市街

Last-modified: 2021-06-08 (火) 09:56:45
収録拡張コストカード種別効果
帝国<8>アクション+2アクション
あなたの手札を公開する。公開したアクションカード1枚につき、+1カードを引く

概要

手札のアクションカードの数だけドローできるアクションカード。
手札にアクションがなければ意味がないカードなので、大量のアクションが入ったデッキで用いることになる。
コンボデッキにおいては、大量にドローした上でアクション権を確保できるので非常に強力。
真価を発揮するのは複数枚購入した時であり、連続して使用すると手札が倍々で増えるため、容易にデッキを引ききることができる。
コストが高く、購入しづらいのが欠点。初手は勿論、序盤に先立って買ってもアクション比率が低く使い物にならない。

利用法

  • 門下生巡礼ならばコストを無視して市街を集められる。どちらも手間がかかるのが欠点だが、アクションの数を増やすには有効。
  • ネズミカササギのような自己増殖するカードで補助すれば、アクションカードの比率が高くなり市街でのドローも狙いやすくなる。

詳細なルール

  • 等のカードを使用した場合でも、このカードのコストは下がらない。
  • 複数の種類をもつカードの場合、その中にアクションを含むものはアクションカードである。

関連カード

拡張名前関連
暗黒時代狂人サプライ外に置かれる使い切りカードだが、
手札の枚数を倍化しながらアクションが増える点が同じ。

コメント