コロッサス

Last-modified: 2022-10-24 (月) 08:07:00

要DLC「アポカリプス」
コロッサス (Colossus) は惑星を攻撃するための特殊な軍艦。

概要

コロッサスは一般的な軍艦とは異なり、攻撃対象は艦船や星系基地ではなく惑星などの天体。
攻撃対象の天体に重大な影響を及ぼす。搭載する兵器によって発生する影響は異なる。

 

コロッサスを所持していると、総力戦が可能になる。ただし周辺国から総力戦を挑まれる可能性も同時に発生する。

建造方法

コロッサスを建造可能にするには、以下の手順を要する。

  1. 工学・宇宙工学のテクノロジー「タイタン」を研究する
    テクノロジー「戦艦」を研究済みでなければ選択肢に登場しない。
  2. アセンションパーク「コロッサス計画」を取得する
    四つめ以降のアセンションパークであること。
  3. スペシャルプロジェクト「コロッサス計画」を研究する
    研究コストは工学50,000。
    プロジェクトの研究過程で、最初に使用する兵器を選択できる。それ以外の兵器は別途、テクノロジーを研究しないと使用できない。
  4. 造船所のある星系基地をシタデルまでアップグレードし、建造物「巨艦造船所」を建造する

コロッサスの特徴

  • 艦船運用
    • 対艦戦闘能力は全く無い
    • 一般の軍艦(コルベットや戦艦など)の艦隊とは合流できない
    • 提督を割り当てることはできない
    • 艦船サイズは32と表示されるが宇宙軍許容量は消費しない
    • 各帝国は1隻しか所持できない
    • 惑星への攻撃中は、敵艦に攻撃されても無視する (戦闘コンピューターが「黙殺戦術」を取っている)
    • 没落 (覚醒) した帝国や危機「コンティンジェンシー」は、コロッサスを運用することがある (DLC不要)
  • 攻撃対象
    兵器ごとに異なる。以下は大まかな傾向を示している。
    • 敵国の入植済み惑星を対象とし、軌道上居住地とリングワールドも対象に含む
    • 原始文明に対して攻撃できる。政策「原住民への干渉」による制限を受ける。敵国領内の原始文明も攻撃できるが、敵対していない国の領内や空白星系では攻撃できない。
    • コンティンジェンシーの拠点である「人工知能の星」や、プレスリンに汚染された惑星を攻撃できる
  • 戦争
    • コロッサスを所持している帝国は国境が隣接した他国に対して開戦事由「コロッサス」を行使可能になり、総力戦を挑むことができる
      ただし、政策の戦争哲学で無制限戦争を採用している必要がある。よって平和主義系統では実行できない
    • 対象国は開戦事由「コロッサス停止」が行使可能になり、対象国側からも総力戦を挑むことができる
    • コロッサスを解体したり破壊されると開戦事由も消滅する。ただし既に始まっている総力戦はそのまま継続する
  • その他
    • コロッサスを実際に使用すると、攻撃対象国 (被害国) を中心に各国から外交態度にペナルティを受ける (ペナルティ量などの詳細一覧)
    • コロッサスに攻撃された帝国は、帝国補正「コロッサスによる国是の一大危機」が発生する。効果は30年間、軍国主義と排他主義への魅力+50%
    • 聖地を破壊された精神没落帝国は、他の条件を無視して直ちに覚醒して聖地を破壊した帝国に宣戦布告する

艦船としての性能は艦船設計#コロッサスを参照。

搭載兵器

コロッサスに搭載可能な兵器は以下のとおり。帝国の志向などによって使用できる種類に制限がある。

惑星破砕砲

  • 利用可能な帝国:
    平和主義系統でない

  • 攻撃可能な対象:
    • 敵国が領有する、入植済み惑星。
    • 敵国が領有する、原始文明の惑星。原始文明の政策に縛られない。
    • 自国領内・中立地帯の未入植固体惑星(小惑星を除く)・軌道上居住地・リングワールド。
    • 汚染された惑星、人工知能の星。

  • 効果:
    攻撃された惑星は、粉砕された惑星になる。植民地は破壊され、テラフォーミングすることもできない。
    軌道上居住地の場合、完全に破壊されて後には何も残らない。リングワールドの場合、攻撃されたセクションは破壊され、修復不可能になる。
    攻撃された天体が居住可能惑星 (死の惑星を除く) だった場合、鉱物4~16の埋蔵資源が出現する。
    断固たる殺戮機械と狂信的な浄化主義は5年分の統合力(ただし600~3,000)を得る。
    対象が無人であれば、自国の天体に試射できる。試射は外交ペナルティの対象にならない。

  • イベント:
    • 対象惑星が地球 (Earth または sol3) だった場合、一定確率でワームホールが形成される。
    • 初使用の対象が氷結惑星だった場合、イベントのタイトルや文面が異なる。

  • ギャラリー:
    ※画像をクリックすると拡大して表示
    照射中照射後、爆発時

惑星調停機

  • 利用可能な帝国:
    全て。ただし、系統以外は、スペシャルプロジェクトの際に取得する最初の兵装とはできず、追加のテクノロジー開発が必須。

  • 攻撃可能な対象:
    • 敵国が領有する、入植済み惑星。
    • 自国あるいは敵国が領有する、原始文明の惑星。ただし、原始文明の政策が「積極的調査」「無制限」でなければ、攻撃できない。
    • 汚染された惑星、人工知能の星。

  • 効果:
    攻撃された惑星は、「封鎖された惑星」になり、植民地としての機能を喪失する。封鎖を解除する方法も無く、ゲームシステム上は単に、入植不可惑星に変化するのと違いはない。
    軌道上居住地の場合は「隔離された軌道上居住地」に変化する。リングワールドの場合、攻撃されたセクションは「隔離された区画」となる。
    封鎖された惑星の埋蔵資源は、社会学10で置き換えられる。隔離された軌道上居住地や隔離された区画は、埋蔵資源を持たない。

中性子掃射砲

  • 利用可能な帝国:
    平和主義系統でも精神主義系統でもない。

  • 攻撃可能な対象:
    • 敵国が領有する、入植済み惑星。
    • 敵国が領有する、原始文明の惑星。原始文明の政策に縛られない。
    • 自国が領有する、原始文明の惑星。自身が排他主義系統の場合のみ可。原始文明の政策に縛られない。
    • 汚染された惑星。

  • 効果:
    全てのPOPが死滅する。説明文から受ける印象とは異なり、有機生命だけでなくロボティクスPOPもいなくなる。
    天体は元の入植可能惑星に戻るが、10年間の惑星補正「中性子砲撃」 (居住性-30%) が残る。
    断固たる殺戮機械と狂信的な浄化主義は5年分の統合力(ただし600~1,000)を得る。
    汚染された惑星に対して使用した場合、テラフォーミング可能な不毛の星に変化する。

神聖執行器

  • 利用可能な帝国:
    • DLC「ユートピア」導入時ーー精神主義系統かつアセンションパーク「物質に勝る精神」を取得している。
    • DLC「ユートピア」非導入時ーー精神主義系統かつテクノロジー「テレパシー」を研究している。

  • 攻撃可能な対象:
    • 自国あるいは敵国が領有する、入植済み惑星。
    • 自国あるいは敵国が領有する、原始文明の惑星。ただし、原始文明の政策が「積極的調査」「無制限」でなければ、攻撃できない。
    • 人工知能の星。

  • 効果:
    特性「機械仕掛け」「機械」「集合意識」を持ったPOPは全滅する。
    生き残った全てのPOPが精神主義志向になる。
    攻撃された惑星に対し、精神主義の魅力を+999%する10年間の惑星補正「神の光」が発生する。
    攻撃対象が自国の惑星の場合、幸福度を-20%する10年間の惑星補正「不安定な信仰」が発生する。

ナノボット拡散機

要DLC「シンセティック・ドーン」

  • 利用可能な帝国:
    国是「暴走する同化機械」を持った機械知性帝国。

  • 攻撃可能な対象:
    • 敵国が領有する入植済み惑星。
    • 自国あるいは敵国が領有する、原始文明の惑星。ただし、原始文明の政策が「無制限」でなければ、攻撃できない。
    • いずれの場合も、非集合意識の生体POPがいる惑星のみ攻撃できる。

  • 効果:
    特性「機械仕掛け」「機械」「集合意識」を持ったPOPは全滅する。
    生き残った全てのPOPが同化され、特性「サイバネティック」を得る。
    攻撃された惑星は占領される。

洪水発生装置

要DLC「アクアティック」

  • 利用可能な帝国:
    アセンションパーク「水力中心」を採用した帝国。

  • 攻撃可能な対象:
    自国あるいは敵国が領有する、海洋型以外の居住可能な非人工天体。自国の惑星であっても入植の有無は不問。
    集合意識惑星、機械惑星、ガイア型惑星、エキュメノポリスは対象に含む。
    政策で浄化が許可されていない場合、種族特性「水棲種族」を持たないPOPがいる惑星は攻撃できない。
    原始文明の政策が「無制限」でなければ、原始文明の惑星は攻撃できない。
    危機勢力の惑星を攻撃できる。(攻撃後の惑星の状態がおかしくなる問題は、Ver.3.5.1で修正された)

  • 効果:
    対象の惑星が、海洋型惑星に変化する。この行為はテラフォーミングを禁止する決議「環境管理委員会」の銀河法違反となる。
    正式なテラフォーミングではないため障害物の除去もされず、海洋型惑星と流砂など本来ありえない組み合わせの惑星になることもある。
    惑星上にPOPがいる場合、種族特性「水棲種族」を持たないPOPは全て死亡する。これに対し、浄化によるメナス報酬が発生する。
    水棲を持つPOPがいたことで全滅しなかった場合、惑星は占領される。
    Ver.3.2.2現在、第三国に対する使用で没落した帝国が外交態度を低下させるバグがある?

コメント

  • メリットはあるようでないにしろ、とりあえずガトランティスプレイが捗るので重宝してます。“─進路に在る邪魔な惑星どもを吸い込み、ひしゃぎ、粉々に粉砕していく魔のコロッサス。  また一方、利用し得ると思われる惑星に対しては、そのどこからか強力な前衛艦隊が飛び出して来ては攻撃・侵略を繰り返し、  彼らに従属する植民地として人々を奴隷にしていったのである。” -- 2021-10-04 (月) 23:41:10
  • 敵国のpopを捕らえ奴隷惑星に強制移住使役し、母星を完膚なきまでに破壊。奴隷共に帰る場所を無くし絶望を与える。 -- 2021-10-15 (金) 00:40:38
  • 大洪水コロッサス楽しみ。原始地球に試射したい -- 2021-11-04 (木) 23:53:43
    • 惑星破砕砲でワームホール化させたり洪水発生機で溺れさせたりコロッサスでSol3狙いたがるけどみんな恨みでもあるんかね...神聖執行器撃って狂信的精神にするのが一番いいだろう?なあみんな? -- 2021-12-06 (月) 14:21:32
  • 執行機が機械惑星に撃てないって説明やコメントがあるけど、中性子もそこに住めない国だと撃てないね… -- 2021-11-12 (金) 23:46:14
  • ナノボット拡散機、素粒子Z0をばら撒くような感じですね -- 2021-11-25 (木) 21:29:20
  • 物質主義派閥全員集めて神聖執行器照射すれば派閥根絶できるのか? -- 2022-03-16 (水) 21:02:23
    • 前それやろうとしたけど、志向のpopを選んで移住するのがほぼ無理なので派閥の人数が少ないうちか惑星数少なくないと無理だと思う。それ以外では叩いても叩いても湧いてきて追いつかない。 -- 2022-03-16 (水) 23:43:43
      • 確かに。できたばかりの平和主義者を13人集めるだけでも大変だった、しかし気持ちよかった...強制移住を許可したので平等主義派閥に不満を抱かれたが。 -- 2022-03-18 (金) 21:39:48
  • デデーン!!(迫真) -- ブロリー? 2022-05-25 (水) 10:59:03
  • 貪食専用の砲ってないかな。打ち込んだら惑星上のpop全て食料になるとか。 -- 2022-05-28 (土) 18:36:02
  • 人工進化アセンションパスとりきって頑丈な臓器で大幅な居住性強化+研究した状態だと中性子の-30%が母星種別なら気にならないレベルだわ.集合意識や機械がいないなら中性子はかなり優秀? -- 2022-05-31 (火) 11:16:54
  • 上位種の文明はリングワールドに座す物さ
    星など全て砕いてしまえ -- 名無し? 2022-07-10 (日) 17:52:03