Top > StG44

StG44

Last-modified: 2019-05-18 (土) 17:26:38

図鑑順一覧 (未実装込み) | ランク別一覧(未実装込み) | 銃種別一覧 (未実装込み) 〕



基本情報 Edit

No.061基本情報
StG44.jpg名前StG44
ランク★3
銃種アサルトライフル
製造時間03:00:00
CV茅野愛衣
イラスト八才
Lv.MAX時ステータス
HP635(127×5)
火力53射速61
命中46防御-
回避36弾薬-
SD
StG44_SD.gif
自己紹介
ごきげんよう、あ、握手は結構よ
入手方法
・通常製造で入手
・通常戦役で救助して入手
陣形効果
StG44_tile.jpgサブマシンガンに有効
回避上昇20% 命中上昇60%

スキル Edit

スキル名効果(Lv.10)
チェーンブラスト.jpgチェーンブラスト榴弾を発射し、1/2.5/4ヤード内の敵にそれぞれに4.5/1.8/1倍のダメージを与える
レベル12345678910
開幕CT8s
CT20s19.6s19.1s18.7s18.2s17.8s17.3s16.9s16.4s16s
範囲1/2.5/4ヤード内
ダメージ1.8/0.7/0.4倍2.1/0.8/0.5倍2.4/0.9/0.5倍2.7/1.1/0.6倍3/1.2/0.7倍3.3/1.3/0.7倍3.6/1.4/0.8倍3.9/1.7/0.9倍4.2/1.8/0.9倍4.5/1.8/1倍
 

セリフ Edit

セリフを開く

重傷イラスト Edit

重傷時のイラストを開く

製造レシピ Edit

レシピについて

性能 Edit

総評 Edit

  • 酷評になるが、スキルの威力倍率が足りない器用貧乏AR。
  • これはチェーンブラスト持ち全般に言えるのだが、範囲の代償に威力を下げられているチェーンブラストでは敵に対して致命打になりにくい。
  • 敵を1人減らす事はこちらの被ダメージの軽減に繋がるので非常に重要だが、威力の足りないチェーンブラストは416M4 SOPMOD IIの高威力榴弾に比べ、その仕事を果たせるとは言い難いのが現状。
  • Stg44が弱いというよりは、チェーンブラストがドルフロの仕様と噛み合っていないというカタチ。
  • しかし格下の雑魚を散らすには有効な場合がある。
    また陣形効果もT陣形やF陣形でメインタンクを耐久させるのに向く。
    これらの要素とStG44の入手の容易さも含めれば、周回向きの性能と言える。
     

スキル Edit

  • 小範囲/大威力、中範囲/中威力、大範囲/小威力の3発の榴弾を同じ目標めがけて同時発射していると思えばいい
  • ダメージのメカニズムは小範囲/中範囲/大範囲の順番で段階的にダメージが発生する
    • 小範囲内の敵には中範囲/大範囲もヒットするので合計ダメージ倍率は3範囲分の最大7.3倍ダメージとなる
      倍率だけ見れば殺傷榴弾に近い物がありボス相手ではそこまで腐っているわけではない
    • 中範囲の敵には大範囲もヒットするので1.8+1=2.8倍ダメージが最大で発揮される
  • 途中で敵のリンク数が減少すると無敵時間が数フレーム発生するため、次の段階がヒットしない場合がある
    また敵のリンク数が減少するとリンクダメージも減少するので2段目、3段目の威力が十分に発揮されない問題もある
  • 現状ドルフロの仕様と噛み合っていない。
    榴弾スキルの役割は問答無用で敵の一部を消し飛ばすことで被害を抑えるというもの。
    チェーンブラストでは多数の雑魚を満遍なく削るだけで敵が減らないので、スキル発動終了までにかけた時間の割に、あまり戦局は動かない。
  • StG44を含む少数で多数の格下を蹴散らす、あるいはじわじわ削るのには向く。
    この特性は前述の通り攻略に向かないが、少数精鋭で格下を蹴散らす必要のある周回においては役に立つことも。
     

陣形バフ/編成 Edit

  • 眼前のSMGの回避と命中を上昇。
  • 位置的にも、メジャーなF陣形やT陣形においてメインタンクの生存力を底上げするのにうってつけ。
    この点からも周回には便利。
     

装備 Edit

  • 陣形効果を鑑みるに、メインタンクの背中に隠れる形になる。従って回避装備は優先度が落ちる。
  • 低いチェーンブラストの威力を少しでも補うため、火力重視で装備を整えたい。
     

元ネタ Edit

正式名称Sturmgewehr 44/Maschinenpistole 44
種類アサルトライフル開発国ドイツ
製造メーカーC. G. Haenel
Steyr-Daimler-Puch AG
生産対象
生産期間1943-45採用国家アルジェリア, アルゼンチン(試用), イタリア, クロアチア, ソビエト連邦, ソマリア, チェコスロバキア, ドイツ(1943-1962), ハンガリー, ブルキナファソ, ユーゴスラビア, 北ベトナム,
口径7.92mm弾薬7.92x33mm Kurz
装弾数30発発射速度500~600分/発
初速685m/s有効射程300~600m
全長940mm重量4600~5130g

簡単な説明 Edit

  • 第二次世界大戦中にドイツが開発した自動小銃である。現代のアサルトライフルの始祖でもある。
    StGとはSturmgewehの略で「Sturm」=「Assault」、「Gewher」=「Rifle」……つまり「アサルトライフル」という単語の語源である。
  • アサルトライフルが存在しなかった時代、兵士たちはこんな問題に悩まされていた。
    ・サブマシンガン(MP40等)は連射できて市街地や塹壕の接近戦で強いけど、平野に出ると射程と威力が足りない……。
    ・ボルトアクションライフル(Kar98k等)は高威力長射程だけど、連射できないから接近戦に弱い……。
    ・マシンガン(MG34MG42等)は連射できて高威力長射程だけど、重くて一人で使えない……。
    万能のヤツがいい!射程がそこそこあって、連射もできて、弾がたくさん入って、一人で持てる重さの銃が欲しい!
    当然、実際の戦争はFPSじゃないので兵士が何種類も武器を持ち歩けるわけではない。
    こんな欲張りな要望に応えて開発されたのがStG44(44式突撃銃)である。
    弾丸は当時のライフル弾(7.92㎜×57マウザー弾)を切り詰めた7.92㎜×33クルツ弾を使用。
    MP40が使用する9㎜×19パラベラム弾より射程があり、ライフル弾より反動が少なく連射も可能という相の子という存在だ。
    短くなった弾丸は携行性の向上にも貢献している。
    • しかし最近はフェドロフM1916という先輩がいたことが広まりつつあり、ちょっとした議論になっている。MP43の設計には鹵獲されたM1916が参考にされていたようだ。
    • この「フェドロフM1916」帝政ロシアで開発されながら比較的威力と反動の弱い日本の三八式歩兵銃などで使用する6.5mm×50SR弾を利用し実用的なフルオート射撃を目指したもので後のアサルトライフルと同種の発想であった。
      しかし、この6.5mm×50SR弾はあくまで「フルサイズのライフル弾」であるため、現代の狭義のアサルトライフルには類型されない。
  • 当初MKb42(42式自動騎兵銃)という名の先行量産型が戦争中期より試験投入されていたが、かのちょび髭美大落ち伍長閣下がケチをつけたり*1で制式採用が遅れてしまった。
    その後MP43、MP44と名を変え、晴れてStG44となったころにはだいぶ戦局がドイツにとって押し詰まったものとなっていたが、戦場に送られたStG44は兵士達に大好評。
    アメリカ兵も鹵獲品を好んで使ったという。
    開発が大戦後期だったため、生産数は40万丁とそれほど多くは無いものの、戦後の銃開発に大きな影響を与えた。
    特にソビエト連邦はStG44の設計思想を色濃く受け継いだAK-47を開発している。
    • ちなみに、兵士が物陰に身を隠しながら敵を撃つための「屈曲銃身」なる変態パーツがある。その名の通り曲がった銃身である。
      ボーザッツラウフといって、曲がった延長銃身とプリズム偏向照準器を併用することで塹壕から身を乗り出さずに射撃可能。
      非常に重く、実用に耐えうるものだったかはともかくだが。
    • 余談であるが、スコープを搭載した写真も残っており、今日の軍隊で必須装備となっているダットサイトような使われ方をしていたようでその先進性が伺える。
  • 戦後、ナチス・ドイツの崩壊で生産は無くなったが、分裂し東側陣営となったドイツ民主共和国(東ドイツ)でMPi-44の名称でしばらく運用された。
    • こうした経歴からか軍服をイメージさせる服装もMP40とは対照的に帝政~ナチス・ドイツ初期で使用されていた「黒・白・赤」の国旗のカラーではなく現代と同じ「黒・赤・金」の意匠が用いられている。
  • このまま「過去の銃」として消え去るかと思われたが、2012年にシリア内戦で5000丁ものStG44が発見されたという報道があり、そのまま有効活用されているようだ。
  • 2000年以降にはレプリカとして新規に生産・販売されこちらはオリジナルの7.92x33mm弾から5.56x45mmNATO弾など複数の口径がラインナップされている。
アサルトライフル(AR)の誕生と定義・そしてその意味
 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • MOD楽しみすぎる… -- 2019-05-05 (日) 21:17:57
    • MOD来るっぽいね。スキルが弱い弱いと言われているので、どの程度強くなるのか楽しみだ -- 2019-05-05 (日) 23:43:34
    • そういえばチェンブラ持ちでは初のMOD化か。殺傷榴弾のG3がMODでバフorスタン効果付きになったから期待したい所だけど、正直Zasの下位互換にされそうな気がしてならない… -- 2019-05-06 (月) 23:25:36
    • MOD後のチラ見せがあったけどかっこいいな。これで強かったら言う事ないんだけど -- 2019-05-09 (木) 21:20:09
  • スキルの三つ目の説明、リンクが減少すると無敵時間が発生…ってあるけど、榴弾系ってリンク全てに同時にダメージが入る=1リンク分のダメージが入ったらその敵のダミー全てが同時に倒れるんじゃないの?それとも敵全体の内の誰かしらのリンクが削れると、その後数フレームに渡って他の敵全てに無敵時間が発生する感じなの? -- 2019-05-05 (日) 22:26:48
    • すみません、捕捉の文を書いていて自己解決しました。先発の攻撃判定でのダメージ量が敵の削れているダミーの残りHP<ダメージ<それ以外のダミー だと生じる現象なんですね -- 木主? 2019-05-05 (日) 22:33:03
  • *1見て思ったんだけど、ヒトラーが当初StG44に反対したのって弾種が混在するとかそういうのじゃなくて、単純にヒトラーがモーゼルすこすこ歩兵といえばボルトアクションライフルみたいな人だったからじゃなかったっけ? 勘違いだったらすまん。 -- 2019-05-08 (水) 11:21:22
    • stg44のwiki見た感じ、ヒトラー自身がww1での経験で7.92×57(karの弾)を信頼していたのか理由じゃないかって書かれてるね -- 2019-05-08 (水) 12:33:45
    • むしろヒトラーは積極的にセミオートライフルを導入しようとしてた(だけど同時にフルサイズ弾に拘ってた)ヒトラーはFPSの砂厨みたいな思想を持ってて、光学スコープが付いたフルサイズ弾のセミオートライフルを標準配備して全歩兵を強力な狙撃兵にしようと考えてたらしい。StG44が受け入れられたのはドイツが消耗しすぎて狙撃をこなせるような練度がなくなったせいでもあったのよ -- 2019-05-09 (木) 22:30:19
    • 普通に考えれば旧日本軍みたく弾薬が混在する弊害が思い浮かぶわけで……日本語のネット文献だと補給混乱防止説も上がっているので詳しくは専門書を漁らないと分からないかな…… -- 2019-06-13 (木) 00:21:26
  • MODストーリーはAgentと戦ってヤツを真っ二つにするリベンジマッチでお願いします(プレイヤーのStGがOPステージの記憶を引き継ぐ同個体とは限らんけど…) -- 2019-05-10 (金) 12:02:49
  • modで火力かなり上がるし、専用装備高速弾も火力高くなるから、結構強化されたかな。第二スキルはチェンブラ後に20%の追加ダメージ? -- 2019-05-15 (水) 18:55:38
  • 最近この子をテンキーの1に置いてヴィーフリを組ませて遊んでる、加えて4に59式置くと楽しいことになるぞ!(回避スキルをメインタンクに活かした方が良い気もするけど -- 2019-05-15 (水) 22:20:51
  • シュトロハイムのネタ細かくて言われないと気づかなかった。漫画でバラバラにされたって共通点もあるし。 -- 2019-05-16 (木) 11:47:27
  • チェーンブラストの開幕CTが5秒とかになればネタで組んだ時間差榴弾部隊で使うんだがなあ -- 2019-07-18 (木) 13:26:46
  • 公式でひどい目に合わされまくってるがより愛したくなるな -- 2019-07-20 (土) 17:10:01
    • 公式漫画のプロローグでAgentにStG//44にされてたけどまだなんかされてんの? -- 2019-07-20 (土) 18:53:09
      • 中国語だからよく読めなかったけど、chap0の場所に戻った際にStGと44が転がってたのをM4が見つけてる -- 2019-07-20 (土) 21:15:47
  • 後方支援から帰ってくるたびお風呂キャンセルしてるしそろそろ刺されるんじゃないかと思う(今日もゴメンネ) -- 2019-08-08 (木) 19:28:18
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White




*1 もっとも生産し前線に届ける銃弾が増えて混乱の元になるためボヘミアの伍長閣下の指摘も当然と言えば当然である。