駐屯地

Last-modified: 2022-07-02 (土) 18:46:53
収録拡張カード名コストカード種別効果
AlliesGarrison4Action-Duration-Fort+2 Coins
This turn, when you gain a card, add a token here. At the start of your next turn, remove them for +1 Card each.
同盟駐屯地4アクション-持続-城砦+2 コイン
このターン、あなたがカード1枚を獲得するとき、ここにトークン1枚を加える。あなたの次のターンの開始時、この上のトークンを取り除き、取り除いたトークン1枚につき+1 カードを引く

概要

分割された山札の一つである城砦の2番目のカード。2コインに加え、駐屯地使用後に獲得したカードの枚数分、次のターンの開始時にドローを得られる効果を持つ。
駐屯地使用後の獲得カードが購入カード1枚では味気ないので、どうにか大量獲得からの次ターン大量ドローを狙いたい。

利用法

  • 駐屯地自体がターミナルアクションなので、などでアクションを増やすか+購入を別途用意することでカードの複数枚獲得できると次ターンに大量ドローを狙える。以下のような組み合わせも狙い目。
    • 道化棒沈没船の財宝など、カード獲得効果を持つor購入を増やせる財宝とであれば組み合わせやすい。
    • 夜フェイズにカード獲得ができる夜行カード(悪魔の工房吸血鬼)と組み合わせるのも良い。
    • 十分なコインを用意して、公共広場騎兵隊といった、購入すると購入権が増えるカードを買いまくるのも手。
      • ヴィラであれば獲得時にアクションも増える上に、デッキに混ざれば駐屯地を複数枚並べるのにも一役買うので好相性と言える。
    • 舞踏会同盟植民などの、カードが複数枚獲得できるイベントと組み合わせるのも良いだろう。
    • 契約書で次ターンの開始時に駐屯地を使用するのも良いだろう。
  • 駐屯地の持続効果は使用回数分累積するので、同じ拡張にある専門家などの玉座の間系と組み合わせるのもよい。

詳細なルール

  • 駐屯地の持続効果で用いる「トークン」には、同盟に同梱されているコイントークンを用いるのが良いだろう。
    • 駐屯地で用いるコイントークンは、財源(旧称コイントークン)とは異なる。+1コインを得るために支払うことはできないし、駐屯地以外の効果によって参照されることもない。
  • 駐屯地使用後に1枚もカードを獲得しなかったなどの理由で、場の駐屯地のカードの上にトークンが乗っていない場合、駐屯地は使用したターンのクリーンアップフェイズに捨て札になる。
    • この時、場から捨て札になる駐屯地を増築の効果で廃棄し、コスト5のカードを獲得する動きができる。
      するとカード獲得により場の駐屯地にトークンを置く処理が誘発されるが、この時既に駐屯地は場を離れているので、トークンを置くのに失敗する。
  • 駐屯地の持続効果は①カード獲得時、場の駐屯地の上にトークン1枚を置く→②次ターン開始時にトークンを全て取り除き、その取り除いたトークンの枚数分ドローをする、という手順を厳密に処理する必要がある。以下の場合に注意。
    • ②の処理までに駐屯地が場から移動してしまった場合*1、②の処理でトークンを取り除くことができないのでドローを得られない。
    • はみだし者でサプライの駐屯地を使用した場合など、駐屯地が場に出ない状況で使用された場合、カード獲得により場の駐屯地にトークンを置く処理が誘発されるが、駐屯地は場に出ていないので、トークンを置くのに失敗する。
      • 結果的に、駐屯地が場に出ない状況で使用された場合、持続効果でドローを得ることができない*2
    • 玉座の間などで駐屯地を複数回使用した場合は、以下の処理になる。

      玉座の間で駐屯地を2度使用し、その後同ターン内にカード1枚を獲得した場合

      1. カード獲得時に「場の駐屯地の上にトークン1枚を置く」の効果が2度誘発される
        1. 1回目の『カード獲得時に「場の駐屯地の上にトークン1枚を置く」の効果』を処理し、まず1枚のトークンを場の駐屯地の上に置く。
        2. 2回目の『カード獲得時に「場の駐屯地の上にトークン1枚を置く」の効果』を処理し、もう1枚のトークンを場の駐屯地の上に置く。(駐屯地の上には合計2枚トークンが置かれる)
      2. 次のターンの開始時、「トークンを全て取り除き、その取り除いたトークンの枚数分ドローをする」の効果が2度誘発される。
        1. 1回目の『「(場の駐屯地の上に置かれた)トークンを全て取り除き、その取り除いたトークンの枚数分ドローをする」の効果』を処理し、まず駐屯地の上の2枚のトークンを取り除くので+2ドローを得る。
        2. 2回目の『「(場の駐屯地の上に置かれた)トークンを全て取り除き、その取り除いたトークンの枚数分ドローをする」の効果』を処理するが、駐屯地の上にはもはやトークンは置かれていないので、何も得られない。
          ※簡単に言うと「カード1枚獲得につき、次ターン2ドローが得られる」という処理になる。「カード1枚獲得につき、次ターン4ドローが得られる」わけでは無いので注意。

コメント




*1 馬の習性を用いるゲームで、玉座の間で駐屯地を2回使用し、「1回目は通常の効果」「2回目は馬の習性の効果」と処理した際などが該当する
*2 はみだし者で使用したサプライの駐屯地に発明家の家族の効果でトークンが置かれていても、次ターンの開始時にそれを取り除いてドローを得ることはできない