Hood

Last-modified: 2020-05-24 (日) 22:24:43

フッド級巡洋戦艦(アドミラル級巡洋戦艦)1番艦 フッド

MightyHood1.jpg
艦橋横の旗はフッド記念旗。

実装予告時公式画像

別画像

イベント[ビスマルク追撃戦]のミッション5を達成時に配布される「最後の作戦」迷彩。
Hood.1941.5.22.jpg
イベント[ビスマルク追撃戦]のミッション5を達成時に配布される「海底から」迷彩
Hood1941.5.22_2.jpg

アズールレーン迷彩

星マークの位置を貫通すると爆沈するわけではない

azurlane_hood_1.jpg
azurlane_hood_2.jpg

性能諸元

編集時 ver.0.9.3.1

・基本性能

Tier7種別プレミアム艦艇
艦種戦艦派生元-
国家イギリス派生先-
生存性継戦能力67,700
装甲13-381mm
・防郭 51-305mm
・艦首・艦尾 25-152mm
・砲郭 127-381mm
・装甲甲板 51-76mm
対水雷防御ダメージ低減16%
機動性機関出力144,000hp
最大速力32.0ノット[kt]
旋回半径910m
転舵所要時間13.4秒

 

隠蔽性 通常副砲主砲火災煙幕
海面発見距離16.2km16.2km18.6km18.2km14.9km
航空発見距離11.1km-0.0km14.1km-

 

射撃管制装置船体モジュール主砲射程最大散布界
-Mk VII mod.118.6km242m

 

主砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填180度旋回弾種
-381mm/424基×2門HE弾 5300(34%)
AP弾 11400
30.0秒36.0秒HE Mk VIIIb
AP Mk XIIIa

 

副砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填射程
-102mm/50 QF Mk.XIX7基×2門HE弾 1500(6%)3.0秒5.0km

 

対空砲船体距離口径基数×門数爆発数秒間ダメージ命中精度有効ゾーン
爆発半径内継続的
-12.7mm Mk III4基×4門-1870.0%0.1-1.5km
40mm Vickers 2-pdr. Mk VIII3基×8門11275.0%0.1-2.5km
102mm/45 QF Mk XIX7基×2門51,40015575.0%0.1-5.8km
178mm UP AA Rocket Mark I5基×20門

 
・アップグレード

スロット1スロット2スロット3スロット4スロット5スロット6

搭載可能アップグレード

搭載可能アップグレード

1MainWeapon1.png主砲兵装改良1主砲および魚雷発射管の機能停止発生率 -20%
主砲および魚雷発射管の抗堪性 +50%
主砲および魚雷発射管の修理時間 -20%
SecondaryWeapon1.png副兵装改良1副砲の抗堪性 +100%
対空砲座の抗堪性 +100%
PowderMagazine1.png弾薬庫改良1自艦の弾薬庫誘爆率 -70%
応急工作班改良1.png応急工作班改良1応急工作班の有効時間 +40%
2DamageControl1.pngダメージコントロールシステム改良1浸水発生率 -3%
対水雷防御ダメージ軽減率 -3%
火災発生率 -5%
EngineRoomProtection.png機関室防御主機損傷確率 -20%
主機修理時間 -20%
操舵装置損傷確率 -20%
操舵装置修理時間 -20%
DefensiveAAFire1.png対空防御砲火改良1対空防御砲火の有効時間 +20%
消耗品「対空防御砲火」の準備時間 -10%
3MainGun2.png主砲改良2主砲旋回速度 +15%
SecondaryGun2.png副砲改良2副砲最大射程 +20%
副砲弾の最大散布界 -20%
Guidance1.png射撃システム改良1主砲弾の最大散布界 -7%
魚雷発射管旋回速度 +20%
副砲最大射程 +5%
副砲弾の最大散布界 -5%
AAGunsModification1.png対空砲改良1優先対空セクターの準備時間 -20%
4DamageControl2.pngダメージコントロールシステム改良2浸水復旧時間 -15%
消火時間 -15%
Engine2.png推力改良2最大出力への到達時間 -50%
艦が移動を開始する際のエンジン出力を向上
SteeringGear2.png操舵装置改良2転舵所要時間 -20%

・消耗品

搭載可能消耗品

スロット消耗品使用
回数
準備
時間
有効
時間
効果
R応急工作班I.png12015
(21)
火災・浸水・損傷したモジュールの修復
応急工作班II.png80
T修理班I.png312028自艦のHPを回復する
回復量:最大HPの 0.5 [%/秒]
修理班II.png480
Y対空防御砲火I.png3120
(108)
40
(48)
対空兵装の秒間ダメージ:+50 [%]
中・長距離対空兵装の砲弾の爆発半径内に対するダメージ:+300 [%]
対空防御砲火II.png480
(72)

注:括弧内は各レアアップグレード搭載時の値

 

ゲーム内説明

 フッドは、高速の巡洋戦艦であり、長年に渡ってイギリス海軍最大かつ最強クラスの軍艦の座を守りました。本艦は一次大戦の戦訓を反映して建造されましたが、後に建造された戦艦とは異なり、水平装甲が脆弱でした。二次大戦の序盤に、旧式化していた副砲が撤去され、改良型の対空砲へと換装されました。

解説

イギリスTier7プレミアム戦艦。巡洋戦艦として設計された、大英帝国海軍の誇りである。
WoWSのイギリス軍艦は英国面クセの強い性能を持つ傾向があるが、本艦もまた全体的に独特である。
同Tierツリー艦King George Vや同Tierプレミアム艦Nelsonとも全く異なる艦なので、使用感が被ることが無いという点でプレ艦としては安心。ただし戦艦初心者にはあまりお勧めできないので、購入の際は慎重に。
 
ツリー艦と異なり、HE貫通力に英戦補正が無い。
一方でAP弾は強制跳弾角度にボーナスがある。信管作動時間は他国戦艦と同じ0.033秒*1
 

  • 主砲
    Mark I 38.1cm砲を連装4基装備している。これはTier6英国戦艦であるWarspiteと全く同じ砲であるのだが、射撃管制装置が更新されており射程が延びている。同格戦艦の中では射程が短い部類だが実用上は射程に困る事はまずないだろう。
    史実において旧式砲弾を使用していた事を反映しているのかAPの貫通力がWarspiteと比較して若干落とされており(Tier6以上の戦艦砲ではScharnhorst(283mm)に次ぐワースト2位)、引き換えに強制跳弾角度が67.5°とボーナスが加えられている。*2
    また、精度に関係するシグマ値はWarspiteの2.0から1.9*3に下げられている。
    Tier6では強力な主砲であったがTier7では周囲の急速な強化に付いていけておらず陳腐化してしまっている。特にほぼ据え置きの貫通力が重装甲化に追いついていないため対戦艦ではいささか力不足感が否めない。出来ればペラペラな英国巡洋艦を狙いたい所である。しかし最大の難点はやはりAPの弾道だろう。Tier7戦艦の中では砲弾初速がぶっちぎりで遅く、極めて山なりな弾道を描く。全体的に交戦距離が伸び始めるTier帯でもあるため中距離以遠の敵に対しては苦労する事になる。ただし偏差に慣れさえすれば、かえってその弾道特性から甲板からVPを撃ち抜くことも可能になるため、短所と断言できるわけでもない。
    幸い砲塔旋回速度が速いため、後述する速度を生かして距離を詰め、貫通力と精度を補う運用も可能だ。
     
  • 副砲
    全てHEを発射するものの、短い射程や門数の少なさに起因する投射量の少なさがネックになりあまり頼りになるとは言えない。また艦の後方に副砲が集中しているため前方への射角が良くないのも痛い。超接近戦を仕掛けた時に1回火を着けられたらラッキー位に考えておこう。
     
  • 対空
    本艦の特徴は消耗品の対空防御砲火を持っている事だろう。
    0.8.0の空母刷新以前は短距離178mmロケットにのみ適用されそのダメージ倍率は25倍というかなりピーキーなものになっていたが、0.8.0以降は性格がガラッと変わっている。
     
    まず主な変更として史実でも超短距離であったはずの178mmロケットが対空システムの変更により長距離扱いとなり、自艦の半径2.5km~5.8kmをカバーするようになった*4
    これにより長距離対空火力は基本性能でGneisenauに匹敵するT7最高レベルになった。
    対空防御砲火は性能が通常のものと同じ「爆発内ダメージ2倍・継続的ダメージ2倍」となり、使用すれば中・長距離なら全戦艦中最高火力を持つようになった。対して、もともとロケット砲の守備範囲だった短距離に限れば大幅に低下し、同格ではダントツでワースト1位、基本性能では他国のT4戦艦にも劣り、逆方向にピーキーな性格になった。
     
    特化させなくとも対空スキルやアップグレードをつけていれば対空防御砲火なしでもT6艦載機はたやすく落とし、T8艦載機相手でもDFAAをつかって善戦できるが、SaipanのもつT10艦載機にはほぼ歯がたたないため注意すべきだろう。
    とは言えかなり強力な為T10艦載機にも継続ダメージはかなり入るので艦隊対空では優秀である。
     
  • 魚雷
    史実では載せていたのだが、WoWSでは搭載されていない。
     
  • 抗堪性
    史実における大きな排水量を反映してHPは67,600とTier8戦艦と肩を並べる値を誇る。Tier7戦艦としては破格の値であり同格戦艦の中では文句なしで1位である。巡洋戦艦と名乗っているものの装甲は他の戦艦に比べて遜色ない厚さであり、VPの配置も優秀であるため角度を維持できれば驚く程の粘り強さを誇る。主砲の射角が良いため攻撃力を維持しながら角度をキツく取れるのも嬉しい点である。
    同格のNelsonと違い修理班は通常品であるが最大HP量の多さから1度に最大9,464(India Delta旗込みで11,368)回復可能。イギリス戦艦に共通の通常貫通弾ダメージの60%(他は50%)を回復待ちプールに送る特徴とあわせて、バイタルを抜かれない運用が出来れば試合終盤に近付く程ジワジワと効いてくるだろう。
    ただし同格戦艦と比較すると水雷防御は低めであり船体の長さも相まって魚雷の被弾は致命傷になりやすい。相対する魚雷の性能が飛躍的に上がるTier帯でもあるため油断は禁物である。
     
  • 機動性
    同格独戦艦Gneisenauと同じ32.0ktとなかなかの快速である。陣地転換に困る事はまずないだろう。舵は同格戦艦と比較しても悪くないものの、長い船体を反映して旋回半径がT10戦艦と遜色ないレベルに大きい。このため他の同Tier戦艦の動きに慣れていると最初は戸惑うだろう。咄嗟の魚雷回避は極めて苦手であるため常にマップに注意して警戒しておく必要がある。
     
  • 隠蔽
    同Tierの戦艦とほぼ同じ水準であり、特に苦労する事はないだろう。
     
  • 総評
    残念ながら瞬間火力という面で見ると同tier戦艦と比較して明確に劣っており、特に対戦艦ではその性質が顕著に出やすい。しかしながら、対巡洋艦で見れば十分な火力であるし、当艦の強みである対空砲火や装甲によって、粘り強く戦う事が出来る。戦場で長時間生存する事によって、戦果を伸ばせるだろう。

史実

本艦はフィッシャー卿の「速力こそ最大の防御」というコンセプトに基いて計画された巡洋戦艦である。当初の計画では15インチ砲8門装備で常備排水量約36000t、さらに速力32ノットという高スペックの艦であり、この計画は1916年4月に発注された。しかしそのわずか一ヶ月後、ユトランド沖海戦において巡洋戦艦「インヴィンシブル」、「インディファデガブル」、「クイーン・メリー」が爆沈。さらに「ライオン」が主砲塔を撃ち抜かれて大破するなど、巡洋戦艦には深刻な防御上の問題点が発覚した。
この戦訓を反映して、フッドは巡洋戦艦としての速力はそのままに、防御面を強化するよう改設計され、当時の巡洋戦艦としては格段の防御力を与えられた。この過程で排水量が5000トン増加し、1920年の就役時点ではフッドは世界最大の戦艦となった*5
フッドはイギリスの持つ最も強力な戦艦のうちの1隻として、「マイティ(強力な)・フッド」と呼ばれ国民に親しまれた。しかし、フッドは基本性能が高く、イギリス海軍においても数少ない高速戦艦として重要な存在であったため、戦間期に大規模なレストア、近代化改装などを受けることはなかった。機関の老朽化のために最大速力は28ノット程度になり、建造当時のままの防御力は、新世代の戦艦主砲に対してもはや安全ではなかった。
1941年5月24日、フッドはキングジョージ五世級戦艦「プリンス・オブ・ウェールズ」と共に、デンマーク海峡において「ビスマルク」、重巡「プリンツ・オイゲン」と交戦。14kmの距離から放たれたビスマルクの砲弾がフッドの後部弾薬庫を誘爆させ、フッドは先輩の巡洋戦艦たちと同じ最期を迎えてその戦歴を閉じた*6
フッドの喪失はイギリスの民衆や海軍本部にとって大きな痛手だった。イギリス海軍は投入できる全戦力を以てビスマルクを追撃し、フッド喪失から3日後の5月27日にビスマルクを撃沈した。
2012年にフッドは英国政府によって公式戦没者墓苑に指定され、デンマーク海峡で今でも静かに眠っている。

小ネタ

ビスマルクとの戦闘では、僅か8分で後部弾薬庫を撃ち抜かれて爆沈してしまう。
1400人余りの乗員中、生存者は3人のみであった。

本艦の特色でもあるUP対空ロケットは、パラシュート降下する小型爆弾をロケットで自艦の周囲にばら撒き、引っかかった敵機を爆破するという代物だった。なお史実での評判は……察してください。

ユトランド沖で轟沈した「インヴィンシブル」で指揮を執っていたのは、艦名の元ネタになったサミュエル・フッドのひ孫であるホーレス・フッド少将で、「インヴィンシブル」と運命を共にしている。自分の名前の付いた戦艦と、自身のひ孫が同じ理由で海の藻屑になるなど夢にも思わなかっただろう。

編集用コメント

編集用のコメントはこちら

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 小ネタを改修してみました -- 2018-04-22 (日) 07:16:45
    • アズールレーンに関する記述を変更しました -- 2018-04-22 (日) 07:23:25
  • 抗堪性の記事が古かったため修正 -- 2018-11-16 (金) 23:30:51
  • トップ画像かえてみました。 -- 2019-07-22 (月) 20:15:32
  • 対空砲データを更新した -- 2019-12-21 (土) 03:01:13
  • アプグレを0.9.3.1現在のものに更新した -- 2020-05-04 (月) 15:23:35
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメント欄

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 新しいtop画像いいですね。フッドの特徴である長大な船体を横寄りのアングルから映す事で個性がわかりやすくなっています。 -- 2019-07-22 (月) 21:29:58
  • 自分が悪いんだけど半額で買ったフッドが雷撃殺処分される事多いな···強いと思うんだけど洗礼受けて勝率負債抱てる。弾速遅くて巡洋艦の処理うまくいってないのかな? -- 2019-07-23 (火) 10:45:52
  • 全長が大和とセンチ単位しか差が無いのは流石に笑う。 なお全幅 -- 2019-07-29 (月) 23:56:32
  • 大和と同じぐらいの全長に対して金剛より1メートル太いだけの全幅だからすっごく細長い! -- 2019-08-16 (金) 16:29:12
  • いい船なんだけど初期配置が真ん中のとき射程不足なので前線に駆けつけた -- 2019-09-01 (日) 19:06:03
    • ら味方が撃ち負けつつある、みたいなパターンが結構あるような。 -- 2019-09-01 (日) 19:07:16
    • ウォースパイトと間違えてないか?こいつtier7戦艦最速タイなんだが -- 2019-09-01 (日) 19:25:24
      • むしろコロラドじゃないのかな。射程あっても有効打でなければ到着したとは言えないし、さすがにフッドで速力不足とか言わせない。 -- 2019-09-01 (日) 21:25:26
  • フッドおばさんいるのにフッド持ってないなんて勿体ないな~サマーセールで買えばよかったな~って思うが、性能見るとどうしても欲しいって思わないんだよね・・・。 -- 2019-10-01 (火) 21:17:38
    • 普通に強いよ。 -- 2019-10-02 (水) 02:39:40
    • 強化前は不思議なロケラン積んだくず鉄だったけど今は普通に足が速くてタフで対空もそこそこの艦になったよ。ただ柔らかいから腹見せると一気にもってかれるけどね -- 2019-10-02 (水) 04:35:23
    • 強化されてからは対空強いしでかなり楽しい船だよ、まあ欲を言えば貫徹もう少し上げるか跳弾優遇もっと付けてくれるかして欲しいけどねw -- 2019-10-02 (水) 05:21:56
      • もっとつけるって、こいつとかアラスカ以上に優遇されてるの英巡かSAPくらいじゃ? -- 2019-10-02 (水) 07:40:57
  • 頼むからアズレン迷彩を復刻してくれ… (T-T -- 2019-12-09 (月) 13:52:52
  • フッドは立ててると長門の41cm砲でも弾いてくれるんだけど、少しでも腹見せるとほんと持ってかれる。柔らかいのは仕方ないから砲のσ値とAPの貫徹力もっと上げて欲しい -- 2020-02-05 (水) 11:57:18
    • 手数か一撃か、どっちか上げてほしいよな。 -- 2020-02-05 (水) 12:05:53
      • 装填時間を短くするかAP弾の威力を上げてくれって思う。弾道は慣れだから仕方ないけど威力はもっと欲しい。 -- 2020-02-05 (水) 12:23:41
    • いやT7でこれなら十分過ぎるでしょ。というかフッドの負のイメージと違って強くて驚いたくらいだし。 -- 2020-02-05 (水) 12:40:15
      • 側面ペラペラのイメージだったのですが、わりと耐えるなー、って思います。 -- 2020-02-05 (水) 14:40:40
      • ↑ いうても最大装甲厚が薄いだけでバイタルは完全に水面下にあるからねえ。しかも舷側装甲が127mmもあるおかげで角度をキッチリ合わせられれば対AP弾はほぼ無敵だよ。 -- 2020-02-08 (土) 23:03:18
    • 火力が欲しいのなら愛鷹に乗れば良いぞ。T7では圧倒な火力で暴れまわれて楽しいぞ。 -- 2020-02-08 (土) 18:36:01
  • ペンサコーラとニュルンベルクを狙ったらどっちもVP抜いて沈めてた…。ぬるぬる動くから牽制とやけくそ込めて撃ったから期待してなかったのにぶち抜いてて撃った自分でも驚いてる。 -- 2020-02-08 (土) 18:22:47
  • あとフッドって対巡洋艦寄りだけど巡洋「戦艦」なだけあって戦艦とも一応戦えるんだな。リヨンやコロラドに万単位でダメージ負わせて沈めることが出来たわ。 -- 2020-02-08 (土) 18:37:27
    • 15インチ砲艦だから同格戦艦とは普通に戦えるよ -- 2020-02-08 (土) 19:58:36
    • 跳弾優遇ある戦艦とかOP一歩手前だわな。DoYと違って普通の戦艦の信管だし。 -- 2020-02-08 (土) 20:38:52
  • 嵐から出てきたアイオワのVPをフッドが側面から打ち抜いたんだけど、何で撃ち抜けたんだろ。超近距離だったから? -- 2020-02-10 (月) 21:41:34
    • 戦艦が戦艦を側面から打ち抜いてむしろ何が不思議なのか -- 2020-02-10 (月) 23:22:30
    • 超接近戦だと巡洋艦に抜かれることもあるぞ。でかいやつなら。 -- 2020-02-11 (火) 11:36:14
  • 史実では乗ってた魚雷が欲しい。そうしたらばったり出くわした格上の武蔵やノスカロにもっとダメージ出せるのに -- 2020-02-11 (火) 11:04:07
    • フッド使うたびにほんとにコレ思う。速力とタフネスがあるからやろうと思えば敵戦艦の懐に飛び込みやすいんだけど、結局魚雷が無いから近づいたところで別に有利にはならんのよね… -- 2020-03-29 (日) 05:03:43
  • アズレン迷彩の再販はいつになったら実現すんだろ -- 2020-04-02 (木) 16:08:25
    • ほんそれ。コラボ第二弾から1年近く経つというのにね。 -- 2020-04-02 (木) 19:17:47
    • アズレン迷彩ビミョーだから個人的にはいらん。modとかにあるような痛車みたいな感じだと買うかもしれんが -- 2020-05-24 (日) 21:04:24
  • SINOP多すぎてつれぇわ。T7は空母もいないし -- 2020-05-24 (日) 21:06:29
    • 対シノプは跳弾角度優遇あるしクロスも取りやすいしむしろ有利でしょ。 -- 2020-05-24 (日) 22:24:43
  • そういえば今日が命日か…ゲームではちゃんと爆沈旗載せてやるからな -- 2020-05-24 (日) 21:14:28
お名前:

*1 0.8.0より
*2 一部例外はあるが通常は60°
*3 0.8.0にて1.8→1.9に
*4 史実を踏まえると不自然であるため後々弱体化される可能性がある
*5 排水量という点でフッドを超える巨艦はドイツのビスマルク級戦艦が竣工する1940年まで存在しなかった。
*6 フッドの爆沈原因について判明しているのは、ビスマルクの砲撃が結果的に後部弾薬庫の誘爆を招いたことだけである。それに至った経緯については、高角砲弾薬庫の誘爆説、水中弾説、舷側装甲を貫徹されたとする説などがあり、実際に何が起きたのかは解明されていない