末日の幻影

Last-modified: 2024-07-12 (金) 17:14:02

生存手引書:模擬宇宙 | 階差宇宙 | 疑似花萼(金) | 疑似花萼(赤) | 凝結虚影 | 侵蝕トンネル | 歴戦余韻
光を追い、黄金を掴む:忘却の庭 | 虚構叙事 | 末日の幻影



概要

  • 本ゲームにおいて忘却の庭虚構叙事と並ぶ高難易度コンテンツ。
    • 均衡レベル3以上になると解禁される。
    • 定期的に更新されるさまざまの特性によって強化されたボスとの戦闘ステージ。特性については後述。
    • かつて遭遇したボスの投影をなるべく行動値を消費せずに倒してポイントを稼ぐ。
    • ステージごとに条件を達成することで追加の報酬を獲得できる。
  • 各ステージ毎に2つのパートがある。(2PT必要)
    • 2つのパートの累計獲得ポイントに応じて★を獲得できる。
    • ★の獲得数に応じて「星玉」や「流光の残照」、「璧羽」を取得できる。
      • 「流光の残照」と「璧羽」はそれぞれショップ「光円錐プレゼンス」「瓢箪から駒」で★4光円錐や自塑樹脂、遺物残骸と交換できる。
  • 2週間ごとに「忘却の庭・混沌の記憶」「虚構叙事」と順番に更新される(末日の幻影→虚構叙事→混沌の記憶の順)。
    • 1期ごとの挑戦可能期間は6週間。
    • アクセスは[スターピースガイド〉光を追い、黄金を掴む〉末日の幻影〉テレポート]か、マップ「ドリームリーフ」から。

仕様

  • 行動値カウンター
    通常の戦闘とは異なり末日の幻影での戦闘には「行動値カウンター」という制限があり、ボスを倒した時点での残りカウントに応じてポイントが獲得できる。
    ボスを倒せずに行動値カウンターが0になると挑戦終了となり、ボスに与えたダメージのみで獲得ポイントが計算される。
    残りカウントは戦闘画面右側のダメージ表記の近くに表示される。
    初期カウントは行動値 2000カウント分。
    ※詳細は行動値を参照。
  • 開始時のHPとEP
    末日の幻影の挑戦はHPは全回復、EPは50%溜まった状態で開始される。
    いきなり戦闘に突入するわけではなく、戦闘前に秘技の使用が可能。
  • 特性
    各ボスは1つのメイン特性と様々な通常特性を持っている。通常特性の数はステージが進むにつれて増えていく。
    メイン特性はボスを倒すための大きな鍵となるため挑戦前にボス攻略をよく確認しよう。公式からも対応戦略が提示されている。
  • 末法の余燼
    各期毎に「末法の余燼」という特殊効果が設定されている。
    敵へのデバフ付与や与ダメージ上昇など基本的には味方に有利な効果が設定されている。
  • 終末の公理
    各パートでの戦闘に「終末の公理」という複数の選択肢から1つを選択して付与できるバフが存在する。
    パート1とパート2で選択できるバフの種類が違うので使用するパーティと相性の良いものを選ぼう。
  • 再挑戦
    末日の幻影ではステージ挑戦終了後にその回の挑戦パーティが記録され、今後そのパーティでパート1、パート2を個別に再挑戦ができる。
    各パートで再挑戦をしてポイントを更新した場合はポイントの合計値に基づきそのステージでの最高ポイントが更新される。
    つまり、現在の最高ポイントを維持したままで各パートを別々で挑戦して最高ポイントを更新し続けることができる。
    ただし、記録したパーティで再挑戦する場合は遺物や光円錐の変更ができない(レベルを上げた場合はその分のステータスが反映され、遺物の場合は新しく獲得したステータスも反映される)。
    変更したい場合は編成変更機能を使用してもう一度2パート分の戦闘をやり直す必要がある。この場合各パートのポイントはリセットされるが、そのステージの最高ポイントはリセットされない。
  • クイック解放
    一度★3でクリアしたステージは記録され、次シーズン以降の末日の幻影の更新時に記録されたステージまで
    最初から挑戦できるようになる。例えばステージ2を★3でクリアすると、次回の末日の幻影ではステージ2から挑戦することができる。
    また、解放されたステージを★3でクリアすると、それより前のすべてのステージを★3でクリアした扱いとなり、全報酬を受け取ることができる。
    現在解放上限はステージ3までとなっており、ステージ4を★3でクリアしていてもステージ3から挑戦する必要がある。
  • 恒常報酬
    任意の周期で末日の幻影のステージ2をクリアすることで、星玉×300と自塑樹脂×1、★4キャラクター「雪衣(壊滅・量子)」を獲得できる。
    雪衣

ショップ「プレシャスジュエル」

高難易度コンテンツ報酬の「流光の残照」「璧羽」を各種報酬と交換できるショップ。
ゲーム内で定期的に更新される常設高難易度挑戦シリーズ「光を追い、黄金を掴む」の各コンテンツの挑戦場所に併設されており、スターピースガイドからでも直接ショップに入ることができる。

光円錐プレゼンス

  • 交換用アイテム「流光の残照」200個と★4光円錐を交換できる。
    交換回数に制限はないため、時間をかければ最大ランクまで強化できる。
  • 流光の残照は歴戦余韻(週ボス)、「光を追い、黄金を掴む」の各コンテンツの報酬で入手できる。
    また歴戦余韻の報酬で低確率だが光円錐そのものがドロップすることがある。
  • 光円錐プレゼンスの光円錐は跳躍から出現しない。
交換アイテム
流光の残照.webp
流光の残照
200個

瓢箪から駒

  • 交換用アイテム「璧羽」と育成素材や自塑樹脂を交換できる。
  • 璧羽は「光を追い、黄金を掴む」の各コンテンツの報酬で入手できる。
  • 購入制限は6週間ごとにリセットされる。
  • 6週間で獲得可能な璧羽は最大1800個。
    購入制限付きの報酬の合計額も1800なので、リセットされる報酬をすべて購入できる。
交換アイテム
璧羽.webp
璧羽
内容レアリティ購入制限必要個数
自塑樹脂☆511200
遺物残骸×100☆52120
漫遊指南☆41010
精製エーテル☆4512
遺失晶塊☆4108
信用ポイント×10000☆31210
信用ポイント×5000*1☆3-10

攻略

シーズン1・凛冽たる風の騎士
初実装となるシーズン1では直近のトレンドである撃破特効・超撃破ダメージ編成の接待シーズン。直前までピックアップだったブートヒル、シーズン開始と同時に新登場のホタルと復刻のルアン・メェイ、これらと相性のいい開拓者-調和は大活躍が見込める。
各パートでそれぞれ必殺技or持続ダメージ・通常及び戦闘スキルor追加攻撃のバフが選択肢にあるため上記キャラを使用しない編成ではこれらのバフを活用していくことになるだろう。
カカリアに物理・氷・虚数耐性、アルジェンティに雷・風・量子耐性があることに注意。

メイン特性である「鉄壁の防御」は弱点撃破時の大幅なボーナス。SP回復があるので、靭性削りに優れたキャラならある程度SPに無理のある編成でも戦える。
弱点撃破中の弱点撃破ダメージと超撃破ダメージについては現状上記のホタルら4人のいずれかを投入したパーティしか恩恵を受けられず、そもそもまとめて1つの編成に突っ込まれることが多い為、片面はカウントが苦しくなりがち。
片面を撃破編成でさっさと終わらせることで余裕を持たせ、もう片面を通常の編成で頑張ることになるだろう。

弱点撃破からの復帰後はまた大量の雑魚を掻い潜りつつ200近い靭性を削り直さないとまともにダメージを通せなくなるため、一度の弱点撃破で必ず倒し切るという意識を持つこと。

期間
Ver.2.3アップデート後 - 2024/08/05 04:59

末法の余燼

凛冽たる風の騎士
「鉄壁の防御」を持つ敵は弱点撃破されると、味方のSPを回復し、味方それぞれの必殺技を発動できるようにする。敵全体の受ける弱点撃破ダメージ+15%、さらに受ける超撃破ダメージ+25%。
ステージ挑戦目標
1~4クリア目標○ボスを2体撃破する
星数目標★4000ポイント獲得
★5200ポイント獲得
★6600ポイント獲得

ステージ1~4まで全て2ゲージのボス。
各ステージの最大獲得可能ポイントは4000ポイント×2の8000ポイント。

パート1|望みなき凛冽たる風の幻滅者
終末の公理

名前内容
引き裂かれし楽園味方全体の撃破特効+50%。敵に超撃破ダメージを与えた後、速度が現在の速度40%分アップする、次の行動まで継続。
終結の時味方全体の必殺技によるダメージ+50%。敵を倒した後、攻撃者の行動順が25%早まる。
持続する腐敗「鉄壁の防御」を持つ敵は、弱点撃破されるまでに受けた持続ダメージをカウントする。その敵が弱点撃破された後、カウントしたダメージ170%分の付加ダメージを受ける。

敵の情報

ステージ敵レベル推奨属性敵一覧特性
160属性_雷.webp属性_量子.webp望みなき凛冽たる風の幻滅者(カカリア)
ジェパード
鉄壁の防御:ボス幻影の被ダメージ-50%。弱点撃破された後、追加で行動順が100%遅延され、被ダメージ+150%。
陣地移転:ジェパードが戦闘に加わりボス幻影を守る。ボス幻影は自身の弱点属性を召喚物に移す。ただし召喚物が倒されると、ボス自身の靭性値が追加で削られる。※転移:弱点属性をターゲットに移す。弱点属性はターゲットが倒された後に戻り、さらに靭性値を削られる。
270
380退路無し:ボス幻影の召喚物が味方1人をマークし、ボス幻影が単体攻撃スキルを発動した後にマークされた味方に追加発動する。※追加発動:単体攻撃スキルを発動した後、ターゲットを再選択してそのスキルを再度発動できる。
490強靭な志:敵全体が受けるダメージがダウンする。ただし所持している弱点属性1つにつき、受けるダメージがアップする。

2ゲージ制、弱点:属性_炎.webp属性_風.webp属性_雷.webp属性_量子.webp、靭性190→270。
特殊個体で、2ゲージ目は歴戦余韻で登場するカカリア・虚妄の母との戦闘になる。
初手で1ゲージ目は2体、2ゲージ目は4体の氷刃を召喚し、自身の弱点を移す。氷刃はそれぞれ靭性40。この状態の時のカカリアは靭性保護ではなく弱点が無いが靭性は削れる状態なので、銀狼ホタルで弱点を付与すれば靭性を削れるようになる。
氷刃は召喚されると同時にキャラを1人ロックオンし、カカリアは単体攻撃後にそのロックオン先にも単体攻撃を行う。このロックオンは氷刃の弱点撃破か倒すことで解除。
2ゲージ目は氷刃召喚を開幕と弱点撃破からの復帰後しか行わず、以降は毎ターン必殺技と禁錮付与単体攻撃を連打するようになる。
横に並んでいるジェパ―ドは靭性200(難易度4)で弱点は属性_雷.webp属性_量子.webp属性_虚数.webp、2ターン目で張るバリアは通常のものと違い模擬宇宙のスペック仕様と同じく実数値バリア。ただし自身の弱点は保護せず、カカリアや氷刃のみ弱点保護する。バリア耐久値が0になるか、ジェパ―ドの弱点撃破で解除される。

氷刃を倒してカカリアに弱点を付与し直し、カカリアの弱点を突いて弱点撃破し、大幅遅延と被ダメージデバフのついたカカリアを靭性が復活する前に殴り倒すというのが基本的な流れとなる。
ジェパ―ドの弱点も突ける雷属性か量子属性のアタッカーを用意したい。必殺技で弱点を無視して靭性を削れ範囲攻撃にも優れる黄泉軸か、風雷炎弱点なので持続ダメージ編成、高速で靭性を削る雪衣ゼーレ軸の量子染め辺りが候補だが、多くの場合後半にルアン・メェイを使いたい為持続ダメージ編成はフルパワーを発揮しづらい。
行動や靭性的に後半のアルジェンティよりもこちらの方が厄介なので、完成された追加攻撃編成などを所持している場合は、こちらにホタルか雪衣軸の超撃破編成を持ってくることも視野に入れたい。ブートヒルは物理耐性が厳しいため後半限定。

2ゲージ目は毎ターン高威力の全体攻撃が降ってくる。やはり弱点撃破を急ぎたいところだが禁錮付与と靭性270がそれを邪魔する。アタッカーに飛んだ場合行動遅延を避けるのは難しいので、いっそ禁錮が効果抵抗が高いキャラに飛ぶまでリトライも視野に入れたい。幸い一度クリアすれば前半だけやり直し可能。
難易度3以降では「退路無し」バフによって、1ゲージ目開幕から味方の速度次第で「氷刃召喚→氷刃がキャラをロックオン→カカリアが単体攻撃1+2回→ジェパ―ドが単体攻撃2回→氷刃の全体攻撃2回→カカリアが凍結付き単体攻撃1+2回→カカリアが単体攻撃1+2回」とこれまでのコンテンツとは比較にならないラッシュを受ける。割り込み回復できる羅刹や常時効果でダメージを分担する符玄なら安心感が増す他、凍結がうっとおしければアベンチュリンも選択肢。

パート2|高潔で公正な銀騎士
終末の公理

名前内容
引き裂かれし楽園味方全体の撃破特効+50%。敵に超撃破ダメージを与えた後、速度が現在の速度40%分アップする、次の行動まで継続。
灰色の戦場味方全体の通常攻撃、戦闘スキルによるダメージ+50%。敵を倒した後、攻撃者の行動順が25%早まる。
終末の追撃「鉄壁の防御」を持つ敵は、弱点撃破されるまでに受けた追加攻撃ダメージをカウントする。その敵が弱点撃破された後、カウントしたダメージ200%分の付加ダメージを受ける。

敵の情報

ステージ敵レベル推奨属性敵一覧特性
160属性_物理.webp
属性_炎.webp
属性_虚数.webp
高潔で公正な銀騎士(アルジェンティ)鉄壁の防御:ボス幻影の被ダメージ-50%。弱点撃破された後、追加で行動順が100%遅延され、被ダメージ+150%。
攻守の変化:ボス幻影は戦闘中に自信の戦闘スタイルを切り替え、さまざまな彫刻を召喚して戦う。味方が「魂の解放」状態の彫刻を倒すと、今回の戦闘における味方全体の与えるダメ―ジがアップする。
270
380土壇場の逆転:ボス幻影第二段階が「魂の解放」を発動する時、すべての彫刻をターゲットとして選択する。
490星々の守り:ボス幻影以外の敵1体につき、敵全体の受けるダメージがダウンし、与えるダメージがアップする。

1ゲージ目では槍先4体召喚、2ゲージ目では叙勲か盾のみを4体召喚する。この偏った召喚が上記特性欄で記載されている戦闘スタイルとなる。
槍先は多段攻撃になっているくらいであまり変化が無い。槍先が4体残っている間はアルジェンティに弱点保護が付くので、まず槍先を1体倒し、その後本体を集中攻撃していこう。
2ゲージ目で一気に厄介さが増す。まず盾は召喚されると同時に正面のキャラを挑発し、弱点属性は正面のキャラの属性のみとなり、毎ターン自身にバリアを張ることで延命を図る。アタッカーはともかくサポーターや耐久役が盾を倒すことは難しく、靭性削り役もアタッカー役も減ることになる。
叙勲はいつぞやのボスンチュリンのようにアルジェンティへの攻撃判定を無くし、自ターンが回ってくるごとに自殺しその数だけアルジェンティの必殺技の威力を上げる。4体の叙勲を吸収した必殺技はアタッカーがHP満タンから即死すら見える高威力。

アルジェンティの特徴として、本体の弱点撃破と同時に召喚物が全て消えるという点が挙げられる。
難易度Ⅳでは召喚物の数に応じて被ダメージ軽減の能力を持つためつい範囲攻撃持ちを採用したくなるが、下手に全体攻撃でどうにかしようとすると本体の靭性削りと弱点撃破中の火力に支障が出るので、1体撃破したらあとはひたすら靭性削りに勤しむのも手。

基本的にはブートヒルホタルを使った撃破編成で速攻するのが無難。ただしブートヒルは2ゲージ目で叙勲パターンを引いた際に必殺技を撃たないと叙勲を壊せないのが苦しい。その他ではトパーズ&カブDr.レイシオの追加攻撃編成も有力だが、こちらは理想的な揃え方ができていない場合盾パターンでグダりがち。
ギャラガーも刺さっており、炎属性の全体必殺によって炎弱点の彫刻を一気に削ることが出来る。ただし例によってルアン・メェイの削靭効率バフが無いと一発弱点撃破は出来ない。

報酬

報酬

報酬

  • 終局の供物
    各ステージをクリアするごとに受け取り可能。各ステージ共通。
    条件報酬
    ステージクリア
    ステージ1
    ~
    ステージ4
    漫遊指南×6
    精製エーテル×3
    遺失晶塊×6
    流光の残照×24
    信用ポイント×30,000
    合計漫遊指南x24
    精製エーテルx12
    遺失晶塊x24
    流光の残照x96
    信用ポイントx120,000
  • 追加報酬「永劫の供物」
    各ステージの挑戦目標を達成し、印を1つ獲得するごとに受け取り可能。最大12回受け取り可能。
    条件報酬
    累計獲得数1ごと(累計獲得数6まで)星玉x60
    信用ポイントx20,000
    累計獲得数1ごと(累計獲得数7・8)星玉x60
    信用ポイントx20,000
    璧羽x100
    累計獲得数1ごと(累計獲得数9以降)星玉x80
    信用ポイントx20,000
    璧羽x100
    合計星玉x800
    信用ポイントx240,000
    璧羽x600

過去分

シーズン期間
シーズン1?Ver.2.3アップデート後 - 2024/08/05 04:59

コメント

[tip]投稿ボタンを押す前に、一呼吸置きましょう。

いつもコメントありがとうございます。
これからも楽しく快適な掲示板にしていきましょう! (^^)

次の投稿は永久BANされてしまいます。確認してみてください… (T-T

  • アカウント売買・チート・リーク・バグに関するもの
    将来のバージョン情報が書かれているものもリークと見なされます
  • 暴言・誹謗中傷・侮辱・挑発に該当するもの
  • 性的なワード・それらを連想させるもの
  • 許可のない宣伝行為
  • 晒し行為
  • 個人攻撃に該当するもの

[tip]違反コメントを見かけた場合、コメントせず通報してください。

該当コメントに枝コメントがある場合は違反コメントごと削除します。繰り返す場合はそのまま同罪として処置します。
これは仕様上コメントが多くなるほど目につきやすくなるためです。ご了承ください。


[tip]通報について
zawazawaにログインして通報(推奨)、または管理掲示板まで。

zawazawa掲示板では不快なコメントに対しては、日付横の通行止めマーク🚫をクリックすることで、その投稿者のコメント全てを非表示にできます。

コメント管理基準の議論について: 管理基準判例集
ガイドラインに関してはガイドライン策定・改定掲示板
コメント管理、グループ管理に興味のある方は
管理掲示板または当wikiDiscordまで


*1 信用ポイント×10000の交換回数が0になると交換可能