石工

Last-modified: 2021-06-07 (月) 10:18:01
収録拡張コストカード種別効果
ギルド2+アクションあなたの手札からカード1枚を廃棄する。廃棄したカードよりもコストが少ないカード2枚を獲得する。
--------------------
あなたがこのカードを購入するとき、追加でコストを支払ってもよい。
そうした場合、追加で払ったコストと同じコストのアクションカード2枚を獲得する。

概要

手札のカードをコストの低いカード2枚に変換する効果を持つ、改築系の亜種とも言えるアクションカード。
やや自由度が低く下準備も必要であるものの、カード2枚分の獲得機会を得られるので強力。
また、購入時にコストを過払いすると過払いしたコストのアクションカード2枚を獲得する効果も持っている。
購入時の過払いで獲得できるのはアクションカードのみだが、購入権1つでカードを複数入手できるので主にこちらを目的に買われることも多いだろう。
どちらの効果も複数枚のカードを一度に獲得できるため、三山切れを起こしやすいことに警戒しておきたい。

利用法

  • 使用時効果では、銀貨屋敷2枚に、金貨公領2枚に、白金貨属州2枚に変換できる。購入がない場でも、石工で勝利点カードを集めることで逆転の可能性がある。
    • 植民地属州2枚に変換すると、2勝利点得。最終盤なら選択肢に入る。
  • 銅貨呪いのような0コストのカードを廃棄した場合、0コストよりもコストが少ないカードは存在しないため何も獲得しない。
    • アクション権を使って1枚廃棄では効率は悪いものの、一応圧縮になる。
    • 一方、獲得できるカードがあるなら獲得は強制なので、屋敷を廃棄しても銅貨2枚になってしまい、圧縮にはならない。
    • 等のカードを使ってコストを0にしてしまえば屋敷も圧縮できる。
  • 石切場を購入に用いることで、石工自体と獲得先のアクションカードのコストが両方とも減り、過払いによる獲得に必要なコストが4コインも節約できる。相性がいいのは名前だけではないようだ。
  • 4コインで、石工に過払いして石工を獲得することで、石工3枚を獲得できる。石工の山札は残っているように見えてもあっという間に枯らすことができる。三山切れが近づいてきたら気をつけたい。

詳細なルール

  • 使用時の効果でも、過払い時の効果でも、カードの獲得は1枚ずつ行い、2枚のカードが同じである必要はない。
    • そのため、カード1枚を獲得するごとにコストが変動する行人デストリエを使用しているゲームでは特に注意が必要。
      • 漁師も、たとえば1枚目のカードの獲得によって捨て札置き場が空→空でない状態となった場合はコストが変動する。

使用時の効果 について

  • 石工を使用した場合、必ず手札1枚を廃棄しなくてはならず、獲得可能なカードがある場合、必ず2枚獲得しなければならない。
    • 廃棄したカードのコストが0の場合、該当するコストのカードがないので何も獲得しない。
  • ポーションや負債のみをコストに含むカードを廃棄した際は、対象となる「廃棄したカードよりコストの少ないカード」の範囲に注意が必要。
    • 変成はコストが「0コイン1ポーション0負債」のカードなので、変成を廃棄した際はコストが「0コイン0ポーション0負債」以下のカード(銅貨等が該当)を2枚獲得する。
    • 技術者はコストが「0コイン0ポーション4負債」のカードなので、技術者を廃棄した際はコストが「0コイン0ポーション3負債」以下のカード(銅貨等が該当)を2枚獲得する。
  • 廃棄したカードのコストにポーション(負債)が含まれている場合、コストが少なければ、コストにポーション(廃棄したカードの負債コスト以下の負債)が含まれるカードを獲得できる。
    • ゴーレム(4+P)を廃棄した場合、コスト4以下またはコスト3+P以下のカード2枚を獲得する。
      • ポーションが含まれていない、ただの4コスト以下のカードでもよい。
    • 大金(8+<8>)を廃棄した場合、コスト8+<7>以下またはコスト7+<8>以下のカード2枚を獲得する。
      • 負債が含まれていない属州(8)や、逆に負債だけの大君主(<8>)などでもよい。

過払い時の効果 について

  • 過払いは石工のコストが多くなるわけではない。まず購入するために石工のコストを支払い、次に購入時効果で過払いをする。
  • 過払いは購入するときに誘発する効果である。
    • 他の購入時効果との間で解決の順番を選ぶことができる。
    • 過払いでの購入時効果を解決するとき、購入した石工はまだ獲得されていない。
      • 例えば、石工がサプライに2枚残っているとき、石工を購入して2金過払いし、石工2枚を獲得すると、購入によって獲得する予定の石工を獲得しようとして失敗する。
  • ポーションを過払いして、コストにポーションを含むカードを獲得することもできる。
  • 負債を過払いすることはできない(石工の過払い効果で負債コストを持つカードは獲得できない)。
  • 0コインを過払いすることはできない。石切場の効果でカードのコストが下がっているときは気をつけたい。
  • 闇市場の効果で闇市場デッキにある石工を購入した際にも過払いすることは可能であるが、それにより獲得するカードはサプライの中から選択する。闇市場デッキから公開されている他のカードは(過払いしたコストと同じコストを持つカードであっても)獲得できない。

関連カード

拡張名前関連
プロモ取り壊し手札1枚を廃棄し、カード2枚(廃棄したカードよりコストが少ないカード1枚と金貨1枚)を獲得する効果。
廃棄したカードのコストが0の場合に何も獲得しないところも共通している。

余談

  • 日本語マニュアルの掲載順より読みは「いしく」である。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White