E 50 Ausf. M

Last-modified: 2020-10-25 (日) 02:33:08

Tier10 ドイツ 中戦車 / 略称:E 50 M

E 50 M-min.PNG

特別3Dスタイル「Revenant」

halloween_e50m_6_1024x.jpg

v0.9.17まで

1.png
2.png

上段右、下段青がE 50 上段左、下段赤がE 50 Ausf. M
目立つ違いは無いものの、車高が若干低く、砲塔の位置も前寄りに変更されている事がわかる。

スペック (v1.10.1)

車体

耐久値2,050
車体装甲厚(mm)150/80/80
最高速度(前/後)(km/h)60/20
重量(t)62.31
実用出力重量比(hp/t)19.26
本体価格(Cr)6,100,000
修理費(Cr)
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
10,5 cm Kw.K. L/52 Ausf. K6.25APCR
HEAT
HE
270
330
60
390
390
510
2,4370.32.11,500
1,200
1,200
481,200
4,800
1,211
3,000-8°/+20°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
E 50 Ausf. M250/80/803040014,100
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Maybach HL 2351,20012750
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
E 50 Ausf. M67449,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
10WSc720160
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader
 

拡張パーツ

改良型換気装置Class2装填棒Class2砲垂直安定装置Class1改良型旋回機構Class1改良型照準器Class1追加グローサーClass1
改良型無線機車長用視覚システム改良型モジュール構造Class1改良型装甲材Class1内張り装甲Medium
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時9.86%2.06%
移動時7.41%1.55%
 

派生車両

派生元E 50(MT/183,010)
派生先なし
 

開発ツリー

クリックで表示

10,5 cm Kw.K. L/52 Ausf. K
(初期/225,600)
E 50 Ausf. M
(初期/66,000)
10WSc
(初期/51,600)
Maybach HL 235
(初期/123,000)
E 50 Ausf. M
(初期/82,500)
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v0.9.12弾速を1,478/1,173/1,173m/sから1,500/1,200/1,200m/sに変更
(10,5 cm Kw.K. L/52 Ausf. B および 10,5 cm Kw.K. L/52 Ausf. K 砲の弾速が同じになるよう変更)
v0.9.17.1HDモデル化
車体前面下部装甲厚を100mmから120mmに変更
俯角制限を緩和
v1.10.1砲塔装甲の強度を改善
(砲塔正面装甲を185mmから250mmに変更)

解説

  • 火力
    • 10,5 cm Kw.K. L/52 Ausf. K
      一言でいえばE 50の課金弾が通常弾化し、代わりにHEAT弾を使えるようになったもの。弾種と貫通以外E 50とほぼ同じ砲ではあるが、ゲーム中最高クラスの精度を誇る砲であり、通常弾の貫通力は中戦車の中ではトップクラス。
      そのため他のTier10中戦車と比較しても極めて精密な射撃が可能であり、中遠距離戦では高い能力を発揮する。また、v0.9.17.1より砲俯角が-8°に強化され、射撃機会を得やすくなった。
      一方で発射速度はTier10中戦車の中で最低ランクに落ち着いており、DPMは低い。
      装甲の特性から見てもある程度距離を取ることで真価を発揮するだろう。
       
  • 装甲
    車体は形状がやや扁平になり、わずかだが被弾面積が減っている。上部正面は250mm相当の防御力、下部は20mm増厚されて120mm厚の傾斜により200mm相当となり、駆動輪が後部に移動したためトランスミッション判定がなくなり、ドイツ伝統の正面戦闘時エンジン損傷を遂に克服している。
    一方砲塔装甲は、以前はE 50から据え置きで正面垂直185mmの弱点であったが、v1.10.1において砲塔装甲が強化され、正面が一挙に65mm増厚の250mmとなった。これにより正面を向けている限り格下通常弾はそこそこ安定して弾けるようになっている。
    また、砲塔側面前方も150mmに増厚されている。少しでも強制跳弾角度を抜ければ簡単に貫通されていた以前と違い、多少のよそ見ならば容易に貫通されることはない。
    隠蔽率の低さや被弾面積が大きく装甲も薄い車体側背面の弱さはそのままである。
     
  • 機動性
    1,200馬力の強力なエンジンを手に入れ、出力重量比は20近い値を叩き出している。(E 50は14ほど)
    機動力が他国と比べても遜色なくなり運用の幅が広がるだろう。
    体当たりの威力も前身からさらに増している。
     
  • 総論(v1.10.0以前)
    優秀な中戦車であったE 50の正統進化であり、プレイヤーの意思と操作に対して機敏に反応する車両に仕上がっている事は紛れも無い事実である。一方で、E 50から強化されているのは貫通力、わずかな装甲、加速力といずれも地味な部分で、強化の幅もさほど大きい訳ではない。単発火力やDPMなどは据え置きでむしろ相対的に劣化しているため、全体としてTierが1つ上がった分に見合う性能の向上があるかは残念ながら疑問が残る。
    とは言え、前身譲りのバランスの良さ事自体は健在で、決して扱いにくい車両ではない。E 50と同様、遠距離戦も近接戦もこなせる柔軟性を活かして戦えば、自然と戦果は付いてくるだろう。

史実

20120702095252434.jpg

 ドイツ陸軍はE-シリーズ戦車のトランスミッションを車両後部に配備する要求をしたが、Tiger IIのエンジントランスミッション部分を流用したためトランスミッションが車両前部に装着されることになってしまった。E-50 Ausf. Mはこの欠陥を補修するデザインとして期待されていた。 (ゲーム内テキストより、2014/05/20)

 

 WG社の架空車両という説が濃厚である。E 50(及びTiger II)と車体形状の似ているAMX-45と比較した結果、後輪駆動にした方が理想的であると判断された(OVERLORD'S BLOGより)。また、本車の型式として使われている「M」は、車両設計者のVsevolod Martynenko氏の頭文字ではないかという指摘がある。

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1

 

上記を理解した上でコメントを書き込みます

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 周りのMT(Leo1,FV)がBuffされてさらに立場が・・ -- 2014-07-04 (金) 09:00:58
    • Leo1はともかくFV4202は全鯖Tier10MT中使用率圧倒的最下位なんだし仕方ないだろ… -- 2014-07-04 (金) 12:34:44
      • 4202さんはのっぺら坊じゃなければ優秀なんだがね・・・・・。 -- 2014-07-04 (金) 12:52:16
    • E50-Mに足りないものをLeo1が持ってて、Leo1に足りないものをコイツが持ってるような・・・両方のいいとこを中途半端に持ってるのがT54? -- 2014-07-09 (水) 17:11:23
      • M48 Patton「ヌッ」 -- 2014-07-09 (水) 17:13:28
    • もちろん基本は支援が大前提だけど、後半勝ちムードになった時にHP温存できてると圧し込みが強くて楽しい。敵の居る場所は分かってるけど地形的に攻めあぐねてる時ね。 -- 2014-07-09 (水) 17:55:37
  • 9.12にて、E 50 Ausf. M: 10,5 cm Kw.K. L/52 Ausf. K 砲の弾速を 1478/1173/1173 m/s から 1500/1200/1200 m/s に変更。10,5 cm Kw.K. L/52 Ausf. B および 10,5 cm Kw.K. L/52 Ausf. K 砲の弾速が同じになるよう変更 -- 2015-11-19 (木) 22:17:56
    • それって、字面からすると強化だが、他がナーフとかないよな? -- 2015-11-24 (火) 22:52:29
  • 砲のDPMがE50と違うけど・・・単発とレートは同じなんだから、繰上げか切り捨てかは統一したほうがいいのでは。 -- 2015-12-28 (月) 12:10:15
  • 機動性の項目が消えている -- 2016-03-20 (日) 12:10:16
    • 元から中身がなかった -- 2016-03-20 (日) 12:29:28
  • 若干車体前面が薄くなった? -- 2017-03-04 (土) 11:30:47
    • ほんのちょびっと傾斜が緩くなって、5mm相当くらい薄くなってるといえばなってる -- 2017-03-04 (土) 11:39:19
  • Tanks.ggでコイツのモデル見ると愕然とするよな。装甲型でこんだけ図体デカイのに同格中戦車の金弾で抜けない場所が正面から見て砲塔側面と防楯 -- 2017-03-06 (月) 16:38:38
    • 所詮中戦車ですし。車体デブでも砲塔は小顔だからセーフ -- 2017-03-06 (月) 18:41:35
    • 一部でも金弾で抜かれない部位がある時点で中戦車として上々だと思うんだけど俺が装甲について無知なだけか? 他の国は通常弾でスポスポじゃないの? -- 2017-03-06 (月) 19:05:22
      • お椀砲塔も戦闘中は十分堅いぞ -- 2017-03-06 (月) 19:41:23
      • 抜かれないじゃなく抜かれにくいだからな。側面70°完璧に決めて豚飯してもスポンソンが金弾で普通に抜かれる。ハルダウン決めても砲塔正面弱点が縦に長いから戻る時に思った以上に刺さる。狙撃するならそもそも装甲の必要性下がるわけで。要するにコイツは本気で使うと精度以外はむず痒い中戦車モドキ。 -- 2017-04-14 (金) 10:35:43
      • 弾速と砲精度の高さに対して同格に比べた時のDPMと隠蔽の低さ,やたら硬い車体上部と大きすぎる弱点の車体下部.遠距離狙撃が最適解な気がする. -- 2017-06-05 (月) 08:41:17
  • ん?もしかして、HD化であのキモすぎる信号機砲塔から以前の素敵性能砲塔型にモデリング戻った? -- 2017-03-06 (月) 23:31:46
    • ビューアで見たら戻ってるっぽい. あの見た目を理由に買わなかったので買う理由が出来て嬉しい -- 2017-03-09 (木) 16:23:52
    • 信号機って何のことかと思ったら防盾の形状か・・・ -- 2017-03-09 (木) 16:31:02
  • 前面上面部分の装甲が薄くなってたのか -- 2017-03-13 (月) 03:55:35
  • tanks.gg見る限り砲塔側面の前方も80⇒150mmになってるのか。気休め程度によそ見ができる?それとも真正面に構えてた方が良いのだろうか -- 2020-10-20 (火) 23:03:58
    • 70°を少しでも超えたら抜かれるってことがなくなってありがたいな よそ見しても正面を有意に増圧できるほど傾けられないし、基本通り前後に動いたりわずかに首振りしながらほぼ正面向くのが一番良いと思う  -- 2020-10-21 (水) 00:16:26
    • ↑がいうように基本的に正面向けてでいいと思う 前はわずかでも傾けると側面抜けて被弾面積爆増する恐れがあったのからそれを改善しただけやない? -- 2020-10-21 (水) 00:28:04
      • 正面から約75°だから、5°でも傾ければすぐ跳弾角度割るしね 砲塔正面狙って逸れたHEATも簡単に貫通してたし 今回で60°くらいまで傾けても300mm前後あるからだいぶ強固になった -- 2020-10-21 (水) 00:46:07
    • お二方ともthx.解説書き換えも -- ? 2020-10-21 (水) 06:27:49
  • いやー相手してて面倒な戦車になったなほんと 通常なら顔面でも抜けるかは半々、金弾でも側面とか防盾に飛んでったら跳弾、なのにE50M側は高精度高貫通でガスガス撃ってくる いい感じの強さになったな -- 2020-10-21 (水) 17:08:18
    • 以前は頭カチコチ戦車と近距離で戦えず狙撃に回るしかなかったけど、今回の修正で選択肢が一気に広がったね。本来のコンセプトを取り戻した気がする。このバフを数年待ってたよ。 -- 2020-10-22 (木) 20:41:51
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White