Gage Weapon Pack #02 関連実績

Last-modified: 2020-07-08 (水) 19:21:03

ドクター・ミゼラブル (Doctor Miserable)

Doctor miserable.jpg
 

難易度OVERKILL以上のBIG OIL DAY2で、最後に正しいエンジンを回収してクリアする。

  • つまり先に11台の間違ったエンジンを乗せなければならない
  • 1時間はかかる持久戦になるため、各種バッグはACEまで取得しておきたい
    • バッグはなるべく使わずに極力敵の落した弾薬で食い繋いでいきたい。そのためFully Loaded ACEの取得を推奨。
  • 基本的に滑走路周辺にバッグを集めておくのだが、バッグは地下室入口辺りまで運んでおけばあとは警察が運び出してくれるので、それを奪えばよい。地下~滑走路間よりも距離が短いし敵も少ない。
  • 最初の20分以降は滑走路での遠距離戦になるため、Acuの高い武器が良い。

クローカーとダガー (Cloak and Dagger)

Cloak and dagger.jpg
 

Cloakerをナイフで倒す。

実績の由来

Cloak and Daggerとは「スパイもの」等のジャンルの一つであるが、
ここでのCloakはそのままCloakerを指しているものと思われる。
ちなみにTeam Fortress 2に同名の武器が存在する。

  • オフライン・AI無しだとチャージして来ないので、実績が比較的楽に解除できる。
  • とどめがナイフであればよい。

最後にして第8のルール (The Eighth and Final Rule)

The eighth and final rule.jpg
 

NIGHTCLUBにて、Fistsで警官を50人倒す。

実績の由来

映画「ファイトクラブ」の地下闘技場に関するルールが元ネタ。"And the eighth and final rule: if this is your first night at Fight Club, you have to fight(最後にして第八のルール。ファイトクラブに初めて足を踏み入れた者は、戦わなくてはならない)"

  • 難易度不問なのでNormal推奨。それでも徒手空拳ではかなり厳しい。
  • 対象は制服警官だけでなく、SWAT隊員も含まれる。とにかくギャング以外の敵をひたすら殴り倒していけば良い。
  • 通報後、最初にパトカーで来る警官を倒していくのが無難か。
  • 自分から距離を詰めていくのではなく、障害物や曲がり角に隠れて相手から近づいてくるのを待つと良い。
    • 待っている間にチャージは完了しておくこと。
  • 3人以上で敵が固まっている場合はAIに処理させて、1~2人の敵を狩るようにすると安全。
  • Iron Man ACEを取得してICTVを着用していれば難易度Normalならほぼ無敵になるので、上記のような面倒なことを考えず適当に歩き回りながら殴るだけで済む。PerkにInfiltratorSociopathを装備すればなお良い。

息を吸う様に殺人を行う (Killin’s as Easy as Breathing)

Killin's as easy as breathing.jpg
 

軽機関銃を使用し、トリガーを引き続けたまま10人の警官を倒す。

実績の由来

映画「ランボー/最後の戦場」にてジョン・ランボーがサラに向かって放った台詞。

  • 難易度NormalのWATCHDOGS DAY1、またはGARAGEを除くESCAPEなら開幕に10人以上の軽装の敵が待ち構えているので、そこを狙うとよい。
    • DLCがあるならBIRTH OF SKYの輸送機内でも達成出来る。
  • Bulletstormがあればなお良い。

最初に戦争を始めたのはあいつ等だ、俺じゃない (They Drew First Blood, Not Me)

They drew first blood not me.jpg
 

1Day中に、軽機関銃で220人の敵を倒す。

実績の由来

映画「ランボー」(原題:First Blood)で、ランボーのトラウトマン上官への台詞が元ネタ。「最初に戦争を始めたのはあいつらだ」

  • 難易度NormalのWATCHDOGS DAY1が沸きも多く楽にこなせる。
  • 参考までに、AI有りソロ・難易度HardのRATS DAY1でMethを7つ作るまでに170人程度。
  • キル数達成の時点で解除。

街ではお前が法かもしれないが、此処では俺が法だ (In Town You’re the Law, out Here it’s Me.)

In town you're the law out here it's me.jpg
 

ジャンプキックしてきたCloakerをショットガンで倒す。

実績の由来

映画「ランボー」で、ランボーが森で保安官を捕まえたときの台詞が元ネタ。「町ではお前が法かもしれないが、ここでは俺が法だ」

  • プレイヤーがジャンプで飛び越せる程度の障害物越しにCloakerに近づくと、ジャンプキックをしてくる。このジャンプ~着地モーションまでに倒せばいい。
  • Cloakerの直進を妨げるような環境があれば飛び蹴りしてくれるので、車などの障害物に乗ってもいい。
  • ただし、飛び蹴りは非常に素早いので撃ち遅れないように注意。
  • 飛び蹴り中に殺しきれないと意味がない点にも注意したいが、先に発見して先制で一発撃って相手がコチラに気付くような状況を作れると心配要素が減る。
  • 飛び蹴り直後の着地した体制でも解除される。
    • 自信があるなら飛び蹴りを回避し、着地硬直中に殺せばよい。
  • また、ラグ次第だが飛び蹴りをする状況でダウン体制に入った時を撃っても解除可能。ホストの場合はラグが無い為出来ない。

あんまり調子に乗るんじゃねぇぞ (Don’t Push It)

Don't push it.jpg
 

突進してきたCloakerをDeagleで倒す。

実績の由来

同じく映画「ランボー」から、上の実績のシーンでランボーが"Don't push it(調子に乗るな)"と続ける。

  • WATCHDOGS DAY1ならアサルトまでの時間も短く、Cloakerのスポーン位置もトラック横なので何度もチャレンジできる
  • 他のプレーヤーを蹴り倒したCloakerを倒しても達成可能。

クソったr… (HOLY SHI-)

Holy shi-.jpg
 

Cloakerの特殊攻撃でダウンする。

実績の由来

「HOLY SHIT(クソッタレ!)」が途中でさえぎられている。言い終わる前に蹴られたのだろう。

怪我してる時間なんてねぇぜ (I Ain’t got Time to Bleed)

I ain't got time to bleed.jpg
 

難易度OVERKILL以上にて、体力が25%を切った状態で、FBI SWATかFBI Heavy SWAT unitsをナイフで15人倒す。

実績の由来

1987年公開の映画「プレデター」で負傷したブレイン・クーパーが放った台詞。

  • Heavy Response Unit(緑)、Maximum Force Responder(茶)の事を指している
  • 近接関連のスキルを用意すると良い、特にBerserkerは実績の条件とスキル発動条件が同じ
  • 降伏させた奴を倒すのが安全
  • Pumping Iron BASICBloodthirst BASICBerserker BASICSwan Song ACEを取得し、Trench Knife辺りを持ってBANK HEISTへ向かう。
    即マスクで警備員を始末後、火炎瓶あたりで自傷して実績の条件を満たすついでにBerserkerを発動し、カウンター内で敵が来るのを待つ。
    あとはカウンター内で待ち受けるか、出て敵を刺しまくる。もしやられてもSwan Song中に刺しまくって稼ぐ。

冗談だろ? (Are you Kidding Me?)

Are you kidding me.jpg
 

Bulldozerをナイフで倒す。

実績の由来

「からかってるのか?」または「冗談だろ?」

  • Bulldozer狩りに関しては当該項目を参照
  • Cloaker同様、とどめをナイフで行えばよい。
    • とどめを刺したプレイヤーのみ実績解除。
  • 完全にナイフのみでやる場合はPumping Iron ACEBloodthirst BASICを取得し、PerkにInfiltratorSociopathを装備すれば比較的楽に済ませられる。
    • Bulldozerのバイザーを壊して顔をむき出しにして、密着すると攻撃して来ない。
      • Bulldozerが後退して隙間が開くと殴られるので壁際へ追い込むか、周囲をぐるぐる回る必要がある。