Top > Furutaka
HTML convert time to 0.106 sec.


Furutaka

Last-modified: 2018-04-09 (月) 14:13:43

古鷹型重巡洋艦 Edit

Furutaka_top.jpg

前級球磨よりも更に近代化した波形船体が素敵

Furutaka_top2.jpg

最終C船体

・Ver0.5.6.0以降の最終C船体とそれまでの最終B船体の比較

比較
搭載戦闘機について

性能諸元 Edit

編集時 ver.0.6.3

・基本性能

Tier5種別ツリー艦艇
艦種巡洋艦派生元Kuma
国家日本派生先Aoba
生存性継戦能力(A) 28,300
(B-C) 30,700
装甲6mm-76mm
・防郭 13-76mm
・艦首/艦尾 10mm
・砲郭 6-25mm
・装甲甲板 35mm-48mm
対水雷防御ダメージ低減(A-B) 0%
(C) 4%
機動性最大速力34.5ノット[kt]
旋回半径750m
転舵所要時間(A) 9.2秒
(B-C) 5.7秒


隠蔽性 通常副砲主砲火災煙幕*2
海面発見距離12.2km--0.0km6.92 km
航空発見距離7.0km0.0km0.0km0.0km-


射撃管制装置船体モジュール主砲射程最大散布界
A-Cmod.112.6km120m
mod.213.9km129m



・兵装

主兵装船体口径基数×門数最大ダメージ(火災率)発射速度180度旋回
A-B200mm/506基×1門HE弾 3300(17%)
AP弾 4500
22.0秒/発36.0秒
203mm/506基×1門HE弾 3300(17%)
AP弾 4700
15.0秒/発36.0秒
C200mm/503基×2門HE弾 3300(17%)
AP弾 4500
22.0秒/発30.0秒
203mm/503基×2門HE弾 3300(17%)
AP弾 4700
15.0秒/発30.0秒


魚雷船体タイプ基数×門数(片舷)射程雷速最大ダメージ装填被発見
A-B610mm Type82基×3門(3門)6.0km63kt1460073秒1.6km
610mm Type8 mod.22基×3門(3門)10.0km59kt1626776秒1.5km
C610mm Type82基×4門(4門)6.0km63kt1460090秒1.6km
610mm Type8 mod.22基×4門(4門)10.0km59kt1626794秒1.5km


副兵装船体口径基数×門数最大ダメージ(火災率)発射速度射程
A80mm/40 3rd Year Type4基×1門HE弾 1300(5%)3.5秒/発4.0km
B120mm/40 10th Year Type mod.C4基×1門HE弾 2000(8%)5.0秒/発4.0km
C120mm/40 10th Year Type mod.B2/C4基×1門HE弾 2000(8%)6.0秒/発4.0km


対空砲船体口径,搭載基数×門数秒間平均ダメージ射程
A7.7mm/80 Type92 , 2基×1門
80mm/40 3rd Year Type , 4基×1門
3
6
1.0km
3.0km
B7.7mm/80 Type92 , 2基×1門
13mm/76 Type93 連装 , 2基×2門
120mm/40 10th Year Type mod.C , 4基×1門
3
7
10
1.0km
1.2km
4.5km
C13mm/76 Type93 連装 , 2基×2門
25mm/60 Type96 連装 mod.1 , 4基×2門
120mm/40 10th Year Type mod.B2/C , 4基×1門
7
20
20
1.2km
3.1km
4.5km



・アップグレード

スロットAスロットBスロットCスロットDスロットEスロットF
搭載可能アップグレード

・消耗品

搭載可能消耗品

注意 Edit

日本巡洋艦ツリーはこのTier5古鷹型より203mm砲を搭載。軽巡洋艦から“重”巡洋艦へと移行する。
そのため、前Tierの球磨型までとは異なる扱い方が求められる。

具体的な変化は、次の通り。
攻撃面…主砲の1発あたりの威力・貫徹性能が大きく向上。引き換えに、砲旋回・装填速度が低下。
防御面…装甲が厚くなり、特に小口径砲に対する防御が向上。引き替えに、速度・転舵性能が低下。

これまでのような気軽な変針や移動がしづらくなるため、計画的に操艦する必要がある。
あらかじめ接敵するだろうポイントを見定め、前もって砲を向けておく。
砲の向き固定(マウスの右ボタン長押し、または「ctrl+x」)を活用し、射撃の機会を逃さない。
ミニマップを含めより広く戦場を見渡し、働けない時間を減らすといった心がけが重要となる。

「どうしよう、オマハに勝てない!」と言う方へ

ゲーム内説明 Edit

古鷹型巡洋艦は、偵察任務、および敵の小型艦艇から戦艦部隊を護ることを目的とした強力な偵察巡洋艦です。従来の軽巡洋艦との大きな違いとして、主砲塔をピラミッド形に配置することで、小型の船体に重武装を搭載することを実現していました。

解説 Edit

実装当初は日本巡洋艦ツリー随一の苦行艦と云われた当艦だが、現在はステータスの調整を受け、Tier5ながら立派な重巡洋艦となっている。
まずはこの古鷹型をもって日本重巡の使い方を学ぶと良いだろう。
 
初期砲の装填速度は1射あたり22秒という遅さである。こればかりはどんなプレイヤーでも苦戦するので、早急に更新するべきである。*4
ここまでフリー経験値を使ったことがない人も投入を検討しよう。*5
 
また、バージョン0.5.6.0において、史実で行われた改装と同じく連装砲を3基搭載する艦型が追加された。*6
おおむね性能が向上するが、次型の青葉型に準じた形となるため使い勝手も大きく変わる。
好みに合わない場合はあえてB船体のままという選択もあり。
バージョン0.6.3で射程が延ばされ、改装後は13.9kmに達するようになった。

  • 抗堪性
    前Tierと比較して艦体が大型化。耐久力・装甲が向上している。特に甲板の装甲面積が増えたことにより、榴弾(HE)に対する耐性が高くなっている。
     
    しかし重要区画(VP)の側面装甲厚は76mmどまりで十分とは言い難い。*7腹を晒すと6inch(152mm)級の徹甲弾(AP)でもあっさりVPを貫通されてしまう。
    攻撃を受ける際は真横ではなく、十分な角度をつけて受け止めるようにしよう。

    柔軟な考えでの運用が大切


    Tier5の巡洋艦の中では最も厚い装甲・最高タイの耐久力があるため、被害を抑えていればしぶとく生き残ることができる。*8

  • 主砲
    初期は20cm砲、モジュールを開発すれば20.3cm砲となる。
    先述の通り、初期砲は装填が遅く、徹甲弾(AP)の貫徹力も貧弱。主砲更新の優先度は高い。
     
    前型の球磨型と比較すると、最大指向門数は同じく6門。1射あたりの威力は大きく向上している。一方で装填速度・砲塔旋回速度が大幅に低下。毎分24発の投射量は同格でワーストである。初めは戸惑うだろうが、以降の日巡洋艦はこの早さが基本となる。
    C船体はむしろ優秀な部類に入る。ここでその重さに慣れよう。
     
    その8inch徹甲弾(AP)の威力は破格。
    Tier9まで使われるだけあり、同Tier巡洋艦なら最大射程で放っても13kmで152mm装甲を貫徹可能。
    10km以内ならば金剛など装甲の薄い戦艦の装甲をも貫通しうる。。1回の斉射で万単位のダメージを与えることも珍しくないため、油断した敵を一斉射で大破せしめる事も。
     
    榴弾(HE弾)は1発あたりの威力と発火率が向上。
    駆逐艦の装甲はほぼ強制貫通できるため、当たれば大ダメージを見込める。巡洋艦以上に対してもより火を付けやすくなっている。しかしより厚い装甲に有効になってはいるが、バイタルパートまで届くわけでは無くHE弾だけで大ダメージは稼ぎづらい。
     
    射角は非常に優秀。A・B船体は首尾線から30度傾ければ全火力を指向できる。
    C船体はわずかに狭くなるが、それでも35度以降を確保。真正面に4門を指向できるようになる。*9
    また、C船体は砲の旋回速度も1度/秒向上。艦長スキルの熟練砲手と組み合わせれば全速で舵を一杯に切っても砲が追いつくため、より大胆な回避行動をとりながら砲戦ができる。

  • 対空火力
    貧弱。戦闘機こそ搭載しているものの、攻撃機の後部機銃で落とされる可能性もある。とくにTier6、7空母相手の場合単独行動=即死と考えた方がよい。
  • 魚雷
    Tier5駆逐睦月と同じく61cm魚雷を搭載。後期魚雷の射程10kmとなり駆逐ツリーに先んじた性能である。
    1本あたり1万以上のダメージを与えるため、巡洋艦以下なら1本だけでも致命的なダメージを与えられる。魚雷が前方を指向可能な点も評価でき、戦艦を相手取り、機を見て肉薄・雷撃といった運用が可能。*10
    装填時間は球磨型のおよそ2倍。発射管も1基にまとめられており、球磨型のように2度に分けた発射はできない。
     
    初期は射程6kmのため、近距離戦での自艦防衛が主となる。モジュールの開発で射程が10kmに向上。中距離戦で砲に注意を引きつけつつ雷撃と言った戦いもできるようになる。
    C船体になると発射管が3連装から4連装に変化。一度に発射できる数が増えるが装填時間は伸びる。
     
    余談だが古鷹の魚雷「Type8 mod.2」は青葉型の魚雷と同様のものである。C船体は青葉と連装数も同じだが、何故か古鷹のほうが装填速度が速く、射角も広い完全上位互換。
    かつては青葉型の開発、ないしは睦月型後期魚雷開発のいずれかでこちらの魚雷も開発完了となったが、バージョン0.5.7.0以降の改訂でモジュール開発の共通性は無くなっている。

  • 機動性
    開発を進めれば旋回半径を除き、球磨型に迫る機動力となる。
    転舵所要時間5.7秒は重巡洋艦の中ではとりわけ身軽。回避に攻撃に、十全に生かせるよう工夫を重ねよう。
     

史実 Edit

列強の15cm砲搭載軽巡洋艦を凌駕する巡洋艦として、20cm砲6門を搭載し相応の防御力を有した8,000トン級巡洋艦として1923年度の計画で建造された(起工は1922年暮)。その背景には、日本海軍の巡洋艦の主力である5,500t型巡洋艦が仮想敵であるアメリカ海軍のオマハ型軽巡洋艦に比べ大きく劣っていた事が挙げられる。
 
設計者は八八艦隊計画で有名な平賀譲造船官。平賀が先に設計した、実験艦としての性格が強かった「夕張」を拡大・改良したものである。
 
単装の20cm砲(8inchではなく20cm)を前甲板と後甲板の中心線上に3基ずつ並べ、煙突を巨大化し、航行性を高めるために波型の甲板を採用した事に特徴がある。なお、この砲は準砲塔式とも言える人力装填のものを採用しており、竣工時の古鷹型巡洋艦ではこの人力装填による給弾の遅れが問題となった。
 
同型の「加古」と共に1936~39年の改装で主砲を20.3cm連装砲3基に変更し、艦橋装置の近代化や、水雷兵装の新式化が行われている。砲撃力、速力、水雷戦闘能力共に太平洋戦争開戦時の水準を満たした強力な中型巡洋艦となった。
「古鷹」「加古」供に1942年にソロモンの海に沈んでいる。
 
上記の通り当初はオマハ型を凌駕する巡洋艦として計画された。ワシントン海軍軍縮条約では巡洋艦は排水量10,000t以下、砲口径5inch以上8inch以下と定義付けられたが、保有制限はなかった。その為、当初の計画では14cm砲搭載の予定を20cm単装砲6基6門に変更された。その後、ロンドン海軍軍縮条約によって排水量に関わりなく重巡洋艦とされて保有制限を受けたため、搭載砲塔が条約上限の20.3cm(8inch)連装砲に換装された。

小ネタ Edit

同時期にタイ王国から発注されて建造したトンブリ級海防戦艦と共通のパーツが使われているらしく、艦橋や主砲の形状がよく似ている。
古鷹型もトンブリ級も船体は残っていないが、トンブリ級の主砲と艦橋はタイの戦争博物館に展示されている。

編集用コメント Edit

編集用のコメントはこちら

コメント欄 Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 艦自体は強いし楽しいんだけど味方AFK率高すぎて禿げる(特に空母) -- 2018-07-03 (火) 14:52:44
  • 慣れさえすればふつうに強い艦だな -- 2018-07-08 (日) 14:53:04
  • 古鷹と青葉は射撃システム改良1を積むと、命中率半端ないな。交戦距離が近いから、駆逐艦並の40%超も狙えるぞ、と。 -- 2018-07-14 (土) 21:07:08
    • ワイも最初から射撃システム改良は載せてたが、気になって調べたら35%あった。気楽にばら撒いてた球磨とは違ってしっかり狙うようになったお陰もありそうね。魚雷命中率は5.4%でした -- 2018-07-17 (火) 14:18:45
      • 魚雷は牽制、航路誘導にも使いますからね。魚雷命中率は気にしちゃいかん。 -- 2018-07-22 (日) 22:44:38
  • 古鷹と青葉の違いを見て、古鷹と加古の違いもあるのか?と思って調べてみた。
    菊花紋章の上の湾曲した部分が、古鷹は比較的まっすぐで青葉と同じ形。一方で加古は紋章に沿って大きく曲がってて(衣笠と同じ)、wowsのC船体のモデリングは加古のものらしい。
    …なのにA、B船体は古鷹のもの。どうしてこうなった。 -- 2018-07-29 (日) 13:34:30
    • 古鷹に限らず、ツリー艦のモデルは姉妹艦の特徴が混ざったキメラ仕様だよ -- 2018-08-09 (木) 00:33:39
  • B船体で運用してる方って結構いるのでしょうか。C船体と比べて主砲の射角と一基減るものの装填速度が優れているている魚雷があるとのことですが。 -- 2018-07-29 (日) 23:29:17
    • 主砲の旋回が早くて、確実に前方に4門向けられるて、多少なりとも対空が良くなるので正直C船体の方が強い。 -- 2018-07-31 (火) 01:20:26
    • 一門減る時点でやりたくない -- 2018-07-31 (火) 22:29:58
    • 対空はCの方が少し強い。 -- 2018-08-01 (水) 12:22:57
    • 砲塔が少なくなるからBで運用してたんだけど、お金の端数丁度でC船体買ったら青葉みたいな砲塔だし、塔は減ったけど門数は変わらないし命中や対空よくなってるしCのがいいよ。 -- 2018-09-20 (木) 01:19:23
  • 夕張でこいつにぶち抜かれて気づいたけど、T6までの巡洋艦なら艦首を強制貫通できるじゃん -- 2018-07-31 (火) 22:28:01
    • T5は抜けるだろうけどT6で抜けるのはソ巡と英巡だけじゃないかなあ -- 2018-07-31 (火) 22:38:29
    • あれ? じゃあガン縦の艦に対してはは遠慮なくAP弾ぶっ放せばいいのか -- 2018-08-01 (水) 02:11:35
      • オマハは6インチAPでも行ける。シナリオ攻略の際に覚えておくといいゾ -- 2018-08-01 (水) 02:35:19
  • 独巡をヨルクまで進めてからこの子に乗り始めたけど、10km以遠でもVP貫通を狙えるAPと防御できる装甲にちょっと感動。砲射程の短さこそあれ、実際の交戦距離からすれば攻防共に手札の多い良艦だね。 -- 2018-08-01 (水) 12:15:43
    • 日本重巡の欠点である射程の短さと、それ以外のすべての利点を持ち合わせた艦。これ以降はそれぞれ特徴的に少しづつ不便な点が乗っかる -- 2018-08-01 (水) 14:01:32
  • C船体にすると、まるでZAOに乗っているようだ -- 2018-08-06 (月) 22:32:27
  • ホンマ強い 対韓戦闘に関してはほぼ文句なし それだけに対空がつらい 特に空母多いTだしなぁ -- 2018-08-08 (水) 10:34:46
    • Tier5だと、タイマンではまず負けないね。戦艦はガバ砲だし巡洋艦はペラい。駆逐艦もまだHP少ないからカミカゼ以外はなんとかなる。対空はお察し。 -- 2018-08-10 (金) 01:35:29
      • スキル対空3点セットとってもやはり同格以上には焼け石水ね -- 2018-08-10 (金) 08:40:43
  • 古鷹Aの船体が売却できないのですがみなさんはどうですか -- 2018-08-09 (木) 23:11:49
    • 自分は過去に売却しているんで、バグか何かでなければ普通に売却できるはず。一応言っておくと、売却はその艦のモジュール選択のところからではなく、(港画面の左上の)ユーザー名の所をクリック→倉庫からです。あと、A船体を使用中だとA船体の売却はできません。 -- 2018-08-09 (木) 23:28:44
      • 一応最終まで開発はできててほかのモジュールは売却できるのですが、、A船体だけ売却できんのですよ。やっぱりバグですかね… -- 2018-08-10 (金) 00:54:27
  • Tier9と同じ主砲が使えるとかさてはオメーOPだな? -- 2018-08-09 (木) 23:34:19
    • ニコラス「おっそうだな」 -- 2018-08-10 (金) 09:38:10
    • 脆豆腐「おっそうだな」 -- 2018-08-27 (月) 22:19:31
  • T9は条約あけ無制限のゲテモノだらけでこの主砲じゃもう戦えない・・・というか15秒なのが足引っ張ってる -- 2018-08-15 (水) 13:43:22
    • 古鷹のページで伊吹の話してもしゃーないやん 伊吹のページ行きな -- 2018-08-15 (水) 13:44:14
  • 皆さん熟練砲手って取っていますか?熟練砲手をつけてみましたが、正直あって良かったと思うことがあまりない。 -- 2018-08-15 (水) 13:45:47
    • 熟練砲手つけてたがC船体になると恩恵が薄いと思う。引き撃ち中に目標を変えやすくなったり、主砲を逆舷に振るのが微妙に早くなるぐらいかと。青葉に上がるとまた必要になるけど -- 2018-08-15 (水) 17:57:11
  • 始めたばかりで巡洋艦をドイツt5ソ連t5、そして古鷹乗り出したけどけどこの子が楽し過ぎて日本巡洋艦を進めようと思いました。隠蔽スキル取れてから更に楽しい。上のtに行くのは腕を上げてから~と思っておりますが、t一段階進むのに目安とかありましたら教えていただきたい。 -- 2018-08-16 (木) 23:29:23
    • 50戦ほどやって勝ち越せていたら、とりあえず安心して次いけるよ。 -- 2018-08-16 (木) 23:39:31
      • なるほどです。今日から50戦して勝率どれほどか確かめてみます。ご回答ありがとうございます! -- 2018-08-17 (金) 08:09:44
    • 私はとにかく経験値溜まったら次のに乗る。そこがたまたま合わない船で、勝率与ダメがゴミだったとしても次のは合うかもしれないし。何より早く次の艦に乗りたい!…艦長スキルは快適に遊ぶために最低限貯めるけどねー。 -- 2018-08-17 (金) 00:07:57
      • それぞれ特徴がありますものね。次の艦も乗ってみようと思います。モジュールとスキル揃えるまではコープで。ご回答ありがとうございます! -- 2018-08-17 (金) 08:12:16
  • 皆さんは1試合に平均で何枚くらいVP刺してますか?自分は70戦ほどして、命中率34%のうちVPは1割程度、1試合に3、4枚止まりです。横向いたCLの腹にAP撃ってるんですが、どうも過貫通が多いような気がして... -- 2018-09-05 (水) 00:20:45
お名前:

過去ログ Edit

Furutakaログ一覧





*1 艦上戦闘機を水上戦闘機に改造したものとしては零戦改造の二式水戦があるように、一応不可能ではない。性能低下等の問題があるが。
*2 煙幕内での主砲射撃後の被発見距離
*3 アメリカならTier7 Pensacola型以降まで待つ
*4 他の艦であれば舵・砲・耐久・対空などがまとめて向上する船体の開発が優先されるが、古鷹に限れば先に主砲の優先度が高い。
*5 後期主砲は1射あたり15秒となり、日本重巡では並の早さである。ちなみに、後期主砲の20.3cm砲弾はTier9まで同じものを使い続けることになる。砲弾だけ見ればTier9で用いる砲弾をTier5から使用できるため、古鷹の火力の大きさが分かるだろう。
*6 気が付いた方もいると思うが、換装された連装砲は青葉・妙高に装備されているC型砲塔ではなく愛宕・最上・伊吹に装備されているE型砲塔となっている。
*7 史実においても耐8inch防御は想定されていない
*8 ちなみに甲板装甲だけはtier比で異様に分厚い(35~48mm)。部分的にはTier10の蔵王(甲板30~55mm)すら超える。オマハ型の6inch(152mm)にも十分耐えるどころか、状況次第では戦艦の16inch(410mm)砲弾すらも弾く。ちなみにマッチングはしないものの、甲板を大和の460mm砲に強制貫通されない数少ない巡洋艦である。
*9 真正面に砲を向けると火力が2/3となるが、最小の投影面積・堅い防御で戦えるため、有力な選択肢となる。
*10 ちなみに魚雷発射管が前を向く日本巡洋艦は、この古鷹およびプレミアム艦艇である愛宕のみである。