「アンデッド」

Last-modified: 2021-10-03 (日) 00:32:45

「アンデッド」(ペルシー)



19世紀のマッドサイエンティストの多くの同じように、ペルシーは「死者蘇生」と「パーフェクトヒューマン」の研究に没頭していた。
彼は1人のモンスターを作り上げ、その「蘇生」したモンスターの手によって命を落とした。
最終的にモンスター製造に関する秘密の記録と器材と一緒に、墓に埋められた。
しかし、とある嵐の夜、ペルシーの墓が掘り出された。
墓穴の中は何一つ残さず奪い尽くされた。
ほどなくして、エウリュディケ荘園の奥から絶望に満ちた苦し気な雄叫びと共に、新しい「パーフェクトヒューマン」が目を覚ました。

外在特質

  • エネルギーチャージ
    ペルシーはスキルを使用すると自身のエネルギー負荷を増加することができる。
    エネルギーが50に達した時、ペルシーはエネルギーサージング状態に入る。
    通常攻撃がサバイバーに中断されなくなり、落された木の板を破壊することができる。同時に実体能力が強化される。
    エネルギーが100に達した時、ペルシーはエネルギー過過多状態に入る。
    移動速度がX%低下し、全てのスキルを使用できなくなる。X秒間持続。
  • 代償
    ペルシーはサバイバーをロケットチェアに拘束できない。
    しかしペルシーに倒されたサバイバーはダウン後の脱落速度がX%増加し、自己治癒の上限がX%になる。
    ダウン状態の這う速度もX%上昇する。
    回復すると自身の位置がX秒間ペルシーに表示される。
    特殊:
    全てのサバイバーがダウン状態になると、ダウン後の脱落速度がX%増加する。
    ゲート通電後、ダウン後の脱落速度がX%増加する。

形態変化

  • エネルギー衝撃
    一直線に前方へ向かって一定距離ダッシュする。
    サバイバーに命中するとアップスキルを発動し、ダメージを与える。
    障害物に命中するか、最大距離に達するとアップスキルが終了する。
    スキルを使用するとエネルギー負荷が10増加する。
    エネルギーサージ状態:
    このスキルはサバイバーに中断されない。
    アップ中に再びスキルボタンをタップすることでカメラ方向に飛び斬りを放ち、サバイバーに命中するとダメージを与える。
  • 溜め重叩き
    地面に溜め重叩きを放ち、範囲内の全サバイバーを叩き飛ばす。
    命中範囲は溜め時間の増加に伴って拡大する。
    溜め時間が一定値を超えた場合、サバイバーを叩き飛ばした時に通常攻撃1回分のダメージを与える。
    スキルを使用するとエネルギー負荷が20増加する。
    エネルギーサージング状態:
    このスキルはサバイバーに中断されない。
    溜め重叩きスキルが終了する前に、再度スキルボタンをタップすることで2段溜め重叩きを発動できる。
  • エネルギー変換
    ペルシーのエネルギー負荷が50以下の時にこのスキルを使用すると、エネルギー負荷が50まで増加してサージング状態に入る。
    ペルシーがサージング状態の時にスキルを使用すると、エネルギー負荷が50減少してサージング状態が解除される。

うわさ

あの化学実験で、ペルシーはモンスターを創造した。
そんなペルシーも、改造される運命にあった。

推理目標

実装:グローバル版シーズン16
同時実装:玩具職人バッツマン漁師
(バッツマンはシーズン開始1週間後、「アンデッド」は2週間後に追加)

1.きっかけ

彼は瞼の上のコインの重みが分かるだろうか?

  • 結論
    1篇の医学評論。パルス電流が筋肉の動きを制御できるかという討論。

    【基礎目標】
    ・4回チャージ
    【レベルアップ目標】
    ・6回チャージ
    ・8回チャージ

2.定義

動いている!

  • 結論
    1枚の写真。1匹のラットが目を閉じて立っている。

    【基礎目標】
    ・対戦中に3回以上過負荷状態にならない
    【レベルアップ目標】
    ・対戦中に2回以上過負荷状態にならない
    ・対戦中に1回以上過負荷状態にならない

3.冒険

成功は、トライアンドエラーの繰り返し。

  • 結論
    1束目の手書きの取引書。取引の署名の片方はA.C、もう片方の署名はP.Sの時もあれば、M.Sの時もある。
    取引内容は石板であり、LH、RH、RL、LLなどの文字で分類されている。

    【基礎目標】
    ・エネルギー交換1回
    【レベルアップ目標】
    ・エネルギー交換2回
    ・エネルギー交換3回

4.失敗

諦めろ、ペルシー。

  • 結論
    1件の地方ニュース。物拾いが川の下流でバラバラ死体を発見。
    死体の破片には縫い目の跡があった。
    観察医によると、これらの痕跡は全て死後に形成されたものだ。

    【基礎目標】
    ・ダッシュをサバイバーに2回命中させる
    【レベルアップ目標】
    ・ダッシュをサバイバーに3回命中させる
    ・ダッシュをサバイバーに4回命中させる

5.タイミング

間違ってたのは方法ではなく、タイミングなのかもしれない。

  • 結論
    2束目の手書きの取引書。取引の署名の片方はR.R、もう片方の署名はM.S。
    今度の取引内容はステーキ。
    取引書にはステーキの産出時間が詳しく記録されている。

    【基礎目標】
    ・飛び斬りでサバイバーに1回命中
    【レベルアップ目標】
    ・飛び斬りでサバイバーに1回命中
    ・飛び斬りでサバイバーに2回命中

6.代償

希望以上に人を狂わせるものはあるのか。

  • 結論
    1通の遺書:さようなら、ペルシー。
    奇跡が必要なら、私がそれを起こそう。
    しかし神の奇跡を祈るなら、それは自分で確かめるしかない。

    【基礎目標】
    ・溜め重叩きでサバイバーを1回吹き飛ばす
    【レベルアップ目標】
    ・溜め重叩きでサバイバーを1回吹き飛ばす
    ・溜め重叩きでサバイバーを2回吹き飛ばす

7.奇跡

動いている……

  • 結論
    1枚のノート:ミカエルは正しかったのかもしれない。
    私は遅かった。彼の体を呼び起こしたが、彼の魂は留められなかった。
    だが問題ない、全て準備できている。そして私には、まだ最後のチャンスが残っている。

    【基礎目標】
    ・サバイバーが起き上がった後40秒以内に再びサバイバーをダウンさせる
    【レベルアップ目標】
    ・サバイバーが起き上がった後30秒以内に再びサバイバーをダウンさせる
    ・サバイバーが起き上がった後20秒以内に再びサバイバーをダウンさせる

8.予兆

福の予兆は予定通りにやってこない。

  • 結論
    1件のニュース:市民によると、深夜に町の西から爆音が響いた様子。
    著名発明家ペルシー博士の名で登録された実験室で違法な電気使用によって引き起こされた、機械の過負荷によるもの。

    【基礎目標】
    ・1回溜め重叩きでサバイバーを短時間吹き飛ばした後、再び溜め重叩きでダメージを与える。
    【レベルアップ目標】
    ・1回溜め重叩きでサバイバーを短時間吹き飛ばした後、再び溜め重叩きでダメージを与える。
    ・2回溜め重叩きでサバイバーを短時間吹き飛ばした後、再び溜め重叩きでダメージを与える。

9.神の奇跡

あなたは何を創造する?

  • 結論
    1枚の警報:警察は町の西にある著名発明家ペルシーの実験室内で、2名の青年男性の死体を発見。
    1人はペルシー博士、もう1人は彼の助手のミカエル。2人の致命傷は同じ凶器によるものだった。

    【基礎目標】
    ・マップ内の全てのサバイバーをダウンさせる
    【レベルアップ目標】
    ・マップ内の全てのサバイバーをダウンさせる
    ・マップ内の全てのサバイバーをダウンさせる

10.取捨

完璧な体には、魂が必要とは限らない。

  • 結論
    1つの空の棺。棺の内側には鈍器による傷跡が残されている。

    【基礎目標】
    ・260秒以内にサバイバーを1人脱落させる
    【レベルアップ目標】
    ・260秒以内にサバイバーを1人脱落させる
    ・260秒以内にサバイバーを1人脱落させる

衣装

UR

  • 征服
    機械技術の魅力に溺れ、己の体を再構築する苦痛と機械の力を掌握する快感に溺れ、彼は機械より授かったこの強さを貪っていた。
    (ショップ)

SSR

携帯品

SSR

  • 灰燼
    高温で錬成された残酷な獄卒。
    特殊効果:スキルエフェクトの切替
    (ショップ)

その他

  • 紹介動画より
    落ち着け、衝動的になるな
    ここはお前が思い込んでいるような世界ではない
    これはなんだ?
    私は間違っていたのか?
    いや、待てよ
    なるほどこれが足りなかったのか
    これは最高の傑作になるだろう
    必ず蘇らせてみせる
    君は信じているか?
    私はこの世で最も偉大な医者になるのだ
  • 公式Twitterより
    【創作したハンター-アンデッドの着想は?】
    悲劇的な物語、そしてフランケンシュタインのクラシックなゴシック風ホラーのイメージが、
    アンデッドをデザインするインスピレーションになりました。
    【アンデッドのデザインを通して、ユーザーに伝えたいものは?】
    圧倒的な力強さと、縫い合わせた身体のインパクトを表現したい

※アシュレイ・ウッド(キャラデザを担当したイラストレーター)へのインタビュー

  • 公式Twitterより
    彼は制御不能で対話が難しい。
    そもそも自分で制御する気がないのやも…紳士然とはしているのだがね。
    (⁼|◎ ◎|⁼)<あの爺さんは厄介な物を作り上げるよ…
    (Twitterにてペルシ―が返信しないことについて)
  • 公式Twitterより
    アレに言葉を伝えたいとは酔狂な奴じゃのぉ。
    然し難しい…否、無駄じゃろうな。話せはするが、会話をする気がない。
    今のヤツは自らの身体を試す事、誇示する事しか考えておらん。
    椅子に縛り付けることなく、逃がしては狩りを繰り返しておる。
    ≺(⁼◎ʖ☼⁼)≻<ひひひ…全く悪趣味なヤツじゃて…
    (Twitterにてペルシ―に好きと伝えたいというリプに対して)

まとめ

本名

ペルシー(日本語)
珀西(中国語)
Percy(英語)

職業

発明家

役職

「アンデッド」(日本語)
"博士"(中国語)
"Undead"(英語)
"박사"(韓国語)

人間関係

  • ミカエル
    ペルシーの助手。イニシャルはM.Sと思われる。
    助手として死者蘇生の発明を手伝っており、タイミングに着目して研究をすすめている。
    「奇跡を起こす」という遺書を残し死亡した。
  • A.C、R.R
    ペルシーとミカエルの取引相手。
    A.Cはペルシー(P.S)・ミカエル(M.S)の両者と取引している、取引内容はLH、RH、RL、LLなどの文字で分類された石板。
    R.Rはミカエルのみと取引している。取引内容はステーキで、産出時間が詳しく記録されている。

参考文献

コメント