Top > 危機
HTML convert time to 0.019 sec.


危機

Last-modified: 2018-08-17 (金) 13:08:14

危機(crisis)は、ゲーム終盤に起きるイベント。

※注意※
危機勢力艦隊の軍事力についての記述は、危機のレベル「1倍」・難易度「少尉」・銀河サイズ「中」の標準設定の場合。

 

概要 Edit

ゲーム終盤に、全帝国と敵対する強力な勢力が出現する。危機勢力には三種類あり、どれか一つのみが出現する。ニューゲーム時の設定で「危機のレベル」を最小にすれば、一切危機が発生しないようにすることはできる。
どの危機がいつ発生するかは確率的に決まるが、危機を永久に回避する方法は無い。

危機勢力の戦力は、危機のレベル・難易度・銀河のサイズで増減する。

危機勢力とは一切外交できない(外交画面から、多少の意味のない会話ができる)。
危機勢力との戦争は総力戦に似ており、請求権の概念は一切ない。しかし総力戦よりも更に苛烈で、戦争疲弊の概念は無く、休戦することも降伏することもできず、危機勢力が滅亡するまで戦争は続く。

危機勢力は一般帝国の宇宙基地を攻撃すると、完全に破壊して空白星系にしてしまう。危機勢力の宇宙基地は一般帝国に攻撃されるとこれも完全に破壊され、やはり空白星系になる。危機勢力に奪われた星系を取り戻すには、再度前哨地を建設する必要がある。

危機の発生中は勝利条件を満たしても、勝利できない。一方、危機の発生を待たずに早期に勝利することは可能。

発生時期と確率 Edit

危機の発生時期はゲーム開始時に設定するエンドゲーム開始年の影響を受ける。
最速発生年はエンドゲーム開始年の50年後で、標準設定の場合で2450年。

危険なテクノロジー」を開発すると、危機の発生確率が高まる。どこか一つの帝国が開発してしまえばそれ以降は同じなので、プレイヤー帝国だけが開発を自粛してもあまり意味が無い。

最速発生年以降、5年ごと危機発生の機会があり、以下の重み付けに応じて危機が選択される。
危機の発生が確定すると、200~1000日以内のランダムな日に最初の危機イベントが発生する。

  • プレスリン・スワーム
    基本重み10
    「エンドゲーム開始年 + 60年」以降 ×2
    「エンドゲーム開始年 + 80年」以降 ×3
    「エンドゲーム開始年 + 100年」以降 ×4
    注: 「+60年」で重みが2倍になり、「+80年」で更に3倍、「+100年」で更に4倍される。
       つまり、「+100年」以降の重みは、10×2×3×4 = 240 である。
  • 異次元からの侵略者
    基本重み10
    ジャンプドライブを持つ通常帝国がない ×0
    PSIジャンプドライブを持つ通常帝国がある ×4
    「旅への渇望」イベントを完遂した帝国がある ×1.5
  • コンティンジェンシー
    基本重み10
    人工生命体がPOPの10%超の通常有機帝国がある ×1.5
    人工生命体がPOPの25%未満の通常有機帝国がある ×2
    人工生命体がPOPの25%~50%を占める通常有機帝国がある ×3
    人工生命体がPOPの50%以上の通常有機帝国がある ×4
    没落した機械帝国がある ×1.2
    機械知性の帝国がある(機械没落含む) ×1.25
    機械POP数が50~98の機械知性の帝国がある ×2
    機械POP数が99~198の機械知性の帝国がある ×3
    機械POP数が199以上の機械知性の帝国がある ×4
    通常有機帝国がロボティクスPOP(ロボット・ドロイド・人工生命体)を一切保有していない ×0
  • 何も起こらない
    基本重み120
    これが選ばれた場合、まだ危機が発生しない。
    5年後に再度抽選を行い、危機を選択する。

危機の発生確率は、Stellaris\events\crisis_trigger_events.txt で定義される。

危機への対策 Edit

危機強度設定に関わらず、いずれの危機も基本的な対策は概ね共通する。

  • アセンションパーク「銀河系の守護者」は危機勢力へのダメージ+50%の効果がある。
  • プレスリンと異次元艦隊は艦船設計が極端で、対策がしやすい。
  • 没落した帝国は危機を終結させるために行動を起こす場合がある(「没落した帝国#銀河の守護者」を参照)。
  • プレスリンとコンティンジェンシーの場合、危機勢力がある程度拡大すると対抗勢力が出現する。異次元勢力に対抗勢力は無いが、後から別の異次元勢力が出現し、互いに争う。

対危機戦術 Edit

勢力拡大を防ぐだけなら大した対策は必要ない。
観察するとすぐに分かるが、危機勢力の攻撃艦隊は領土外の星系に来るとほぼ必ず進行を停止し、建設船が到着して宇宙基地の建設が完了するまで他星系へ移動しないことが多い
また、危機勢力の艦隊供給速度は非常に遅いので、領土が広がってくると艦隊の隙間を縫った宇宙基地の襲撃が容易になる。宇宙基地を破壊すれば即座に領有権が消失するので、再び基地建設をやり直すまで足止めできる。
AI帝国はこの戦法を常套で行うため、危機主力艦隊があっちへこっちへ移動している間に浸透→宇宙基地破壊→また建設からやり直す、というフローを数百年繰り返し続ける事になる。これにより、2.0以降のデフォルト危機強度ぐらいでは危機勢力がまともに銀河を支配する事はまずない。(もちろんこれは銀河規模の話であって、帝国の真ん中に出現されるとさすがにプレイヤーの勝利は難航するが…。)
 
プレイヤーが率先して危機の艦隊を倒したい場合、ゲートウェイやワームホールによる誘引・待ち伏せがいずれの危機にも共通して有効となる。ゲートウェイの場合、

  • 稼働中のゲートウェイをわざと危機勢力の領土に取り込ませる
  • 自国の袋小路の星系にゲートウェイを作り、領有権を放棄する
    こうすると、危機勢力は領有権を放棄したゲートウェイからぞろぞろと艦隊を送り出す。後は全戦力で待ち伏せするなり、一つ手前の星系で宇宙要塞の防衛ステーションと共に布陣するなりすれば、少ない労力で敵戦力を削り取る事ができる。

ヴォイドの厄災(プレスリン・スワーム) Edit

予兆 ~ 襲撃
この危機の発生が決まると、まず予兆イベントとして以下のイベントチェーンが進行する。

  • 亜空間エコー:危機の開始予告。MTTH 50年(※1)で次のイベントが発生
  • 銀河外縁部への接近:出現の中心となる星系が判明。銀河外縁部のランダムな星系が選ばれる。MTTH 10年(※1)で次のイベントが発生
  • 亜空間通信: プレスリンからの通信が入る。MTTH 30カ月(※1)で次のイベントが発生。
  • 第1波:侵略開始。前衛部隊が到着。40~80日後に本隊到着。
  • 第2波:本隊到着。

※1: 現存している通常帝国1ヵ国に付きMTTH 50年・10年・30ヵ月で次イベントが発生する。
   したがって、例えば10ヵ国現存していれば、実質的なMTTHは5年・1年・3ヵ月になる。

 

プレスリンの行動
第一波で軍事力約25Kの艦隊が12艦隊、第二波で軍事力約60Kの艦隊が12艦隊出現する。
他の艦種も帝国と同じく輸送船(地上軍)・建設船・入植船で構成され、役割も変わらない。
基本的に戦闘艦隊で星系を侵略し、殖民している惑星を軌道爆撃(無差別爆撃)を行いつつ*1地上軍を降下させる。
地上軍による侵略が成功すると、そこにいた全てのPOPの浄化を約2年かけて行う。
浄化が完了すると、その惑星は「汚染惑星」として通常帝国の持つ惑星とは全く異なる存在に変わり、艦隊の生産拠点となる。なお、プレスリンの地上軍はここでしか生産されない(それ以外は初期配置のみ)が、建設船は戦闘艦隊から直接生成される事がある。

 

基本的な対処方法として、惑星の浄化が完了する前であれば、地上軍によって奪回できれば汚染も即座に阻止できる。
また、処置が完了して汚染惑星になっても、3カ月ほどの惑星爆撃で「不毛な惑星」*2にする事ができる。プレスリンといえども不毛な惑星に殖民する事はできないため、この惑星爆撃プロセスによって弱体化を図る事になる。

 

センチネル
銀河の20%が侵略されると、プレスリン撃退のみを目的とした中立勢力「センチネル」が出現する。
センチネルは入植などの拡張行動は一切せず、定期的に艦隊を生成してプレスリンへの攻撃を仕掛ける。
また、センチネルはプレスリン撃退に協力的な帝国へ、一度だけ艦隊の提供を行うことがある。
銀河の過半数がプレスリンに占領されると、MTTH 1年でセンチネルからプレスリンの解剖データが提供され、全帝国がプレスリンへのダメージ+20%のボーナスを獲得する。
注意点として、センチネルは中立勢力であるためか自国艦隊を追従させる事はできない(攻撃命令と勘違いされて警告が出る)。
プレスリンが壊滅するとセンチネルは解散され、領土も艦隊も消滅する。

 

プレスリン女王
プレスリンが襲撃している間、低い確率で女王を捕獲できるイベントが起きる。
捕獲に成功すると、自国軍艦同様に扱うことができる。女王単体での戦力はたかが知れているが、定期的に子を産んで戦力が増強されるため、大切に扱うと良いだろう。
ただし宇宙軍許容量を圧迫する可能性がある事と、通常艦隊と違い任意の解体ができない事に注意。
創始種族が超能力持ちの帝国において、捕獲した女王を殺さずに危機を終結させると、イベントが起きる。

 

野良プレスリン
プレスリン壊滅から15年間、かつてプレスリンに占領されたことのある空白星系から、毎月10%の確率で野良プレスリンが出現する。野良プレスリンは星系間を徘徊するが、勢力を拡張することはない。野良プレスリン同士は出会うと戦闘する。

 

プレスリンへの対策 Edit

プレスリンは対シールドに強い武器を持ち、防御は装甲のみでシールドを一切持たない。
そのため、エネルギー兵器と装甲で固めた設計の艦は有利に戦える。
また、彼らの主兵装であるSlot_Guided.pngスカージミサイルとComponent_Hangar.pngスウォーム爆撃機は、そのカテゴリに反して異常なほど追尾が低い。従って、回避を強化したコルベットの大編隊はかなりの打撃力を発揮できる。
スカージミサイルとスウォーム爆撃機はデブリを回収することで通常帝国でも利用可能。

 

プレスリンは他にガウス砲に近いComponent_Medium.pngComponent_Small.pngスカージ酸爆発(アイコンはスカージミサイルと同じ)を装備している。これは実体弾でありながら装甲ペナルティがなく最小ダメージも高いが、他の諸性能で若干劣るといった風のもの。
ただ、主に駆逐艦相当の「大群」が使うComponent_Small.pngのスカージ酸爆発はなぜか異様に高性能な射程と追尾を持っているため、維持費や製造費を重視してコルベットから装甲を外すなどはしない方が無難。*3

 

敵の主力武装が艦載機とミサイルとなっていることから対空兵器が有効そうにみえるが、対空兵器はミサイルより艦載機を優先するため、艦載機を撃墜し終わるまでミサイルを迎撃しないためあまり有効ではない。
スカージの艦載機は通常より1スロット毎のユニット数が多く、回避も非常に高いため対空兵器に対して強いことがその特徴を更に後押しする。
艦載機を持たない群体のみの群れに対しては対空砲もある程度効果を期待できるが、スカージミサイルは耐久が高く、速度もあり、回避も高いため効果的な迎撃は難しく過信は禁物である。
そのため対空砲を積むより火力を上げて早く相手を倒すことを考えたほうがよい。

 

攻撃面以外の特徴として、プレスリンは星系内に攻撃対象があれば問答無用で接近を試みるが、移動速度は驚くほど遅いため、機動力に優れる艦隊なら容易に囮として機能させる事ができる(宇宙基地のみを破壊等)。
ただし、プレスリンの提督の中には特殊な特性「ボイドハンター(亜光速移動速度+20%)」を持っている場合がある。

 

全てのプレスリン艦を撃破し鎮圧すると、銀河全体に約10年の幸福度+20%ボーナスが発生する。

 
  • 戦力が足りない場合の工夫
    プレスリンは軌道爆撃からの地上軍降下を図るため、惑星施設や地上軍を強力に守る惑星シールドジェネレータは戦闘艦隊の長期間の足止めに有効である(ただしプレスリン地上軍の侵攻に耐え得るだけの地上防衛軍が必要)。
    また、汚染惑星がない限り地上軍が新規補充されない上、補充速度自体も遅いため、地上軍を乗せた輸送船を潰す事ができれば惑星の侵略を大幅に遅らせる事ができる。冒頭で記した通り、宇宙基地や建設船の破壊も領土拡張抑止にきわめて効果が高い。
    戦闘艦隊は軌道爆撃より星系内敵艦への攻撃を優先する性質があり、例えばシールドジェネレータに守られた惑星を軌道爆撃させつつ、星系に速度に優れたコルベットを囮に星系間をチラチラと出し入れし、爆撃のインターバルで惑星を回復させる…といった芸当も可能。

招かれざる客:異次元からの侵略者 Edit

宇宙基地「次元門」とそれを守備する大規模艦隊(軍事力150K程度)が任意の星系に突然出現する。他の危機と異なり、予兆は全く無い。
出現直後から、他星系へ侵攻する中規模艦隊(軍事力60K程度)が連続して出現する。次元門を破壊しない限り中規模艦隊が出現し続ける(艦艇数2000よりは増えない)。時間の経過とともに、増援の間隔は短くなる。

異次元勢力は建設船を使い他の星系に宇宙基地「次元アンカー」を建設する。
次元アンカーが建設されると異次元勢力の勢力圏が増え、次元門から艦隊が追加されるペースが早くなる。
また次元アンカーが存在する間、次元門は不死身となり決して破壊できない。

異次元艦隊は地上軍を運用しない。その代わり、異次元艦隊に軌道爆撃された入植惑星は、惑星ダメージが100%に達すると不毛な星に変わってしまう。テラフォーミング候補惑星の特性が付くので、奪還して再入植することは可能。

最初の勢力(Unbidden)の支配地域が銀河の15%以上に拡大すると、更に2勢力(Aberrant・Vehement)が順次出現する。いずれの勢力も挙動・強さは、ほぼ同じである。3勢力全てが通常帝国の敵であるが、3勢力間でも互いに争っている。そのため、侵略者同士の戦闘で疲弊したところを狙うことで有利に戦えるだろう。

全ての異次元勢力を撃退すると、帝国全体に幸福度+20%のボーナスが一時的に発生する。次元門を破壊した帝国は、他の帝国からの外交態度に+40(-5/年)のボーナスが発生する。

異次元艦隊への対策 Edit

軍事艦隊は戦艦・巡洋艦・護衛艦(駆逐艦相当)の3種で構成される。
配備数は侵略担当の艦隊で戦艦9隻・巡洋艦12隻・護衛艦(駆逐艦相当)20隻。
兵装は共通してComponent_Large.pngComponent_Medium.pngComponent_Small.pngサイズをバランス良く揃えた事象崩壊砲とサイオニックシールドで埋め尽くされている。また、全ての艦にPSIジャンプドライブを装備する。
事象崩壊砲はレーザー系兵装の強化版といった趣の性能で、+50%装甲と+100%船体ダメージボーナスを持つ強力なエネルギー兵器。サイオニックシールドは最上級のシールドであると同時にその搭載数も多く、極めて高い総シールドHPを誇る。*4
これらの特徴から、強力な実体弾兵器とシールドで固めた大型艦で挑むのが最善と言える。
なお、事象崩壊砲とサイオニックシールドはデブリを回収することで通常帝国でも利用可能。

 

奇妙な特徴として、異次元艦隊の回避性能は通常帝国に比べ僅かに高い程度だが、なぜか駆逐艦相当の護衛艦だけ20%と低くなっている(なんと同属巡洋艦級より低い)。また、巡航速度はプレスリン同様極めて遅く、育った提督が指揮する戦艦であれば2倍もの差になる。このため、全艦に対しSlot_XL.pngComponent_Large.pngサイズの武器による射程と攻撃力が有効活用できる。
他に、事象崩壊砲は同じサイズの通常兵器と比べて追尾が多少高く設定されており、回避が主体となるコルベットとの相性は一歩劣ると言える。しかしながらComponent_Small.pngサイズ数自体はそれほど多くはなく、また装甲や対空兵装も一切持たないので、敵の分厚いシールドを無視できるミサイルは特効とも言え、被害覚悟で生産性を高めたコルベットの物量作戦でも相応に有効打を与えられる。

 

なお、異次元艦隊の提督の中には特殊な特性「エーテル性(回避+20%)」を持っている場合がある。一見して弱点を克服する脅威に思えるが、実はこの効果は加算ではなく乗算*5で、元々低い回避はほとんど改善されない。

 

挙動面でのプレスリンとの明確な違いとして、異次元艦隊は星系内の敵艦の反応にムラがある。
表面上は攻撃的な態勢ではあるものの、戦闘射程に入らない限り積極的に接近しないため、隙間を縫って宇宙基地のみ攻撃するといった戦術がとりやすいが、代わりに囮を置いて誘導する事は難しい。

 

コンティンジェンシー Edit

始動
本イベントは、幽霊信号の受信から始まる。その後、各帝国において人工生命体POPが消滅するイベントが何度か起きた(※1)のち、コンティンジェンシーが到着する。コンティンジェンシーが到着すると、機械惑星4つが順次生成される。この機械惑星と付属の艦隊等が危機本体である。
※1: POP消滅イベントは、人工生命体POPがいない帝国においては省略される
   本項で言う「人工生命体POP」は、危険なテクノロジー指定の人工生命体POPと機械帝国のPOPのみを指す。
   ロボット・ドロイド・アセンションの人工アバターは、対象外。 以下同じ。

 

幽霊信号
幽霊信号は、機械惑星の生成と同時に、帝国内の人工生命体POPや知性型コンピュータの撹乱を始め、以下の効果を生む。なお、幽霊信号による撹乱は、機械惑星の残存数に依存する。機械惑星が減るほど減衰する。

  • 全ての人工生命体POPの鉱物、エネルギー、研究、統合力産出にマイナス補正が入る(最大-70%)。
  • 知性型コンピュータを搭載している船には、最大で連射レート-50%,追尾-5%の補正が入る。

機械帝国においては、10,000の工学研究ポイントが必要となるスペシャルプロジェクトを完遂することにより、この幽霊信号を無効化できる。

人工知能の星
残存数
有機帝国機械帝国
人工生命
POP
知性型CPU搭載艦機械POP知性型CPU搭載艦
連射レート追尾連射レート追尾
4-70%-50%-5%-40%-50%-5%
3-55%-40%-4%-25%-40%-4%
2-40%-30%-3%0%0%0%
1-25%-20%-2%0%0%0%
最終(*1)-10%-10%-1%0%0%0%

 *1: 人工知能の星4つ全てを破壊すると発見される「本拠地」が残っている状態

 

テロイベント
幽霊信号の影響を受けている場合、たまにテロイベントが発生し、POP・地上施設・宇宙港・リーダー等が破壊・殺害されることがある。
ただし、有機集合意識帝国・創始種族が超能力持ちの帝国については、このイベントは発生しない。
機械帝国においては、前述の幽霊信号無効化のスペシャルプロジェクトを完遂することでテロも無効化できる。
有機帝国においても、テロイベント無効化のスペシャルプロジェクトがランダムで発令され、これを完遂することでテロを無効化できる(有機帝国では幽霊信号は無効化できない)。こちらは10,000の社会学研究ポイントが必要となる。

 

主力軍
コンティンジェンシーの主力軍は4つの「人工知能の星」を中心として展開し、四方への侵攻を始める。4つの星の出現位置はランダムで、銀河にばらばらに出現する。
人工知能の星は機械惑星とは全くの別物で、タイルもそこで暮らすPOPも存在せず、艦隊を輩出する施設でしかない。
人工知能の星の周囲には200Kの防衛艦隊と40Kの要塞が現れ、80K前後の艦隊多数が周囲の星系に侵攻する。
コンティンジェンシーは入植惑星を占領すると、全POPを短時間で浄化した後に「Custodian Bot」という特殊なドロイドPOPを送り込む。このドロイドは何も生産しないし、再占領しても消滅して未入植状態に戻ってしまう。
人工知能の星は、長期間の軌道爆撃により破壊することができる。コロッサスによる砲撃も有効。人工知能の星に対して、地上軍ができることは何も無い。1つ破壊する毎に敵艦補充速度と幽霊信号の強度が低下する。破壊された人工知能の星からは戦略資源「生体金属」といくつかの鉱物・エネルギーを産出するようになる。
4つの人工知能の星全てを破壊すると、敵本体となる最後の人工知能の星が現れ、これを破壊すると、危機は完結となる。

 

サイブレックス
コンティンジェンシーが銀河の20%以上を支配し、ある程度時間が経つと、サイブレックスが出現する。
サイブレックスは、コンティンジェンシーを滅ぼすことを目的とし、通常帝国と共闘する。サイブレックスは入植などの拡張行動は一切しない。
サイブレックスの艦船設計はコンティンジェンシーと同等だが、艦隊当たりの戦力ではサイブレックスが勝る。
サイブレックスの提督は特性「サイブレックスデータベース(コンティンジェンシーへのダメージ+20%,回避+10%,連射レート+10%)」を持っており局地戦レベルでは善戦する。しかし艦隊の供給能力では明確に劣っており、単独でコンティンジェンシーを退けるような力は全く無い。
コンティンジェンシーが壊滅すると、しばらくしてからサイブレックスとその艦隊は銀河を立ち去り、本拠地のリングワールドが入植可能な形で残される。

 

没落帝国の反応
機械没落帝国は、最初の人工知能の星が生成されると、必ず覚醒する。
覚醒すると、2/3の確率で銀河の守護者(元没落)同様に危機の終結に向けた行動を起こす。
残りの1/3の確率で、覚醒時にエラーが発生し、周辺諸国に無差別攻撃を行うようになる。
ちなみに、エラーを起こすか否かは、内部処理上はゲーム開始時に決まるため、リセマラは無駄である。
なお、この覚醒は、他の没落帝国の覚醒を一切妨げない。
したがって、機械没落が覚醒した場合でも、有機没落帝国が銀河の守護者として目覚める場合もあるし、有機没落帝国が通常覚醒から天上戦争に至る可能性すらある。

 

コンティンジェンシーへの対策 Edit

コンティンジェンシー艦隊は対装甲に強い武器と若干の対空兵装を持ち、防御は装甲とシールドが半々。スカージミサイルや事象崩壊砲といった強力な兵器が無い代わりにバランス面で優れる。武器は偏っているので、シールドで防御した艦が有効。大型武器に偏っておりSサイズの武器は全く持っていないので、小型艦で挑むほうが有利。
他の危機と異なり、デブリ面でのメリットが薄い。

円環の終わり Edit

発生にはユートピアDLCが必要
前述したように危機は3種存在する、つまり4つ目のこれは"危機"では無いため設定で危機をオフにしても発生し得る。またアセンションパークの銀河系の守護者を取得してもダメージボーナスは無く、没落した帝国も守護者として覚醒することは無い。
しかし、他の危機以上に危機的な状況をもたらすだろう。

発生条件と半世紀の影響 Edit

アセンションパークの超越(Transcendence)を取得した国家は精神世界シュラウドと交信することが可能となる。
シュラウドと交信するたび、多くのイベントの中から1つが選択され、選択肢(と運)によって国家に恩恵や呪いが与えられる。
この中にシュラウドの精神生命体と契約を締結するイベントが複数あり、この1つに「円環の終わり」と呼ばれる存在との契約がある。

もしこの契約を受け入れた場合、帝国にCovenant:End of the Cycleという補正が付与され、50年間の間、各種基本資源(エネルギー・鉱物・食糧・各種研究速度・統合力・影響力・艦隊キャパシティ)生産量が+100%増加する

破滅的な影響 Edit

しかし、期限切れとなった場合非常に恐ろしく破滅的な影響が帝国を襲う。

契約締結時の自国領および属国領の全惑星にシュラウドの刻印が付与される。
契約期限切れと同時に、その全惑星がシュラウドの惑星と化しPOPは全滅する。
さらに、契約締結国の陸海軍・民間船・指導者も全滅。資源の大部分も失われてしまう。
他国からの外交態度も-1000(+5/年)と、悲惨な状況になる。

 

この災害の後、極僅かな生存者がランダムな住居可能惑星に逃げ延び、その惑星をExileに改名する。
居住性が20%以上の惑星であれば、たとえ他の帝国領と隣接していても関係なしに入植する。
さすがに他の帝国領内は優先順位が下がるが、それでも他に無ければ強行入植する。
しかし、それでも条件に合う惑星が1つも無い場合、帝国は滅び去る。

 

全てのシュラウド惑星には14kの艦隊戦力を有する敵が配置される。
更に"The Reckoning"と呼ばれる更に恐ろしく強い敵が帝国首都だった場所に配備される。
この "The Reckoning" は、シュラウドに食い尽くされたPOP数に応じて強さが変わる。
リヴァイアサン同様、戦力値はドクロマークのため数値は見れないが、内部的には最小100k・最大800kである。

 

もし自国がこの状況に置かれた場合、何より生き残る事を最優先すべきだ。
幸か不幸か、"The Reckoning" は、他の惑星のPOPをも食い尽くさんと彷徨い始める(Exileだけは、狙われる事が無い)。
そのため、運と立ち回りがが良ければ、他の帝国を全て食い殺すかもしれないし、そうなれば自国の勝利になる。

 

もし、"The Reckoning"を打ち倒したいと思った場合、そのチャンスは非常に限られる。
一応の選択肢としては、覚醒帝国などの強力な軍事力を有する帝国が敵を標的にするのを待つか、それとも自身で対策を講じて戦いを挑むかだ。
自国で戦いを望む場合、有力なコルベット艦隊を投入する事ができるなら、敵をかく乱しつつシールド、本体を打ち破る機会が得られる可能性がある。敵の武装は、対装甲特化なので、装備はシールド特化にすると良いだろう。
もっとも、数百kの戦力に対抗できる艦隊を作るだけの国力が残っていない事が問題であるが…。

コメント Edit

  • crisisについて追加、AIと外宇宙はちょっと記憶が曖昧だから間違ってるかも -- 2016-06-09 (木) 19:33:15
  • プレスリンが無限に湧いてるんですが、彼らを完全に消し去る方法は惑星全てを消せば良いのでしょうか。異次元からと違って舞台が生産される条件がよく分かりません。 -- 2017-07-17 (月) 11:42:37
  • 女王を落とさないとあかんのだっけか、1M以上の戦力でぶっ飛ばされたなう -- 2017-07-19 (水) 01:57:30
  • プレスリン戦の勝利条件は敵艦隊の全滅(建築船、コロニー船等も含む) 戦力増強のタイミングはよくわからん 惑星制圧されてて女王がいるといつのまにか増えてる 60K~70K規模の艦隊がもりもりでるので対抗するには自艦隊100K+銀河の守護者あたりが最低ライン? -- 2017-07-20 (木) 05:42:41
  • すみません、英語版Wikiの災害を検索したところCrisisの項目にあったので、移動させました。問題ある場合元に戻してください。 -- 2017-07-20 (木) 17:40:34
  • 敵艦隊規模についての注釈を追加(Ver1.6以降 強化されました) -- 2017-07-21 (金) 08:23:04
  • 自分でやってるとほとんど異次元しか出てこないので、そこだけ内容を修正・追記しました。 -- 2017-08-04 (金) 19:12:24
  • 最終的にすべての災害が出るようなMODってあります? -- 2017-09-07 (木) 20:09:09
  • 自分でやったわけじゃないから保証はしないけど「Multiple Crises」ってのがワークショップにあるから名前からして目的のものじゃない? -- 2017-09-07 (木) 20:36:36
  • ちょっとお試しで極大銀河でクライシス強度5倍にしてやってみたらやばかった。数が増えるのかと思ってたら単純なダメージボーナスが増えてた(1500%とか頭おかしい)。迎撃できるスカージはともかく両方貫通で無理やりダメージ与えてくる異次元艦隊の攻撃力がおかしなことになってる。 -- 2017-09-29 (金) 22:27:27
  • 機械惑星の惑星要塞は頑強だが防衛軍を持たず、攻略は爆撃による惑星破壊によってのみ達成できる。破壊した機械惑星は生体金属を含む多種少量の資源を産出する。 -- 出先なのでコメント欄で? 2017-10-25 (水) 16:12:53
  • 4つの機械惑星を攻略すると、本星が開示される。本星はパルサー恒星系内に存在し、複数の要塞と1つの大型要塞(マスターコア 100k台後半)が密集配置されている。防衛艦隊は存在せず、時間経過による艦隊建造も未確認。機械惑星と同様に攻略すると危機は去る。なお、本星の残骸に特別な資源は設定されていない。 -- 2017-10-25 (水) 16:23:45
  • コンティンジェンシー発生してクライシス終わったと思ってたら異次元からの侵略者が発生したよ -- 2017-12-06 (水) 01:52:17
  • サイクルの終焉をやってみたいと思ったけど、シュラウドに何度行ってもサイクルの終焉の契約全然でなくてめっちゃめんどい -- 2017-12-12 (火) 23:04:14
  • 異次元艦隊は時間経過でさらに3勢力追加される、異次元艦隊に制圧された星は消滅する -- 2017-12-16 (土) 23:13:15
  • コンデンジェンシーの時の没落機械帝国が格好良くて好きだなー -- 2017-12-17 (日) 00:15:10
  • コンデンジェンシー発生後、機械没落帝国が存在しないと別の機械文明が助けに来てくれるんだ。危機レベル5にしてるから何の助けにもなってないけど -- 2017-12-23 (土) 11:10:33
  • シュラウドに何度もセーブ&ロードしてもサイクルの終焉が出ないんですが前提条件があるんでしょうか? サイクルの終焉みたいな「いずれ代償を支払うことになる」報酬は得たのですが、危機のとは違うっぽいです。 -- 2018-01-10 (水) 23:19:35
  • 少ない英語力で英語Wikiを見た感じ、代償を支払うようなパトロンが5種類あってその1つがサイクルの終焉につながっているようです。そして一度パトロンがつくともうパトロンはでてこないように書いてあります。重み的に他のパトロン4種が25に対してサイクルの終焉2になっているようので出会えたら奇跡レベルなんでしょうね。(パトロンが5%で発生、そのうち2%未満の確率でサイクルの終焉が発生って感じ) -- 2018-01-11 (木) 00:11:41
  • 有難う御座います。サイクルの終焉は物凄い低確率なんですね…なんと微妙な。 -- 2018-01-11 (木) 19:08:17
  • まあ起きるイベントの内容があれなのでそれなりの確率で発生されてたら迂闊にシュラウドによれないですし。。。 -- 2018-01-11 (木) 19:24:21
  • プレスリン対策の情報古くない?シールド貫通より装甲貫通の方が痛いと思うんだけどプレスリンの武装。 -- 2018-02-15 (木) 19:42:43
  • シールド貫通って書いてあるのは修正した方がいいかもしれないが装甲の方が有効なのは変わってないから大きく外れてるわけでもないんじゃないかな。昔に比べれば装甲貫通も上がったとはいえ所詮50%が最大だからなあ。でもターゲッティングの関係でシールドも搭載した方が有効的な気はしてる(シールド蓄電器はいらない)。あと何より艦載機が飛んでる間は対空がミサイルをガン無視するバグが痛すぎる。 -- 2018-02-15 (木) 20:45:27
  • プレスリン対策の情報古くない?シールド貫通より装甲貫通の方が痛いと思うんだけどプレスリンの武装。 -- 2018-02-15 (木) 20:59:07
  • ごめ、なんか二重投稿しちった。少なくとも上の記事のままシールド軽視で行くと現行のプレスリン仕様だとかなり損耗率が高く(特に巡洋艦以下)なるからシールドも多少は搭載した方が良いよ。 -- 2018-02-15 (木) 21:06:19
  • シールドはないよりはあった方がいいのは同意。けど現バージョンは巡洋艦以下を作ったら被害が増えるバランスから戦艦だけ作ってる方がいいんだけどね(スカージは唯一巡洋艦も戦艦に近い活躍ができる相手ではあるけれどその他の差がきつい)。しかしもう大型DLC目前だから今から書き換えるのは億劫になるよね。 -- 2018-02-16 (金) 00:49:20
  • 2.02現在で危機強度×1のコンティンジェンシーの防衛軍が260k侵攻軍一艦隊で110k 2018-03-07 (水) 10:13:45
  • 機械の危機をこのバージョンで初めて引いたんだけど、覚醒した帝国がかれこれ10年位敵対国の奥の侵略された国を殴り続けて置物になってるんだけどバグかな? -- 2018-03-13 (火) 14:47:43
  • ↑だけど、地上部隊もおろさないで棒立ちだったからむりくりジャンプドライブで奪還しに行ったら -- 2018-03-14 (水) 16:51:57
  • コンティンジェンシー コア50万侵攻軍20万 きつ過ぎます -- 2018-03-14 (水) 18:32:58
  • コンティジェンシーの侵攻艦隊は勢力範囲の境界外側に居座る傾向があるから、ひたすら空き巣のように前哨基地壊して回るのと、工作艦を通り魔するのがベストな押さえこみで自分はいい感じになったよ。何気にやつらの船は150%のビックリバフが入って耐久(デフォ2k→5k)装甲&シールド(デフォ3.5k→8.75k)と見かけこっちの戦力が高くても余裕でボロ負けするから、2種装甲ガン無視できるMディスラプター+Xアーク放出器の戦艦が最適解だと思われる。 -- 2018-03-15 (木) 05:40:26
  • アーク放射機は優秀だがディスラプターが非力すぎる。計算では教えてもらったHPを削りきるのはランス、大型実体弾砲x4の方が早いという結果になる。実戦で試してないからあれだけど参考にしてみて欲しい。 -- 2018-03-15 (木) 11:56:29
  • あ、ごめん。計算ミスってた。アーク、ディスラプターの方が早そうだ。後は射程の問題で、アークのみだとギリギリ逆転されるからそれが影響 -- 2018-03-15 (木) 18:11:45
  • 送信ミス(続き)影響あるかどうかで変わりそう。 -- 2018-03-15 (木) 18:14:08
  • そうなんだよね、DPSや射程面ではディスラプター貧弱すぎて話にならないけど火力メリットを上回る装甲とシールド16.5kがあるから正直に21.5k削るか5k狙い撃ちかになる・・・ -- 2018-03-15 (木) 21:36:46
  • 参考までに覚えてる限り約20隻の150kほどの艦隊+アセンションの危機対策と覇道で、T1アーク・T3ディスラプターM・(手持ちがなかったので)アメーバの構成で侵攻艦隊(戦艦10巡洋30の116k)とカチあったらアーク2斉射目段階で戦艦消し飛ばすくらいの火力は出てたのは覚えてる -- 2018-03-15 (木) 21:44:15
  • 追加で、提督アリ(たぶん慎重もち1人いたかも)でエネルギー兵器増強は未研究段階、シールド限界まで積んで残り船体値って構成。戦闘すると運よければ2隻損失程度で済んだよ。できる限り詳細にかいたけどあとはもっと頭のいい計算のできる人に託す… -- 2018-03-15 (木) 21:49:13
  • 今までのコンティや異次元は船体値も高かったけど、その比率なら確かにスルーした方がいいねえ。そう考えるとますますディスラプターからLスロットが消えたのが悔やまれる…。 -- 2018-03-15 (木) 22:53:38
  • ディスラプターLスロの代用、クラウドライトニングじゃダメなの? -- 2018-03-16 (金) 13:14:57
  • ダメじゃないし使うんだけど、性能がイオンディスラプター相当だからちょっと弱いのよね。入手性も確実ではないし… -- 2018-03-16 (金) 15:13:27
  • スウォームの母星が落ちないバグ -- 2018-03-17 (土) 09:37:14
  • プレスリン倒した後にまたプレスリン湧くイベントあるみたいです、まだ未記載だったので書いておきます -- 2018-03-17 (土) 18:37:45
  • (↑の続き)どうやら2.0.1だとバグで国境封鎖されて入れなくなってるみたいです 違ったらすいません -- 2018-03-17 (土) 21:34:32
  • 自分で超巨大帝国になって殴り返すしか対処法がないのがなあ 覚醒帝国はシカト決め込むし他の帝国は蹴散らされてるし -- 2018-03-22 (木) 18:52:04
  • とりあえずコンティと戦えたので。ディスラプターとかアークエミッターでゴリゴリするよりミサイルコルベットの群れで突っ込んだ方がよっぽど楽ですね。あいつらS兵器をそもそも積んでないもの。 -- 2018-03-25 (日) 15:26:41
  • ディスラプターやアーク放射器はダメージが安定しないからなぁ。結局、既存の堅実な兵器でゴリゴリ戦った方がやり易いっていうのあるよね -- 2018-03-25 (日) 17:02:18
  • コンティジェンシーイベントでアセンションパーク超越を持ってたら自国に発生する機械惑星を発生前に食い止められました -- 2018-04-14 (土) 12:12:00
  • 対プレスリンの指針が罠にしか見えない。上限のせいで戦艦は50隻位しか運用できんし、艦載機は対空しないわで、一瞬でデブリにされない? -- 2018-04-22 (日) 18:31:57
  • (続き)プレスリンミサイルの追尾が低いので、コルベも駆逐艦も回避できます。また、100隻駆逐艦隊(中性子投射砲+対空砲×2)が、艦載機全撃墜?の上、ミサイルも相当数撃墜していたので、とても有効でした。 -- 2018-04-22 (日) 18:43:09
  • 現在の記述が役に立たなさそうなのは同意。ただミサイルコルベットの方が駆逐艦より有効なイメージ。相手を相当上回った規模なら駆逐艦の方が被害が減るかもだけど。 -- 2018-04-22 (日) 19:05:18
  • あ、ミサイルコルベットは小型プラズマキャノン+マローダーミサイルね。 -- 2018-04-22 (日) 19:06:34
  • 二つ上のコメ主だけど、「主兵装がミサイルだからコルベや駆逐は不利」って記述への反論でした。敵がミサイル特化だから回避と対空兼ねた駆逐艦がコルベ並に有利に戦えると言いたかった -- 2018-04-22 (日) 19:24:12
  • とりあえずプレスリン対策の艦船設計を中心に書き直してみたので異論等ありましたら指摘お願いします。 -- 2018-04-22 (日) 21:38:06
  • ミサイルコルベットを危機強度x1とx3で試してみたが、機動力の高さとテクノロジーが遅れていても戦えるのが最大の利点かな。維持費は大きいが補充が早い。もっとも、内政重視プレイならタキオンランス+大型プラズマx4+長距離戦術の再生+装甲戦艦のみの重艦隊の方が(損失0でいけるので)安定する。…まあ内政重視プレイならそこまでせんでも勝てるが。ところで2.0になってトレインしなくなったし、国境付近でゲートウェイのある星系の前哨基地をわざと解体→星系中心で友軍と共に布陣すると次々にスカージが潰されにやってきて領内の敵艦隊がスカスカになるね。面白いがちょっと可哀想。 -- 2018-05-21 (月) 19:33:21
  • コンティンジェンシーイベント完遂したが、こいつら初期の連続イベントの一つで全宇宙に喧嘩売って、最後に黙って滅んだ一派だったんだな。 -- 2018-05-25 (金) 08:45:26
  • ここのページと災害のページってどっちのほうが内容新しいの? -- 2018-05-27 (日) 22:44:54
  • プレスリンが一つの留まって何もしてこないバグ(?)が発生してます。他の星系にFTLしようとしては取り消しを繰り返す艦隊と、恒星の周りでひたすらぐるぐるしてる艦隊が見える...。 -- 2018-07-03 (火) 13:24:27
  • ↑危機勢力に限らず、極たまにあるバグ。普通のNPC帝国や、探査船の自動探査でもなった事がある。リロードで直る場合も直らない場合もあって、原因や対策は分からないけど。 -- 2018-07-03 (火) 23:33:26
  • 古代文明のスペシャルプロジェクトでサイブレックスが出てきてサイブレックスアルファの荒廃したリングワールドがある場合コンティンジェンシーが発生しないみたいなことってあるんですかね?その時はプレスリンが来たけど -- 2018-07-17 (火) 14:52:28
  • サイブレックスアルファを見つけていても助けに来てくれるはず。 -- 2018-07-18 (水) 10:20:39
  • コンティンジェンシーも発生するはず -- 2018-07-18 (水) 10:37:15
  • セールで買ったわい、初危機にびびるも、AI帝國群の建築船を壊しまくる作戦にぼこぼこにされるコンテンジェンシー軍を見て、安堵するやらがっかりするやら複雑な気分に。流石に100Kには手出しできない物の完全に動き止まるもんなんだと -- 2018-07-19 (木) 10:09:46
  • 雑談でも書いたけどコンティンジェンシーってしばらく放置してるとコロッサス開発してくるんすね その後結局存在を確認出来なかったからかなり建造が遅いんだろうけど -- 2018-08-07 (火) 00:54:55
  • コンティンジェンシーが建設船を全然使ってこないのはバグなのかな。艦隊だけは定期的に湧いてきてゆっくり広がってきているけれど、宇宙基地を全然建設しない。 -- 2018-08-15 (水) 22:17:56 New
  • ver2.1.2は危機にバグがあるらしいけど、そのせいかもしれない -- 2018-08-15 (水) 23:00:23 New
  • 機械没落の、一か所だけ崩壊しているリングワールドを復旧したら、区画の位置がずれて、リングが千切れて表示されてしまう。 -- 2018-08-17 (金) 02:35:19 New
  • 2.1.1はコンティンジェンシーの4つの人工知能の星系内の敵を一度一掃したら、もうそこから敵がわかなかったけど、2.1.2は要塞も艦隊もRePOPする。地表の汚染が消えるまで対処できる戦力の艦隊を張り付けてなかったから、いきなり100kわいて焦った。 -- 運が良かっただけ?? 2018-08-17 (金) 13:08:13 New!

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 ver2.0以降でもいくつかのバージョンで軌道爆撃を行わないバグがあったが、2.1.1現在では正常に行動する。
*2 該当するテクノロジーがあればテラフォーミングが可能。
*3 威力はSサイズのガウス砲のそれと大差ないため、コルベットのS装甲でも生存性に違いが出る。
*4 戦艦級のシールドHPは危機強度1倍でも10,000を超える。
*5 元々回避15%の艦の場合、15+20の35%ではなく15×1.2の18%にしかならない。