Top > AT-1


AT-1

Last-modified: 2019-04-23 (火) 23:32:26

Tier2 ソ連 駆逐戦車 (読み方 エイティー ワン) Edit

AT1HD_0-min.PNG
↑45 mm 20KS
AT1HD_1-min.PNG
↑57 mm ZiS-8S

v0.9.15まで

スペック (v0.9.14) Edit

車体

耐久値125
車体装甲厚(mm)15/15/15
最高速度(前/後)(km/h)30/8
重量(初期/最終)(t)9.71/9.86
実用出力重量比(hp/t)13.19
主砲旋回速度(°/s)44
視界範囲(m)250
本体価格(Cr)3,000
修理費(Cr)
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
45 mm 20KS28.57AP
APCR
HE
51
84
23
47
47
62
1,3430.431.78014
800
14
250-8°/+45°
76 mm L-10S12.5AP
HEAT
HE
66
75
38
110
110
164
1,3750.552.94030
2,800
38
641
57 mm ZiS-8S19.35AP
APCR
HE
75
112
29
75
75
95
1,4510.432.36035
2,000
24
400
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
T-269020545
T-26F13020545
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
AT-110.17301,550
AT-1 Bis10.8321,550
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
71-TK-3300100
 

乗員

1Commander(Radio Operator/Loader)2Gunner3Driver
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass1"Cyclone" FilterFill Tanks with CO2×Rammer×
Spall LinerLight"Wet" Ammo Rack×Additional Grousers×Enhanced SuspensionVickers
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時21.2%5.05%
移動時12.71%3.03%
 

派生車両

派生元MS-1(LT/270)
派生先SU-76M(TD/1,100)
 

射界

射界左11°/右11°

tm_AT-1.jpg

 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    Tier2のソ連駆逐戦車
    T-26をベースに固定の戦闘室を設けた無砲塔戦車。
    密閉戦闘室と低い車高が特徴的で、ドイツの突撃砲を先取りしたようなデザインである。
     
  • 火力
    いずれの砲も最終砲の選択肢には入るが、初期砲と76mm砲は癖が強く、扱いやすさを求めるなら57mm砲一択となる。
    俯角は-8°とソ連らしからぬ優秀さで仰角も45°と地形による不自由さはない。射界も左右11°ずつで不足はなく、扱いやすいだろう。
    • 45mm 20KS
      単発火力が駆逐戦車としては物足りないが、発射速度や照準時間は優秀で扱いやすい。
      貫通力もこのTier帯であれば通用するため、重装甲相手用に課金弾を数発持ち込んでおけば十分である。
      ただし同Tierの中ではかなり単発が低いので、なるべく連射できる状況に持っていきたい。
    • 76mm L-10S
      発射速度と引き換えに高い威力を持っており、榴弾を用いれば貫通で一撃必殺も夢ではない。
      課金弾のHEATは2800Crと高価だが、AP弾の貫通力が66mmと高いため、載せなくても十分である。
      ただし精度と弾速は榴弾砲の扱いで劣悪となっており、中・遠距離では殆ど弾が当たらない。
      なるべく接近して撃つ必要があるが、後述する装甲の薄さから撃ち合いには向かず、速くもない機動力を使って不意撃ちや待ち伏せに持ち込む必要があるなど、強力な分癖が強い主砲である。
    • 57mm ZiS-8S
      威力・貫通力いずれも高水準であり、汎用性に優れる。
      通常弾の時点でAMX 38D2などの重装甲の車両にも正面から安定してダメージを通すことが出来るため、課金弾は必要ないだろう。
      精度は45mm砲から据え置きで良いとは言えないが、狭いマップの多いこのTier帯であればそれほど困ることはない。(ただし砲手の錬度が100%以上の場合)
      照準時間が2.3sとやや遅くなっているため、咄嗟撃ちでは当てにくい。
       
  • 装甲
    正面最厚部でも16mmしかなく垂直なのでTier1の機関砲にも簡単に貫通される。
    迂闊に遮蔽物の無い場所へ出れば即死は免れない。
     
  • 機動性
    出力重量比が低いためPanzerjäger IUniversal Carrier 2-pdrに比べても足が遅く、陣地移動にやや遅れを取ることがある。
    旋回速度は高いように見えるが、履帯性能も良くはないため実際は決して素早くない。過信せず快速車両に回り込まれないよう注意しよう。
     
  • その他
    視界が250mと非常に狭いため、狭いマップでも少し開けた場所では一方的に発見される場合もある。
    隠蔽率こそかなり優秀だが、味方が前進するまでは過信せず突っ込まないようにしよう。
     
  • 総論
    攻撃面においては駆逐戦車として十分な性能をもっている。
    反面、装甲が薄く機動性もやや悪いと欠点が目立ち、突出すれば逃げる間も無く撃破は確実となってしまう。
    単独で行動せず、他の味方よりも後ろで戦うスタイルが望ましいだろう。
    隠蔽率は高く、Tier2の中において頭一つ抜けている点がある。茂みなどを上手く活用して見つからずに撃てる立ち回りを心掛けたい。
     
    分からない単語があればあれば用語・略語
     

史実 Edit

Artillery_tank_AT-1.jpg
(76.2 mm PS-3を搭載したAT-1)
1930年代前半、量産体制に入ったT-26をベースとした様々な派生車両が開発されていたが、近接砲兵支援を行う「砲兵戦車」としてAT-1は開発された。
本車の構造はT-26の砲塔を取り払い、車体上部を延長して密閉戦闘室とし、中央には76.2 mm PS-3より長砲身の76mm L-10を搭載していた。
AT-1は試作車が2両作られて1935年に軍の試験を受け、生産準備がなされたものの、結局量産されずに終わった。

 

分からない単語があればあれば用語・略語
参考サイト
http://en.wikipedia.org/wiki/T-26_variants
http://www.armchairgeneral.com/rkkaww2/galleries/T-26/AT-1.htm

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。
アーカイブ1
※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。