元手

Last-modified: 2022-08-01 (月) 21:28:03
収録拡張コストカード種別効果
帝国5財宝6コイン
+1カードを購入

--------------------
このカードを場から捨て札にするとき、<6>(負債トークン)を受け取り、
その後あなたは< >(負債トークン)の返済をしてもよい。

概要

6コインという大金を生み出すが、使用後に同じだけの負債を背負う財宝。
一度でも白金貨などの高額カードにリーチできればデッキ成長の速度が上がるため、前借りしながら偏りを作る意味で有用。
また、使わなかったコインはそのターン中に返済に回せるため、デッキ内容さえ把握できていれば前借りしすぎることなくある程度の調整も可能。
差し引きで考えれば0コイン相当だが、偏りを考えなくてもアクション権を消費しない市場跡地であり、サプライによっては重要になる。

利用法

  • 単純に、ゲーム終了させてしまえば負債の返済を踏み倒せる。3山切れにしろ属州の複数枚購入にしろラストターンを作り出す手段として強力。
  • Tiaraで2回使用しても1枚分の6負債だけで済む。冠は同じセットに収録されており一緒に登場する機会は多い。
  • 場から捨て札にならなければ負債は発生しないので、捨て札以外に移動させるカードと組み合わせるとメリットだけを享受できる。
  • 元手官吏」は、毎ターン必ず属州を購入できるようになる強力な組み合わせである。
    • 財宝だけで13金2購入以上(例えば、元手元手銅貨)と出して属州と官吏を購入すると、官吏によって場の財宝を全てデッキの上に置くので元手の負債を受け取る必要がない。
      加えて、次のターンも同じ財宝を使用できるため、全く同様の行動を確定で繰り返すことができる。なお、サプライにある官吏の残り枚数には注意。

詳細なルール

  • 通常、負債は購入フェイズにのみ返済できるが、元手を場から捨て札にした場合はクリーンアップフェイズであっても負債を返済する追加の機会を得る。
  • 手札など場以外から捨て札にされると負債は発生しない。
  • 場から捨て札以外の場所に移動すると負債は発生しない。

余談

ドイツ語版およびフィンランド語版では、上側の数字*1が5になっている誤植がある。

コメント





*1 財宝カードの出力 固定であれば数字が書いてある