Top > イベント
HTML convert time to 0.002 sec.


イベント

Last-modified: 2018-03-12 (月) 04:22:30

状況レポート Edit

状況レポートは探索のアノマリー調査を行った際に発生する可能性がある大掛かりな計画や他の帝国や勢力と遭遇し通信確立を行う場合に発生する計画(スペシャルプロジェクト?)を表示する。
民主国家の場合、選挙もこのログに表示される。

中には宇宙戦で破壊した敵艦のデブリやステーションの残骸調査など時間制限がある場合もある。

多くの場合、指定レベルのスキルを持つ科学者を乗せた科学調査船を送れば解決できるが、中には軍艦や輸送艦(=地上軍)、建設船を送り込む必要があることも。

稀に第一同盟等の連鎖イベントが発動する事があるが、これはある程度急がないと他の帝国に先を越される場合もあるので注意しよう。

機械の反乱(DLCシンセティック・ドーン) Edit

Ver.2.02対応

ゲーム中盤以降、テクノロジーのうち、危険なテクノロジーとされる次の3つのいずれかを開発すると、機械が不可解な動作をするという内容のランダムイベントが定期的に発生するようになる:

  • Sapient Combat Simulations
  • Synth
  • Positronic AI

このランダムイベントを選択肢にかかわらず1つ以上完了させた状態で、以下の行為を行なうと1/4の確率でAIの反乱が発生する:

  • 政策で、ロボット労働者を非合法化する
  • 政策で、人工知能を非合法化する
  • ロボットPOPを破壊する

AIの反乱は、いくつかの居住惑星を含む星系を乗っ取り、敵対した独立国として発生する。 惑星や星系は取られるが、艦隊は取られないので反乱の発生した場所次第ではいきなり戦闘になることもある。
反乱の中心は機械POPがいるセクターの星系があればそれを最優先で、なければ機械POPのいる直轄星系、機械POPのいないセクター星系、機械POPのいない直轄星系の順に選ばれるので、ある程度コントロールは可能。 首都の星系は選ばれない。

これらのイベントは、機械知性の帝国と集合意識の帝国では発生しない。 また、アセンションで「肉体は脆弱」を取得したり、政策で人工知能に完全市民権を与えたり(この政策の出現条件そのものが危険テクノロジーのSynthな点には要注意)すると、イベントを完全抑止できる。 政策を戻すとまたイベントが起こる。
最初からロボット労働者を非合法化しておけばランダムイベントは発生しないが、一旦ランダムイベントが発生してしまうとそこからロボット労働者を非合法化しても反乱の発生は抑止できないので注意。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White