Top > Renault FT


Renault FT

Last-modified: 2019-05-02 (木) 10:03:15

Tier 1 フランス 軽戦車 ルノーFT Edit

FT_0-min.PNG
↑ Renault FT Berliet + 37 mm APX SA18
MS-1Renault NC-31Renault OtsuFiat 3000など、このRenault FTの派生型は数多く存在する。

FT_1-min.PNG
↑ Renault FT Berliet + 13.2 mm Hotchkiss mle. 1930
現代「戦車」の元祖と言える車両であり、Tier1戦車の中では最も史実的な知名度が高い。

v0.9.17まで

スペック(v0.9.18) Edit

車体

耐久値115
車体装甲厚(mm)16/16/16
最高速度(前/後)(km/h)21/8
重量(初期/最終)(t)4.82/4.79
実用出力重量比(hp/t)8.15
本体価格(Cr)0
修理費(Cr)0
超信地旋回不可
 

武装

名称(通常砲)発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
37 mm APX SA1824AP
APCR
HE
29
46
18
30
30
36
7200.5422370
800
6
100-2°/+35°
名称(機関砲)連射弾数/間隔(s)弾倉交換時間(s)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力弾倉合計攻撃力精度(m)照準時間(s)弾倉/総弾数弾薬費(Cr/G)重量(kg)俯仰角
13.2 mm Hotchkiss mle. 19305/0.135.8AP
APCR
23
36
8
8
1200.58215/7201
400
70-10°/+35°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
Renault FT Berliet22/22/1634280200
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Renault3920266
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
M26/276.8601,200
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
ER 52300100
 

乗員

1Commander(Gunner/Radio Operator/Loader)2Driver
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass1"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2×Rammer×
Spall LinerLight"Wet" Ammo Rack×Additional Grousers×Enhanced Suspension×
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時13.57%3.23%
移動時10.2%2.43%
 

派生車両

派生先Hotchkiss H35(LT/280) / D1(LT/280) / Renault R35(LT/280)
FCM 36(LT/280) / Renault FT AC(TD/280) / Renault FT 75 BS(SPG/280)
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    v0.7.1で追加されたTier1のフランス軽戦車
    第一次大戦後期、ルノー社が開発・量産した史上初の有砲塔戦車である。
     
    ゲーム新規開始時からガレージに入っている戦車のうちの1つ。
    撃破されても修理代がかからず、初期砲の37 mm APX SA18であれば弾薬代もかからない。
     
  • 火力
    いずれの砲も、搭載できる弾数が半端なく多いので弾切れの心配はない。
    クレジットに余裕があれば課金弾もいっぱい積み込むのもよいだろう。
    なお、25 mm Canon Raccourci Mle. 1934はv9.14で削除されてしまった。
    • 37 mm APX SA18
      射程距離が約700mの単発砲。
      他のルノータイプと同じく口径が大きいが、貫通力が低い。
      また、この37mm砲を装備した時のみの隠れた欠点として俯角が-2°しかとれない。
      すなわち下方向には砲がほぼ動かないので、坂や崖の上はもちろん、ちょっとした段差でも敵が撃てないことがある。
      欲張りすぎて高台から落ちたりしないように気を付けよう。
       
    • 13.2 mm Hotchkiss mle. 1930
      射程距離が約400mの機関砲。
      機関砲は通常砲と比べて射程距離が短く、遠距離狙撃には適さない。
      つまり上述の37mm砲がバランス型ならば、こちらの機関砲は接近戦向きという事になる。
      この砲は貫通力は低いものの、装甲の薄い相手に全弾貫通できれば一気にHPを削り取れるのが魅力だ。
      なお、37mm砲よりも俯角-10°と広いので、坂や崖の上からでも射撃がしやすいというメリットもある。
       
  • 装甲
    日本のTier1戦車Renault Otsuに次ぐ、Tier1戦車としては高い防御性能を持つ。
    砲塔は堅いものの、車体の装甲は一回り薄くなっている。
    車体を隠して砲塔だけを出して砲撃できるように、周囲の障害物や地形を上手く使っていこう。
    この事から、逆に敵となったこの車両を狙う際は砲塔より車体を狙うのが良い。
    どの戦車にも弱点部位はあるので、この車両に限らず、各戦車の特性をしっかり把握するようにしよう。
     
  • 機動性
    初期戦車の中ではかなり鈍足。
    最高速度21km/hと遅く、味方に置いて行かれやすいのが頭痛の種。
    孤立した時の取り返しが付きにくいので、ミニマップをよく見て味方のいる場所を常に意識し、集団行動を心掛けよう。
     
  • 総論
    フランス低Tier戦車の入門編である。
    「低い速度と厚い装甲」というのがフランス低Tierの特徴であり、この戦車で十分に慣れておこう。
    13.2mm Hotchkiss mle.1930の弾倉式の装填システムは、高Tierフランス戦車では頻繁に見かける事になる。
    Tier2以降ではしばらく扱う機会が無いが、一度触れて概要を知っておくといいだろう。
     
    分からない単語があれば用語・略語

史実 Edit

詳細

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。