Top > T-34-2


T-34-2

Last-modified: 2019-11-16 (土) 22:58:47

Tier 8 中国 中戦車 Edit

T-34-2_0-min.PNG
↑ T-34-2 + 85 mm S-53
初期状態。名称はT-34だが、ゲーム内解説にある通り本車はT-34の発展型ではない。
見た目はT-54に近いが、装甲が薄く、車体が小さい。

 

T-34-2_1-min.PNG
↑ T-34-2 model 2 + 100 mm 59-100T
ソ連のD-10T2Cに見た目がよく似た主砲。

 

T-34-2_2-min.PNG
↑ T-34-2 model 2 + 122 mm 37-122JT
T-34-3などが装備するD-25Tではなく、マズルブレーキのない122mm砲。

v0.9.20.1以前

スペック(v0.9.13) Edit

車体

耐久値1,200⇒1,300
車体装甲厚(mm)70/45/45
最高速度(前/後)(km/h)50/20
重量(初期/最終)(t)31.8/34
実用出力重量比(hp/t)17.06
本体価格(Cr)2,480,000
修理費(Cr)約14500
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
85 mm S-5313.33AP
APCR
HE
120
161
43
160
160
280
2,1330.422.350⇒60109
2,800
98
1,550-5°/+20°
85 mm 56-85JT13.33AP
APCR
HE
128
172
43
160
160
280
2,1330.382.350⇒60109
2,800
98
1,750
100 mm 44-100JT6.59AP
APCR
HE
175
235
50
250
250
330
1,6480.422.945252
4,400
252
2,257-5°/+18°
100 mm 59-100T7.06AP
APCR
HE
181
241
50
250
250
330
1,7650.392.845252
4,400
252
2,257
122 mm 37-122JT4AP
HEAT
HE
175
250
61
390
390
530
1,5600.483.1401,025
5,600
608
2,440-5°/+15°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
T-34-2170/120/60443709,300
T-34-2 model 2180/120/604638010,793
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Type 102S150012750
12150L52012750
12150LS58012750
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
T-34-233.5447,800
T-34-2 model 236.5467,800
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
A-22060040
A-220A75040
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Loader(Radio Operator)
 

拡張パーツ

Vertical StabilizerMk1Improved VentilationClass2"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerMedium Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 3 t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時17.04%3.41%
移動時12.77%2.55%
 

派生車両

派生元T-34-1(MT/105,000)
派生先WZ-120(MT/175,000)
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    v0.8.3で追加されたTier8中国中戦車
    Type 59(WZ-120)導入以前、T-34-1に装甲強化を施した発展型とされる計画案である。
     
    本車と似たような性能を持つT-44とはまた違った風格である。
     
  • 火力
    俯角は-5°と劣悪であり、ハルダウン用に使える地形はかなり限られている。
    なお、初期砲塔では貧弱な85mm砲しか搭載できない為、改良砲塔の開発を最優先としたい。
    v0.9.20.1現在、2種類の最終砲候補のどちらを装備してもType 59T-34-3の下位互換になってしまうという欠点を抱えている。
    • 85 mm S-53/85 mm 56-85JT
      Type 58以来の2種類の85mm砲。
      Tier8中戦車の主砲としては完全に戦力外であり、フリー経験値で砲塔を開発してから乗り出したい。
       
    • 100 mm 44-100JT
      T-34-1から引き継いだ、改良砲塔専用の中間砲。
      前身から性能はほとんど変わらず、発射速度や精度に不満がある。
      通常弾の貫通力が175mmとかなり低く、課金弾の使用が多くなるだろう。課金弾でも貫通できない格上重戦車には側背面から狙える立ち回りをするしかない。
      最低限改良砲開発までの繋ぎとして使えなくはない。
       
    • 100 mm 59-100T
      新規開発の100mm砲であり、改良砲塔専用の最終砲候補の一つ。
      44-100JTの発射速度・貫通力・精度・照準時間をやや向上させた性能となっている。
      しかしながら、総合性能では同格内で底辺に位置しており、現状ではT-44の100 mm LB-1およびType 59の100 mm Type 59の完全下位互換となっていることには変わりない。*1
       
    • 122 mm 37-122JT
      IS-2と互換性のある122mm砲であり、改良砲塔専用の最終砲候補の一つ。重戦車ルートを進めるならIS-2で先に開発しておくべきだろう。
      Tier8中戦車として非常に高い単発火力390を有するのが特徴であり、122 mm D-25-44装備のT-44と比べると発射速度・照準時間が若干良く、課金弾がHEATゆえに空間装甲に弱いという欠点はあれど貫通力に優れる。
      HEATでも貫通できない状況/相手には威力の高い榴弾を使うことでもある程度のダメージが期待できるため、100mm砲より格上への対抗力は高いと言える…かもしれない。
      精度・照準時間が劣悪であり近距離戦に特化した武装であるが、装填はかなり長いため隙を埋めるためにも隠れられる遮蔽物は用意しておくべきである。
      そして現状では各種性能がT-34-3の122 mm D-25TAの下位互換となっており、マッチング優遇付きのあちらと比べて厳しさが否めない。
       
  • 装甲
    前身のT-34-1から引き続き砲塔が硬く、車体が薄い。
    Type 59T-34-359-Pattonらと比べると、砲塔はともかく車体の脆さが際立っている。
    • 砲塔
      正面は前身から10mm厚くなり、主砲横付近の傾斜の甘い部分でも190mm~240mm程度の防御力がある。
      Type 59やT-34-3に若干劣るとは言ってもかなりの石頭であり、地形を上手く使って脆弱な車体を隠していこう。
      ただし弱点のキューポラは円筒の120mmであり、格下にも抜かれやすい弱点となっている。車体を隠したからといって決して安心してはいけない。
      側面は垂直で150mm程度、背面は75-80mm程度と当たり前だが頼れない。
       
    • 車体
      正面上部は70mm+傾斜50°~60°=125~140mm程度であり、このTier帯では格下にすら容易に撃ち抜かれてしまう。正面向かって右側に燃料タンクが配置されており、撃たれやすい上に火災が起きるという欠点もある。
      正面下部は前身から変わらず、傾斜を加味しても90mm程度しかない。
      側背面は背面が5mm微増し45mmとなったが相変わらず薄く、ターレットリングが側面からはみ出していることもあり昼飯・豚飯のやり辛さは変わっていない。
      側面下部に傾斜した20mm部分、後部にあった薄い本装甲扱いの動輪はHD化により消失し、こっそり側面は強化されていた。
      背面は45mmと側面と同値。
      車体後部の天板は15mmしかなく、自走砲から大ダメージを貰いやすいため注意。
       
  • 機動性
    最高速度は50km/hと平均的。
    なお、Tier8中国中戦車の中では出力重量比が数少ない取り柄だったのだが、それすらもType 59に抜かれてしまった。
     
  • その他
    視認範囲は改良砲塔で380mとややもの足りない。
    隠蔽性能は中戦車としてはかなり優秀であり、T-34-3やType 59から一回り以上優れる。拡張パーツや搭乗員スキルで視界を強化し、緊急時は偵察役もこなせるようにしたい。
     
  • 総論
    T-34-1を順当に強化した中戦車である。
    大口径砲+石頭というWZ-120121に通ずる、中国中戦車らしい癖の強い特徴が表れつつある。
    優秀な砲塔装甲や加速力を活かして臨機応変に立ち回り、勝利を手にしていこう。
    しかし現状、マッチング優遇付きのType 59およびT-34-3に攻撃面・防御面で劣る。
    実の所、あちらが不当に強いだけで、このT-34-2も弱くは無いのだが、やはり同国家同Tier同車種の下位互換というのは不遇なイメージを拭えない。
    最近は他国に強化パッチが入っており、本車も近いうちに何かしらの強化を受ける…かもしれない。まだ進めていなければ、あえて強化が来るまで待つというのも悪くない。
     

史実 Edit

詳細

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 LB-1には弾速のみ誤差レベルで勝っている。