Top > 伝統
HTML convert time to 0.028 sec.


伝統

Last-modified: 2018-04-21 (土) 22:32:28

Ver.2.02β (2018/03/06付パッチ)対応

伝統はUnity.png統合力を消費する事で解放できる。全ての伝統に何らかのボーナスがあり、さらに1種類の伝統内の全ての効果を解放すると伝統固有の追加ボーナスとアセンションパーク1つが得られる。中には外交の選択肢を増やす、建物をアンロックする等の効果も持つものもある。

伝統の種類 Edit

7つの伝統ツリーがある。
伝統ポイントを一定数貯めるごとに項目を1つずつ開放でき、伝統ツリーを最初に選択するときに1回、伝統ツリー内の個別の項目を選択するときに1回ずつ計5回、合わせて6回分ポイントをつぎ込むとそのツリーを全て開放したとみなされ、ツリー毎に固有のボーナスを1つ追加でもらえる。
ツリーを1つ全て開放するごとにアセンションパークも1つ取得できる。

コスト Edit

解放コストはツリーを取る毎に、伝統を解放する毎にどんどん跳ね上がっていく。最初のツリー・伝統は必要コストが3桁だけだったのが最終的にコストが6桁になるということもありうる。
計画的に解放していかなければならない。

Ver.2.0で人口による補正の代わりに、領土の星系の数が使用されるようになった。
Ver.2.02βで星系補正が0.01になり、植民星数の補正と乗算ではなく加算されるようになった。

コスト = (100 + (6 × 伝統開放数)^1.639))
 × (1 + 0.05 × 手をつけたツリーの個数)
 × (1 + 0.20 × 主星以外の植民星数 + 0.01 × 領土の星系の数) 


x(6×x)^1.639の値
118.853445
6355.451478
121107.051849
182151.699085
243447.911616
304970.403379
366701.464142

伝統のツリー Edit

伝統ツリーは全部で11種類あり、それぞれが5つの伝統を持っている。帝国がアクセスできる伝統ツリーは最大で7つであり、7つの伝統ツリーは帝国の志向、統治形態、国是によって11個の中から選ばれる。
この伝統ツリーは政府を改革することによって交換される場合がある。伝統ツリーが交換された場合においても、それまでに解放された伝統と同じものに相当する伝統は解放されたままになる。
伝統の交換は帝国が得られる効果の内容が変わるものから、単に名称やフレーバーの変更にのみとどまる場合もある。
以下の一覧には名前が変わるだけで効果が変わらないものについては記述していない。

外交ツリー Edit

伝統名効果解放条件
外交伝統取得外交の影響力コスト-50%
信用増加率+33%
集合意識、機械知性でない。
狂信的な浄化主義者、内向きの成熟を持っていない
動的な生態変化居住性+10%外交伝統取得
連邦外交選択肢解放:連邦外交伝統取得
異星人観光建造物解放:ビジターセンター(食料+4、統合力+2、居住性+5%、異星人からの移住魅力+50%)動的な生態変化
協調連携自国の連邦艦隊許容量への貢献値+100%連邦
連邦統一連邦加盟国ごとに統合力+5%。最大30%連邦
外交伝統完了ボーナス最大信用度+50外交ツリーの全てを解放

連邦勝利を目指すなら取るしかないが、全体的に効果は微妙なので連邦勝利を目指してないのなら後回しにされがち。

交換:適応ツリー Edit

伝統名効果解放条件
適応伝統取得POPのFood.png食料消費-15%集合意識
狂信的な浄化主義者
内向きの成熟
野蛮な略奪者
動的な生態変化居住性+10%適応伝統取得
交換連邦外交選択肢解放:連邦適応伝統取得
集合意識
貪食する群れでない
栄養強化Food.png食料+20%適応伝統取得
貪食する群れ、狂信的な浄化主義者、内向きの成熟、または野蛮な略奪者を持つ
生態環境への適応テラフォーミングコスト-15%動的な生態変化
適応環境の多様化保有する植民地の気候ごとに統合力+5%。最大30%連邦または栄養強化
適者生存遺伝子特性ポイント+1
遺伝子改変コスト-15%
連邦または栄養強化
適応伝統完了ボーナス農場からMinerals.png鉱物+1適応ツリーの5つを解放

適応完了ボーナスは地味だが非常に強力。 Food.png食料とMinerals.png鉱物両方を発生させる施設を好きなだけ作れるので、首都の隣4マスをこれで埋めるだけでも大量の追加隣接ボーナスを得られる。 とはいえ食料は余り気味な資源の上にこのツリーでさらに消費量が減るので、建てすぎには注意。 →2.02以降、食料を交易中立機構に売却できるようになり、有用性が増したか。

交換:多様性ツリー Edit

伝統名効果解放条件
多様性伝統取得ロボットPOP建造コスト-10%機械知性
作業代理人帝国のリーダー上限+2多様性伝統取得
普遍的互換性外交選択肢解放:連邦多様性伝統取得
最高の仕事リーダーのスキル上限+1作業代理人
適応型プログラム機械特性ポイント+1普遍的互換性
物質解析戦略資源の種類ごとに統合力+5%。最大30%普遍的互換性
多様性伝統完了ボーナス建造可能なロボットPOPの資源産出量+5%多様性ツリーの全てを解放

発見ツリー Edit

伝統名効果解放条件
発見伝統取得アノマリー失敗リスク-10%
アノマリー発見率+15%
科学部研究の選択肢+1発見伝統取得
勇敢に行く調査速度+35%
調査船戦闘回避率+30%
発見伝統取得
惑星調査隊惑星調査完了ごとに毎月科学産出の10%の科学力を得る勇敢に行く
総合技術教育リーダー経験値+25%科学部
科学への信仰何らかの研究が完了するたびにUnity.png統合力を3ヶ月分獲得する総合技術教育
発見伝統完了ボーナス研究速度+10%発見ツリーの全てを解放

最序盤に「発見伝統取得」だけしておくのも手。序盤はあまり伸びない各種研究をアノマリー調査で直接入手出来る可能性もあるので地味に役立つ。調査対象数が多くなるマップサイズが大きいほど有用。
科学への信仰による統合力ボーナスもなかなか強力で、余ったリーダー枠で研究支援をしているだけでみるみる統合力が増える。

支配ツリー Edit

伝統名効果解放条件
支配伝統取得各種従属国の作成・要求を解禁貪食する群れ、狂信的な浄化主義、内向きの成熟、頑固な根絶機械を持たない。
植民地総督帝国のリーダー数上限+2
総督のスキル上限+2
支配伝統取得
星の支配者従属国の最大信用値+50
従属国の態度+20
支配伝統取得
みかじめ料進貢国からの収入+50%植民地総督
属国の文化適応従属国1つにつき統合力の産出が+5%される。最大30%星の支配者
艦隊徴収従属国の持つ人口が自国の艦隊総量の計算時に加算されるようになる植民地総督
星の支配者
支配伝統完了ボーナス属国がすでに所有している技術に対して研究速度+30%支配ツリーの全てを解放

Ver.2.0でこのツリーの獲得が従属国の作成条件に変更された。
従属国の作成条件が非常に厳しくなったので、隣接国を見て従属させられそうかを見てから取るのでも遅くない。

交換:純血ツリー Edit

伝統名効果解放条件
純血伝統取得障害物除去コスト-25%貪食する群れ
狂信的な浄化主義
内向きの成熟
頑固な根絶機械のいずれか
植民地総督帝国のリーダー数上限+2
総督のスキル上限+2
純血伝統取得
交換選ばれた種族市民POPの幸福度+5%
前哨地建設に必要な統合力-10%
純血伝統取得
狂信的な浄化主義者
内向きの成熟のいずれか
廃棄物処理浄化されるPOPからの資源産出+50%純血伝統取得
貪食する群れ
頑固な根絶機械のいずれか
交換機械の時代機械POPの生産力+5%植民地総督
頑固な根絶機械
自然の序列異種族を食べることによって統合力を得る植民地総督
貪食する群れ
純血の象徴建造物解放:純血の象徴植民地総督
狂信的な浄化主義者
内向きの成熟のいずれか
適正割引強制移住コスト-50%選ばれた種族または廃棄物処理
断じて降伏しない宇宙基地の耐久力+10%
守備隊の耐久力+50%
植民地総督
選ばれた種族または廃棄物処理
純血伝統完了ボーナス統合力+10%純血ツリーの5つを解放

拡張ツリー Edit

伝統名効果解放条件
拡張伝統取得植民地開発速度+50%
植民への情熱首都産出のUnity.png統合力+1拡張伝統取得
星々へ届け前哨地建設の影響力コスト-10%拡張伝統取得
新しき人生新しい植民地の入植時にPOPが+1される植民への情熱
定期便ネットワーク植民地の数による伝統の統合力コスト増加-20%植民への情熱
銀河への野望宇宙基地維持コスト-20%星々へ届け
拡張伝統完了ボーナス直轄星系の上限+2拡張ツリーの全てを解放

Ver.2.02βでツリー最初のボーナスが100%から50%に減少、銀河への野望の効果が宇宙基地上限+2から維持コスト-20%へ変更。
Ver.2.0で序盤のゲームスピードが落ちたこともあり、この伝統ツリーも有用性は相変わらずだが急いで取る必要性も若干減少したか。

調和ツリー Edit

伝統名効果解放条件
調和伝統取得成長速度+25%集合意識、機械知性でない
親族の絆首都からの距離による統治志向への魅力のマイナス影響-50%調和伝統取得
精神と肉体リーダーの寿命+20年調和伝統取得
より大きな善社会不安-20%調和伝統取得
ユートピアの夢建造物解放:楽園ドームより大きな善
調和の砦国境内での射撃レート+15%
防衛中の艦船建造速度+33%
親族との絆
精神と肉体
調和伝統完了ボーナス幸福度+10%調和ツリーの全てを解放

『ユートピアの夢』で解放される『楽園ドーム』は、Food.png食料4とUnity.png統合力2で維持費2、さらに惑星補正で市民POPの幸福度を+5%する強力な建造物。
維持費に対する出力だけでも優秀だが、幸福度増加により各種産出量も上昇する。
空の土地に建てるのもいいが、農場を上書きすれば食料産出を落とさず維持費を削減できるという点が、
特にエネルギーのやりくりが厳しい序盤ではありがたい。

交換:同期ツリー Edit

伝統名効果解放条件
同期伝統取得成長速度+25%集合意識
ロボット製造速度+33%機械知性
ドローン・ネットワーク建築速度+20%同期伝統取得
交換精神と肉体リーダーの寿命+20年同期伝統取得
機械知性でない
自己保存プロトコル故障の可能性-50%同期伝統取得
有機体の仲介者社会不安-20%同期伝統取得
交換サイバー・コミュニケーションズ建造物解放:神経電気アンプ有機体の仲介者
暴走する同化機械
有機生命体のユートピア生体記念物の幸福度+10%
建造物解放:有機生命体の楽園
有機体の仲介者
独善的な奉仕機械
群れのシナプス建造物解放:群れのシナプス有機体の仲介者
集合意識
処理中枢群建造物解放:コントロールセンター有機体の仲介者
暴走する同化機械、独善的な奉仕機械以外の機械知性
調和の砦国境内での射撃レート+15%
防衛中の艦船建造速度+33%
ドローンネットワーク
自己保存プロトコルまたは精神と肉体
同期伝統完了ボーナス影響力+1同期ツリーの5つを解放

繁栄ツリー Edit

伝統名効果解放条件
繁栄伝統取得植民星の建物建設コスト-15%
造船コスト-15%
標準化建設テンプレート植民星の建物建設時間-15%
造船時間-15%
繁栄伝統取得
交換恒星間企業帝国のエネルギー収入+5%
Trading Hubsのエネルギー収入+1
繁栄伝統取得
集合意識でない
機械知性でない
効率性アルゴリズムロボット維持費-10%繁栄の伝統
機械知性
戦闘形態地上軍維持費-20%繁栄の伝統
集合意識
管理業務植民星の建物維持費と宇宙基地の維持費-10%標準化建設テンプレート
補給部隊宇宙軍維持費-10%標準化建設テンプレート
利益の追求送電グリッドと送電ネクサスから統合力+2恒星間企業
繁栄伝統完了ボーナス消費財コスト-20%繁栄ツリーの5つを解放

Ver.2.0で恒星間企業の効果が直接的なエネルギー増加に変更され、ツリー全体の収入寄与度がさらに増加した。
どんな帝国でも一定の効果が期待できる伝統で、迷ったらとりあえず取る価値あり。

覇道ツリー Edit

伝統名効果解放条件
覇道伝統取得宇宙基地の上限+2
宇宙基地のアップグレードコスト-20%
熟練造船工艦船アップグレードコスト-20%
艦船建造速度+25%
覇道伝統取得
征服権他国の領土に対する主張の統合力コスト-25%覇道伝統取得
戦士の魂地上軍ダメージ+25%覇道伝統取得
グレートゲーム宿敵の隣国1つにつき統合力+10%征服権
戦士の魂
ウォーゲーム指揮官あたりの部隊指揮上限+20
艦船の射撃レート+10%
征服権
熟練造船工
覇道伝統完了ボーナス戦争ドクトリンを利用可能になる覇道ツリーの全てを解放

Ver.2.0で大きく手が入った。
触るだけで宇宙基地の上限を+2できるので、全開放するつもりがなくてもとりあえず触っておくと役立つ。
全開放で手に入る戦争ドクトリンは、艦船の移動速度を上げることができたり、撤退FTLを禁止する代わりに射撃レートを33%も増加させたりと、尖った優秀な性能のものが揃っているため、本格的な戦争を始めるまでにできれば取っておきたい。

アセンション Edit

Ver.2.0より、一部のアセンションを除いてDLCがない状態でも使用できるように変更された。
Ascensionは伝統ツリーを完了することで1つずつ取得する事ができる。
伝統ツリーの7つと社会学技術「アセンション理論」の完遂によって最大8つまで取得することが出来る。
伝統だけでは使用できない巨大建造物(リングワールドや軌道居住地など)を使用可能にしてくれる事もある。

中には特定のレアな技術を入手しなければ選択できないものもあるので、条件をよく確認しておこう。

アセンションパーク一覧 Edit

最初のアセンションパークから取得可能
伝統名ボーナス解放条件
恒星間の支配権前哨地の建設に必要な影響力-20%
他国領土の主張に必要な影響力-20%
技術的卓越研究速度+10%
1つのビジョン統治への魅力+50%機械知性は不可
自然への精通タイルブロッカー除去コスト-33%
惑星布告「Land Clearance」を使用可能になる。 惑星のサイズに応じて居住可能エリアを1~3追加。
帝国の特権直轄星系の上限+5
運命共同体属国併合の影響力コスト-75%頑固な根絶機械は不可
貪食する群れは不可
狂信的な浄化主義は不可
内向きの成熟は不可
聖別された惑星布告追加:聖別された惑星
100年間の間POP幸福度+10%
統合力+15%
成長速度+10%
精神主義又は狂信的な精神主義の志向である
Nihilistic Acquisition軌道爆撃の手法として"Raiding"が使用可能になる。 惑星のPOPを殺害する代わりに、自国へ連れ去ることができる
Enigmatic Engineeringセンサー性能+2
他国から戦闘の残骸の解析をされなくなる
Executive Vigor布告の期間+50%
Transcendent Learningリーダー数上限+2
リーダーのレベル上限+2
Grasp the Void宇宙基地容量+5
宇宙育ちステーション:軌道上居留地解放「ユートピア」DLC
Star Fortress技術
2つ目以降のアセンションパークとして取得可能
伝統名ボーナス解放条件
人工進化遺伝ポイント+3
種族遺伝変更の特別プロジェクト費用-25%
技術研究オプション追加:遺伝子シード精製
機械知性は不可
肉体は脆弱ロボティクス維持費-10%
ロボティクス製造速度+33%
特別プロジェクト解放:サイバネティックインプラントによるPOP、リーダー強化
「シンセティック・ドーン」DLC
ゲシュタルト意識は不可
物質を超える精神リーダーが20%の確率でサイオニック特性を手に入れる。
技術研究オプション追加:テレパシー
「ユートピア」DLC
ゲシュタルト意識は不可
3つ目以降のアセンションパークとして取得可能
伝統名ボーナス解放条件
Eternal Vigilance宇宙基地の攻撃力+25%
防衛ステーションの攻撃力+25%
宇宙基地あたりの防衛ステーションの数+5
銀河規模の戦力投射艦隊保有量+80
指揮官あたりの艦隊指揮上限+20
銀河の守護者異次元の侵略者、コンティンジェンシー、プレスリンへの攻撃力+50%
全ての勢力からの友好度+20
2300年以降
ベテラン建築士巨大建造物建設速度+50%
技術解放:メガエンジニアリング
巨大建造物:リングワールド解放
惑星上居留地のサイズを12→15に
「ユートピア」DLC
ゼロポイント発電技術
銀河系の競争者没落した帝国への攻撃力+33%
覚醒した帝国への攻撃力+33%
没落した帝国または覚醒した帝国と外交
人工生命の時代機械特性ポイント+2
機械特性変更のスペシャルプロジェクトコスト-33%
「シンセティック・ドーン」DLC
機械知性
機械テンプレートシステム技術
機械の惑星テラフォーミングオプション解放:機械惑星
機械惑星は有機生物は居住不可、機械生命の資源出力+15%
機械知性
大気操作の技術
World Shaperテラフォーミングコスト-25%
ガイア型惑星へのテラフォーミングが可能になる
4つ目以降のアセンションパークとして取得可能
伝統名ボーナス解放条件
進化の極意遺伝ポイント+3
種族遺伝変更の特別プロジェクト費用-25%
技術研究オプション追加:遺伝子再配列
人工進化の解放
人工生命への進化ロボット建造速度+33%
特別プロジェクト解放:リーダー、POPをシンセティックに変化させる
「シンセティック・ドーン」DLC
肉体は脆弱
超越帝国の主要種族とリーダーがサイオニック特性を得る。
1ヵ月後にシュラウドが発見され、特殊プロジェクトが発動する
「ユートピア」DLC
物質を超える精神が必要
銀河の驚異巨大建造物:セントリーアレイ解放
巨大建造物:サイエンスネクサス解放
巨大建造物:ダイソンスフィア解放
「ユートピア」DLC
メガエンジニアリング技術
コロッサス計画コロッサス級戦闘艦を作成可能になる「アポカリプス」DLC

アセンション戦略と解説 Edit

1つ目 Edit

  • 恒星間の支配権
    他の必要影響力減少効果と加算されるため、多重に重ねると前哨地建設のコストが激安になって楽しい。
    ただ逆に言えば、アセンション枠を使わなくても他の手段で十分補える内容ということでもあるが……。
  • 技術的卓越:研究速度+10%
    特に欲しいものがないときに。物質主義で研究系の志向や種族特性を取って研究で先行するという戦略も面白いだろう。
  • 1つのビジョン
    効果は地味だが終始腐らないため無駄にはならないパーク。派閥からの影響力稼ぎ、領土が広くなってからの志向分離対策に効果を発揮する。
  • 自然への精通
    Ver.2.0で効果が(また)変更された。 除去コスト減少は33%と以前より効果は下がったが、そもそもの除去コストが地形によっては2倍に増加したので、総量としてはあまり変わらないか。
    どちらかというとタイル除去技術全取得の効果がなくなって代わりに惑星のサイズ増加布告となったことの方が重要で、これの影響で1手目取得確定とまでは言えなくなったものの、2手目以降として取る価値は増大した。 サイズ増加量は小さい惑星ほど大きく、12以下の惑星で3、15以下で2、それより大きくて1の効果を永続的に得る。
  • 帝国の特権
    直轄星系がカツカツな序盤に非常に魅力的に映るアセンション。
    しかし植民星を増やしすぎると伝統と研究の必要ポイントに大きなペナルティがかかるので、その辺のバランスをよく見極めたい。
    また1.8.3時点ではセクターの作成・解除が無料な上に自由に建設などの口出しができるので、多少統治AIがおバカとはいえセクターに委任してしまうという手もある。
  • 運命共同体
    Ver.2.0で属国関係の仕様が大きく変わった関係で、ますますよくわからない効果になった。
    中盤以降、影響力を隣接国家の領土主張に使うか、属国化戦争を仕掛けてからの統合に影響力を使うか、という選択。
    属国化戦争はかなり勝利条件が厳しく、相手の国土を全部占領する勢いでないと相手が降伏してくれない。 やっぱりなくてもいいかもしれない。
  • 聖別された惑星
    精神志向でないと取得できない特殊パーク。
    一つ一つの効果はそこまで強化ではないが、影響力以外の全ての資源の産出量を上昇させ、POPの成長速度も早くなる。地味だが手堅く優秀なパークである。
  • Nihilistic Acquisition
    敵国住民の連れ去りが可能になるヒャッハーな特性。
    ただそもそも居住惑星特性が合っていなかったりするとお互いに不幸なので、隣国種族の住んでる惑星のタイプぐらいは事前に確認しておきたい。
    また、この軌道爆撃の効果はPOPが5体以下の惑星には発揮できない。 そのため、序盤にこれを取得しても首都でぐらいしかヒャッハーできない可能性が高い。
  • Enigmatic Engineering
    センサー範囲+2はこの段階では強烈。 星系間の移動速度が遅いVer.2.0以降において、敵の動きを早めに知れるメリットは計り知れない。
    敵にテクノロジーを解析されない効果はいまいち効果を実感しづらいが、貴重なジャンプドライブなんかを入手した時には敵にあまり渡したくないかもしれない。 領土内にワープドライブを落とすDimensional Horrorなどの大物敵がいるときなんかには一考の価値があるかもしれない。
  • Executive Vigor
    ゲーム中盤以降、布告は鉱物ブーストやエネルギーブーストのものを連打するようになるので、効果が腐る心配がない。
    いくらでも収入を増やせるエネルギーを消費する布告はまだしも、入手手段がかなり限られている影響力を消費する布告の効果まで伸びるのはかなり美味しいと言えるだろう。 ただ1つ目で取るには早すぎるか。
  • Transcendent Learning
    最初から取得することが可能だが、序盤に取得してももて余す可能性が高い上に、効果自体も微妙。
    後半に差し掛かると地味ながらも効果を発揮するので、他に選択肢がない場合は取得を検討しても良いかもしれない。
  • Grasp the Void
    交易拠点の設置でエネルギーを大量に入手したり宇宙軍許容量を引き上げたりと、防衛以外の宇宙基地の使いみちは多い。 これも序盤から終盤まで腐らない優秀なアセンションパーク。
  • 宇宙育ち
    居留地の詳細は巨大建造物を参照。
    一応1つ目のアセンションとして入手可能だが、条件がStar Fortressの開放で、さらにVer.2.0で研究が遅くなったため
    たいていは3つ目のアセンションが入手できるかできないかぐらいのタイミングで条件を満たすのではないだろうか。
    科学施設で埋めた居留地の科学力生産能力はバツグンで、研究支援も乗せるとアホみたいな数値を叩き出すことができる。
    技術的卓越のアセンションと比べて手間はかかるものの、効果を発揮した時の性能は圧倒的に上。
    ただ取得が技術的卓越と比べてかなり遅くなる上に、居留地の建設から立ち上がりまでさらに10年ぐらいかかるので、その点でバランスは取れていると言えるだろう。
    あまりにも科学ブースト効果が強すぎたのか、Ver.2.0で居留地の科学施設の効果が+3から+2に弱体化されてしまった。 まぁ当然か……。

2つ目 Edit

  • 人工進化
    遺伝ポイント3点は大きいし、種族遺伝変更プロジェクトのコストもかなり重いのでそれが減るのも嬉しい。 テクノロジーで遺伝ポイントを得られたタイミングで合わせて適用すると効率的。
    変更プロジェクト発動中に入植船を作ると変更前の種族が残ってしまう問題があるので、プロジェクト中は新規入植を控えよう。
  • 肉体は脆弱
    ロボットを主体にしたロボット帝国にとっては維持費削減と製造速度向上は大きい。また、取得後実行できるプロジェクトを実行すると市民にもサイバネテック化によって、居住性+20%地上軍ダメージ+10%リーダーの寿命+40年の恩恵がある。すごく強力というわけでもないが、せっかく取得したなら実行しない手はない。
    次の人工生命体への進化の前提条件であり、そのために取得する場合の方がほとんどだろうか。
    なお、変更プロジェクト発動中に入植を挟むと変更前の種族が残ってしまう問題は上の遺伝子変更プロジェクトと同様なので注意。
  • 物質を超える精神
    このアセンション単体では、リーダーが20%の確率でちょっと強くなるのみの効果。
    このアセンションの目玉の一つであるPSI兵士は、ゲーム中盤以降に開発できるテレパシーの技術が必要になるので、しばらくおあずけとなる。
    2つ目に急いで取ると、ちょっと持て余すかもしれない。

3つ目 Edit

  • Eternal Vigilance
    アセンションパークの見えている地雷枠。取得したとしてもすぐに腐ってしまうので、RP以外で取得する必要はない。
  • 銀河規模の戦力投射
    指揮上限+20艦隊容量+80は単純に強力。軍拡のお供に。
  • 銀河の守護者
    危機勢力に対して強力な特効を得るパーク。但し、元々の戦力が貧弱すぎると焼け石に水なので、あくまでも「最後の一押し」のためのパークであることを忘れてはならない。
  • ベテラン建築士
    Ver.2.02βよりリングワールドもこれで作れるようになった。 まぁぶっちゃけサイエンスネクサスとダイソンスフィアのための通過点のアセンション。 ゲートウェイの建設も、他文明の誰かが研究を完成させれば他文明も一斉に研究できるようになってしまうので、先行してこれを取る理由としてはイマイチ。
  • 銀河系の競争者
    没落帝国および覚醒帝国に対しての特効を得るパーク。こちらから宣戦布告する場合は戦力が整うのを待てば良いだけなので効果は微妙。宣戦布告された(されそう)など、急を要する場合に取得するのはありだと思われる。
  • 人工生命の時代
    特に語るべきことのないパーク。機械知性でプレイしていれば取得することになるだろう。
  • 機械の惑星
    効率だけを考えれると機械POPの長所である居住性200%を生かして入植、拡大するほうが楽に稼げる。効果は申し分ないが、RP向きのパークかもしれない。
  • World Shaper
    これを取らなくても9種基本惑星へのテラフォーミングは自由にできる上に、居住性も+20%ぐらいならすぐに研究や高級資源などで伸ばせるので、普通のプレイでわざわざGaia型惑星を作るメリットはよほどの多種族マニアぐらいしかない。 ゲーム開始時にLife-Seededを選んだ場合だけは別で、これがないとロボット以外ろくに入植できないので、全力で取りに行きたくなる。 ただ巨大建造物系のアセンションでリングワールドや軌道上居住地などを作れば十分では? という気もする。

4つ目 Edit

  • 進化の極意
    さらに遺伝子ポイントが+3、遺伝子改変プロジェクトコストが-25%される。遺伝子再配列の研究選択肢が与えられ、この研究後、特殊な特性が5つ追加される。(具体的には生物的アセンション参照)
    これらの特性は同列である人工生命体や超越と比較すると若干見劣りしてしまうものの、十分強力である。
    他にない強力な種族を作りたいというなら(ロールプレイとしての意味も込めて)、選択の余地は十分にあるだろう。
  • 人工生命への進化
    有機生命体を人工生命体へ変更できるプロジェクトが実行可能となる。
    人工生命体は非常に強力ではあるものの、もともと人工生命体主体で拡張してきた帝国にとっては、これ自体の恩恵は薄いだろうか。有機生命体の数もそれなりにいるのなら、国力が一気に伸びるチャンスである。
    どちらかというと、有機生命体を同化可能になることの方が大きい。戦争で獲得した惑星の有機生命体を同化し、創設種族の人工生命体にすることができる。これにより、どんな種族も高出力で使用できるため、戦争拡張後の出力の伸びが非常に良くなる。
    また、人工生命体は物質主義の派閥に参加する傾向が非常に強く、何もせずとも大多数が物質主義派閥に属する。簡単に派閥問題が解決できるのも大きな利点だろう。
    なお、人工生命体プロジェクト実行後、他の有機生命体の帝国からは人工的な存在として-20の態度(精神主義からは-40、狂信的精神主義からは-60)を受け、やや外交面で不利になるので注意。
  • 超越
    全POPがサイオニックに目覚め、幸福度ボーナスを得る。 また、全てのリーダーも覚醒し、リーダーの種類に応じた能力にボーナスがかかる。
    単純にブーストとしても強力な効果だが、さらにシュラウドと10年に1度、エネルギーを消費して交信するイベントが発生する。 効果はランダム、成功するかもランダムだが、これでしか見れない危機イベントもあるのでぜひ一度は取ってみたい。
  • 銀河の驚異
    サイエンスネクサスが非常に強力。 一気に225もの科学力を出してくれる。 これを建てれば研究リードは堅い。
    ダイソンスフィアも、Ver.2.0でエネルギーを高効率で鉱石に変換してくれる建物が登場したので、エネルギーと鉱石どちらも大きく底上げできる。
    この2つの建物は、居住星系を増やすことなく出力を上げられるので、居住地と違い科学や伝統のペナルティを気にする必要がないのも魅力。
    セントリーアレイは……鉱石が余ったなら建ててもいいか。
  • コロッサス計画
    惑星破壊兵器コロッサスの建造が可能になる。コロッサスは「あればあるで便利だが、無ければ無いでどうにでもなる」という微妙な立ち位置の兵器なので、無理に建造する必要はないと思われる。
    ただ、RP好きにはたまらない要素なのではないだろうか。

コメント Edit

  • 更新お疲れ様です -- 2017-10-07 (土) 00:59:58
  • 伝統が終わったので、あとはアセンション。 -- 2017-10-07 (土) 02:09:27
  • 英語wikiとゲームで数字が合わないところがあるなあ・・・ -- 2017-10-07 (土) 02:09:55
  • 英Wikiも決して最新の情報ではないですからね -- 2017-10-08 (日) 01:54:25
  • アセンション弄りました。慣れないので見にくい、あとは誰かが・・・ -- 2017-10-08 (日) 03:51:43
  • 助かっています -- 2017-10-11 (水) 05:44:53
  • 英語との両表記って要るかしら? アセンションだけだし許されるなら日本語だけに統一したいんだけど、いかが? -- 2017-10-11 (水) 22:31:46
  • ver1.8の伝統の編集を行った者です。すべて書き換えるのが面倒だったので残っているだけです。統一していいと思います -- 2017-10-12 (木) 16:19:14
  • 英語が削除されましたが、解放条件に「The Flesh is Weakは不可」などが残っているため、The Flesh is Weak=肉体は脆弱であることが頭に入っている人でないと理解できなくなっています。完全統一できないのであれば併記しておいた方がまだ親切ではないでしょうか。 -- 2017-10-29 (日) 03:07:59
  • あくまで今は過渡的な状態であり、そのうち解消されるということであれば問題はないと思います。 -- ↑の人? 2017-10-29 (日) 03:10:42
  • 第尊スフィアで草 -- 2017-11-19 (日) 12:20:23
  • 草とか言ってないで直すかちゃんと修正依頼しようぜ・・・。とりあえず修正しました -- 2017-11-20 (月) 07:59:31
  • 優先すべき伝統、アセンションは何でしょうか? -- 2017-11-27 (月) 19:34:52
  • ↑プレイスタイルによるとしか。でも多方は初手拡張or発見で自然への精通じゃない? -- 2017-12-16 (土) 21:53:17
  • 「科学への信仰」の統合力ブーストが超強いので(対応する技術が必要だが)、現状は初手発見がオススメです -- 2018-01-09 (火) 19:36:27
  • 文明数増やすスタイルだと、調査船で探索できる星が減るので初手発見の恩恵は小さめ。文明数少な目スタイルなら初手発見はよさそうだけど、その場合は科学者を研究支援に回すことがだいぶ後になるのでは。 -- 2018-01-10 (水) 00:21:55
  • なんだかんだどの伝統も結構な強さを持ってるからRPに合わせてどの順番でとってもそんなに差はない気がする。というよりRPに重要な要素だし派閥管理にも影響するしプレイ内容に合わせて取る感じになるよね。 -- 2018-01-10 (水) 06:53:42
  • 狂信物質&排他で引きこもり研究者プレイをした時は、 -- 2018-01-10 (水) 12:57:04
  • ↑の続き。最初に発見をコンプしたな。 -- 2018-01-10 (水) 13:00:09
  • 狂信物質&排他で引きこもり研究者プレイをした時は、 -- 2018-01-10 (水) 13:00:51
  • 発見の左だけ埋めて拡張コンプに浮気、その後その時々で欲しいやつコンプして探索できる場所が減ってきたら発見埋めに戻る感じでやってる -- 2018-01-10 (水) 19:55:19
  • アップデートで「自然への精通」の効果が変わった? 取得しても、障害物除去技術が手に入らない… -- 2018-02-25 (日) 23:29:32
  • 除去技術の取得はなくなり、コストの軽減は-33%に変更されました。新要素として惑星タイルの数を増やす布告を発令可能に。 -- 2018-02-26 (月) 00:41:52
  • 工学でタイタン開発後にコロッサス出て取得するとスペシャルプロジェクトでコロッサス研究が可能になった。 -- 2018-02-26 (月) 04:23:27
  • 2.0環境でも進化の極意・人工生命・超越の3系統の進化って変更なかったよね?どれが強いんだろう。 -- 2018-03-05 (月) 11:06:22
  • 軍備を整えてから支配の伝統取得>宣戦布告したい国に属国化要求>当然断られるので征服名目で開戦。これ位により「七面倒臭い請求権が実質的に不要になり、思った以上に侵攻できた時に多くの星域惑星が確保できる」という使い方はできるかなと。もっとうまい使い方がありそうですけど。 -- 2018-03-08 (木) 01:12:38
  • 支配ツリーの話だけど「従属国」は属国と進貢国両方を指してるって認識でいいんだよね? -- 2018-03-22 (木) 17:41:04
  • 大体はそれであってるけど、艦隊徴収は属国からじゃないと増えなかったね。 -- 2018-03-22 (木) 18:38:14
  • 「従属国」は「属国」と「進貢国」どっちも含んでるよ。 -- 2018-03-22 (木) 18:51:41
  • 確認してきた。本当だ艦隊徴収だけは属国じゃないと増えないね。 -- 2018-03-22 (木) 18:54:49
  • みんなありがとう。艦隊徴収もそうだし、支配勝利の「居住可能惑星」は属国だけじゃなく進貢国のも含まれてる感じがするし、原語の問題なのか訳語の問題なのかちょっと分かりづらいなぁって思ったんだ。 -- 2018-03-23 (金) 13:11:19
  • ウートピア入れてないのですがアセンションがあるのですが -- 2018-04-03 (火) 11:38:42
  • 発見ツリーの「惑星調査隊」が「データバンク伝送」なってて効果も変更されたように見えるんだけど -- 2018-04-03 (火) 18:56:19
  • 編集すれば良いのでは? -- 2018-04-03 (火) 18:57:43
  • 発見ツリー「科学への信仰」の効果を更新しました。 -- 2018-04-18 (水) 13:41:02
  • コロッサス計画の解説はコロッサスそのものよりもコロッサスによる総力戦ができることの方が重要なのではないでしょうか -- 2018-04-21 (土) 22:32:28 New

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White