赤の教会

Last-modified: 2021-10-10 (日) 08:54:16

赤の教会(通常)



ここではかつて未完了の結婚式が行われた。
教会の木の下では新婦が言えなかった誓いの言葉が見つかるそうだ。

背景

1880年に作られたこのロマネスク式の協会は、赤い屋根からその名前が付けられた。
この地域の他の協会とは異なり、エウリュディケ荘園の敷地内にあるこの教会は、伝統的なレンガ建築の工法を使用しており、当時の高品質な職人技を体現している。
八角形の土台に支えられた中央のドームは教会で最も有名な建築要素だ。
巨大な出入り口、ガイドの石像、正確に切断された花崗岩のブロックはこの教会が建設中により多くの墓の建築デザインを使用したことを示している。
1883年、当時の荘園主によって赤の教会が再建され、2年後に一般に公開された。
すぐにこのノスタルジックな雰囲気の教会は大流行し、人々は大きな薔薇の窓やロマネスク式の教会には珍しい精緻な装飾を眺めて喜んだ。
ここで婚礼を挙げるのは当時よく見られた光景だった。
1889年に1人の人と共に駆け落ちした貴族の少女が行方不明になるまでは。
警察は少女が赤の教会の近くで姿を消す前に身に付けていた髪飾りを発見した。
しかし少女がなぜ姿を消したのか、誰と駆け落ちしたのかは分からない。
その後教会の近くでは次々と怪事件が起こり、人々はそこが悪霊によって汚染された地区だとして、神聖な儀式を行うことができなくなった。
赤の教会はすぐに放棄され、荘園主に封じられて今に至る。
(※第五人格美術設定集より)

オブジェクト

 
「不是地窖(地下室ではない)」
ハッチではない。

 
「Welcome to the wedding of Barkis♥Emily(バーキスとエミリーの結婚式へようこそ)」
第五人格は公式からティム・バートンの要素を多く含んでいると明言されいることから、この看板の二つの名前はおそらく映画「ティム・バートンのコープスブライド」が由来になっていると思われる。
エミリー(Emily)はこの映画のヒロインで文字通り死体の花嫁であり、バーキス(Barkis)は結婚式に押し入り主人公の元婚約者に金目的で近づく謎の男。
また、ストーリーもエミリーの生前と少し似ている。
ちなみに映画内でこの二人が恋愛をすることは全くない。

画像

  
 
引用元

赤の教会シリーズ

シーズン1前後には赤の教会を舞台にした衣装がいくつか存在する。
新婦がこちらでは花嫁美智子なので実際の赤の教会とは別の世界観になる。

衣装名花嫁
キャラクター芸者
登場ショップ(恒常)
テキストこれは彼女がかつて憧れていた服装で、あの人を失ったあとに手に入れた。
携帯品名蝶影
キャラクター芸者
登場ショップ(恒常)
テキスト遠くへ旅たて宿主おらず、鏡前の蝶影金箔照らす。
遠くへ旅立った恋人を想うために作った簪。
パック名花間の蝶
パック宣伝文蝶の形が花びらに留まっている。なぜ我はこれ程までに哀れなのだろう。


衣装名水晶燭台
Crystal Candle(英語)
キャラクター結魂者
登場S1・真髄2
テキスト赤の教会の天井には、水晶でできたキラキラ光る構造物があり、ゆらゆらとロウソクの光が揺れて、一連の狂騒劇を見つめていた。
「賓客は未だ至らず、佳人は已(すで)に逝く」
補足
赤の教会の建物の天井にはシャンデリアのような物体があり、これをモチーフにしていると思われる。


衣装名甘いケーキ
Pink Cake(英語)
キャラクター心眼
登場S1・真髄3
テキスト失踪した新婦と共に消えた宝物よりも招待客の関心を引くのは、目の前のウェディングケーキの甘いにおいである。


衣装名パティシエ
キャラクターリッパー
登場閲暦点9レベル報酬
テキストこの結婚がどれほど荒唐無稽であっても、パティシエはただ心を込めて労を尽くし、前代未聞の食材を取り入れながら驚くほど美しい作品を作り上げる


衣装名バーテンダー
キャラクター弁護士
登場ショップ
テキスト婚礼式典での美酒は決して注目されるものではないが、今回は酒利きの者たちでさえさえ、ざわざわと散っていった。


衣装名結婚式の司会
キャラクターマジシャン
登場ショップ
テキスト挙式予定の新郎新婦がいまだに姿を現さないので、司会者は自分の持ちネタで会場の空気を和らげたものの、祝辞を述べることはできなかった。
補足
背に花嫁美智子の仮面と同じデザインのマークが付いている。


衣装名フラワーガール
キャラクター庭師
登場ショップ
テキストフラワーガールが手に持っている花束。
誰に渡したらいいのか分からない。


衣装名結婚式の招待状
キャラクター幸運児
登場S2・真髄1
テキストどこかに忘れられた招待状は、悲劇のパフォーマンスの期限切れチケットとなった。
補足
二枚目のハートに花嫁美智子のイラストがある。

赤の教会(ハロウィン)

 

テーマ

ハロウィンイベントの際に実装されたマップ。
構造は通常版と同じだが、箱のデザインやオブジェクトなどが大きく異なる。

オブジェクト

 
 
ハロウィン仕様の赤の教会のデザインはどことなく同人物原案の映画「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」に似ており、板に書かれた「Halloween」のフォントもナイトメア・ビフォア・クリスマスのもののタイトルと似ている。
通常バージョンの赤の教会がコープスブライドのオマージュがあることからティムバートンつながり?

画像

 
 
引用元

コメント