Top > STA-2


STA-2

Last-modified: 2018-07-25 (水) 08:34:45

Tier 8 日本 中戦車課金戦車)/日本語表記:61式戦車第1次試作車第2案 Edit

STA-2.jpg
STA-1よりも61式に近い形状。
ただし61式と違い大きなキューポラがないため、隠蔽率は平均的。

スペック(v0.9.17) Edit

車体

耐久値1,420
車体装甲厚(mm)45/35/25
最高速度(前/後)(km/h)55/20
初期重量(t)34
実用出力重量比(hp/t)16.76
本体価格7,400G
修理費(Cr)約10,650
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr)重量(kg)俯仰角
90 mm Rifled Gun8AP
HEAT
HE
212
275
45
240
240
320
1,9200.372.150380
4,400
240
1,150-10°/+13°
 

砲塔

名称装甲厚(mm)旋回速度(°/s)視界範囲(m)重量(kg)
STA-270/60/35443807,850
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
Mitsubishi 12HM20WT570122,400
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
STA-2374411,300
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
JAN/GRC-3Z72070
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader
 

拡張パーツ

Vertical StabilizerMk1Improved VentilationClass2"Cyclone" Filter×Fill Tanks with CO2RammerMedium Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass1Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 3 t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時13.68%3.26%
移動時10.26%2.44%
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    v0.9.6で追加されたTier8の日本課金中戦車
    v0.9.7よりゲーム内ストアにて購入可能となった。
    STA-1と同じく、61式戦車の試作車両の1つ。
     
    マッチング優遇が無いためTier10までとマッチングする。
     
  • 火力
    • 90 mm Rifled Gun
      STA-1の中間砲と同じ砲。
      通常弾の貫通力は212mmとTier8中戦車の中では高い部類であり、同格の重装甲戦車相手ですら正面からの貫通を期待できる。
      格上相手には流石に厳しいが、プレミアム車両である事を活かして課金弾のHEATを多めに撃つ事も視野に入れたい。
      もちろん傾斜装甲や空間装甲に弱いというHEATの弱点も考慮してしっかりと狙撃する必要がある。
      ただし、どの弾種でもこのTierにしては弾速がやや遅く(多くの戦後戦車のAPよりおおむね1割ほど初速が遅い)、その分山なりの弾道を描く。
      Tier8~10あたりの中戦車に乗り慣れていると、遠距離の移動目標への偏差射撃の勝手が異なるため注意しよう。
      とはいえ、-10°も取れる俯角や砲塔旋回の速さも相まって、Tier8課金戦車としては非常に扱いやすく仕上がっている。STA-1と同様に仰角が+13°と、戦前戦車の+20°と比べ狭いことに留意する必要がある。
       
      STA-1との比較
       
  • 装甲
    多少の差異はあるが、STA-1とほぼ同じ装甲なので、そちらも参照の事。
    かなり薄いので、撃たれない立ち回りを心がけよう。
    車体正面を抜かれるとエンジン及び操縦手に当たるので注意。
     
    防盾の形状や砲の形にSTA-1とやや差があり、STA-1でも防盾に当たっても抜かれかねず、信頼出来なかったハルダウンはより貫通されやすくなっている。
    なお車体装甲は榴弾にも抜かれかねない。快速で榴弾砲を持つT49などの車両との交戦は避けたい所。
    防御力は無い物と思って戦うべきだろう。
 
  • 機動性
    最高速度は55km/hと日本戦車ではEdelweissに次ぎ単独二位を誇る。
    エンジンもSTA-1と同等のものを搭載しており、最終状態のSTA-1より履帯性能が良いぶん加速力も高い。
    履帯の旋回速度もそこそこ優れており、小回りが利いて扱いやすい。
     
  • その他
    視界範囲は380mとSTA-1の初期砲塔と同じ。
    Tier8中戦車としては標準的な数値なので、視界強化系の拡張パーツやスキルで補えば特に不便はしない。
     
    隠蔽率はSTB-1と同等。
    STA-1よりは低いが、中戦車としては悪くない値におさまっている。
     
  • 総論
    日本中戦車らしい高い攻撃力と俯角に、日本中戦車らしからぬ高い機動性を併せ持つ中戦車。
    簡単に言えば、経験値・クレジット収支・主砲の照準収束性能・最高速度が高くなった代わりに、隠蔽・視界範囲が低下したSTA-1
    STA-1と同様に装甲は弱いため、マップの地形を把握し、ハルダウンなど常に地形を味方につけた立ち回りを心がけよう。
     
    日本の中戦車は乗員構成が似通っており、中Tier(Tier4~7)の中戦車は無線手以外、高Tier(8~10)については乗員をそのままそっくり載せることが出来るため、幅広く育成に活用できる。
    通常弾の貫通力に優れるため、クレジットも稼ぎやすい。

史実 Edit

詳細

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ1

※実装または車両性能変更アップデートから3か月以上経過した車両であるため、管理人の提案に基づき新規コメント欄を非表示にします。本車両について語りたい方は外部掲示板を利用してください。