Last-modified: 2021-09-26 (日) 15:59:04
収録拡張コストカード種別効果
移動動物園5アクション-持続現在、またはあなたの次のターンの開始時、
+3 カードを引く+1 カードを購入

概要

鍛冶屋に+1購入とドローするタイミングを次回にする選択肢が付いたもの。
いわゆる「村鍛冶」には鍛冶屋しか引いてこない事故がつきものだが、かみ合う方を選べるだけロスが抑えられる。
+艀で村鍛冶をある程度行った後、金量が十分手札に出ていれば余った艀を次回のドローとしておくことで次ターンの村鍛冶を安定させられる。
また、通常の村鍛冶ではデッキに村と鍛冶屋以外に購入ソースも入れないと金量過多に陥ってしまうが、艀には購入も付いているので役割を兼任できる。

利用法

  • 村系カードと組み合わせて村鍛冶をする。引ききりまでできていなくても非常にデッキが安定する。
  • 艀を使って引き切りした状態で、別に次のターン用の艀を設置する。
  • 同コストの船着場と比較されることがあるが、必ずしも劣っているわけではない。
    • コンボデッキは事故ターンさえ回避できれば一定の成長速度は確約されるため、ターン開始時のドロー枚数が多い分だけ安定するのは十分な利点と言える。

詳細なルール

  • 艀をプレイしたときに、「+3カードを引く、+1購入」を今受けるか次のターンの開始時受けるかを選択する。
    • 今受けることを選んだ場合、3ドローし1購入を得た後で、持続せずにこのターンのクリーンアップフェイズで捨て札にする。
    • 次のターンの開始時に受けることを選んだ場合、その時は何も処理せず、次のターンで効果を適用しそのターンのクリーンアップフェイズで捨て札にする。
  • 玉座の間系カードでこのカードを複数回使用した場合、1回ごとに今受けるか次のターンの開始時に受けるかを選択する。
    • その場合、1回でも「次のターンの開始時に受ける」を選択した場合は次のターンまで場に残る(玉座の間も残る)。詳しくは該当ページを参照。

余談

  • カード名の読みは「はしけ」
    • カード絵のように動力源を持たない小舟のことであり、鉄道が普及するまでは主要な交通・輸送手段として重宝されていた。

コメント