石切場

Last-modified: 2022-05-22 (日) 22:17:52
収録拡張コストカード種別効果
繁栄4財宝1コイン
--------------------
このカードが場に出ているかぎり、アクションカードのコストは2少なくなる。
ただし、0未満にはならない。

概要

場に出すだけであらゆるアクションカードが2コスト安くなる財宝カード。
アクションカードの購入に限っては金貨相当の出力であり、初手で入ると6コストなど高額カードの購入が狙える。
特に、複数枚のアクションカードを購入する際には全てに対して値下げの恩恵があるので、金貨以上の価値となる。
しかし財宝や勝利点を購入する際には銅貨相当の価値しかなく、アクションカードを購入する機会が少ないのなら銀貨にも劣ってしまう点には注意しよう。

利用法

  • 石切場2枚だけで大市場を買えてしまう。大市場が生む購入とも相性が良く、一度買えれば加速度的に枚数を集められる。
  • 石工は、石工本体とコストも過払い対象カードのコストを同時に軽減するため、相性がとても良い。
    • ただし、0金を過払いすることはできないため、コスト軽減のし過ぎには注意。
  • 語り部闇市場を使ってアクションフェイズにプレイすれば、工房などで獲得できるアクションカードの範囲が増える。

詳細なルール

  • 石切り場の仕切り線以下の効果は、場に出ている際に発揮される効果である。
    • 石切り場が場に出ている間だけ適用される。使用によってコストを下げるとは異なる。
      • で複数回使用しても、コストは2しか下がらない。
      • 偽造通貨で使用すると廃棄されて場から移動してしまうため、コストは一切下がらない。
  • 石切り場が場に出ている限り、全ての領域のアクションカードのコストが2少なくなる。
    • 例えば石切場が場に出ている状態で墓暴きをプレイした場合、廃棄置き場の行商人を獲得してデッキの上に置くことができる。
  • 複数の種類を持つカードは、その中にアクションを含んでいればコストが2少なくなる。
    • 例えばアクション-勝利点である貴族は本来より2少ない4金で購入できるようになる。
  • 複数枚の石切場を場に出している場合、場に出している枚数×2だけアクションカードのコストが少なくなる。

コメント