Top > Centurion Mk. 7 > 1


Centurion Mk. 7/1

Last-modified: 2019-05-15 (水) 09:24:39

Tier 9 イギリス 中戦車 / 略称:Centurion 7/1 / 日本語表記: センチュリオン Mk. 7/1 Edit

71_0-min.PNG
↑ Centurion Mk. 7 + OQF 20-pdr Gun Type A Barrel
初期状態。Centurion Mk. Iとは見分けが付きづらい。
なお、Mk. 7の史実砲は排煙器が装備されたType B Barrelである。
Mk. 7/1は車体正面を強化した装甲強化型の事。
71_1-min.PNG
↑ Centurion Mk. 9 + 105 mm Royal Ordnance L7A1
現代戦車らしい容姿が非常に凛々しい最終状態。主砲が有名なL7 105mm戦車砲へ更新され、また砲塔後部に雑具ラックが追加された。
Mk. 9は、Mk. 7/1の装甲強化とMk. 7/2の火力強化を併せた改修型である。

旧HDモデル
HD化以前

スペック(v0.9.20.1) Edit

車体

耐久値1,620⇒1,720
車体装甲厚(mm)120/50/31
最高速度(前/後)(km/h)50/20
重量(初期/最終)(t)51.46/52.2
実用出力重量比(hp/t)18.20
本体価格(Cr)3,515,000
修理費(Cr)約19,200
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
OQF 20-pdr Gun Type A Barrel10AP
APCR
HE
226
258
42
230
230
280
2,3000.332.372680
4,400
170
1,242-10°/+18°
OQF 20-pdr Gun Type B Barrel10.53AP
APCR
HE
226
258
42
230
230
280
2,4220.321.972680
4,400
170
1,282
105 mm Royal Ordnance L7A15.36APCR
HESH
HE
268
210
105
390
480
480
2,0890.322.3721,200
5,200
950
1,282

※ただし左右139°ずつから徐々に俯角が取れなくなり、159°以降は俯角0.1°しか取れなくなる

 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
Centurion Mk. 7254/88/883640010,400
Centurion Mk. 9254/88/883641010,900
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Rolls-Royce Meteor Mk. IVB65020744
Rolls-Royce Meteor Mk. IVC75020744
Rolls-Royce Griffon95020952
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
Centurion Mk. 751.53011,000
Centurion Mk. 9543211,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
WS No. 19 Mk. III55040
WS No. 2270040
SR C4275040
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Loader(Radio Operator)
 

拡張パーツ

Vertical StabilizerMk1Improved VentilationClass2"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerMedium Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionCoil Springs Class 2
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時11.51%2.41%
移動時8.66%1.81%
 

派生車両

派生元Centurion Mk. I(MT/165,000)
派生先Centurion Action X(MT/180,000)
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 火力
    俯角は-10°と優秀であり、地形を活かしたハルダウンを駆使していこう。
    ただし、後方には俯角制限があるので注意。
    • OQF 20-pdr Gun Type A Barrel
    • OQF 20-pdr Gun Type B Barrel
      Centurionの史実砲。
      Type B Barrelは優秀な照準拡散と照準時間を有している。
      また、拡張パーツや搭乗員のスキル次第では4秒程度の良好な発射速度を得る事ができるのが特徴だ。
      しかし、Tier9中戦車としては単発火力・貫通力が不足しており、早急な換装が求められる。
      なお、初期砲塔+Type B Barrelの時点で初期履帯では積載量がぎりぎりになる事には注意したい。
       
    • 105 mm Royal Ordnance L7A1
      Centurion Mk.IXの史実砲。
      搭載には改良砲塔と改良履帯が必須となる。
      単発火力は390、通常弾のAPCRは貫通力268mmと十分な性能だ。もちろん精度・弾速共に良好であり、遠距離狙撃であろうと難なくこなす。
      また、本砲ならではの特徴としてHESH*1を搭載できる事が挙げられる。
      これは高貫通HEと言うべき弾種であり、通常弾のHESHは貫通力105mm、課金弾のHESHは貫通力210mmを有する。課金弾はStrv 103-0の正面下部装甲を貫通することも可能。
      HEATと同じく空間装甲に弱いものの、貫通すればAPCRよりも高火力を発揮し、非貫通時にも一定のダメージを与えられる。
       
      一方でこの砲の欠点は、DPMが控え目な事と照準拡散が大きい事、そして貫通力が268mmで頭打ちな事である。
      発射速度は他国のTier9中戦車と比べて遅く、拡張パーツや搭乗員スキル次第だが10秒弱の装填時間を要してしまう。*2
      v0.9.17.1で強化されたとはいえ、単純に撃ち合うと押し負けやすいので注意しなければならない。
      大きめの照準拡散はCenturion Mk. Iと同様であり、数値以上に照準時間が遅く感じられる要因になっている。
      また、上述の通り課金弾が貫通力210mmのHESHであり、高貫通のAPCRやHEATを課金弾とするTier9中戦車と比べて重装甲車両への対応力に劣っている。
      側背面への回り込みや精密射撃が他車両以上に求められる性能だ。
       
  • 装甲
    Centurion Mk. Iから車体正面上部の装甲と傾斜が増加し、換算200mm前後の防御力を有する。
    一方でその他の部位は据え置きで、Tierが上がった分更に頼りなくなっている。車体正面下部は換算120mm程度しかなく、前身同様に破損しやすい弾薬庫が控えている弱点であり、車体下部を隠す立ち回りを心掛けよう。
    砲塔はv0.9.0のHD化により弱体化されたが、v0.9.20.1にてCenturion Iと共に正面254mm、防楯235mmにまで強化された。Buff前とは比べ物にならないほど硬くなったが、Tierがあがったことで通常弾でも抜かれやすくなっていることに注意。
     
  • 機動性
    最高速度は50km/hであり、中戦車としては平均的で十分な性能。
    Centurion Mk. Iから重量が増加したものの、最終エンジンのRolls-Royce Griffonは950馬力を誇り、加速力・旋回速度・登坂性能は強化されている。
    良好な足回りを駆使し、臨機応変に立ち回ろう。
     
  • 総論
    高火力の105mm砲とHESHという個性を手にしたCenturion Mk. Iと言うべき中戦車である。
    重装甲車両への対応力や防御面に不安があるものの、それをカバーできるだけの火力と機動力は有している。
    105mm砲のHESHは貫通力こそ上乗せできないが、装甲の薄い車両に極めて有効であり、状況に応じて切り替えて大きなダメージを与えていこう。
     

史実 Edit

qDxt5l.jpg

1954~59年にかけて755両生産されたセンチュリオンMk.7(FV4007)戦車は、Mk.5の機関室を延長して燃料搭載量を倍加させ、路上航続距離を従来の60マイルから118マイルに大幅に延伸したものである。

また主砲の20ポンド戦車砲に排煙機が装着されると共に、車長用キューポラに対空用の7.62mm機関銃M1919A4が新設されている。
本車両のMk.7/1は増加装甲板を装着した型であり、装甲強化型Mk.7/2は主砲を105mm戦車砲L7A1に換装している。

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。






*1 High Explosive Squash Head = 粘着榴弾
*2 戦友、換気扇、装填棒込みで9.16秒