Top > 策士

策士

Last-modified: 2019-01-13 (日) 01:11:34
収録拡張コストカード種別効果
海辺5アクション-持続あなたの手札すべてを捨て札にする。
この方法で1枚以上のカードを捨て札にした場合、次のターンの開始時に、
+5カードを引く、
+1カードを購入、
+1アクション。

概要 Edit

手札を全て捨てることで次ターンの初期手札・購入・アクションを二倍にする持続カード。使用したターンは行動が大きく制限され、何もできない事も多いだろうが、次ターンにそれ以上の行動ができるのならむしろ得といえるだろう。また、民兵等の手札破壊を受けた場合でも8枚以上の手札を確保できる。
戦術としては主に「使用したターンを何も購入せずパス、次のターンに16金2購入で属州2枚」や「仮想コインで8コイン出しつつ策士を使用、毎ターン手札10枚から属州購入」などがある。策士があるサプライならば必ずできるわけではないが、決まれば二倍の手札からの有利な立ち回りができる。

  • 夜想曲で登場したメカニズムである家宝カードや夜行カードは、手札が0枚の状態で購入フェイズに入る都合上、どちらも策士使用ターンには使えなくなる。(家宝は、闇市場語り部を用いれば使用可能。また、羊飼いで捨てる前提の牧草地も特に影響はない。)

利用法 Edit

  • ターン開始時の手札が多いので、地下貯蔵庫岐路羊飼いとの相性が非常に良い。
  • 闇市場を利用するとこで、手札の財宝カードをアクションフェイズ中に出せるため購入フェイズに問題なく購入ができる。
  • 手札10枚の状態から工匠を使用して属州獲得。手札は2枚残るためそのターンも策士の使用が可能。
    • 保管庫でも同様に、毎ターン策士を使いながら属州分の仮想コインを出せる。
    • 物置秘密の部屋の場合は、策士で捨てるための手札を残そうとすると7金しか出せないため、何らかの補助が必要。
  • 初手策士-パスから策士ターンで鍛造を購入。次の策士ターンに鍛造で手札の銅貨と屋敷を全て廃棄することで初期デッキの掃除がおおかた終了する。
  • 前哨地の追加ターンで策士を使用することで、パスするリスクを最小限に抑える。手札3枚の中に策士を入れるのは画策停泊所などを利用したい。

詳細なルール Edit

  • 手札を捨て札にするのは強制である。
  • 手札を捨て札にする際には1枚ずつではなく、手札のカード全てを同時に捨て札にする。
    • 例えば手札に坑道望楼があるときに、坑道をリアクションして金貨を獲得することはできるが、その金貨に対して望楼でリアクションすることはできない。
  • 使用して手札を1枚以上捨てた場合、次のターンのクリーンアップフェイズに捨て札になる。
    • 使用して手札を1枚も捨てられなかった場合、何の効果も発生しない。この策士は使用したターンのクリーンアップフェイズに捨て札になる。
  • 玉座の間でこのカードを複数回プレイした場合、通常は2回目以降に捨てる手札がなく1回分しか効果が生まれない。玉座の間は策士が場を離れるターンのクリーンアップフェイズまで一緒に場に残る*1
    • ただし、策士の山札に+1カードトークンが置かれている場合は、使用1回ごとに先にカードを引くので、2回目以降も引いたカードを捨て札にして効果を得ることができる。この場合も玉座の間は策士が場を離れるターンのクリーンアップフェイズに捨て札にされる。

余談 Edit

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White








*1 冒険でルールが変更された。旧ルールでは、持続カードの効果を増やせなかった玉座の間系は使用したターンのクリーンアップフェイズに捨て札にしていた。