Top > LTG
HTML convert time to 0.015 sec.


LTG

Last-modified: 2018-06-22 (金) 11:09:56

Tier7 ソ連 軽戦車 Edit

LTG_0-min.PNG
↑ LTG + 85 mm Zis-S-53M
砲塔右前方に操縦手席がある特殊な配置であり、これはObject 416以降の後部砲塔中戦車ルートと同じ仕様。

 

LTG_1-min.PNG
↑ LTG + 85 mm D-5T-85BMU
異常に薄っぺらい車体と左右非対称の歪な砲塔が印象深い。

 

LTG_2-min.PNG
某ロボット兵のようにも見える独特な容姿。

スペック(v0.9.18) Edit

車体

耐久値880
車体装甲厚(mm)40/40/40
最高速度(前/後)(km/h)63/20
重量(初期/最終)(t)25/25.28
実用出力重量比(hp/t)25.71
本体価格(Cr)1,380,000
修理費(Cr)
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
85 mm ZiS-S-53M12.5AP
APCR
HE
126
167
43
160
160
280
2,0000.422.538109
2,800
98
1,550-5°/+25°
85 mm D-5T-85BMU10AP
APCR
HE
144
194
44
180
180
300
1,8000.42.338175
3,200
139
1,850
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
LTG110/80/80483606,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
GAZ-O530151,100
GAZ-OU650121,100
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
LTG25464,000
LTG improved30484,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
9RM525100
R-13373080
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Loader(Radio Operator)
 

拡張パーツ

Vertical StabilizerMk1Improved VentilationClass1"Cyclone" FilterFill Tanks with CO2RammerMedium
Spall LinerSmall"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bar 3 t class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時19.72%4.69%
移動時19.72%4.69%
 

派生車両

派生元MT-25(LT/56,200)
派生先LTTB(LT/96,700)
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説(v0.9.18) Edit

  • 概要
    v0.9.18で追加されたTier7のソ連軽戦車
    T-70などの開発者I.V.Gavalovが提案した新型軽戦車の計画案である。
    前身のMT-25からググっと車高が低くなりちょっとした地形の起伏にもスッポリ隠れられるようになる。
     
  • 火力
    ここからTier10まで一様に俯角は-5°である。かなり控えめだが早いうちに慣れてしまおう。
    • 85 mm Zis-S-53M
      性能はT-34-85の中間砲とほぼ同じ。DPMは最終砲より高いので、真っ先に飛ばす必要はない。
       
    • 85 mm D-5T-85BMU
      性能はT-34-85の最終砲とほぼ同じ。しかし共通の砲ではなく、新たに開発する必要があるので注意が必要。
      Tier7MTと遜色ない火力を持つが、貫通はそこまで高くないので注意が必要。
      精度があまり良くなく、0.4と劣悪なので遠距離での狙撃は苦手である。
       
  • 装甲
    砲塔は正面110mm、側面・背面が80mm。角度がついていれば同格のAPを弾く可能性もある。
    車体は全周40mm。車体は低いが前後に長いので、遮蔽物からはみ出すことが多々あるので注意。
     
  • 機動性
    出力重量比がMT-25から少し下がり、最高速度が少し上がった。
    同格LTではT71 DAT71 CMCDに次いで3位の最高速度を誇る。
    しかし履帯性能が悪いせいか初動でもたつくため、最高速度が上がったMT程度の機動力であり、同格LTなどと同時に動き出すと競り負ける事が多い。
    初動の悪さは「速度制限装置の解除」を積む事で緩和出来る。
     
  • 偵察性能
  • 視認範囲
    車高が低いせいか、同格の軽戦車の中では最低値で、同格の中戦車、駆逐戦車程度しかなく、劣悪の一言に尽きる。
    拡張パーツを積まないとろくに偵察もできないので、必ず視認範囲拡張系の物を一つは載せよう。
     
  • 隠蔽
    こちらは上述した視認範囲と異なり同格の軽戦車では最高値、また全軽戦車で見ても最高峰の高さを誇っている。
    可能であればカモスキル、迷彩を積んで長所を伸ばしたい所である。
  • 総論
    隠蔽にすべてを振り割ったような軽戦車である。
    素晴らしい隠蔽と短い視界を持つ歪な軽戦車ではあるが、使いようによって他国の軽戦車を上回る戦果を得られるだろう。
     

史実 Edit

LTG_history.jpg
1943年後半に軽戦車開発計画の殆どが中止になったが、一部の工場では軽戦車の開発が続けられていた。
1944年、Gorky工場にてI.V.Gavalovは新型軽戦車を開発していた。
I.V.Gavalovの計画では、低車高化と同時に車両をより安定して運転し易くする為、操縦手席を砲塔に移動したのが特徴的である。
主砲右側に操縦手、その後ろに車長、反対側には砲手と装填手がそれぞれ並んでいた。
ちなみに操縦手が砲塔の軸に座っている構造の為、砲塔が回転すると操縦手の周りを他の搭乗員が回転する不思議仕様であった。
操縦手は他の搭乗員よりも上に座っており、屋根に取り付けられた潜望鏡から安定して操縦できるとされている。
しかし、同工場はSU-85Aなどの軽対戦車自走砲の開発・量産に焦点を当てた為、この計画案は中止となった。
戦後になってObject 416という形で全搭乗員を砲塔に収めるコンセプトは実現したが、やはりあちらも量産には至らなかった。

 

参考

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。