T95/FV4201 Chieftain

Last-modified: 2021-08-24 (火) 11:33:27

Tier 10 イギリス 重戦車 (略称: T95/FV4201)


Chieftain/T95の逆バージョンである。
一般的なChieftainと比べると砲塔がすっきりしており、試作戦車感を漂わせている。

3Dスタイル「王権の守護者(Guardian of Crown)」

スペック(v1.10.0)

車体

耐久値2,200
車体装甲厚(mm)127/89/48
最高速度(前/後)(km/h)46/15
重量(t)60
実用出力重量比(hp/t)16.67
本体価格22,500G相当
修理費(Cr)
超信地旋回
ロール万能型重戦車
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
120 mm Tank Gun L115.71APCR
APCR
HESH
270
322
140
440
440
530
2,5140.352.11,150
1,334
1,067
401,050
4,800
950
1,808-10°/+20°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
T95/FV4201 Chieftain prototype350/175/353041018,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Continental AOI-1195-5A1,00015998
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
T95/FV4201 Chieftain prototype653315,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
C42/B47 AFV stations complete75080
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Loader(Radio Operator)
 

拡張パーツ

Class1Class1Class1Class1Class1Class1
××Class1Class1Heavy
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時6.84%1.3%
移動時3.42%0.65%
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v1.4.0新規実装

解説(v1.4.0)

  • 概要
    v1.4.0で追加されたTier10のイギリス配布重戦車。CWイベント「戦場の虎」の報酬車輌。
    アメリカ・イギリスが開発中だった主力戦車T95およびFV4201のモジュールを共有化する計画案である。
    同国Tier10HTのT95/Chieftainとは別車輌。
     
  • 火力
    仰俯角は+20/-10°とかなり広い。
    • 120 mm Tank Gun L11
      120mm砲*1でありながら122mm砲と同等の440ダメージを持つ。通常弾・課金弾ともにAPCRであり、通常弾貫通力は270mmと重戦車の中で最も高い。課金弾の貫通力も322mmと申し分ない。
      HE弾は貫通力が高く、Super Conqueror等が装備するL1A1砲のHEを20mm上回る。
      照準性能はSuper Conquerorにはやや劣るが、重戦車としては十分。
       
  • 装甲
    砲塔正面装甲が異常に硬いため、ハルダウンが極めて効果的である。
    耐久値は英国車輌としては珍しく低め。
    • 砲塔
      正面全域が350mm超相当となる石頭である。
      唯一キューポラが200mm程度で抜けるが、かなり小さいため平地であっても狙いにくく、俯角を使ったハルダウンではほぼ見えなくなる。
      実装甲厚はムラがあるが、キューポラのある砲塔左側に175mm、それ以外の場所は天板や側面ギリギリでなければ215mm~350mmはあるためHEもほとんどは低ダメージで防げる。
      砲身周辺は砲身を中心に「く」の字型になっているため、撃ち上げられる状態になると下半分の傾斜が相殺され310mm程度となる。高精度・高貫通の砲には抜かれる可能性がある。
      側面は後ろに行くほど薄くなるようになっているが、20度ほどまでのよそ見なら防御力が損なわれる事は無い。
      天板、背面は35mmとかなり薄い。
    • 車体
      正面装甲上部は傾斜65°127mmで実質290mm相当、5°の標準化と撃ち下ろしを加味すると245mm程度。
      操縦手ハッチのある最上部は50.8mm。撃ち下ろされない限りは70°の跳弾角度となるが、榴弾には弱い。敵対した際にどうしても砲塔しか狙えない場合は、ここに爆風が当たるように榴弾を撃ち込むと良い。
      正面下部は傾斜45度152mmで220mm相当。
      側面は89mmの垂直装甲。サイドスカートは5mmの空間装甲扱い。
      豚飯は車体の切り欠きが見えてしまう(ただし見た目ではわかりにくい)ため、一時凌ぎ程度と考えておこう。
       
  • 機動性
    最高速度こそ46km/hと平均よりやや上程度なものの、舗装道路以外の実用上の最高速度はIS-7WZ-111 5AObject 260と同程度であり、良好な出力重量比と履帯性能によりかなり軽快に動く事ができる。
    配置の振り直しもしやすく、臨機応変に自分に有利な場所に移動しよう。
     
  • その他
    視界が410mと他の重戦車に比べると僅かに長いという特徴を持ち、なおかつ隠蔽率がObject 277と同値で高めであるため重戦車同士では視界負けしにくい。
     
  • 総論
    走攻守のバランスの良い、強力な車輌であり、Tier10の中でも最強格のひとつ。
    他の快速重戦車に比べると、最高速度では劣るものの頭の防御力や砲性能では勝っている。
    ソ連や中国の快速重戦車は精度や弾速があまり良くなく接近戦を強いられがちだが、こちらは英国らしい砲性能の良さから狙撃もこなす事ができる為活躍の幅が広い。
    たっぷり-10度取れる俯角からのハルダウンは非常に強烈で、自走砲以外では崩す手段がほぼ無い。頭出しをしている本車とはなるべく付き合わず、側面や下部を隠しにくい場所で戦うようにしたい。
     

史実

この新型重戦車の開発は、イギリスで 1951 年に開始されました。本計画においては、FV4201 チーフテン (Chieftain) とアメリカの T95 戦車に兵装の互換性 (砲塔を含む) を持たせることが検討されていました。しかしこの案を採用した場合、その搭乗員が 2 種類の砲制御システムの操作を習得する必要が生じることから、訓練が困難となるため、計画は中止されました。(ゲーム内説明より)

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。
アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1
コメントの際、当該wikiのモラルを尊重した行動をお願いします。

 

上記を理解した上でコメントを書き込みます


*1 厳密な口径は119.38mm