Monarch

Last-modified: 2020-06-29 (月) 01:19:27

戦艦モナーク

shot-19.07.12_23.43.56-0183.jpg

他画像

shot-19.07.12_18.01.58-0642.jpg
shot-19.07.12_16.58.23-0221.jpg

予告時公式画像

BritishTier8BB.jpg
Monarch.jpg

性能諸元

編集時 ver.0.9.3.1

・基本性能

Tier8種別ツリー艦艇
艦種戦艦派生元King George V
国家イギリス派生先Lion
生存性継戦能力(A)53,900
(B)60,500
装甲13-457mm
・防郭 235-381mm
・艦首・艦尾 32mm
・砲郭 51-320mm
・装甲甲板 32mm
対水雷防御ダメージ低減22%
機動性機関出力(A)100,000馬力[hp]
(B) 110,000馬力[hp]
最大速力(初期)26.6ノット[kt]
(後期)28.0ノット[kt]
旋回半径750m
転舵所要時間(A)21.0秒
(B)15.0秒


隠蔽性 通常副砲主砲火災煙幕
海面発見距離14.6km--0.0km13.35 km
航空発見距離10.0km-0.0km13.0km-


射撃管制装置船体モジュール主砲射程最大散布界
A-BMk VIII mod.116.5km225m
Mk VIII mod.218.1km242m


主砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填180度旋回弾種
A-B381mm/453基×3門HE弾 6,300(35%)
AP弾 11,900
25.0秒45.0秒HE MK VIIIb
AP MK XIIIa


副砲船体口径基数×門数最大ダメージ(火災)装填射程
A-B133mm/50 QF Mk I8基×2門HE弾 1,900(8.0%)6.7秒5.0km


対空砲船体距離口径基数×門数爆発数秒間ダメージ命中精度有効ゾーン
爆発半径内継続的
A20mm Oerlikon Mk IV22基×1門-17570.0%0.1-2.0km
40mm/39 QF Mark VII4基×4門31275.0%0.1-2.5km
40mm/39 QF Mark VIII6基×8門
133mm/50 QF Mk I8基×2門41,4708475.0%0.1-5.2km
B20mm Oerlikon Mk IV22基×1門-26370.0%0.1-2.0km
20mm Oerlikon Mk V8基×2門
40mm Bofors Mk V8基×2門37575.0%0.1-3.5km
40mm Bofors Mk VI4基×6門
133mm/50 QF Mk I8基×2門41,4707775.0%0.1-5.2km



・アップグレード

スロット1スロット2スロット3スロット4スロット5スロット6

搭載可能アップグレード

搭載可能アップグレード

1MainWeapon1.png主兵装改良1主砲および魚雷発射管の機能停止発生率 -20%
主砲および魚雷発射管の抗堪性 +50%
主砲および魚雷発射管の修理時間 -20%
SecondaryWeapon1.png副兵装改良1副砲の抗堪性 +100%
対空砲座の抗堪性 +100%
PowderMagazine1.png弾薬庫改良1自艦の弾薬庫誘爆率 -70%
応急工作班改良1.png応急工作班改良1応急工作班の有効時間 +40%
着弾観測機改良1.png着弾観測機改良1着弾観測機の有効時間 +30%
2DamageControl1.pngダメージコントロールシステム改良1浸水発生率 -3%
火災発生率 -5%
EngineRoomProtection.png機関室防御主機損傷確率 -20%
主機修理時間 -20%
操舵装置損傷確率 -20%
操舵装置修理時間 -20%
3MainGun2.png主砲改良2主砲旋回速度 +15%
SecondaryGun2.png副砲改良2副砲最大射程 +20%
副砲弾の最大散布界 -20%
Guidance1.png射撃システム改良1主砲弾の最大散布界 -7%
魚雷発射管旋回速度 +20%
副砲最大射程 +5%
副砲弾の最大散布界 -5%
AAGunsModification1.png対空砲改良1優先対空セクターの準備時間 -20%
4DamageControl2.pngダメージコントロールシステム改良2浸水復旧時間 -15%
消火時間 -15%
Engine2.png推力改良2最大出力への到達時間 -50%
艦が移動を開始する際のエンジン出力を向上
SteeringGear2.png操舵装置改良2転舵所要時間 -20%
5TorpedLookoutSystem.png魚雷発見システム魚雷の強制捕捉範囲を 1.8km という固定値に向上
ConcealmentMeasures_1.png隠蔽システム改良1発見距離 -10%
ShipConsumablesModification1.png艦艇消耗品改良1艦艇の消耗品の動作時間 +10%

・消耗品

搭載可能消耗品

スロット消耗品使用
回数
準備
時間
有効
時間
効果
R応急工作班I.png12015
(21)
火災・浸水・損傷したモジュールの修復
応急工作班II.png80
T修理班I.png312028自艦のHPを回復する
回復量:最大HPの 0.5 [%/秒]
修理班II.png480
Y着弾観測機I.png4360100
(130)
主砲の射程を 20 [%]延伸する
着弾観測機II.png5240
水上戦闘機I.png418090自艦艇を追従し、敵機を自動的に迎撃する
速度・秒間平均ダメージ・弾薬・生存性は艦載機を参照
水上戦闘機II.png5120

注:括弧内は各レアアップグレード搭載時の値

ゲーム内説明

戦艦モナークは、キング・ジョージ 5 世級戦艦 (381 mm 砲搭載) の暫定版のひとつであり、比較的高速で、分厚い水平装甲を備え、両用砲を採用しているなど、次世代戦艦としての特徴を有していました。

解説

イギリスTier8戦艦。前TierのKing George Vの設計案の一つで、15インチ砲を搭載している。
 
Tier8相応に非装甲区画の板厚が増し、スロットFが導入され、他にも対空砲が増設された。
しかし船体設計が同一のためか、他の装甲配置と艦船性能は前Tierから変化していない。
 

  • 主砲
    3連装砲3基という面白味のない常識的な配置となり、KGV級の14inch砲10門から15inch砲9門に換装されている。
    三番砲塔の三連装砲化によって砲塔が縮小されており、これによってKGVの悩みであった三番砲塔の射角は前方37度と若干良くなっている。これは同Tier日本戦艦天城と同じ角度だが、Tier8戦艦としては悪い数値であることには変わりないので斉射するタイミングは吟味しよう。正面に6門向けられるのは優秀な部類なので、被弾面積を減らすためにも適宜正面向きで戦闘すると良い。
    この15inch砲は独戦艦の380mm砲に相当する性能をしており弾道、貫通力、装填速度がほぼ同等である。
    AP弾は大口径化によって25mm艦首の強制貫通が可能になり、格下戦艦及びTier8以上の巡洋艦の処理が格段に楽になっている。弾道も改善し、過貫通し辛い信管のお陰で巡洋艦の処理能力も向上している。
    HE弾はダメージ量こそ他国の16インチクラスに引けを取らないが、門数が減った上に火災確率が大幅に低下しているため前級に慣れていると物足りなく感じるかもしれない。KGVではある程度可能であったHE主体の戦い方では確実にダメージ負けするため戦艦の基本に立ち返りAP主体で戦おう。
     
  • 対空
    B船体にする事で40mmBoforsが大量に増設され3.5kmまでの中距離対空が大幅に上昇する。これによってそこそこの自衛能力を獲得している。長距離対空は貧弱なままであるため対空ビルドを行う場合は手動制御ではなく上級射撃を優先しよう。しかし対空機銃は特に高い貫通力を持つ英戦のHE弾からの攻撃に弱く、試合中盤以降では対空能力が激減している事が多い。その状態では格下空母からの攻撃すら迎撃出来ない可能性があるため油断しないようにしよう。
     
  • 機動力
    基本的にKGV級から全く変化していない(船体は同じなので当たり前である)がTier8戦艦から高速化するためTier7では快速であった28ktは相対的には遅いほうになっている。しかし転舵時間や旋回半径は据え置きのためTier8戦艦の中では小回りの効く戦艦であると言える。
     
  • 生存性
    目に付くのが低いHPプールである。船体が同じ事を反映してかKGVから変化しておらず、他のTier8戦艦と比較すると明確に差を付けられている。ver,0.8.6にて本艦の重要区画に変更が加えられ今まで水面下に存在したバイタルパートが水面上に露出する形となった。さらに、従来の装甲帯の一部もバイタルパート扱いになったため、バイタルパートが従来に比べて格段に貫通されやすくなった。本艦の低いHPもあってバイタルパートを抜かれない運用が今まで以上に重視されることとなる。特に大和や武蔵の搭載する460㎜砲は本艦の32㎜装甲を強制貫通するため非常に危険である。この二隻を見かけたら戦闘は極力避けることをおススメする。また防郭の甲板装甲が32㎜しかないため艦載機の爆撃にも要注意である。一方で同バージョンより、本艦の修理班が特別仕様となり、通常被弾時の回復率が75%となっており、普通の修理班よりも25%多めに被弾ダメージを回復プールに送ることができるようになった。さらに一回の回復量も毎秒自艦HPの0.6%と、ノースカロライナの修理班ほどではないがほかの艦より多めに回復できる。さらにクールタイムが60秒とこちらもいわゆるガスコーニュ修理班ほどではないがかなりの回転率を誇る。以上の修理班の特性から、今までIFHEを取得して本艦にダメージを与えていた軽巡洋艦群に対して以前より強気に出れるようになった。後述する高い隠蔽性を生かしてヘイト管理を適切に行えば、かなしぶとく戦うことができるだろう。

ver.0.8.6以前の解説

目に付くのが低いHPプールである。船体が同じ事を反映してかKGVから変化しておらず、他のTier8戦艦と比較すると明確に差を付けられている。艦首の装甲厚が32mmになっており、分厚い主装甲と水中深くに埋没しているVPも健在であるためAPに対する耐性は比較的優秀であるものの甲板装甲は一律32mmであるため8inchやIFHE付き6inchHE弾への耐性が極めて低い。総合的にみるとKGV同様脆い戦艦であると言える。
後述する隠蔽性能を生かしたヘイト管理を生かして立ち回ろう。

  • 隠蔽性
    この艦の最大の強みが隠蔽である。隠蔽性能そのものはKGVから据え置きであるが、Tier8になった事で隠蔽UGへのアクセスが可能となっている。艦長スキル、UG、迷彩で隠蔽特化すれば水面発見距離11.5kmという戦艦としては最早異常とも言える値は、一部の巡洋艦を凌ぐほどである。これを生かす事によってヘイトの自由自在な管理、隠蔽状態からの奇襲攻撃、はたまた緊急時のCAP奪取といった他の戦艦では不可能な戦術や位置取りが可能となる。
    もちろんタイミングを間違えると集中砲火を浴びる事になるため位置取りに注意する必要がある。また、隠蔽値を最良にしても、航空発見距離は8.1kmあるので、艦船に見つかる前に水上機や空母艦載機に見つかることもあり、過信は禁物。
     
  • 総評
    超火力HEという尖った特徴を持っていた前級と比較すると従来の戦艦らしい性能となっており、人によってはつまらないと感じるかもしれない。この艦の性能を生かすためには圧倒的な隠蔽性能をどのように使うかが鍵となるだろう。

史実

本艦はキング・ジョージV世級戦艦の設計案の一つで、15inch Mark IIを9門装備した「15C」案がベースとなっている。しかしながら「15C」とMonarchにはいくつかの差異がある。
最も大きな違いは副砲である。Monarchは副砲として134mm/45 QF Mk.Iを連装8基16門搭載しているが、「15C」では114mm砲を連装10基20門の計画であった。
また、艦の全長はMonarchはKGVと同じ227.2mであるが、「15C」は225.6mであった。

小ネタ

 

編集用コメント

編集用のコメントはこちら

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 派生先の部分がMonarchになっていたのをLionに修正しておきました -- 2017-08-08 (火) 03:02:36
  • 隠蔽性について修正しました -- 2017-09-08 (金) 09:32:07
  • ちょっと解説を書き換えてみた -- 2017-09-23 (土) 22:54:30
  • 軽く史実を書いてみた。間違ってたらすまん -- 2018-03-18 (日) 22:22:16
  • 水上戦闘機と観測機の使用回数を追加しました -- 2018-12-19 (水) 21:25:06
  • 解説、隠蔽性の発見距離を現状の数値に変更しました -- 2019-05-08 (水) 00:01:56
  • 画像を追加 -- 2019-07-12 (金) 17:09:29
  • 対空砲データを更新した -- 2019-12-21 (土) 02:08:16
  • アプグレを0.9.3.1現在のものに更新した -- 2020-05-04 (月) 13:32:45
  • 今更ながら解説を有料消耗品の削除に基づいて修正 -- 2020-06-13 (土) 14:54:45
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

コメント欄

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 縛りプレイ向き -- 2019-10-10 (木) 09:26:36
  • なんかトップが主砲周りが明るく光ってるせいで爆沈する瞬間を捉えた画像みたいに見えて不吉な気が・・・ -- 2019-10-12 (土) 20:36:37
    • 機雷踏んだみたいやな。 -- 2019-10-12 (土) 21:15:19
  • 戦艦で遠距離当てるの苦手な私には使いやすい船かもしれない。隠蔽よくして出すぎない程度に前出て当てやすくしつつ弾集め、逃げて回復がしやすいし、遠距離でバイタル当てられなくてもHEでそこそこ削れる。尖った活躍はできなさそうだけど。 -- 2019-11-25 (月) 20:10:45
    • むしろ、期待をされない分気楽に乗れるまである。ただ英戦の中ではHEの発火率が低いのが難点かな。全然火ィ点かねぇんだもん。 -- 2019-11-25 (月) 20:54:19
      • QEとこいつはもっと発火率上げても良さそう -- 2019-11-29 (金) 11:38:45
  • チート46に破壊イチ貢献お陀仏  -- 2019-11-26 (火) 03:44:16
  • いい加減モナーク終わらせるかと集中して乗ってたらそんなに悪くないと思えてきた。どこが良いと言われても困るけど。 -- 2019-11-26 (火) 14:14:11
  • コイツの主砲はなんかバラけるから嫌い -- 2019-11-28 (木) 10:44:33
  • 全てが地味 -- 2019-12-22 (日) 19:38:31
  • 画像のモナーク、今にも爆沈しそう -- 2019-12-28 (土) 13:32:09
  • なんやこのクソゴミ。バフか削除はよ -- 2020-01-11 (土) 01:46:13
  • KGVからティアあがって順当に弱体化したって感じ -- 2020-01-25 (土) 20:55:43
  • 悪い意味で特徴のない船、結構頑張ったよねと与ダメ見ると愕然する なんでこいつの発火率オミットされてんだ? -- 2020-03-03 (火) 15:14:26
  • 失礼、この艦は何をしてこんなに弱くなってしまったの? -- 2020-03-11 (水) 21:42:19
    • もともと大して強くなかったのに修理班の強化と引き換えにバイタルが上がった。 -- 2020-03-16 (月) 18:47:23
  • 隠蔽を活かして間合いを詰めて巡洋艦を狩るという基本方針で戦うのが良いのかな。ある意味米巡で駆逐刈りをやるときの感覚に近いかも。前評判ほど悪い船じゃない気がしてきた(同格以上の戦艦と渡り合うのは無理だけど (^^; -- 2020-04-16 (木) 14:22:44
    • ワイは卒業しちゃってるけど、乗ってた時はその感覚だったよ。 っていうか、むしろそれが高Tier英戦のあるべき戦いだと思うんだ。 延びる射程と極悪HEは贅沢なオマケと思うようにしてる。 -- 2020-04-16 (木) 15:18:38
    • 前Tierと変わらずAPの信管作動時間が短いから、巡相手メインでいいと思う。AP貫通力もビスにちょい劣るくらいはあるから横向き戦艦にはAPをより積極的に使えるね。ただ、この子の不幸は英ツリーなのに(w)普通過ぎるとこなのよね~主砲配置もHEも修理班も。。。 -- 2020-04-16 (木) 15:22:01
      • 同格に変わり種のヴァンガードもいるからなあ、モナークはすべてが普通すぎる…… -- 2020-06-02 (火) 12:49:36
      • 戦艦で隠蔽11.5kmとか十分英国製だからな -- 2020-06-21 (日) 09:57:17
    • 最近やっとこいつに手をつけたけど妙高とかで駆逐支援に行く気分的で乗ってるけどなんと堅くタフな巡洋艦だろうか、最近の戦艦は超遠距離玉入れが多いから射線切ったり追い払うのが楽だからとても使いやすいなによりソ戦にダメージが入るのがよい -- 2020-06-21 (日) 10:03:59
  • 特に対空に振ってるわけでもないのに今回のランク戦で対空エース量産しててなんだろうと思ったらこいつ対空たけー。というかTier8戦艦みんな対空高いのな。 -- 2020-06-27 (土) 22:13:18
  • どんな苦行かと身構えてたら良隠蔽に75%0.6%60秒修理班でヘイト管理し易くて普通に強かったわ。バイタルさえしっかり隠しとけば異常な生存性発揮できるのが楽しい。 -- 2020-06-29 (月) 01:19:26
お名前: