星系基地

Last-modified: 2022-05-19 (木) 22:52:29

星系基地(starbase)は、星系の領有権を確保するための施設。

概要

星系に星系基地を建設すると、その星系を自国の領土とすることができる。
星系基地は戦闘能力があり、星系に対して若干の防衛力を提供する。
星系基地はアップグレード、モジュールの作成、建造物の作成などによって、様々な機能を発揮する。

 

星系基地はVer2.0から導入された。
星系基地の導入によって役割の重複する、開拓前哨地、宇宙港、防衛拠点は廃止された。
旧バージョンでの仕様については、「宇宙港」と「防衛拠点」の項を参照。

星系基地の建設

建設方法とコスト

まず、事前に建設したい星系全体を調査船で資源調査しておく必要がある。資源調査後、建設船を使って建設できる。各星系には1つしか星系基地を建設できない。

 

建設コストとして、合金100(機械帝国は150)と影響力を要する。更に、維持費としてエネルギー通貨を消費する。
必要な影響力は国境からの距離×75が基本値となり、そこに志向等による各種補正が乗る。そのため、飛び地を作るような国土の拡張は、影響力を必要以上に浪費する。なお、この「距離」はハイパーレーン・ワームホール・ゲートウェイに沿った必要FTL回数である。また、建設地に従属国が近かったとしても、自国の国境からの距離でコスト計算される。

 
分類項目建造費
志向排他主義-20%-
狂信的な排他主義-40%-
国是貪食する群れ-50%-
大地を喰らうもの-50%-
断固たる殺戮機械-30%-
政策外交スタンス: 拡張主義者--10%
伝統拡張: 星々へ届け-10%-
アセンションパーク恒星間の支配者-20%-
統治者特性拡張論者-15%-15%

AIによる前哨地の建設

AIは既存の自国国境から1星系だけ離れた場所(ハイパーレーンだけでなくワームホールなども含む)であれば、飛び地となるような場所に前哨地を建設することがある。
国境を閉鎖して建設船を締め出すことで飛び地の作成を妨害できるが、この方法は休戦協定中には使用できない。
一度飛び地の作成を許すと、そこから隣接する星系には通常どおり前哨地を作られる。

星系基地と領有権

星系基地を所有する帝国が、その星系および星系内の惑星を領有する。
各帝国は、領有権のある星系でのみ、惑星への入植やテラフォーミング、ステーションや巨大構造物の建設、原始文明への干渉(侵略や観測拠点の建設)が行える。

 

何らかの経緯(総力戦など)で星系基地の所有国と惑星の領有国が別になった場合、月初に惑星の領有権が星系基地の所有国へと移動する。

 

原始文明が啓蒙されてFTL技術を獲得して宇宙文明に成長した場合は、その星系の星系基地は新文明に移譲される。
原始文明が啓蒙によらず自力でFTLを獲得し、かつ他国の星系基地が既に星系内にある場合、原始文明はその国に対して星系基地の所有権を譲るように要請してくる。
要請が受諾されて基地が譲られると原始文明は新帝国として独立する。要請が断られた場合、原始文明惑星は独立できず元の帝国の植民地になる。

星系基地と戦争

戦争中に、星系基地を攻撃して船体値をゼロにすると、当該基地を占領できる。
星系基地は軍艦などと異なり、船体値がゼロになっても奪われるだけで破壊されない。ただし、危機での戦争など、例外的に基地が破壊されるケースも存在する。また、星系基地付属の防衛プラットフォーム(後述)は通常通り破壊される。

 

星系基地には戦闘能力もあるが、星系基地の艦船設計は自動で行われ、プレイヤーは介入できない。
具体的な性能の詳細は「艦船設計#基本性能一覧」や「艦船設計#星系基地」の項を参照。

星系基地の強化

星系基地には様々な強化方法がある。

アップグレード

建設直後の星系基地は「前哨地」と呼ばれ、領有権を確保する以外には、ほとんど何もできない。
前哨地をアップグレードして「星系港」にすると、モジュールや建造物が作れるようになる。また、駐留している艦船の修理 (船体値と装甲の回復) が可能になる。
テクノロジーの開発によって、星系港もさらに上位の星系基地にアップグレードできるようになる。
星系基地許容量の制約があるので、全ての星系基地をアップグレードすることはできない。

 

各レベルでの性能:

名称レベル建造コスト維持費
建造可能な上限交易
保護値
モジュール建造物防衛プラット
フォーム
前哨地0100(※1)
75×距離
10010030
星系港120036022168
星系軍港2500720342916
星系要塞31,2501,0804631224
シタデル43,5001,4405641532

※1:機械帝国の場合150

 

戦闘に関する性能の詳細は「艦船設計#基本性能一覧」や「艦船設計#星系基地」の項を参照。

モジュール

星系基地の追加ユニット。建造するモジュールによって、星系基地の役割が変化する。
同時に建造可能なモジュールの数は、星系基地のレベルに応じて変わる。
同一のモジュールを複数建造できる。

 
名称建造コスト維持費
効果条件
造船所501801造船能力+1-
停泊地501801宇宙軍許容量+4-
射撃砲台501801×2を追加
船体値と装甲+10%
交易保護値+5
交易保護範囲+1
-
ミサイル砲台501801×2を追加
船体値と装甲+10%
交易保護値+5
交易保護範囲+1
-
格納庫区画501801×1を追加
船体値と装甲+10%
交易保護値+10
交易保護範囲+1
技術:空母運用
交易拠点501801交易価値収集範囲+1ゲシュタルト意識でない
ソーラーパネルネットワーク50180-+6・ゲシュタルト意識である
・ブラックホール星系でない
・星系に稼働率50%以上の
 ダイソンスフィアが存在しない

建造物

星系基地上に建てる建造物。
同時に建造可能な建造物の数は、星系基地のレベルに応じて変わる。
同一の建造物を複数建造できない。
戦略資源を産出するには、資源ごとの採掘技術が別途必要。

 
分類名称建造コスト維持費
効果条件






艦隊養成所
戦闘シミュレーター
1003602軍艦初期経験値+100技術:星間艦隊の伝統
造船所がある
惑星外交易会社100360-交易拠点1つごとに+2技術:星間交易
交易拠点がある
宇宙軍兵站部門1003602停泊地1つからの宇宙軍許容量をさらに+2技術:星間艦隊の伝統
停泊地がある
タイタン造船所50072010タイタンが建造可能になる(※1)技術:タイタン
基地レベル:シタデル
造船所がある
巨艦造船所100072020コロッサス、ジャガーノート、スターイーターが建造可能になる
(対応する技術を持っている艦のみ)
いずれかの技術など:
・コロッサス
・ジャガーノート
・危機レベル5
基地レベル:シタデル
造船所がある
ドラゴン孵化場75072010造船所で「ドラゴンのヒナ」が建造可能になる造船所がある
基地レベル:シタデル
起源「竜在りし地」のイベント「時は来たれり」
資源産出水耕栽培区画501801+10技術:水耕栽培
星雲精錬所1003602+10+1技術:無重力精錬所
星系が星雲内に存在する
ブラックホール観測所1003602+15+1ブラックホール星系である
技術:亜空間センサー
戦闘統合射撃管制コンピュータ1003602星系基地と防衛プラットフォームの射程+50%-
通信妨害装置501801星系内の敵艦の速度-20%
星系内の敵艦の離脱確率-20%
-
シールド妨害装置1001802星系内の敵艦のシールドHP-20%-
戦闘指令所2503605星系内の味方艦の射撃レート+10%技術:司令マトリクス
基地レベル:星系要塞以上
その他クルー居住区
クルー繁殖チャンバー
サービス接続
501801基地に駐留する艦船維持費-25%-
資源サイロ50180-各資源の備蓄上限+5,000
技術「統一生産計画」を研究するとさらに+5,000
-
聴音哨1003602センサー範囲+2
ハイパーレーン認識距離+4
技術:重力センサー
ハイパーレーン管制所1001802交易価値収集範囲+1でない
テクノロジー「恒星間経済」
深宇宙秘密情報局1003602+1
星系内の惑星に対して:
 統治志向への魅力+25%
 安定度+5
技術:活きた国家
星系に入植惑星がある
防衛網スーパーコンピュータ1503602防衛プラットフォーム上限+8技術:同期的防御
輸送拠点1001803星系内の植民地に対して、自動移住の確率+100% (※2)テクノロジー「ハイパーレーン突破点」
採氷ステーション100360-採掘ステーションの資源産出+15%
ディシジョン「惑星の海を拡張」を可能にする
アセンションパーク「水域中心」
星系内に氷結惑星または氷の小惑星が存在する
中立機構学術中立機構シンクタンク1003602+5星系内に学術中立機構が存在する
学術中立機構が建造に同意している
芸術大学1003602+10星系内に工匠中立機構が存在する
工匠中立機構が建造に同意している
トレーダー代理店100360-市場手数料-5%銀河市場にアクセス済み
でない
星系内に交易中立機構が存在する

※1:他国の造船所を奪ってもテクノロジーが無ければこれらの軍艦を建造できない
※2:輸送拠点のツールチップに「ただし、移住先の星系にも輸送拠点が必要。」とあるがVer.3.3.2現在、移住先に輸送拠点を用意しなくても移住確率は増加する。

防衛プラットフォーム

防衛プラットフォームはモジュールおよび建造物とは別枠で星系基地の戦闘力を強化できる。
戦闘ユニットとしての性能や運用方法の詳細は「艦船設計#防衛プラットフォーム」の項を参照。

コストなど:

  • 一つあたりの戦力と建造費は、駆逐艦と同等か少し高い程度。
  • 費用対効果は、星系基地本体のアップグレードやモジュールの建造と比べて劣る。
  • 防衛プラットフォームそのものの躯体から維持費が発生しない。搭載するコンポーネント (武器や装甲など) からは通常どおり発生する。
  • 宇宙軍許容量を消費しない。

戦闘ユニットとしての特徴:

  • 星系基地本体とは異なり、自由に艦船設計できる。
    設計上の特徴として、対空兵器やミサイル、攻撃機で統一した武器構成も許されるなど、武器選択の幅が広い。欠点として、回避能力が全く無い。
  • アップグレードは手動で行う必要がある (星系基地画面の防衛タブから)。
  • 移動能力はなく、星系内を亜光速航行することも、他の星系基地に配置を転換することもできない。
  • 船体値を全て失うと破壊される。星系基地本体と異なり、復活しない。

その他:

  • 射撃砲台などと併用したとき、防衛プラットフォーム一つあたり2の交易保護値を発生させる。交易保護値の詳細は交易路を参照。
  • 一つの星系基地で同時に運用できる数に上限がある。

同時に運用できる上限数への補正は以下のとおり。

分類名称補正量
星系基地のレベルに
応じた基本値
前哨地3
星系港6
星系軍港9
星系要塞12
シタデル15
星系基地建造物防衛網スーパーコンピューター+8
伝統不屈ツリーの完成ボーナス+50%
アセンションパーク恒久警戒態勢+5
巨大構造物戦略調整センター:外殻+4
戦略調整センター:通信設備+8
戦略調整センター+12

イオン砲

要DLCアポカリプス
イオン砲は上位の防衛プラットフォーム。
建造するにはタイタンのテクノロジーを研究し、かつ星系基地のレベルがシタデルである必要がある。

同時運用数において、イオン砲は防衛プラットフォーム8基分として計算される。
運用数の上限が16以上であれば、複数のイオン砲も配備できる。

イオン砲の建造費 (2,000) と維持費 (8) は、艦船設計にかかわらず一定。
イオン砲から交易保護値は発生しない。

戦闘ユニットとしての特徴は艦船設計を参照。

FTL妨害装置

テクノロジー「FTL妨害装置」を開発すると、星系港以上(=前哨地以外)の星系基地に自動でFTL妨害装置が追加される。
FTL妨害装置は敵国の艦船が星系基地を無視して星系を素通りするのを妨害する。ただし、ハイパーレーン以外の移動手段は妨害しない。
星系基地のFTL妨害装置には、敵艦に対して緊急FTLジャンプのクールダウン+100%の効果もある。

 

詳細は「FTL#FTL妨害装置」を参照。

星系基地許容量

星系基地許容量は帝国が効率的に運用可能なレベル1以上の星系基地の数のことである。前哨地(レベル0)は許容量の対象外。
帝国が保有する星系基地の数が許容量を1つオーバーするごとに、星系基地およびそのモジュールと建造物の維持費+25%ずつ上昇する。

 

星系基地許容量への補正の一覧:

分類項目数値備考
-基本値3
-領有星系数10ごとに+1
テクノロジー星海への進出+2
明白なる天命+2
星間拡張+1繰り返し技術、5回まで
伝統不屈ツリーの採用+2
不屈:要塞ドクトリン+2
アセンションパーク宇宙掌握+5
国是星間交易所+4統治形態が会社の場合のみ採用可能
布告国境の強化+2
巨大構造物戦略調整センター:外殻+2
戦略調整センター:通信設備+4
戦略調整センター+6
帝国補正円環の終わり+10

星系基地のダウングレード

星系基地はダウングレードすることで前哨地に戻すことができる。
戦争で奪った星系に元々あった星系基地のせいで星系基地許容量を超過した場合などに使用する。

 

一度のダウングレードで元のレベルに関係なく、前哨地になる。「星系要塞(レベル3)」から「星系軍港(レベル2)」へのダウングレードなどはできない。
ダウングレードするとモジュール、建造物、防衛プラットフォームは解体される。建造費用も払い戻されない。

 

操作方法:
ダウングレードしたい星系基地を選んで、「星系基地」タブ上段にある「ダウングレード」のボタンを押す。
モジュールの建造や艦船のアップグレードなど、星系基地が何か仕事をしている間はダウングレードできない。
この場合、これらの仕事が終わるのを待つかキャンセルするしてからダウングレードする必要がある。

星系基地の解体

前哨地を解体すると星系の領有権を失い、星系は元の空白星系に戻る。これにより、不要な星系を放棄して帝国規模を下げたり、国境摩擦や請求権による外交ペナルティを軽減できる。
前哨地を解体する方法は、ダウングレードと同じ。
戦争中の場合、星系基地のダウングレードはできるが解体はできない。

 

星系の領有権を放棄する方法は前哨地の解体だけでなく、貿易協定による他国への譲渡や、セクターの従属国化がある。

用途の特化

建造物の性質上、星系基地にはタイプの異なるモジュールを混載して複数の役割を持たせるより、同一タイプのモジュールのみを搭載して一つの役割に特化した構成のほうが、効率が高い。
基地を特化型にした場合は、アウトライナー上でも造船所(Shipyard)、交易拠点(Trade Hub)、停泊地(Anchorage)、防衛拠点(Bastion)に分けてソートされる。一つ以上の造船所を持った星系基地は「造船基地」として、他の星系基地とは別のグループに分けて表示される。

造船所

モジュール「造船所」を主体とした基地。

 

民間船の建造にも必要となるので、国土が広い場合は造船所を分散して用意しないと、惑星入植にかかる時間が増す。
国境沿いに建てると戦争時の新規戦力投入には便利だが反面、敵に奪われるリスクは増大する。
ゲートウェイのある星系に造船所を建てると、艦隊管理による艦の補充がやりやすくなる。

 

造船所と関連する建造物は、艦隊養成所、タイタン造船所、巨艦造船所。作った軍艦をそのまま駐留させる場合は、クルー住居区。

交易拠点

モジュール「交易拠点」を主体とした基地。
周辺星系の交易価値を収集できる。交易価値の詳細は交易路を参照。

 

交易拠点と関連する建造物は、外宇宙交易会社とハイパーレーン管制所。

停泊地

モジュール「停泊地」を主体とした基地。
停泊地は宇宙軍許容量を増加させる最も代表的な手段。

 

ほとんど場所を選ばず効果を発揮するので、トレーダー代理店など特定の建造物を目当てに星系基地を建てた場合のモジュールの用途として向いている。
停泊地と関連する建造物は、宇宙軍兵站部門。

防衛拠点

モジュールを射撃砲台・ミサイル砲台・格納庫区画で統一した、星系の防衛に特化した基地。
交易路の保護を補助する機能もある。

  • 相性の良い建造物
    • 基地の独力で星系の防衛に用いる場合
      • シールド妨害装置
      • 統合射撃管制コンピューター
      • 防衛網スーパーコンピューター
      • 通信妨害装置
      • 聴音哨(国境付近の基地向け)
         
    • 艦隊を駐留させて星系の防衛に用いる場合
      • 戦闘指令所
      • クルー居住区
         
    • 交易路の保護に用いる場合
      詳細は「交易路」を参照。
      • 防衛網スーパーコンピューター(防衛プラットフォームの交易保護を利用する場合)
      • モジュールは格納庫区画が優れている(射撃砲台やミサイル砲台より交易保護値が大きい)

外部リンク

英wiki https://stellaris.paradoxwikis.com/Starbase

コメント

  • 統合射撃管制コンピューターと戦闘指令所が、それぞれ基地本体、防衛プラットフォーム、普通の(動ける)艦船のどれに効果があるのかいまいちわからない… -- 2021-09-10 (金) 08:06:12
    • 調べてきました。射撃管制は星系基地本体のみで防衛プラットフォー厶と艦船に影響(バフ表記)付与しませんでした。戦闘司令所は星系内の全艦船施設に影響あるようです。ただしイオン砲については未調査なのであしからず。 -- 2021-09-30 (木) 09:31:44
      • え!? 統合射撃コンピューターの射程延長が防衛プラットフォームに付与されない? 3.1.1のパッチノートに修正された記載があって、このページにも適応対象って明記されてるのに直ってない? -- 2021-09-30 (木) 14:25:20
  • 防衛プラットフォームですが、武器維持費(粉末やガス等)は必要と書かれていますが不必要になっていませんか?建造時に消費はしますが -- 2021-12-02 (木) 08:51:45
    • そのようなことは初めから書かれていませんでしたが、余計な記述は改めました。 -- 2021-12-02 (木) 19:20:22
  • 星系基地許容量の欄の伝統の部分の記載が覇権ツリーの採用で+2となっていますが実際には不屈ツリーの採用で+2と要塞ドクトリンの採用で+2になっています。誰か変更お願いします。 -- 2021-12-03 (金) 12:33:57
  • 変更しました。伝統アプデのある前は覇道だったから普通に古かっただけだったり。 -- 2021-12-06 (月) 10:13:33
  • シールド妨害装置 統合射撃管制コンピューター 通信妨害装置のうちどれが一番防衛に適しているんだ?射程50%アップとかいまいちピンとこないんだが -- 2021-12-06 (月) 22:00:52
    • 個人的にはシールド妨害かなと思いますわ、ちょい下に射撃管制で最後に通信妨害。以降は理由ですが、長文になったので・・・流し読みしてください。射撃管制コンピュータはチョークポイント(FTLの合流地点)で敵を抑える場合に先制できるから接敵までにある程度削るのに有効で、近づかれたら基地にはほぼ意味なし・・・だが、援軍(他星系から移動した艦隊)到着時に支援効果で味方艦隊が少し早く打ち始めてくれるのも助かる。Lゲートに置く場合は目と鼻の先にゲートなので意味なし。シールド妨害装置は工学研究を実弾兵器以外(装甲コンポーネントミサイル生産施設その他)に割いて、武器は物理学のレーザーの開発に絞ってしまえば戦略的にも効率的に戦いを進めることができる。ちなみにこの進め方だとパルサー星系がチョークポイントの場合にも威力を発揮できる(シールド0なのでレーザーが特攻)。通信妨害装置は撤退妨害してより確実に沈める事ができる。が、つまりは相手の船体値が0になるまで付き合わなきゃならんので損害をそこまで出さずに勝てる場合なら戦略的(敵の上位資源ないしは戦略資源への損害で侵攻先延ばし)な防衛力に長けるが、拮抗している場合は戦いが長引いて落とされる可能性が出てくる・・・かもしれない。(よほどの接戦じゃなければそうならないし、なるなら通信妨害関係なく落ちる可能性大) -- 2021-12-07 (火) 16:32:07
    • 自分は防衛用の星系基地には格納庫区画を使うので、シールド妨害装置はあまり使わないかな。 -- 2021-12-07 (火) 20:44:35
    • 射程伸ばすのはマローダーのガレオン対策にあるといいな、射程短くて遠くから一方的に破壊されたりたまにする -- 2022-05-13 (金) 09:03:36
  • いくら何でもイオン砲の建造期間長すぎでは、布告で加速もできないし -- 2022-01-03 (月) 05:14:28
    • 要塞主砲はロマン兵器なんでしょうね🙀 -- 2022-01-08 (土) 11:14:30
  • 翻訳するのは大変ですね。星系基地がホールド、フォートレス、シタデルというのをうまく翻訳してるなあと。みんな要塞🥳 -- 2022-01-08 (土) 11:17:34
  • 輸送拠点ってどの程度機能してる?戦略調整センターを各国から奪ったおかげで各惑星に整形基地と輸送拠点を建てているけど失業者4とか溜まってくる -- 2022-01-25 (火) 03:46:48
    • 失業者はたまに出るけど、少ししたら居なくなってる って体感だけど、ただ移住先候補によっては居住特性があまりに合わないと動きづらい印象。軌道上居住地も気持ち動きが鈍い気はする。 正確にはどうなんだろうね。 -- 2022-01-25 (火) 13:27:27
    • 結局のところロボットは手動で動かさないとダメだから、お守り程度に思ってる。 -- 2022-01-25 (火) 13:35:41
  • 離れた場所に星系基地建てるデメリットってあります? -- 2022-03-29 (火) 03:40:55
  • ブラックホールに星系基地立てたら少しづつ引き込まれるイベント発生。ホールに近づく代わりにダークマターと研究がもらえる、近づきすぎたらホールに基地が飲み込まれて支配権を失った -- 2022-05-16 (月) 07:12:20