KV-4

Last-modified: 2020-09-27 (日) 07:28:32

Tier8 ソ連 重戦車 (読み方:カーヴェーチトゥイーリ)


↑ KV-4 + 107 mm ZiS-6
大柄だったKV-3に比べても一回り大きい超巨体。KV-3よりはT-150を浮かばせる見た目。

 



↑ KV-4-5 + 107 mm ZiS-24
非常に長い主砲と大型化した副砲塔が特徴的。なお、この副砲搭は極端な弱点ではなく220mmある。
なお、122mm砲はどちらもマズルブレーキがついているため判別は容易。
装甲も殆ど垂直なため、ここまでに習ってきた豚飯昼飯等の角度のテクニックを生かそう。

スペック(v1.10.0)

車体

耐久値1,600⇒1,700
車体装甲厚(mm)180/150/90
最高速度(前/後)(km/h)30/11
重量(初期/最終)(t)97.43/106.7
実用出力重量比(hp/t)11.25
本体価格(Cr)2,430,000
修理費(Cr)約15,000
超信地旋回不可
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)弾速(m/s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
107 mm ZiS-66.45⇒6.67AP
APCR
HE
167
219
54
300
300
360
1,935⇒
2,000
0.453.4⇒2.9840
1,038
830
60270
4,400
280
2,400-6°/+12°

-6°/+18°
122 mm D-2-5T4.08⇒4.17AP
APCR
HE
175
217
61
390
390
530
1,592⇒
1,625
0.463.4780
975
780
501,025
4,800
608
2,600
122 mm D-25TS4.88⇒5APCR
HEAT
HE
217
270
61
390
390
530
1,902⇒
1,950
0.46⇒0.443.4⇒3975
820
780
381,060
5,200
608
2,590-8°/+12°

-8°/+18°
107 mm ZiS-245.45⇒6.67AP
APCR
HE
227
289
62
320
320
420
1,745⇒
2,133
0.38⇒0.363.1⇒2.31,043
1,304
1,043
501,010
4,000
650
2,840-6°/+12°

-6°/+18°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
KV-4180/130/1302033015,400
KV-4-5220/150/1402035024,000
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
M-40 10001,000151,250
2x V-2K-F1,200151,500
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
KV-4102.561620,000
KV-4 Bis112.561820,000
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
10RK440100
12RT625110
R-11373080
 

乗員

1Commander2Gunner3Driver4Radio Operator5Loader6Loader
 

拡張パーツ

Class1Class1Class1Class1Class1Class1
××Class1Class1Superheavy
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時4.1%⇒1.76%0.37%
移動時2.05%⇒0.89%0.19%
 

派生車両

派生元KV-3(HT/53,000)
派生先ST-I(HT/166,000)
 

開発ツリー

クリックで表示

107 mm ZiS-6
(初期/68,290)
122 mm D-2-5T
(17,000/84,980)
122 mm D-25TS
(19,000/125,140)

KV-4-5
(14,800/31,000)
KV-4
(初期/23,450)

ST-I
(166,000/3,561,000)
10RK
(初期/18,600)
12RT
(5,600/33,600)
R-113
(8,700/52,200)

107 mm ZiS-24
(44,000/180,000)
M-40 1000
(初期/85,000)
2x V-2K-F
(27,300/87,500)
KV-4
(初期/17,780)
KV-4 Bis
(15,200/33,600)
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

v0.7.3新規実装
v0.7.4耐久力を40増加
側面装甲を20mm増加
上位砲塔のキューポラ部の装甲増加
普通の路面、軟弱な路面への対地形性能を5%増加
初期砲塔に107mm ZiS-24が搭載できるように変更
上位砲塔での107mm ZiS-24の装填時間を11.5秒から11.1秒に短縮
上位砲塔での107mm ZiS-24の砲塔旋回による精度低下量を20%減少
上位砲塔での107mm ZiS-24の仰角を6°に増加
v0.7.5耐久力+70
初期/上位履帯の普通・軟弱路面への対地形性能増加
上位砲塔の旋回速度+2°
初期砲塔でのZiS-24の装填速度-0.86%、砲塔旋回による精度低下-10%
上位砲塔でのZiS-6の照準時間-14%、砲塔旋回による精度低下-14%
v0.8.2装甲の表示を変更(性能には変化なし)
v0.9.13107 mm ZiS-24 gun(KV-4 turret 用)の照準時間を変更: 3.4 s から 3.1 s.
107 mm ZiS-24 gun(KV-4 turret 用)の再装填時間を変更: 11.4 s から 11 s.
107 mm ZiS-24 gun (KV-4-5 turret 用)の照準時間を変更: 3.4 s からto 2.9 s.
107 mm ZiS-24 gun(KV-4-5 turret 用)の再装填時間を変更: 11.1 s から 10.3 s.
KV-4-5 turret の耐久値を変更: 1,650 から 1,700 HP.
v0.9.20.1HDモデル化
v1.10.0122 mm D-25T(砲弾タイプ: AP、APCR、HE; 貫通力: 175/217/61mm)を122 mm D-25TSに換装:
-砲弾タイプ: APCR、HEAT、HE
-貫通力: 217/270/61mm
-KV-4-5砲塔の着弾分布: 0.44m
-KV-4-5砲塔の照準時間: 3秒
-KV-4-5砲塔の装填時間: 12秒
-両砲塔の俯角を-8度
KV-4-5砲塔の107 mm ZiS-24の着弾分布を0.38mから0.36mに変更
KV-4-5砲塔の107 mm ZiS-24の砲塔旋回時の照準拡散を38%減少
KV-4-5砲塔の107 mm ZiS-24の装填時間を10.3秒から9秒に変更
KV-4-5砲塔の107 mm ZiS-24の照準時間を2.9秒から2.3秒に変更
KV-4-5砲塔の正面装甲厚を180mmから220mmに変更

解説

  • 概要
    v0.7.3で追加されたTier8ソ連重戦車
    大戦初期、ドイツ戦車への過大評価から提案された超重戦車の計画案である。
    同じTier8重戦車のIS-3に比べて全体的に施された垂直の重装甲が特徴。
     
  • 火力
    v1.10.0にて122 mm D-25Tが削除され、122 mm D-25TSに置き換えられた。
    KV-3からは中間砲しか引き継ぐことが出来なくなったので注意。引継ぎ砲での戦闘は厳しいため、出撃する前にフリー経験値を使ってD-25TSの開発だけは済ませておこう。
    幸いいずれの砲も初期砲塔に搭載できる。
    • 122 mm D-25TS
      v1.10.0にて追加された砲。
      KV-3の最終砲122 mm D-25Tの課金弾を通常弾化し、貫通力270mmのHEATを追加したもの。
      見た目こそ若干頼りないが、貫通力はTier8HTとして及第点のものを持っているため十分戦える。
      また、見逃せない長所として、この砲搭載時のみ俯角が-8°まで取れる。
       
    • 107 mm ZiS-24
      長砲身が目立つ本車輌専用砲。
      単発火力は122mm砲よりも落ちるが、貫通力、精度、照準時間はかなり良好で、精密射撃もある程度可能となっている。
      最大の特徴は貫通289mmを誇るAPCRであり、APCR弾としてはT34Löweに次ぐ同格HT第三位の貫通性能を持つ。
      あちらとは違い本砲のDPMはかなり高めの値となっており、固めな弱点といった部位を抜き続けられれば戦闘を有利に進められるだろう。
       
  • 装甲
    背面に至るまでかなり厚い装甲が施されている。その重装甲を用いて味方の盾となれるだろう。
    装甲の厚さから内張り装甲の効果が高いのも見逃せない。下位自走砲の砲撃では2桁ダメージということもざらにあり、むしろ被弾を集めることで味方を守ることが出来る。
    傾斜装甲がほとんどなく、垂直装甲で形成された本車では豚飯昼飯のテクニックが非常に有効となる。勿論、その際には車体下部を隠すことを忘れないようにしよう。
    • 砲塔
      改良砲塔正面は副砲塔を含めて220mm、側面150mmの装甲厚をもつ。v1.10.0にて正面装甲が40mmも増厚され、同格重戦車の通常弾であれば防ぐことが出来る値となった。
      一見脆そうに見える上部副砲塔は同じ正面装甲厚で、側面はさらに厚いので弱点ではない。
      ただし上から見ると六角形をしているため、よそ見による防御効果はあまり期待できない。豚飯の際は砲塔に砲撃が集中しがちで、車体が鉄壁でもこちらを貫通されてしまうことがある。
       
    • 車体
      車体正面は上部が180mm30°傾斜で約200mm、下部が160mmの30°傾斜で約180mmとやや頼りなく、特に下部は貫通されやすい箇所なので出来るだけ隠すか前後運動で狙いを外させるようにしよう。
      機銃と覗視孔はHD化によって一律180mmとなった為弱点というわけでは無いが、機銃を撃たれると無線手、覗視孔は操縦手が負傷する。
      中段の鋭い傾斜の部分は120mmの傾斜で260mm前後(標準化込)になるが、ここを狙われることはあまり無い。
      側面装甲厚は150mm(HD化によって履帯裏も130mmから150mmに強化された)と大変良好なので、昼飯の角度を取るように心がけよう。車体正面を隠せる25°の豚飯で側面装甲が360mm相当(APで310mm相当)となるため格上の砲撃も十分防ぐことが出来る。
      ただしKV-3同様燃料タンクが車体側面の半分ほどを占めており、それによって火災の発生率が高いのでその点には注意が必要だ。特に1度火災が発生すると自動消火しても再度火災になるリスクが高く、そのまま大破になることも多々有る。
       
  • 機動性
    機動力に関しては、1,200馬力のエンジンを積めるが、車重も100t以上あるのであまり良くはない。
    直進速度は必要最低限はありKV-3と同じく味方の前線になんとか追いつける程度といったところで、このルートを進めて来た人ならそれほど違和感なく動けるだろう。
    旋回性能は劣悪で、砲塔旋回速度の更なる低下もあり機動戦に持ち込まれると非常に危険。一度振り向いてしまうと体勢の立て直しにも時間がかかる為、軽戦車の回り込みなどに安易に釣られず、後ろの敵は後方支援に任せ自分は前方を警戒するといった判断も必要になる。
     
    意外にも、出力重量比そのものは重戦車としては悪くない*1が、履帯性能が劣悪なため実際に発揮できる機動性はやはり超重戦車の域を出ない。出力重量比の割に機動性が悪い点は、日本O-NiO-Hoと共通している。
    履帯に関しては初期履帯だと動きが鈍いが改良履帯にすることにより若干改善される。
     
  • その他
    視界は改良砲塔でやっと350mとかなりの近眼である。超重戦車でありがちな、防御姿勢を取りながら前進しあえて撃たれることによって相手を発見する強行偵察はKV-4ではやや難しい。
    本車の視界は決して良いとは言えないが、乗員数に余裕があり、無線手のスキルで視界を強化することが出来る。皮膜を搭載すれば400mを超える視界を得ることが出来、一方的に撃ち込まれる可能性を大きく減らすことが出来る。最前線で戦う本車はアシストダメージを得る機会も多い。
    また、大きな車体と低い機動力、同格HTと比較しても抜きん出て低い隠蔽率から被弾がとても多くなる。修理スキルの習得や改良型装甲材を装備するのが良いだろう。
    パーツやスキルによるアレンジの幅が広いのも本車の魅力の一つだ。
     
  • 総論(v1.9.1以前)
    KVシリーズの正統進化系であり、しっかりとした防御姿勢を取れば格上の攻撃にも耐えうる防御に優れた車両である。特大内張り装甲により自走砲の攻撃にも耐性があり、盾として戦線を支えるのに向いている。
    格下の攻撃は殆ど通用しないためTierトップの戦場ならば装甲に任せた強引な前線突破も選択肢に入る。
    視界、隠蔽率、機動力は劣っている為、単独行動は避け支援を受けられる位置取りを気を付けよう。
    なお俯角は-6°ではあるものの砲が高い所にあるため車体を隠すハルダウンも一応可能である。しかし後退が遅く頭の上に巨大な副砲塔がついているため稜線射撃はあまり得意ではない。車体が固いので、どちらかというと壁を利用した豚飯などが防御の主体となるだろう。
    マッチングではいわゆる突破戦車のグループに属するが、同じ役割のVK 100.01 (P)O-Hoなどは弱点ですら200mmを超える装甲を持つため、防御力は劣っていると言わざるを得ない。更に機動性の問題から相手に主導を握られやすいが、単発火力が控えめであるためにターン性も苦手である。
    超重戦車としてスペックを発揮するにはやや技術の必要な本車であるが、側面装甲は最も優れているため豚飯の角度を大きく取ることができる。同格以上には撃たせて撃つ、格下には車体正面を隠すなど防御の基本を徹底しよう。
     

史実

詳細



ドイツ軍がフランスを占領した1940年5月の戦いののち、当時赤軍中央砲兵局総監のI.クリーク元帥は断片的な情報をもとにドイツ戦車の武装と装甲を過剰に評価し、現在生産中のKV-1T-34を上回る強力な火力と装甲を有する戦車が必要であると主張した。彼の主張は反対派を押しのけてスターリンに採用され、107mm砲を搭載するKV-3の開発が開始されたが、その裏ではさらなる超重戦車の開発が計画されていた。それがKV-4とKV-5である。
多くの戦車関係者は、仮に実用化したとしても、この戦車の運用が極めて困難であることを認識していた。それ以前に開発されていた55t~60t級の多砲塔重戦車であるSMKとT-100ですら、1939年から1940年のフィンランドとの冬戦争において運用に大変な困難を生じていたのである。その2倍弱の重量を持つ怪物戦車を、KV-1すら移動が困難なソ連のインフラで運用するのは無理な相談だった。
このような形で設計案が提出されたKV-4とKV-5だったが、1941年6月に独ソ戦が始まり、それに伴って設計局や工場がウラルに疎開する中で、ドイツ軍の保有する戦車が喧伝されていたほど強力ではなかったこともあり、現有戦車の生産・改良が最優先で行われることとなったため、1941年8月までに、二つの超重戦車は試作すらされずに開発が中止された。

参考資料
『ソビエト・ロシア戦闘車両大系(上)』古是三春 グランドパワー2003年10月号別冊
『KV1&KV-2重戦車 1939-1945』スティーヴン・ザロガ、ジム・キニア 大日本絵画
参考

情報提供

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。

コメントの際、当該wikiのモラルを尊重した行動をお願いします。

 

上記を理解した上でコメントを書き込みます

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 編集したやつw視界あるなしは被弾に関係ないだろ -- 2015-02-09 (月) 16:28:14
    • 視界負けしたら、一方的に普通やられるだろ・・・ -- 2015-02-09 (月) 16:32:35
      • それが嫌で俺は皮膜積んでる。いい気になって打ち込んでくるヤツを次々発見できて、今では勝率6割超えだ。そもそもLTが偵察してくれれば・・・ -- 2015-02-09 (月) 16:42:10
      • ↑俺も被膜+偵察+状況判断能力つけて強行偵察もできる車両にした。あるなしで全然違うからな・・・ -- 2015-02-09 (月) 20:30:29
      • ↑尚、工具箱は必須の模様。四駆に弾切れまで履帯切られ続けたのはいい思い出。 -- 2015-02-16 (月) 22:30:11
  • 相手にTire6とグリーレの格差プラがいたんだけど、グリーレに3回燃やされたわ。こまめな手入れつけてるのに。豚飯するときとかたまに格上に抜かれて燃えたりするけど、3ランク下の自走に燃やされるってこれすげぇ弱点なんじゃ… -- 2015-02-19 (木) 01:25:26
    • それきっと燃料タンクによる火災だからこまめな手入れの効果はないよ。燃料タンクが燃えやすいのはKV系列共通の弱点だから、あんまり何回も燃えるように感じるなら(エンジン引火率低いし)こまめな手入れでなく消火スキルを優先するのも手。 -- 2015-02-19 (木) 04:07:50
    • 燃料タンクから出火するのは燃料タンクそのものが「大破」した時だけ。3回も出火するなら出火元がエンジンの可能性もある。エンジンなら運が悪かったとしか・・・。 -- 2015-02-19 (木) 04:46:25
    • え、グリレDisってん? あれは上級者が使うと高回転高弾道で鈍足HTには地味に強いよ。同格のGW虎よりいいかもしれんw ・・・まあそんな自走使いの個人視点はともかく、HEATで車体後部上面装甲を撃ち抜かれてエンジンに着火したんじゃない? KV-4デカいしグリレは上位砲でも精度悪くないから、停止してたなら意識して狙っていけると思うよ。ていうかKVは燃やすのがいちばん早い。KVは障害物がない場所では動いたほうがいいし、豚飯する場所は自走の射線意識して多少選んだほうがいいよ。 -- 2015-02-19 (木) 09:59:45
      • って、手入れ取ってるんだ。そりゃ運が悪かったね・・・。 -- 2015-02-19 (木) 10:02:04
      • まぁ手入れじゃ15%が約11%になるだけだしね。自動消化積んでても約10%。そもそも貫通してないHEのモジュールダメージ確立が10%だから…宝くじでも買っとけば良かったんじゃない? -- 2015-02-19 (木) 15:28:19
      • モジュールダメと火災発生は関係ないはずだけど・・・HEなら爆風がエンジンに行ったらモジュールダメージ判定とは全く別に火災判定も行われるはず -- 2015-02-19 (木) 18:54:02
    • 動きが足りない。コイツは鈍足だがしっかり動く必要がある。砲塔への通常被弾も減らせる。むしろコイツがSPGの弾を受けるのが、チームの勝利に一番貢献すると思う。 -- 2015-02-19 (木) 18:43:56
      • コメントアウトしました。 -- 2015-02-23 (月) 21:16:58
  • 9.13にて性能変更、107 mm ZiS-24の照準時間、リロード時間がbuffされました -- 2015-12-17 (木) 12:15:00
    • このbuffは嬉しいな。スタビ積めば照準時間がかなり良くなるし精度の良さを加味してもIS-3の122mmの劣化気味だったがこれで差別化出来たな -- 2015-12-17 (木) 12:44:03
      • 車体がこれだけ違えば砲がどうこうって次元じゃない気はするが、だいぶ楽になったな -- 2015-12-17 (木) 14:48:32
    • リロード8.8秒は体感でかなり上がったな。ガンレイ積めば照準も2.6秒でかなりイイ -- 2015-12-18 (金) 01:25:09
      • ラマーに換気扇と戦友かなんかをつけてるんですか? -- 2015-12-19 (土) 11:35:43
      • スタビ積める奴は基本ガンレイよりスタビ積んだ方がいいぞ -- 2015-12-19 (土) 22:59:31
  • これは拡張何が良いのかな。今は工具、内張り、皮膜という防御構成だけどスタピ、棒、換気もよさそう。3台ぐらいガレージに置けたら良いのに。 -- 2016-01-08 (金) 11:56:14
    • スタビ、ラマーはほぼ確定としてあと一つは換気扇、皮膜、内張りの中から好みで選ぶ感じですかね -- 2016-01-08 (金) 12:36:47
    • 俺はラマー、内張り、換気扇だな。スキルで拡散は抑えてあるが、案外スタビがいらない状況が多くて外してみた。勝率56%くらいで問題なく機能してる -- 2016-01-08 (金) 14:14:54
    • buff直前に売ってしまったが、工具、内張り、ラマーでやってたな。初期砲塔&107mm装備だったけどbuff前でも照準に困ることそんなに無かったし。 -- 2016-01-08 (金) 16:21:07
      • 足の遅さが拡散を小さくしてるという微妙な状態だけど、まぁ困らないよな -- 2016-01-08 (金) 18:49:31
    • 換気扇で更なる連射スピードアップを図ったほうが効果的だと思うね。 -- 2016-02-12 (金) 01:26:24
      • そんなものは求められてないと思うけどまぁ悪くはないね。外すならスタビになるけどな -- 2016-02-12 (金) 03:20:42
  • 最終砲までが鬼畜だけど最終砲を開発すれば世界が変わる。砲塔を変えてしっかり首振りなどのテクニックを使えば防衛でも攻撃でも使えると思う。でも進軍に遅れるのがきついけど・・・ -- 2016-02-07 (日) 15:14:47
    • 過去ログに書かれてるので、確認してから書き込んでください -- 2016-02-08 (月) 01:03:23
    • すみません・・ -- 2016-02-11 (木) 15:26:16
  • 拡張パーツの話が何度も出てるけど内張りは必須だと思う15榴弾が珍しく無くなったし乗員消えるし -- 2016-02-16 (火) 22:21:41
    • 何度も出てるなら書かなくていいと思うぞ。 -- 2016-02-16 (火) 23:37:36
    • いやぁ散々何だかんだいって結局必須そうなパーツって無かったからこれは大事だよーっていいたかったんだ -- 2016-02-17 (水) 15:51:23
      • まぁこれだけアプデ重ねると過去のは参考になるかちょっと怪しくもなるけどな -- 2016-02-17 (水) 15:59:51
      • アプデ重ねても、そこまで劇的に変わったとは思わないが…少し前も今も変わらないぞ -- 2016-02-17 (水) 16:45:39
      • あと、少し前にパーツの話が出てるんだぞ。何回も同じ話題が連続するのはおかしいだろ -- 2016-02-17 (水) 16:48:06
      • まぁここはな。最近だと日HT追加がパーツ選択に影響与えてるな。TDの視界nerfの時もだが、対象車両以外でも構成を変える余裕が出るのがたまにいるしな -- 2016-02-18 (木) 03:59:41
      • そこそこ足のあるIS-3なら兎も角、コイツは日HTとも正面からやりあわないといけない状況も多いしね。特に15榴は豚飯だろうが関係なくぶち抜いてくるから内張りの優先度は以前より上がるよね -- 2016-02-18 (木) 07:14:53
      • 鈍足車両だと外すという選択肢は完全に消えたよな実際。厄介なもんだ -- 2016-02-18 (木) 09:03:28
  • 最終砲が必要か不必要かで皆さんの意見が大きく分かれていますが、実際の最終砲の使用感はどうですか? -- 2016-05-22 (日) 17:36:52
    • DPMも威力も低めなんで物足りないなとは思うが開発中を除いて最終砲以外の選択肢はない KV-4はその耐久性と鈍足さで敵のHTと対面する場面が多く、そうすると貫通力不足で精度も悪い122mmでは同格以上はロクに抜けずサンドバッグになりかねない 一方で最終砲の107mmは出せる速度からか拡散も少なく精度も狙撃を十分こなすことも出来る程度にはあって貫通力も金弾なら重装甲HTにも対抗出来る点で繰り返すけど最終砲一択 -- 2016-05-22 (日) 17:51:58
      • 分かりました!開発を急ぎます!(フリーが足りないので... (^Q^) -- 2016-05-22 (日) 18:37:47
    • 最終砲はやや威力は低いものの、122mmだと貫通力が金弾ですら不足する。同格HTにすら完封されかねない。それに使ってみると、狙撃もある程度できるし、ターンの取り方次第で装填速度の差から2発:1発で撃てたりするから使い勝手はいいよ。 -- 2016-05-22 (日) 21:57:59
    • KV-4同士で稜線挟んで打ち合うとなると頭のてっぺんの狙いあいになる。その時122だとまぁ当たらんぞ。他の重戦車相手にする時はなおさら。対応力が全然違う。 -- 2016-05-23 (月) 02:08:01
    • てか最終砲不要って言ってる人っているのか? -- 2016-05-23 (月) 07:43:13
      • この間、IS3の最終砲で全HEの奴が居てだな。弱点狙えずHE多用する人ならまぁ・・・KV1でやれし -- 2016-05-23 (月) 09:49:18
      • 皆さんアドバイスありがとうございます!tier10には最終砲も無力なので122mmでもあまり変わらないという意見も一応あるみたいですが...やはり最終砲は必要ですよね。 -- 2016-05-23 (月) 10:01:51
      • 122は下手したらtier9や8でも無力になるで、中華のHEAT250ならまだしも、APCR217はtier9の安定して相手するのはほぼ無理 -- 2016-05-23 (月) 11:06:33
      • この107mmでtire10には無力と言うのは弱点狙う頭が無くて金弾使う柔軟性も無いような人間くらいしかいないと思うよ -- 2016-05-23 (月) 12:39:51
      • 金弾の貫通289はTier10駆逐のAPに匹敵する値なんでこれで無力なら何使っても無力になるわな 格上の重装甲HT(例えばE100)相手に正面からAP使ってる人なんじゃないの?10発程度でもいいからAPCRは積んでおかないと -- 2016-05-23 (月) 16:01:29
      • ↑↑どうでもいいけどTIRE(タイヤ)じゃなくてTIER(ティアー、層)だゾ -- 2016-05-23 (月) 18:42:42
      • なるほど...皆さんありがとうございました! -- 2016-05-24 (火) 18:43:16
  • HD化で再購入、ボトムで辛いのも相変わらずだけど同格でも辛い相手が増えてるような...とにかく前面が柔くて仕方ない -- 2017-10-27 (金) 22:10:07
    • 私kv4大好きで乗りまくってますけど、本当に正面弱いですよね。トップでもレーヴェ T34 ディフェンダーやらの高貫通集団にどうあがいても抜かれまくることもあるし...でも追い詰められても正面とかの弱点を砲塔ぐりんくんりん動かして車体をじたばたさせれば謎弾きするし、豚メシが不利だと感じたらどうにかしてドッグファイトに持ち込んで装甲厚とヘルスでごり押ししたりと頑張って戦果かせいでます(笑) -- 2017-11-05 (日) 15:19:18
      • あと、敵が回り込もうとしたら旋回しながら突然急停止すると下部狙われてた場合下部からそれてたまに弾きますよ(笑) -- 2017-11-05 (日) 15:23:37
  • 単発低いから金弾使ってくるティア7戦車とのワンパン交換もほんと不味いな...撃つときは相手見ないわけにはいかないし顔はスポスポだし、ドイツ超重の440とは言わないから400くらいに増やすバフが来たりしないだろうか -- 2017-12-20 (水) 18:44:26
    • 顔面スポスポはまぁ確かにそうなんだけど、単発300台前半はティア8HTの多数派なんだよなぁ・・・金弾貫通も上位だしこんなもんじゃろ -- 2017-12-20 (水) 20:05:07
    • しっかりこいつの装甲配置を知って、それに合った防御姿勢を取ればいいんじゃね。単発の低さは味方との連携でカバーして、もし孤立してもうだめだってなったら吹き飛ぶ前に頭数減らすやら相手のHP削るなりすれば味方に貢献できるかな。 -- 2017-12-29 (金) 10:22:11
      • 車体ならまだしも顔面じゃ防御姿勢きつくね?正面向けるまで待たれたら攻撃出来ないけど一方的にチャンス待てる状況は常には無いし。状況作りづらい超重戦車枠でありながら単発とDPMに優れたものが無く顔面柔いの辛い。正直側面100mmのLoweが豚飯している方が面倒。 -- 2018-01-03 (水) 16:04:22
      • そう思って色々試してみたけど、副砲塔の側面部分が抜かれ放題になるからよそ見は全然ダメな気がする。 -- 2018-01-04 (木) 11:18:39
      • 砲塔と副砲塔は六角形だからね~もう撃つのは諦めて防御に専念するか...こいつwotの中で一番好きだからどうにか使いこなしたい... -- 2018-01-05 (金) 09:15:00
  • 122mmより107mmのほうがいいかも、課金弾HEATだからつかいずらい -- 2020-08-09 (日) 15:02:07
    • 精度や絞りも悪いから全体的な使いやすさは107mmのほうが上だね。ただ-8°の俯角は捨てがたい -- 2020-08-09 (日) 19:18:05
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 格下のKV-1、KV-3、同格のTiger IIやO-Hoを上回っている。