Top > P.44 Pantera
HTML convert time to 0.020 sec.


P.44 Pantera

Last-modified: 2018-07-03 (火) 16:16:49

Tier 8 イタリア 中戦車 ( 読み:ペサンテ・クワランタクワットロ・パンテーラ) Edit

P44_Pantera_0-min.PNG
↑ P.44 Pantera prima variante + Cannone da 90/53
初期状態。全体的にPantherに似た形状になったが、防楯・足回り・エンジン区画にP.43 bis/ter等の系譜が感じられるハイブリッド仕様。

 

P44_Pantera_1-min.PNG
↑ P.44 Pantera seconda variante + Cannone da 90/74
最終状態。改良砲塔は若干高くなるものの、基本的な形状は変わらない。主砲のマズルブレーキがSkorpion Gを髣髴とさせる。

スペック(v1.0.1) Edit

車体

耐久値1,300⇒1,400
車体装甲厚(mm)80/50/50
最高速度(前/後)(km/h)60/20
重量(初期/最終)(t)44.33/45
実用出力重量比(hp/t)22.22
本体価格(Cr)2,530,000
修理費(Cr)
超信地旋回
 

武装

名称連射間隔(s)各装填時間(s)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力弾倉合計攻撃力精度(m)照準時間(s)弾倉/総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
残弾数
Cannone da 90/532

2.5
10/8(計:18)⇒
12/10/8
(計:30)
AP
APCR
HE
165
195
45
240
240
320
480

720
0.35

0.34
2.22/60

3/60
435
4,400
305
1,300-5°/+20°

-8°/+20°
0/1⇒
0/1/2
Cannone da 90/742

2.5
10/8(計:18)⇒
11/10/8
(計:29)
AP
APCR
HE
212
259
45
240
240
320
480

720
0.35

0.33
2.2

2.1
2/60

3/60
435
4,400
305
1,550
0/1⇒
0/1/2
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
P.44 Pantera prima variante100/50/50303707,000
P.44 Pantera seconda variante120/60/60323808,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
SPA 344700151,700
Alfa RA1000I C.A.850201,000
FIAT RA1050I C.A.1,000201,000
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
P.44 Pantera465010,000
P.44 Pantera v.s.485410,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
R.F. 2 C.A.41535
R.F. 3 M. 2525136
R.F. 4 M.710160
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Vertical StabilizerMk1Improved VentilationClass2"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerMedium Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionSprings
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時13.22%⇒12.29%2.76%
移動時9.92%⇒9.21%2.07%
 

派生車両

派生元P.43 ter(MT/100,750)
派生先Prototipo Standard B(MT/149,200)
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説(v1.0.1) Edit

  • 概要
    v1.0.1で追加されたTier8のイタリア中戦車
    Pantherの設計を取り入れたP.43の発展型、と思われる計画案である。
    "Pantera(パンテラまたはパンテーラ)"はイタリア語で「豹」を意味する言葉。
     
  • 火力
    本車からイタリア車輌最大の特徴である自動再装填砲(オートリローダー)となる。初めて使用する場合は、オートリローダーの特性を頭に入れてから出撃しよう。
    改良砲塔に換装することで弾倉内の弾数や俯角が変わるため、フリー経験値投入も視野に入れてできる限り早く開発したい。(その前に最終砲の開発が必要だが・・・)
    • Cannone da 90/53
      P.43 terの最終砲で初期砲。
      精度や照準時間が向上するものの格上相手には貫通力が完全に不足するため、フリー経験値で最終砲を開発するか課金弾メインで使用するか選択しよう(課金弾で同格MTの通常砲レベル)。
       
    • Cannone da 90/74
      最終砲。
      通常弾・課金弾ともに貫通力に優れ、照準時間や精度も優秀。これまで悩まされてきた弾速も改善しており扱いやすくなった。
      なお、同国同格のProgetto 46と比べると、連射間隔が長いほか照準拡散や俯角でもやや劣っており、砲性能の面では完全にリードされている。後述の機動性では勝っているため立ち回りでカバーしたいところだ。
      一発ごとのDPM(改良砲塔)
       
  • 装甲
    Pantherよりも若干薄い程度の装甲であり、このTier帯ではアテにできない。一応車体側面は50mmあるので跳弾は狙える。
    車体・砲塔共にPantherよりも平べったい形状になっているため、隠蔽性は見た目の印象ほど悪くない。
     
  • 機動性
    極めて優秀。Lorraine 40 tらと並び同格中戦車1位タイの最高速度と上位の出力重量比、さらには全車輌中でもトップクラスの車体旋回速度を併せ持つ。
    ただし、砲塔旋回速度だけは中戦車としてかなり遅い部類である点には注意。
     
  • その他
    隠蔽性はP.43 terから悪化し中戦車として並(以下)となった。視認範囲も平凡。
     
  • 総論
     

史実 Edit

詳細

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。
アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1
コメントの際、当該wikiのモラルを尊重した行動をお願いします。

 
上記を理解した上でコメントを書き込みます