中華街

Last-modified: 2021-02-28 (日) 16:43:13

中華街



赤い灯火に照らされた無音の街に、思いを収める場所などない。

背景

かつての中華街は市内で最も美しい場所で、中華街にある「御景軒」は最も裕福な店の1つだ。
「御景軒」のオーナーである林景福は粘土の彫刻に優れており、店内の芸術品が不足するほどに需要があった。
しかし好景気は長く続かず、林景福は心臓病で亡くなってしまった。
妻の林馮と妻の弟の馮文耀が共同で店を経営することになったが、その後すぐに馮姉弟は奇妙な事件で亡くなり、それ以来「御景軒」は衰退した。
「御景軒」の興亡はこの中華街の運命の縮図のようだ。
今の中華街はかつてほど繁栄していない。
赤い提灯の列の下には、死の沈黙と誰も口に出せないほどの寂寥がある。
(原文)

オブジェクト

 
レズニック時計店と思われる建物。
Mは機械技師の父であるマーク(Mark)から?

 
「東洋(Oriental)映画館(theater)」。
弁護士とマーシャのポスターと断罪狩人のポスター(月の河公園のものと同じ)がある。

  
背景に出てくる御景軒。
店内には売り物の彫刻が置かれている。

  
 
仕立て屋(TAILOR)にある5体のマネキン。
使うキャラクターの種類によって見えるものが変わり、緑か赤の服を着ている。
ハンターの時は立った状態の緑のマネキンが5体。
男性サバイバーは緑が3体に赤が2体で赤いマネキンは倒れており、女性サバイバーは全員緑だが2体倒れている。

 
中国の葬儀は爆竹などを使って派手に行う風習があり、花輪を飾ることもある。

絵画

 
不明
建物内はレストランのような構造になっており、しばらく放置していると騒ぎ声が聞こえてくる。

 

画像

 

その他

旧正月イベント茶屋イベントはこのマップが舞台になっていると思われるが、後者はマップのストーリーに出てこないため真髄だけの設定の可能性がある。

コメント