生元VK 100.01 (P)(HT/169,200)
派生先Maus(HT/219,660)
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    v0.9.17.1で追加されたTier9のドイツ重戦車
    超重戦車Mausの計画案の一つである。
    Mäuschen(モイスヒェン)とは「小ネズミ」「ねずみちゃん」*1を意味する秘匿名称。*2
     
    v0.9.9(CT時点ではv0.10.0)にてVK 45.02 (P) Ausf. Bとの置き換え実装を予定していたが中止。
    v0.9.17.1にてポルシェ戦車ルートの分割再編に伴い、性能を再調整して新規実装。
     
  • 火力
    2種類の12,8cm砲が用意されている。
    砲塔の旋回速度は遅く、接近戦に持ち込まれると単独ではまず対処できない。
    • 12,8 cm Kw.K. L/50
      前身より引き継げる。最終砲が開発されていなくとも、E 75VK 45.02 Bとは違い本砲の単発はそこそこ高く、乗り出しは楽な部類。ただし照準時間がやや長く、貫通力はTier10には対抗しづらいものがあるため、砲の開発はできるだけ優先しよう。
       
    • 12,8 cm Kw.K. 44 L/55
      E 75やVK 45.02 Bと共通の主砲。
      初期砲から各性能が上昇し、発射速度以外は上位互換となっている。単発ダメージは490と、Tier9重戦車としては高くトップクラスである。DPMも少し改善しているが、重戦車が撃ち続けられる状況は少ないため実質の変化はごく少ない。
      E 75に対し照準時間、発射速度で勝るが精度で劣る。また、E 75やVK 45.02 Bと比較して総弾数が6発多い。
       
      もしMausルートと他のドイツHTルートを同時に進めているのであれば、初期砲がそこまで厳しくなくかつ手早く*3開発可能な本車で先に12,8 cm Kw.K. 44 L/55を開発しておけば、他ルートのTier9HTで多少楽ができるだろう。
       
  • 装甲
    Mausに良く似た外観を持つが、キューポラなどの弱点や砲塔形状に不安が残る。Maus程の頑丈さは無い。
    しかしながら2300というTier9としては飛び抜けて高い耐久力を擁し、2位以下を大きく引き離すインフレ気味の数値。装甲よりも体力で耐える戦術の方が良いことも。市街地でのターン制の戦闘や終盤において無類のしぶとさを発揮すること請け合いである。
    • 砲塔
      正面は240mmの曲面装甲。防盾もほとんどが開口部であり垂直240mm。垂直部分は同格重戦車にも抜かれてしまう弱点である。
      Mausと違い、防盾ごと同格重戦車の通常弾に抜かれやすいことがネック。(つまり、砲塔正面全てが弱点である。)
      よそ見が必須だが、砲塔が六角形のため、よそ見をしすぎると今度は砲塔側面(160mm)を貫通されてしまう。
      ターレットリングは200mm+傾斜で250mm程度。抜かれると砲塔旋回装置破損の危険がある。
      キューポラは正面垂直部分が240~210mm、正面傾斜部分は210~180mm。側面以降は薄くなっており相手のが貫通200mm程度あれば貫通される。このように弱点が多く、意外と貫通されやすい。
    • 車体
      上部は200mm+傾斜で280~290mmあり頑丈だが、下部は180mm+傾斜で210mm程度と弱点となっている。
      側面上部は155mmだが、下部は空間装甲込みで270mm超と非常に硬いのはMausルートのお約束。
      一応、履帯裏が弱点にならない程度で昼飯をすれば、障害物なしでも貫通240mm程度の砲弾はほぼシャットアウトできる。
      しかし基本的には遮蔽物を利用し、豚飯で車体下部を隠すことが望ましい。
       
  • 機動性
    Mausに迫る170tの巨体ゆえにその機動性は鈍重の一言。
    実用出力重量比は更に低く、履帯の接地抵抗もきわめて悪い。
    体感的な挙動の鈍さはMaus以上と言って差支えない。Maus同様味方の進軍に付いて行けず、戦闘には遅れて参加することになる。
    ちなみにType 4 HeavyT95と比較すると、出力重量比と後退速度で勝るが旋回速度や加速時・旋回時の接地抵抗で劣る。要するに加速力こそ互角だが、それ以外を加味した総合的な機動力は本車両がTier9中最下位ということになる。
     
  • 総論
    後部砲塔になり、前身からはまた特徴が変わってくる。
    初期砲からあまり苦労せずに乗り出せるものの、最終状態になっても鈍重な機動性が足を引っ張ってしまう。さらに装甲も距離が近ければ弱点を貫通されたりと、Mausには一歩及ばない性能に悩まされることも。しかしながら、本車輌は豚飯やよそ見といったMausならではの技術を身に付けるための車輌でもある。ここでこれらのテクニックを習得すれば、次車で猛威を振るうことができるだろう。
     

史実 Edit

Mauschen_history.jpg
1942 年の夏、ポルシェ社に対し、できる限り重装甲かつ高火力の突撃戦車の開発が発注されました。この開発計画により誕生したのが超重戦車マウス (Maus) ですが、その設計案のひとつが同様の内部構造を有するこの Typ 205 モイスヒェン (Mäuschen) です。しかしこの案は設計案のみに終わりました。(ゲーム内説明より)

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 chenは小さいもの・かわいいものに付ける接尾語。例えば童話の赤ずきんちゃんは「Rotkaapchen」となる(語順がそのまま対応)。接尾語が付くことによりアクセントの来る母音aがウムラウトしてMäuschenになる。
*2 ハツカネズミのMausと同様に、敢えて存在を秘匿する為に真逆の印象の動物名を使用している。
*3 砲塔の開発はいらず、拡張パーツを載せなければ初期履帯でも最終砲が乗る。