AUG

Last-modified: 2020-11-27 (金) 13:25:46

銃種別一覧 | 図鑑順一覧 (未実装込み) 〕



基本情報

No.073基本情報
AUG.jpg名前AUG
ランク★5
銃種アサルトライフル
製造時間製造不可
CV和氣あず未
イラスト芙芙酱
Lv.MAX時ステータス
HP605(121×5)
火力55射速75
命中57防御-
回避46弾薬-
会心率30--
SD
AUG_SD.gif
自己紹介
指揮官さん、敵の葬式に花を手向けたいのなら、私は最善の適任者ですわ。
入手方法
イベント「暗影の花」1800PT報酬(2019/08/01~08/21)
イベント「★5・★4人形期間限定ドロップ」(2020/01/01~01/07)
陣形効果
AUG_tile.jpg全銃種に有効
火力上昇12%、命中上昇20%

スキル

スキル名効果(Lv.10)
弔いの雨.jpg弔いの雨7秒間、射速を150まで上昇させ、掃射を行う。
レベル12345678910
開幕CT4秒
CT20s19.6s19.1s18.7s18.2s17.8s17.3s16.9s16.4s16s
命中低下-30%-27%-23%-20%-17%-13%-10%-7%-3%0%
持続時間3s3.4s3.9s4.3s4.8s5.2s5.7s6.1s6.6s7s

セリフ

セリフ一覧を開く

入手指揮官さん、敵の葬式に花を手向けたいのなら、私は最善の適任者ですわ。
挨拶では…作戦に移りましょう。
部隊編入皆さんと一緒に…光栄ですわ。
強化完了この力を開花させましょう。
コミュニケーション1私たちは、人間の代わりとして戦場へ出る道具。だから、戦場で私たちが死んだ時は人間が救われるという意味ですね。
コミュニケーション2雨が好き。雨の中にいると、気持ちが柔らかくなりますから。
コミュニケーション3指揮官さん 衝動的な行動は、後悔だけが残りますよ。
出撃この香りを、戦場の隅々まで漂わせますわ。
敵と遭遇貴方を葬って差し上げます。
重傷血と涙、私にとって同じものです。
勝利戦場は、花を踏みながら前へ進まないといけない場所です。
撤退全ては…散りゆく…
スキル1貴方に死を差し上げますわ。
スキル2生という気持ちを忘れましょう。
スキル3貴方達…涙を流せますか?
後方支援開始分かりました。計画通りに進みます。
後方支援完了指揮官さん、お望みのものを持って帰りましたわ。
修復全ての痛みは忘れません。
編制拡大葬式も段々大きくなりそう…
自律作戦敵は私達の追撃から逃れられません。
誓約ふふ…この花の香りは、私と真逆の気配ですね。涙は…悲しい気持ちの時だけと思っていましたが、今の私もきっと…涙が止まらない そんな気持ちですわ。
コミュニケーション4指揮官さん、雨が降りそうですね?散歩に付き合ってくれませんか。小さめな傘を持って、側に居て。
ローディング指揮官さん、この花を持っていきましょう。
人形製造完了どんな花が咲くのでしょう。

重傷イラスト

重傷時のイラストを開く

AUG_damage.jpg

スキン

葬仪阵列 ※未実装

葬仪阵列 Live2D
通常時重傷時
AUG_skin1.jpgAUG_skin1_damage.jpg
未実装

性能

総評

ARの形をしたキメラ

  • 銃種こそARだが、実態はARとHGとMGとRFをごった煮した様な複合的な性能を持つ。
  • HG成分:陣形バフがHGと同様に全銃種へのバフとなっている。ただしHGに比べると倍率は控えめ。
  • MG成分:スキル発動中はMGと同じ速度で弾をバラ撒く。射撃レート固定の為、射速バフは無効だが火力・会心バフがあるとDPSが伸びる。
  • RF成分:ベース会心率が30%(通常ARは20%)。
  • バフを受ける側としての区分や装備枠は通常のARと一緒。正しく使えば自身が高射速でDPSを叩き込みつつ周辺に全銃種バフを盛れる優秀な人形である。

スキル

  • 射速に関してはゲーム内の説明文と実際の挙動が異なるので注意。
  • 発動中は自身の射撃レートが(ARの射速上限を無視して)アクティブスキル持ちのMGと同じ速度で固定される*1
    具体的には10フレーム(ドルフロの戦闘は30フレームで1秒)ごとの秒間3発。ちなみに通常ARの射速上限(射速116~120)時は12フレームごとの毎秒2.5発。
  • 同時に命中低下のデバフを受けるが、スキルLVの上昇と共に軽減されていき、スキルLVが10になるとデメリット無しとなる。
  • また、スキルの発動中は攻撃を行う度にターゲットがランダムで切り替わる。ここがスキル説明文の『掃射』にあたるのだろう。
    • 本来ARは最前列の敵を優先するが、ランダムターゲットにより部分的に後列を攻撃することがある。
      攻撃する度に切り替わるので敵を倒す事は難しいが、火力さえ足りていれば相手のリンクを削り取っていける。
  • スキル発動時は射撃音がMGのそれに変わる。あふれ出る銃種詐称感。

陣形バフ/編成

  • 基本的に、特徴である「銃種を問わない陣形バフ」を効率よく撒くために4番配置になる。
  • バッファーとしては陣形バフが火力と命中でステータス上限による無駄が出ない事、HGと比べて自身もダメージが出せるのがポイント。
  • SMGAR編成においてはHG以外だとM4A1リベロールあたりが競合。比較としては8番のアタッカーSMGにもバフを付与出来るのが差別点。
    メインタンクには陣形バフで1番・4番・7番のAR全てに強力な火力と会心バフを付与できるUMP45がベストパートナー。

    SMGAR編成例

    • バッファーであるAUGが会心バフを盛れず、また射速バフを受けてもスキル発動中は無意味な為、メインタンクは火力と会心バフを盛れる陣形を持つUMP45が最適。
    • 7番のメインアタッカーは素で高射速&火力バフで伸びるキャラクターが適するためGr G11。この状態で2キャラから火力バフを受けられるので、強力なスキルを最大限生かす為にサブタンクにVectorを配置してGr G11の射速を上限まで上げておく。
      AUG_formation_1.png
    • 1番に配置するアタッカーは雑に入れてもあまり困らないので、敵に応じたキャラを入れよう。
  • 夜戦では自身がHGと競合しやすい4番配置な事、装甲敵にはあまり強くない事から使い方を変える必要がある事に注意。
  • 「射速バフをもらう必要が無い」「陣形バフが火力と命中」の2点からSGMG編成とも相性がいい。
    6番から1・7番のMGにバフが付けられるAm KSGM37等のSGをメインに編成、4番に配置する事で1・7番のMGをさらに強化できる。
    5番にはコンテンダーGr Mk23K5等の火力をMGとAUG両方に付与できるHGを配置したい。

装備

オプティカルサイト/高速弾/X外骨格のAR三点セットでOK。

キャラについて、小ネタ

  • 喪服のような真っ黒な衣装と、対照的な白い肌と髪が印象に残る人形。性格は「ですわ」口調の物腰柔らかなお嬢様タイプ。
    • 喪服姿に違わず、己の弾丸により敵に死を与えて「救う」事を信条としている。その様は「心優しい葬送者」にも「無慈悲な死神」にも取れる。
      自分たち人形が死ぬときは、代わりに同じ数の人間が救われると口にしており、どこか諦観的で悟りきった価値観の持ち主。
    • 「雨」を好み、雨の日に一人散歩を楽しんでいるらしい。指揮官が彼女にとっての特別な人間になった際には、散歩する彼女の傍らに指揮官がいるようになる。
  • 機能として泣く事は出来ないが、重症時や狂ってない方の公式マンガでは眼から黄色の涙を流している。身体を循環するオイルか何かだろうか?
  • 「ステア―AUG」と言えば「ニキータ」(1990)でバスルームに分解されて隠されていた物を組み立てて狙撃銃として使われるシーンが有名であるが、彼女の持つ銃も劇中と同じ仕様である。*2
    • この「ニキータ」は暗殺者として育て上げられた不良少女の話であり、葬祭業者を連想させるような衣装の彼女も「暗殺者」としてイメージされてデザインされたものと思われる。
    • 「雨」や「涙」といったワードが彼女から発せられるが「葬式で降る雨=故人の為に流す悲しみの涙」という比喩表現でもあるので「葬式=雨=涙」の着想から来ているものと考えられる。
      • 些か強引に「ニキータ」と関連付けようとすればステア―AUGが使われるシーンは「半泣き」であり、「涙」と関連性を持たせようとしたという見方もできる。
  • 髪飾りにしている白い花はシラユキゲシ(白雪芥子、別名スノーポピー)だと推測される。花言葉は「清純」「優美」と儚げな印象だが……
    • この花の中国名は「血水草」。茎を折ると黄色の液が血のように滴ることが由来だとか……やはり彼女には不穏なイメージがつきまとう。重傷時の涙も黄色になっており、「血の涙」というモチーフが込められているようだ。*3
  • IWS 2000が率いるオーストリア銃で構成された小隊の副隊長。
    隊の中では優柔不断で甘い隊長を補うように、冷静で厳しい態度をとっている。
    8章夜戦は彼女らの特集なので、好きな方は必見。

    ストーリーのネタバレなど

元ネタ

正式名称ステアーAUG
種類アサルトライフル開発国オーストリア
製造メーカーシュタイヤー・マンリヒャー生産対象
生産期間1978~採用国家アルゼンチン、オーストリア、オーストラリア、フランス、ドイツ、ニュージーランド、パキスタン、アイルランド、サウジアラビア、チュニジア、アメリカ合衆国、イギリス、マレーシア、オマーン、ルクセンブルク、イタリア
口径5.56mm弾薬5.56×45mm NATO弾
装弾数30、42発(箱型弾倉)発射速度680~850発/分
初速940m/秒有効射程300m
全長790mm重量3.600g

簡単な説明

  • StG58(FN FAL)の後継としてオーストリア軍向けに開発された、ステアー社のブルパップ式のアサルトライフル。*4
  • AUGはアルメー・ウニヴェルザール・ゲヴェーア(Armee Universal Gewehr、軍用汎用小銃の意)。

    細かい説明

    • 強化プラスチックにより形成されたグリップ・銃床一体のボディを持っており、なんとマガジンまでプラスチック。
      70年代当時では考えられない、そこら中がプラスチックで構成された突撃銃になっている。
      • 最も、そこまでの軽量化自体はできておらず、本体のみで3600gと他の自動小銃とそう変わらない。しかし強度は高く、(6tか10tかは諸説あるが)トラックに踏ませても正常に動作するなど頑丈さには定評があるようだ。
    • 特徴的な形状は人間工学に基づいた、扱いやすさを考慮したもの。
    • ブルパップライフルの問題点として照準線が大きく取れない点や握りにくい点は、固定でスワロフスキー社製の×1.5スコープを標準で装備し、フォアグリップを装着することで解決している。
      • もはや現代では下の兵士たちにも行き届いている光学照準器だが、当時はアイアンサイトが当たり前だった。こういった点も結構先進的。
    • システム・ウェポンの先駆けであり成功例となる銃の一つで、高い拡張性を誇っている。そのため非常にバリエーションに富んでおり、一例として
      • ショートバレルと9㎜ルガー弾*5用のボルトへ変更した短機関銃型のPara
      • 銃身長が11cm延長されたヘビーバレルを装備し精度や安定性を向上させたHBAR
      • 上記HBARにバイポットを追加し高倍率光学サイトを装着した狙撃銃仕様のHBAR-T
      • HBAR-Tの撃鉄機構をオープンボルトに変更することで放熱性・速射性を向上(680発/分→750発/分)させた軽機関銃(Light Machine Gun)仕様のLMG
        などがある。
        • 彼女のスキルの元ネタも恐らくこの「軽機関銃(≒軽支援火器)への拡張」からかもしれない。戦闘中にいきなりバレルからバイポッドからマガジンから色々変えてるのだとしたら、正直とんでもないぜ! ちなみに上記の毎分750発の射速だと例え42連マガジンを使用しても3秒ほどで弾切れになるが、スキルLv10では光の速さでマガジン交換してるのかもしれない…(゚A゚;)ゴクリ
      • また、排莢方向を変えることが出来る。これも70年代の小銃としてはかなり異例と言える。
        • 流石に戦闘中のスイッチは行えないものの利き手を問わず使用可能。軍隊では大体右撃ちで訓練させるのので左撃ちの兵士はほぼいないし、咄嗟に切り替えが出来ないのでは意味がないような……
    • 上記のように様々な革新的な試みがなされた銃であり、基本的に軍隊は実績のない新機軸や信頼性に欠くものは避ける方向にあるが、この風潮に反し各国の軍隊・特殊部隊で採用されている。
      • こうして実戦で使われていることに加え、未来的でインパクトのある形状なのもあり、映画やゲームにも多数登場している。
        映画の有名どころでは上記の「ニキータ」「コマンドー」のアリアス大統領、「ダイハード」のカールなどが使用している。
        オンラインFPSでの登場機会も多い。バーチャル空間で思う存分振り回そう。
    • ただ、AUGにも不満点がいくつかある。
      撃発音が大きいだの、リロードがしにくいだの、バラストが気に入らないだのというブルパップ特有の不満点は勿論あるが、本銃で特徴的なのは発射モード切替だろう
      • この銃にはセレクトレバーなどはない。ではどう調節するのか……それはトリガーの引く深さである。
        浅く引くことで単発、奥まで引くとフルオートになるのだが、これがなかなかに使いにくいらしい。案の定現場では不評を買ってるとか。
        もっとも現代の軍隊ではそもそもフルオート射撃をする機会が限られており(突撃時か奇襲された時のとっさの反撃くらい)、緊急時の即応性という意味では習熟さえすればM16やM4系のセレクター式よりも状況対応力が高いとの評価もある。実際に採用から40年近く経過しても変更が加えられていないので、デメリットを無視できる程度にはメリットがあるという証左になるだろうか……?
      • セーフティはボタン式。
    • スコープを廃しマウントをレール化したA2、フォアエンドもレール化したAUG A3、銃剣がついちゃうオーストラリア軍用のF88と後継のF90、オーストラリア軍がF88をベースにアメリカが断念した次世代歩兵小銃計画の研究開発テストを行った"AICW"*6など、意外と色んな発展型がある。
       
    • ところで、本銃はパテントが失効しているので各種デッドコピーやクローンが出回っている。
      もしAUGそっくりの銃を作ろうと思っても訴えられないから、そこの君もぜひ作ってみよう!!

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 早起きして勲章集めて交換した甲斐があったぜ。ボイスが良い -- 2020-06-26 (金) 19:22:22
  • AUGさん、指揮官に対してはお嬢様っぽい話し方だけど同僚に対してはずけずけとタメ口で草生える -- 2020-07-25 (土) 20:18:07
    • これ割と人形全般の特徴で、指揮官と言うか人間相手と人形相手では露骨に対応変わる人形は結構いる。腹黒とか丁寧な性格って話ではなく、たぶん対話機能のプリセットがそうなってる。もちろん変わらない人形もいるけど -- 2020-07-28 (火) 19:23:44
      • 単純にライターの -- 2020-08-04 (火) 06:57:38
      • ミス 単純にライターがキャラの口調を把握しきれていないだけでは? -- 2020-08-04 (火) 06:58:47
      • 夜戦ストーリーでも猫かぶってればいいなの!とか言ってるんだよなあ -- 2020-08-04 (火) 07:39:03
      • 57とか45とか露骨だしな。誓約するころには乙女になってるけど -- 2020-09-04 (金) 03:07:10
      • 指揮官相手にも天真爛漫なあのSOPが裏切る直前の正規軍に「ちょっと、困ります」って敬語使えてるのでこう…いいよね -- 2020-09-20 (日) 10:48:15
  • おーれは涙を流さない~ -- 2020-07-28 (火) 19:02:15
  • 午後ローで今月ニキータやるっぽいな。 -- 2020-08-21 (金) 20:59:55
  • ようやくスキン貰えた上にlive2dで嬉しい…早くこっちにも追加してくれ -- 2020-08-25 (火) 19:41:35
  • ツイッターで見た限りだとAUGの新スキンって絵師違う人なんだ?残念だな -- 2020-08-29 (土) 03:27:14
    • karのは間違いなく元絵師のなんだけどAUGのは代替専用の絵師のっぽい。なんていうかすごく残念だ。どうせならこっちの方を描いて欲しかった。 -- 2020-08-29 (土) 03:33:59
      • Karのも別絵師だよ -- 2020-08-29 (土) 03:57:32
      • 別絵師って誰?ソースは? -- 2020-08-29 (土) 04:12:18
      • ゴメン自己解決したわ。教えてくれてありがとう -- 2020-08-29 (土) 04:19:49
  • スキン日本実装楽しみ!いつ頃来るんだろう… -- 2020-10-25 (日) 09:21:41
  • あぐ!お前のレティクル丸いよ!あぐ!ヘッドショットできない!あぐ! 「ばら撒くんだからそんなもの不要です」 -- 2020-11-05 (木) 19:37:10
  • もしAUGそっくりの銃を作ろうと思っても訴えられないから、そこの君もぜひ作ってみよう!! → SAR-21 -- 2020-11-05 (木) 19:40:12
  • SDではみんな右撃ちしてるけど実は左利きの人形そこそこいるな? -- 2020-11-27 (金) 13:25:45
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 計算上は射速150を適用すると9フレームごとの射撃となるが、実際の挙動は10フレームごとで固定される
*2 AUG A1-HBARにサイレンサーを装着した暗殺狙撃仕様といえる代物。黒装束も「ニキータ」が初仕事の時に黒いドレスを着ていたことへのオマージュか?
*3 なお、シラユキゲシは花びらが4枚なのだがイラストでは6枚あるため矛盾が生じる。オーストリアで「白い花」といえば山岳猟兵の部隊章にも用いられるエーデルワイスの方がイメージされやすいが、なぜシラユキゲシなのかは不明
*4 その後、無事トライアルに合格しStG77として採用された
*5 M9などに使われる拳銃弾
*6 Advanced Individual Combat Weapon。AUGとグレネードランチャーを合体させて光学多機能スコープを付けたビックリドッキリ兵器。M203グレネードとは違いトリガーがライフルと共通なため持ち替える必要がないなど利点がある。主に次世代に向けた技術習得を目的に少数試作された兵器であり、一定の成果を修めた上で2006年をもって計画も終了し量産はされていない