Gneisenau

Last-modified: 2022-01-19 (水) 22:58:05

シャルンホルスト級戦艦 2番艦 グナイゼナウ

初期船体

A船体

B船体

無期限迷彩

性能諸元

編集時 ver.0.5.15

・基本性能

Tier7種別ツリー艦艇
艦種戦艦派生元Bayern
国家ドイツ派生先Bismarck
生存性継戦能力(A) 50,900
(B) 58,200
装甲25-350mm
・防郭 45-260mm
・艦首/艦尾 25-90mm
・砲郭 45-350mm
・装甲甲板 25-95mm
対水雷防御ダメージ低減(A-B) 22%
機動性機関出力初期 125,000馬力[hp]
後期 160,000馬力[hp]
最大速力初期 28.8ノット[kt]
後期 32.0ノット[kt]
旋回半径830m
転舵所要時間(A) 20.6秒
(B) 14.7秒


隠蔽性 通常副砲主砲火災煙幕
海面発見距離15.7km--17.7km14.3km
航空発見距離10.4km-0.0km13.4km-


射撃管制装置船体モジュール主砲射程最大散布界
A-Bmod.117.8km240m
mod.219.5km258m


主砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填180度旋回弾種
A-B380mm L/523基×2門HE弾 4400(34%)
AP弾 11600
26.0秒36.0秒Spr.gr.L/4.6
Pz.gr.L/4.4


副砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填射程
A105mm L/65 Dop.L.C/31
150mm L/55 MPL C/35
150mm L/55 SK C/28
7基×2門
4基×1門
4基×2門
HE弾 1200(5%)
HE弾 1700(8%)
HE弾 1700(8%)
3.4秒
7.5秒
7.5秒
5.3km
5.3km
5.3km
B128mm L/61 SK C/4211基×2門HE弾 1500(5%)4.0秒5.3km


魚雷船体口径基数×門数(片舷)最大ダメージ装填射程雷速発見
A-B533mm G7a T12基×3門(3門)1370068.0秒6.0km64kt1.3km


対空砲船体距離口径基数×門数爆発数秒間ダメージ命中精度有効ゾーン
爆発半径内継続的
A20mm Flakzwilling 3814基×2門-42365.0%0.1-1.5km
20mm Flakvierling 387基×4門
37mm Flakzwilling 308基×2門14904069.0%1.5-3.5km
105mm L/65 Dop.L.C/317基×2門598017069.0%3.5-5.2km
B20mm Flakzwilling 3812基×2門-39365.0%0.1-1.5km
20mm Flakvierling 387基×4門
37mm Flak LM/426基×2門363011669.0%1.5-3.5km
128mm L/61 SK C/427基×2門6105022069.0%3.5-5.2km



・アップグレード

スロットAスロットBスロットCスロットDスロットEスロットF

搭載可能アップグレード

搭載可能アップグレード

A主砲兵装改良1主砲および魚雷発射管の機能停止発生率 -20%
主砲および魚雷発射管の抗堪性 +50%
主砲および魚雷発射管の修理時間 -20%
副兵装改良1副砲の抗堪性 +100%
対空砲座の抗堪性 +100%
弾薬庫改良1自艦の弾薬庫誘爆率 -70%
B主砲改良2主砲装填時間 +5%
主砲旋回速度 +15%
副砲改良2副砲最大射程 +20%
副砲弾の最大散布界 -20%
射撃システム改良1主砲弾の最大散布界 -7%
魚雷発射管旋回速度 +20%
副砲最大射程 +5%
副砲弾の最大散布界 -5%
対空砲改良2対空砲座の最大射程 +20%
Dダメージコントロールシステム改良1浸水発生率 -3%
対水雷防御ダメージ軽減率 -3%
火災発生率 -5%
推力改良1主機損傷確率 -20%
主機修理時間 -20%
操舵装置改良1操舵装置損傷確率 -20%
操舵装置修理時間 -20%
Eダメージコントロールシステム改良2浸水復旧時間 -15%
消火時間 -15%
推力改良2最大出力への到達時間 -50%
艦が移動を開始する際のエンジン出力を向上
操舵装置改良2転舵所要時間 -20%

・消耗品

搭載可能消耗品

スロット消耗品使用
回数
準備
時間
有効
時間
効果
R12015
(21)
火災・浸水・損傷したモジュールの修復
80
T312028自艦のHPを回復する
回復量:最大HPの 0.5 [%/秒]
480
Y3360100
(130)
主砲の射程を 20 [%]延伸する
4240
318090自艦艇を追従し、敵機を自動的に迎撃する
速度・秒間平均ダメージ・弾薬・生存性は艦載機を参照
4120

注:括弧内は各レアアップグレード搭載時の値

ゲーム内説明

戦艦グナイゼナウは、巡洋戦艦に迫るほどの速力を備えていました。近代化改装により 380 mm 砲への換装が図られ、同時期のより大型の戦艦に対抗し得る火力を得たものの、主砲の門数の少なさと、脆弱な水平装甲が欠点でした。

解説

ドイツのTier7戦艦。本艦からナチス・ドイツの艦となる。
シャルンホルスト級戦艦の二番艦で、プレミアム艦として一番艦も実装されている。
主砲の投射量が少なめだが、その弱点を補って余りある程他の性能は優れており扱いやすい。
 

  • 抗堪性
    HP58200という数値は同格戦艦と比較すると低い部類に入る。*1
    Tier7戦艦の非装甲部の装甲厚は26㎜なのだが、これはゲームシステム上380㎜以上のAP弾と重巡のHE弾を弾くことが出来ず、命中しただけでダメージを貰ってしまう。
    しかし本艦の胴体部は側面と甲板ともに40㎜を超える装甲厚があり、また艦首と船尾の側面には70㎜の装甲帯が貼られているため、ダメージの無効化は他のTier7戦艦より起きやすく、数値以上のタフさを見せる。
    そしてドイツ戦艦の例に漏れずバイタルは水平方向から飛んでくる砲弾に対してカッチカチである。
    ただし耐水雷防御もドイツ戦艦らしく低いので、高威力の魚雷がはびこる高Tier戦場では一層の注意が必要である。

    装甲モデル

    全体

    バイタルと装甲

    喫水線の赤い部分は350mmとかなり分厚い。更に、よーーく見ると舷側装甲から繋がった傾斜部分に厚さ110mmの甲板がある。単純に考えても460mmというとんでもない厚さの装甲でバイタルが守られていることになる。薄い部分もあるので実際はもっと複雑だが…

     
  • 主砲
    38cm砲を連装3基、計6門搭載。
    この艦から主砲の照準速度が早くなり、一気に取り回しが改善される。
    散布界がバフされたため戦艦としては標準的な精度となっているが、砲門の数が同格の戦艦よりも少なく、一斉射での命中弾は必然的に少なくなる。
    射程は同格の中では長く、一応最大で19.5kmまで狙うことは可能だが、
    それほどの遠距離では例え停船している相手でさえもなかなかクリーンヒットしない。
    だが、近づいてしまえば頑丈な装甲と素早い装填、高い貫通力のおかげでダメージを稼ぎやすい。
    とにかく敵艦に張り付いて好きなだけ撃ちまくろう。ただし魚雷や孤立には注意。
  • 副砲 
    この艦から副砲性能が他国と比べて抜きん出てくる。
    A船体は姉妹艦のScharnhorstと同様で既にTier7戦艦としては強力なのだが、B船体に更新するとその副砲はWoWs内の戦艦でも最高クラスの「有効性」を誇る。
    というのも後期船体が装備する127mm砲のHE弾貫通力は主砲と同様に口径の4分の1の厚さの装甲にダメージを出すことができ、その有効装甲圧を持ってすれば同格戦艦が標準的に持っている26mmの艦首艦尾と船体の装甲はもちろん、Nelson船体部や格上戦艦の標準の艦首艦尾装甲である32mm装甲までを貫通することが可能。
    小口径砲に統一された分総合的なレートも高い水準であるため、主砲の手数を補うという点からも副砲特化は一考の余地がある。
    (0.10.3.0現在、艦首・両舷方向へ6基12門、艦尾側に5基10門指向出来、艦長スキルとアップグレードで特化すれば、3.4秒毎に32mmを貫通する砲弾を乱射可能なので、射程を除けばBismarckを凌ぐ威圧感と言える)
    副砲を生かし切るには耐久性や主砲性能を犠牲にしたUGと艦長スキルの選択、そして何より押し引きを見極めるプレイヤースキルが必要であることに十分注意。
    次のBismarckからは副砲の最長射程が10kmを超えてくるため、本格的に採用を検討するならそこからでもいいだろう。
     
  • 魚雷
    射程6km、片舷3門の魚雷を搭載。
    射角はかなり広く、敵との出会い頭の戦闘や接近を試みた駆逐艦への牽制などに使える。ただし壊れやすく、肝心な時に撃てなくなっていることも多い。
    命中すれば致命的なダメージを負わせられるが、当たらずとも敵艦に回避行動を強いることができる。上手く使えば自分に有利な状況を作り出せる。
    逆に、自分がグナイゼナウと至近距離で戦うときは注意しよう。

    魚雷について

    もしも戦艦以外一切乗ったことがないというのであればはじめての魚雷となる。
    3キーで魚雷に切り替え、もう一度押すと発射角度を拡散させるか密集させるか切り替えられる。緑色の範囲が発射可能な角度で、白いラインはロックオン中の敵艦がそのままの速度で直進し続けた場合その方向へ撃てば当たるという予測線。
    主砲と違って射程外の敵にもロックオンできてしまうので、ちゃんと射程内かどうか確認しよう。
    また、味方に当ててしまえば大ダメージは避けられず、最悪チームキラーになりかねないので周りをよく見ること。

  • 対空
    後期B船体ではドイツTier10戦艦と同じ対空砲を11基装備しており、Tier7としては非常に強力な長距離対空砲を持つ。短中距離も日米ソには勝るといったところ。アップグレードや艦長スキルで強化する価値はあるが、やはり単艦ではどうにもならないことは留意するべし。
    着弾観測機の代わりに水上戦闘機を載せることができるようになるので、好みで使い分けるとよい。
  • 機動力
    最大で32ノットという非常に優れた速力を発揮し、転舵所要時間も14.7秒と悪くない。移動でストレスを感じることはほとんどないだろう。
    アップグレードの推力改良2を装備すれば更に快適に動ける。
    ただし船体が長いため、旋回半径は同ティア戦艦で最も広い。*2
    姿勢制御の際は硬い装甲があるためあまり気にならないが、不意を付いた魚雷の回避は困難であるため注意しよう。
     
  • 隠蔽性
    海面発見距離は15.7km。同格の戦艦より短い。

史実

 
1935年のヴェルサイユ条約軍事条項破棄後に建造されたドイツ海軍の戦艦、シャルンホルスト級の二番艦である。艦名はプロイセン陸軍軍人であり、参謀本部の創設に尽力したアウグスト・フォン・グナイゼナウに由来する。
 
1934年12月8日にドイチェヴェルケ社にて起工後、一時建造が中止するものの1935年5月6日に建造を再開し1936年12月8日に進水、1938年5月21日に竣工した。ちなみに起工日、就役日共にグナイゼナウの方が先であったことから、グナイゼナウ級と称される場合もある。
 
1939年11月21日、本艦はシャルンホルスト、軽巡洋艦ケルン、ライプツィヒなどと共にヴィルヘルムスハーフェンを出撃。23日、フェロー諸島沖海戦に参加。英武装商船ラワルピンディをシャルンホルストと協力して撃沈した。
 
1940年2月18日から20日までノルトマルク作戦でシャルンホルスト、アドミラル・ヒッパー、駆逐艦2隻と共にノルウェー沖へ出撃、しかし戦果はなかった。
4月9日、シャルンホルストと共にナルヴィク沖海戦に支援部隊として参加、6月8日にはノルウェー沖海戦にも参加し、英国航空母艦グローリアスをシャルンホルストと協同して撃沈している。
12月28日、シャルンホルストと共に通商破壊作戦に出撃するものの、悪天候のため引き返さざるを得なくなってしまった。
 
1941年1月よりシャルンホルストと共に北大西洋で通商破壊作戦(ベルリン作戦)に従事。
2月8日、両艦はHX106船団を発見するも直衛中の戦艦ラミリーズの姿を見て襲撃を断念。続いて3月8日、SL67船団を発見したが戦艦マレーヤが護衛についていたために退避。
それでもなお両艦は計22隻の船を撃沈・拿捕し、3月22日にフランスのブレスト軍港に入港した。
ブレストでは4月6日にイギリス軍機の攻撃を受け魚雷1本が右舷後部に命中、10日には爆撃を受け約50名の死者を出すなど大きな被害を受けている。
 
1942年2月11日にツェルベルス作戦にシャルンホルスト、プリンツ・オイゲンと共に参加。小破したためキール軍港で乾ドックに入渠し、修理に入る。しかし連合軍の空襲は続き26日に爆撃を受け被爆、火災が艦首の弾火薬庫を爆発させ大破してしまう。幸いにも艦体部分の損傷は軽微であり、機関は無事であったため自力航行能力は失われなかった。
 
その後、4月4日までに完全に外洋航行可能な状態にまで修理されると、主砲塔を連装38cm砲に換装することになりポーランドのゴーテンハーフェンへ移動する。しかし1943年にバレンツ海海戦の敗報を受けたヒトラーの大型艦廃棄命令によって工事は中止、廃艦が決定してしまう。
搭載砲は陸に揚げられ要塞砲や海岸砲に転用、第1砲塔はそれぞれ単装に分割されオランダに、第2、第3砲塔は3連装砲塔のままノルウェーの要塞に移駐された。
 
1945年3月23日、港の入口を閉塞するために自沈。閉塞船として最後の役目を果たしたのであった。
 
ちなみに廃艦時に要塞砲に転用されたうちの第3砲塔や、副砲塔が砲身とともに現存している。機会があれば訪ねてみるのも良いかもしれない。

小ネタ

史実では38cm砲の搭載は実現されておらず、WoWSには計画時の仕様が登場している。

艦名の由来となったアウグスト・フォン・グナイゼナウは、プロイセン王国参謀総長ゲルハルト・フォン・シャルンホルストの補佐官として、ナポレオン・フランス軍と戦った軍人である。1813年に諸国民解放戦争が始まると、参謀次長となったが、同年にシャルンホルストが亡くなりその跡を継ぐ。ワーテルローの戦いでは直接指揮を執り、フランス軍右翼に決定的な打撃を与え、ナポレオン戦争を終結に導いた。

なお本艦はシャルンホルストより起工日、就役日が共に早いが、進水はプロイセン王国参謀総長就任順にシャルンホルストのほうが先である。(よってシャルンホルスト級戦艦と呼ばれる)

運命のいたずらか、戦艦グナイゼナウが自沈したのはアウグスト・フォン・グナイゼナウが没したのと同じポーランドであった。

編集用コメント

編集用のコメントはこちら

  • 確かに文献によってはグナイゼナウ級って書いてあることもあるけど1番艦ではない気が・・・ネームシップだし -- 2016-08-03 (水) 07:34:15
    • まあ一般的には2番艦だよな・・・ -- 2016-08-03 (水) 07:48:55
  • とりあえず数値は入力しました。消耗品の詳細(主に艦載機の種類と性能)がわからないのでどなたか情報提供お願いします。 -- 2016-08-21 (日) 16:46:59
  • とりあえず、白黒のものを貼っておきました。どなたかカラー画像をお願いします。 -- 2016-08-24 (水) 20:45:24
  • 抗堪性の項目を編集しました -- 2017-12-07 (木) 02:30:02
  • コメント欄でよく訊かれてたようなので主砲の精度の悪さについてちょっと加筆 -- 2017-12-19 (火) 05:27:29
  • 副砲の数値が0.6.8以前だったので更新しました。 -- 2017-12-27 (水) 16:33:06
  • 対空の項目を更新しました -- 2019-06-22 (土) 17:26:55
  • 対空の項目を現状にあわせて編集しました -- 2019-11-29 (金) 21:14:18
  • 主砲欄を加筆改編 -- 2020-05-25 (月) 22:13:21
  • 艦画像をフィヨルド港で高画質に差し替えました(ジパング港も綺麗ですがグナイゼナウですので・・・)。元の画像はA船体B船体として「初期船体」タブ内に残しています。 -- 2021-12-05 (日) 00:03:28

コメント欄

  • z23が第二独駆の150mm砲持ちの特徴強調の為に150mm撤去されたみたいに独巡戦ツリー追加の時に巡戦が魚雷持ってる特徴を強調する為にグナイの魚雷無くなったりして…無いとは思うけど -- 2021-07-29 (木) 23:33:29
  • 魚雷発射管壊れすぎでは? -- 2021-11-26 (金) 16:11:34
    • 破片防御板も無いし艦内配置でも無いからねえ。被弾可能性、HP、両方悪めなんじゃね? -- 2021-11-26 (金) 16:37:16
    • 上部構造狙いでついでに壊せちゃうのよね その点艦尾配置な連中のはしぶとい -- 2021-11-26 (金) 19:20:14
  • もしかしてこいつは苦行艦なのか?かなりつらいんだが・・・ -- 2021-11-28 (日) 00:10:34
    • Tier7戦艦の中では明確な強みがある艦だよ。合わない距離や戦法で戦うと辛くなる艦でもあるが、とにかくチャンスを見計らっての接近戦を意識するとよい。(ただ、今は接近戦でも同格のプリンツハインリヒの方が目立ってるのも逆風かも) -- 2021-11-28 (日) 01:05:05
      • 接近戦になる機会、チャンスがランダム戦だとめったになくてな・・・かといって撃ち合い性能はあろうことか正直バイエルンにすら劣るとも言えるレベルだし・・・(体感 -- 2021-11-28 (日) 18:19:10
      • 漫然と敵が近づくのを待つんじゃなくて、32ノットの速力と島を上手く使ってチャンスを作り出すんよ。序盤は島陰を使うアメリカ巡洋艦みたいな立ち回りをして中盤戦以降に備えるのもアリ。うまくハマればTier9戦艦だって喰える。 -- 2021-11-28 (日) 18:42:47
      • マジ?慣れが足りないのかなぁ -- 2021-11-28 (日) 19:42:42
      • 独戦第一ツリーの中でもグナイだけ魚雷持ちなので、他の独戦ともまたちょっと違う使い方になると思う(乗り味は独戦第二ツリーに近いかも) -- 2021-11-28 (日) 22:09:56
    • ナライ行って副砲とソナーと脚活かして活躍して育成してもいいのよ? -- 2021-11-28 (日) 02:08:57
      • ソナーは持ってないよ。 -- 2021-11-28 (日) 06:48:26
      • グナイが持ってるのはソナーじゃなくて魚雷やな(ハインリヒは両方持ってる) -- 2021-11-28 (日) 10:14:03
    • コイツは同ティア内見比べてもかなりの良艦。本当の苦行はT9だぞw -- 2021-11-28 (日) 23:41:35
    • T7の中では屈指の速度・機動性を誇る良艦だよ。ただし他のT7戦艦と同じような遠距離運用をするとメリットを潰してしまって、デメリット(主砲火力の低さ)が際立っちゃうよ。がんばって。 -- 2021-11-29 (月) 07:51:40
  • 無警戒の馬鹿相手にしか6km魚雷も9km射程の副砲も通用しない、副砲と魚雷を抜くとただの弾受け要員でしかも6門程度じゃ敵に圧すらかけられない グナイなんぞよりKGVとSINOPのほうが何百倍もアジ鯖の接近戦にマッチしてるし強い  -- 2021-11-29 (月) 03:12:33
    • 警戒されるような接近の仕方したら、そりゃ通じないよ。それにKGVが接近戦にマッチしているというのが「お前は何を言ってるんだ?」と思ってしまう。もっとミニマップをよく見て、戦線の動きを把握して運用しないとグナイは活かせないぞ。 -- 2021-11-29 (月) 07:58:07
    • だからな、戦艦のグナイがマップ上に表示されてるにも関らず、グナイ乗りの思惑に乗せられちゃうような馬鹿相手にしかグナイの戦法は通じないってコト。9km射程の副砲と6km射程の魚雷で倒せるような敵って赤猿っしょ。俺だったら、グナイがいたらそれだけで警戒するわ。グナイが接近しても警戒しない中〇人相手にはそりゃ強いよ、グナイは。けどねぇ…  KGVは英戦修理班と高隠蔽、主砲門数やらHE火力やらで距離を詰めれば詰めるほど、駆逐から戦艦に至るまでばかぢからを発揮できる接近戦になればなるほど強い戦艦だから、俺は率直にKGVのほうが強いと思う。だいたいグナイって接近したら強いんじゃなくて、接近しないとσ1.8の戦艦散布38cm砲6門じゃ何もできんポンコツ、51mm甲板あっても上構まみれで大ダメ必至のクソですわ -- 2021-12-01 (水) 21:29:54
      • グナイがいたらそれだけで警戒する←つまりそれだけグナイが脅威ってことなんだよな。相手の行動を制限させられるならそれは立派な強さの一つ。それに「無警戒の相手にしか~」と言ってるけど無警戒の相手がゴロゴロ居るのが現実のランダム戦、上手い奴をジワジワと追い詰めるより無警戒の相手を速攻で落とした方が勝利に貢献できる。グナイはランダム戦では勝てる戦艦だよ。 -- 2021-12-01 (水) 21:58:35
      • 木主は戦場にグナイ対策バッチリの上級者しか居ないかのような口ぶりで語ってるけど、実際にはそれはあり得ない想定なんだよなぁ。 -- 2021-12-01 (水) 22:05:08
      • だから、そういうことだろ。グナイ強い強いってのは、馬鹿相手にしか通用しない。要するに、グナイの戦法ってのは、グナイ乗りならどう行動してくるか、という、艦特性を活かした戦法すら思考に浮かんでこない馬鹿相手にしか通用しない。 局所局所で言えば、海峡なんかをグナイが通せんぼしてたらめんどくさいけど、基本的にそれ以外に強みがない。 グナイの突進ごときでやられちゃうような人ってのは、別にグナイじゃなしに別の戦艦が突進してきても死んでる。 俺はグナイグナイ強い言うから副砲特化にして乗ってみたけど、T7戦艦でσ1.8主砲6門の火力なんぞゴミみてえなモンで接近できないと弾受け要員として犠牲を強いられるだけの苦行艦だと思った。接近できるタイミング待つまで隠蔽入って何もしないという巡洋なら選択できる選択が許されないからな。 -- 2021-12-02 (木) 03:57:46
      • 木主は「馬鹿相手にしか」を執拗に連呼してるけど、実際にはランダム戦で通用するので苦行ではありません。終わり。 -- 2021-12-02 (木) 14:21:42
      • どうも木主の考え方ってのが机上の空論じみてるんだよな。俺の考えたグナイ対策をすればグナイなど恐るるに足らずって言われても、実際にそれができる敵はどんぐらい居るのかってね。実戦ではグナイで勝つことはそう難しくないし6門の主砲だろうが接近戦でブチ当てれば火力は出るし、十分な勝率を出し得る艦を苦行艦とは呼ばないんだよ。だいたい木主はゴミだの数百倍だのと馬鹿相手にしかだのと話を盛り過ぎだし極端すぎ。 -- 2021-12-02 (木) 14:25:42
      • まぁ正直あの主砲はストレスたまるし気持ちはわかるわ。ここぞというときに外れるのはなかなかストレス。 -- 2021-12-02 (木) 14:54:32
      • つか、警戒してても突撃を許さない状況作れるとは思えないが?分隊組んでるならまだしも、ソロでランダム潜ってるなら突撃モロに食らってもおかしくないやろ。てか、木主の対策を聞きたいけどな。 -- 2021-12-15 (水) 11:12:54
      • グナイゼナウはどうあがいても主砲6門じゃ火力出ないし戦艦のくせに弾受けしかできないから、遅かれ早かれ突っ込んでくる。ただ、突っ込むにしても9.5km、6kmの至近距離に突入するリスクをしょわないといけない。魚雷射程まで突っ込むかは別として、少なくともグナイをフルに活用するなら、副砲射程で防御姿勢取ってタンクやりながら艦首主砲撃って与ダメ稼がないといけない。そういうハンデを抱えてるのがグナイという船なんだから、要するに引くこと覚えろ○○ -- 2021-12-22 (水) 18:00:57
      • 一旦引いた後、反転して前線立て直す脳みそがないCore2Duo脳なのがアジ鯖民だから、グナイで一旦突っ込みさえすれば勝ち確試合になる。そういうおつむの弱い連中相手に強いのはグナイ使ってると楽しいけど、それだけ。突っ込んでくるグナイなんてのはいい的で、要するに突っ込んでくるグナイの側面撃てる位置に逆進かけて側面を腹パンし続ければいいだけなんだけど、まあ基本アジサバ民はグナイ突っ込んできたら脳死するからな グラーフシュペーなんかだと死ぬほどグナイシャルンの相手がやりやすかったよ -- 2021-12-22 (水) 18:11:05
      • 木主が「○○だけだから、○○だけだから」みたいな言い訳を重ねていくごとに、「うん、じゃあやっぱりグナイは強艦じゃね?」ってなってくるな。アジ鯖でも勝てるしNA鯖でも勝てるしRU鯖でも勝てると -- 2021-12-25 (土) 08:58:12
    • ま~俺もT7戦艦の中で扱いやすい強艦はと聞かれたら日向、SHINOP、KGVあたりを推すけど、グナイゼナウも状況次第でそれらに劣らない活躍ができる艦だからね。 -- 2021-12-01 (水) 22:00:32
    • 副砲特化グナイは乗ってて楽しい上に勝率もついてくるからなぁ。乗ってて楽しくない上に勝率がなかなかついてこない苦行艦とは真逆の存在。 -- 2021-12-02 (木) 14:41:44
    • アプデでドイツ砲が締まるようになってからはアプグレは副砲でスキルは万能防御系、運用は序盤遠距離中盤凸でやってるわ。対空高いしクルクル回っても遠距離ならめったにバイタル抜かれないから外を上がりやすい -- 2021-12-02 (木) 14:47:33
    • このwikiでたまに「馬鹿にしか通用しない」とかいう主張をしてる人を見かけるけど、それって要するに「通用します」って意味なんだよね。WOWSプレイヤーなんて馬鹿ばっかなんだからヨォ(過激派) -- 2021-12-02 (木) 14:55:39
      • ソレが有る意味真理やで、そもそもどんなゲームにおいても言える事だけど「一つの事に対して脳内リソースを100%使える」なんて状況にはまずならんからな、複数の事象に対応中の脳味噌が一つの事柄に対して割ける処理能力なんてそれこそ世間一般で言う「馬鹿」程度のレベルでしか無い。 -- 2021-12-02 (木) 15:45:55
  • 結局、トータルで見るとグナイとハインリヒってどっちが強いんだ? -- 2021-12-01 (水) 22:30:02
    • 側面ペラペラ短期決戦仕様の巡洋戦艦と(相対的に)オールマイティ型の戦艦とを比べても意味なくないか -- 2021-12-01 (水) 23:17:24
    • ハインリッヒやろね。速力と対空だけじゃないグナイが勝ってるの -- 2021-12-02 (木) 00:24:34
    • 私はグナイの方が強いと思う。ハインリヒの方が強いと思ってる人が居るのなら良い塩梅なんじゃないのかな?ハインリヒは副砲と接近戦が強みの癖に、接近する力がグナイ程強くないんだよ。 -- 2021-12-02 (木) 16:08:05
      • 序盤の遠距離戦でハインリヒは射程が短くて前に出る事を強いられ、陣地調整の自由度が低い。中盤以降にライン上げに突入するシーンで、グナイが耐えて突破できる状況で、ハインリヒはデリケートな防御姿勢を要求され、詰め寄る速力が無くてゴリゴリ削られる。ナライ適正はハインリヒの方が強い。 -- 2021-12-02 (木) 16:25:43
  • 俺はね、シャルンホルストが強いっていうんならこの性能だからまあわかるよ。けどグナイは強いはねーなぁ。赤猿相手に無双できて副砲バンザイな戦艦がグナイというだけで、じゃあ別に隠蔽が良いわけじゃない戦艦が9km、6kmにまで距離詰めれて活躍できる戦況ってグナイ云々関係なしにもう勝ち確試合だよねって思う。9kmまで距離詰めてそれでようやく”接近戦に強い”って表現できるなら、隠蔽特化で12.6kmまで距離詰めて、炸薬マシマシ門数マシマシ発火率マシマシσ1.8のKGVがドカーンと一発かまして(戦艦にはAPね)Uターンするほうがアジ鯖的にはグナイの何倍も接近戦に強いと思うわ。普段は散々勝率至上主義を掲げてさぁ、赤猿連呼しておいて自分の好きな船の話になったら赤猿相手には無双できるから強いっていうのはダブスタすぎるわ -- 2021-12-02 (木) 21:57:59
    • で、そういう赤猿相手にハマった時は楽しい。けどそうじゃないときの落差がすごい。だから苦行。基本的に接近して火力出すことよりも、T7戦艦としてヘイトを引き受けて弾受けしなきゃ話になんねえし。そうこうしているうちに、上構まみれの船体にボコボコAPが突き刺さり、HPが割れて修理を余儀なくされる。HPが回復する間、完全に突撃の機会を失う。正直副砲特化戦艦が楽しいとかいうんなら手前のバイエルンのほうでずっと楽しませてもらったわ -- 2021-12-02 (木) 22:03:16
    • 枝付けミスか?個人的には木の中で起こった議論は木の中でまとめて欲しいんだがなぁ。 -- 2021-12-02 (木) 23:34:18
    • 12.6kmまで距離詰めてUターンってそれ詰めてるうちに入らねえだろ。T10ならまだしもT7戦艦がマッチングするTier帯で12.6kmは接近とは言えねえよ。 -- 2021-12-03 (金) 00:02:33
    • ていうか木主の論法が卑怯なんだよな。自分に都合の悪い論を「それは相手が赤猿だったからノーカン」という都合の良いレッテル貼りでやり過ごしてるだけ。何にでも言えちまうわそんなもん。 -- 2021-12-03 (金) 00:23:54
    • グナイの乗り方間違ってるで。戦艦をダメージディーラーとしか見れてないならグナイからG.K.までずっと苦行だぞ。KGVが肌に合ってるなら英戦乗ってたら良いやん。 -- 2021-12-03 (金) 01:42:50
    • 木主の表現方法が悪い気はするが、確かにグナイが強いってことはないんじゃないかなぁと思う。そもそも戦艦の火力って主砲+αで成り立ってるからその主砲が弱い以上、それをカバーできるだけの+αがあるかと言われると副砲はともかく魚雷発射管は爆速で全損するし、副砲もボトム引いたりした日には無用の長物と化すから総合的に攻撃面においてストレスが大きすぎる。タンク性能云とか機動性を含めたとしても41cm砲とか高発火HE持ちがいるtiar7の中で相対的に強いとはならないかなぁ...と -- 2021-12-03 (金) 11:36:00
      • ボトムでTier9戦艦に向けて突っ込む時が一番グナイに乗ってて楽しい時だと思うんだけどなぁ。ボトムだとあんまり警戒されない事が多いし、弾受けも考えなくていいから気が楽なんだわ。 -- 2021-12-03 (金) 11:39:33
  • コメントページを2ページ目に更新したぞ -- 2021-12-03 (金) 01:26:31
    • ありがとう! -- 2021-12-03 (金) 01:38:49
  • T7ツリー艦ごとき長々と何話してんだこいつら…ナライかフリーで飛ばす人が大半だろ -- 2021-12-03 (金) 01:57:48
    • ろくに戦闘こなさずにティア10やってそう -- 2021-12-03 (金) 06:49:56
      • まぁ性能議論してる場に投げるべき内容ではないが、そうやって煽るような発言をするのも良くない。ツリー10回ぐらいリセット終える頃には、T7なんてシナリオで速攻飛ばす人の方が多いだろう? -- 2021-12-03 (金) 16:34:31
      • 私はむしろT10あんまやらなくて、ツリーリセットでT6→T10をぐるぐる周回してるわ。T9の戦闘数が断トツで多い。独戦はF.D.G.が無ければ良いリセット候補なんだけどな。リセットせずにグナイ乗るから無駄に経験値が溜まっていく。 -- 2021-12-03 (金) 19:08:17
    • ????? -- 2021-12-06 (月) 15:35:39
    • ここはそういうとこだろ?何言ってるんだ? -- 2021-12-06 (月) 15:36:19
    • 飛ばすような艦のページにわざわざ書き込んで、どういう心理...? -- 2021-12-06 (月) 15:38:46
    • なんかビスマルク貰ったし永久迷彩も貰えるからね、昔にガバさを体験してそれっきりだな。。 -- 2021-12-06 (月) 15:52:35
  • まあドイツ艦ってかっこいいよね -- 2021-12-06 (月) 12:59:52
  • こいつなかなか気に入ったな…近づいてくるドアホに副砲と魚雷叩き込んでたら11万ダメ取れた…まぁ負けたんだけど -- 2021-12-17 (金) 23:27:43
  • ru鯖ではつよい? -- 2021-12-18 (土) 12:02:39
    • アホ強い -- 2021-12-20 (月) 23:16:23
      • 俺はロシア鯖に移籍してから独戦第一ツリーしか進めてない。接近戦に強いからね。 -- 2021-12-20 (月) 23:19:45
      • 第2ツリーも愛して -- 2021-12-21 (火) 17:59:48
  • 第2ツリーの方が副砲強い気がする -- 2021-12-21 (火) 19:49:06
  • 接近戦のやり方を教えて下さい -- 2021-12-22 (水) 17:15:44
  • グナイあるある「副砲はとにかく魚雷使うことほぼない」 -- 2022-01-05 (水) 16:07:12
    • いざ魚雷を使おうとした瞬間「魚雷発射管大破ァ!」の無慈悲なアナウンス。 -- 2022-01-05 (水) 19:53:08
      • わかりみ深次郎…そしてその副砲も駆逐とかにバラ撒く位でそもそも射程に入れる頃にはこっちが死ぬか敵が死んでるかのどっちかだから結局副砲特化はロマンに過ぎない。普通に使いたければ素直に主砲をなんとかするのが… -- 木主 2022-01-05 (水) 23:22:22
    • グナイ見て接近戦するひとがほぼいないから遠距離でバカスカ撃たれる印象がある。あんまり射程圏内には入らないよね・・・ -- 2022-01-05 (水) 23:44:37
    • グナイに限らずドイツ艦は今シナリオで輝く時代 -- 2022-01-05 (水) 23:47:18
  • 遠距離全然当たらんな本当に…… -- 2022-01-19 (水) 19:44:03
    • 手数がアレなのは知ってるけど精度もアレなの? -- 2022-01-19 (水) 22:43:15
      • 精度は「普通」だよ。ただWOWSの主砲6門戦艦はだいたい精度が優遇されてる事が多いので、6門+標準精度のグナイは遠距離戦には期待せず当たったらラッキーみたいな感じ。 -- 2022-01-19 (水) 22:50:01
      • なるほど手数が少ないのか そういうことね -- ? 2022-01-19 (水) 22:58:05

過去ログ

Gneisenauログ一覧


*1 最高値はHoodの67700、最低値はLyonの53400。
*2 同型艦であるシャルンホルストよりも艦首が長く、旋回半径も広い