孤月女学校調査

Last-modified: 2021-07-22 (木) 08:59:48

※ガチャの方はこちら

孤月女学校調査~「裏切り者」たちの誓約~



※当イベントは中国版の3周年イベントなため、内容は全て有志が翻訳したものになります

イベントストーリー

序章-アナからの手紙

探偵:この記録ファイルは日記とは違い、荘園の外で起こった出来事を記録したようだ。
探偵:これは?孤月女学校……作者は私と同じ、探偵らしい。

原文

原文
侦探:这些记录出看上去与那些日记有所不同,记录的似乎是发生在庄园外的事情。
侦探:这篇是?孤月女校……这个作者看起来应该和我一样,是个侦探。

  • アナからの手紙(1)/1月5日
    親愛なる「トゥルース」:
    今日から新生活が始まります。
    養父母は私を孤月女学校に送りました。
    優美な美的センスを持つ淑女を育成することを目的とした貴族の女子校です。
    湖の中心に島があるため1月に2回しか船の行き来がなく、私たちの手紙に影響が出るかもしれませんが心配しないでください。

    原文

    原文
    亲爱的“真相”:
    从今天开始,我就要开始全新的生活了,养父母将我送到了孤月女校,这是一所以培养具备高雅审美情趣的淑女为目的的贵族女校,位于一座湖心岛之上,一月只有两班航船往来,也许我们的通信会受到一些影响,不要为我担心。

  • アナからの手紙(2)/2月5日
    親愛なる「トゥルース」:
    学校生活は思っていたよりも面白いです。
    この学校は私の血筋の中にある天賦を奮い立たせたーー
    少なくともこの学校のスポンサーはそう言っていました。
    彼は才能溢れる教授を紹介してくれて、私はそれらの渦中にいます。
    もちろん文学や音楽の優秀な先生もいます。
    でも私が本当に願うのは、あなたもここにいればいいのに、ということです。

    原文

    原文
    亲爱的“真相”:
    校园生活比我想象的有趣,这所学校似乎激发了我血脉之中的天赋一一
    至少这座学校的赞助人是这么说的,他甚至为引荐了一位才华横溢的教授,而我,沉潮其中。
    当然,这里也有在文学和音乐方面很出色的老师,真希望你也能在这里。

  • アナからの手紙(3)/3月5日
    親愛なる「トゥルース」:
    最近巷で流行っている愛の悲劇を読んだことがありますか?
    孤月の騎士です。
    私は今日知ったのですが、この迫力ある愛の悲歌を生み出した作者はなんと私たちの学校から来たのです。
    学校の所在地である古城からインスピレーションを得たそうです。
    その伝説について詳しく説明すると「弦の音が鳴り始めた時、運命の人が月光の扉を開け、城の最も高いところで月のそばにやってくる」というものです。

    原文

    原文
    亲爱的“ Truth”:
    不知你是否阅读过最近坊间很时兴的那部爱情悲剧一一
    孤月骑士,今天我才知道,创造出这扣人心弦爱情悲歌的作者竟然来自我们学校,而灵感来源则是学校所在的古堡。
    那个传说也深深让我着述:''
    “弦音响起之时,命定之人将揭开月光的门扉,于城堡最高处,踏月而来。”

  • ヘーベーからの手紙/3月25日
    親愛なる「トゥルース」:
    切迫のあまり、堅苦しい儀礼を省略する失礼を許してください。
    私は「ヘーベー」、「アンコール(あなたの知るアナ)」のルームメイトであると同時に、私の両親は彼女を引き取った人物です。
    両親は私たちを一緒に孤月女学校に送り、彼女は私の面倒を見てくれました。
    しかし最近「アンコール」はおかしくなってしまったのです。
    ある人は彼女が愛に囚われていると言い、ある人は彼女が呪われてしまったと言います。
    両親は海外に住んでいるため、校監が一時的に私たちの保護者を努めています。
    彼らは話し合った結果、来月精神病院に「アンコール」を送るそうです。
    あなたはその恐ろしさを私よりよく知っているでしょう。
    今、彼女は校監によって高塔の中に閉じ込められています。
    私たちには時間がありません、彼女を助けに来てください。
    孤月女学校は外部の人間が入ることができません。
    しかし、私はアナの事故で体調が悪くなったので、両親を通して取り急ぎお付きのメイドを招く機会を申請しました。
    あなたはこの身分で学校に入ることができるでしょう。メイド服を同封します。

    原文

    原文
    亲爱的“真相”:
    冒昧叨扰,然而我的急切之心已让我无法顾及那些繁文缛节,我是“赫伯”,“安可”(你所认识的安娜)的室友,同时,我的父母也是她的收养人,我父母将我们一起送来孤月女校,她地负责照顾我,然而最近,“安可”疯了,有人说她为情所困,有人说她被诅咒了,我的父母常居海外,校监暂代我们的监护人,他们商量决定,下个月将“安可”送去疯人院,那里的可怕之处想必你比我清楚,现在她被校监关在塔楼里,请来救救她,我们剩下的时间不多了。
    孤月女校不允许外人进入,因为安娜出事,我身体不便,因此,通过我的父母,我申请到了招徕一个贴身女仆的机会,你可以此身份进入学校,随信附上女仆制服。

第一章-女子校の疑惑

  • 1.校監夫人
    校監夫人:孤月古城へようこそ。
    校監夫人:ヘーベーはまだ授業中ですので、図書室に行って彼女を待つと良いでしょう。
    校監夫人:しかしその前に、あなたは学校についての注意事項を読む必要があります。
    校監夫人:私たちは「ヘーベー」の両親に免じて特別にあなたを入れています。
    あなたがトラブルを起こさないことを願っています。
    【注意事項を読む】

    孤月女学校の紹介
    1.校内では身分階級は存在せず、あなたの姓はただの符号に過ぎない
    2.互いにコードネームで呼び合わなければならない
    3.許可なく授業を欠席してはいけない
    4.物資船は金曜日に学校に来るため、学生はこの時に手紙と物品を郵送することができる
    5.許可なく学校を離れてはいけない
    6.午後10時以降は主活動区から離れることはできない
    7.許可なく未解放区域に行ってはいけない(主塔、側塔、地下牢区域を含む)
    8.学生はペットを飼ってはいけない
    9.先生たちと密な付き合いを持ってはいけない
    「私」:わかりました。図書室に連れて行ってください。

    原文

    原文
    校监:欢迎来到孤月古堡
    校监:“赫伯”还在上课,你可以先去读书室等她
    校监:不过在此之前,你需要阅读一些关于学校的注意事项
    校监:我们是看在“赫伯”父母的面子上破例让你来到这里,希望你也不要为我们造成麻烦
    【阅读注意事项】
    孤月女校的介绍
    1.校内无身份阶级,你的姓氏只是符号
    2.互相之间需以代号相称
    3.不许无故旷课
    4.物资航船周五会前来学校,学生可于此时间邮寄信件和物品
    5.不得私自离校''
    6.晚上10点以后,不允许离开主活动区
    7.不许私自前往未开放区域(包括主塔楼,侧塔楼,地牢区域)
    8.学生不许饲养宠物
    9.不要与你的老师们交往过密
    “我”:我已经知道了,请带我去阅读室吧

  • 2.校監夫人(2)/図書室
    校監夫人:ここで彼女を待つように。
    最近は「タレイア」が彼女を授業に送る役目を担っていますが、今後はあなたが担当することになります。
    (そう言った後、校監夫人は立ち去った)

    原文

    原文
    校监:你在这里等她吧,最近都是由“塔利亚”负责送她上课,之后就交由你负责了。
    (说完,校监就离开了)

  • 3.Missトゥルース/図書室
    【図書室の調査開始】※タップしてアイテムを調査します

    Missトゥルース:蔵書が豊富な図書室だ。今は誰一人いない。
    Missトゥルース:何冊かの年代物の絵の本。
    Missトゥルース:紹介されているのはショーソン家出身の女画家で、別の人が描いたいくつか彼女の肖像画がある。
    絵は貴族の生まれと思われる金髪の女性で、常に仮面を着けている。
    Missトゥルース:彼女の絵の技法を紹介する参考書もあり、さりげなく捲ると本の表紙に水仙模様の蔵書印がある。
    Missトゥルース:棚にはたくさんの本があるが、特に芸術方面、音楽や絵画、彫刻は全て揃っている。ほとんどが珍しい蔵書。
    Missトゥルース:卓上に並べられているのは「孤月の騎士」の小説の原稿で、丸められた原稿用紙が私の注意を引いた。
    Missトゥルース:開いてみると、「弦の音が鳴り始めた時、運命の人が月光の扉を開け、城の最も高いところで月のそばにやってくる」と書いてあり、字の上から円が描かれている。

    原文

    【开始调查阅读室】
    “我”:这是一件藏书丰富的阅读室,此时空无一人。
    真相小姐:一本看着有些年头的绘画书籍。''
    真相小姐:个绍了一位来自肖颂家族的女画家,还有一些别人为她画的画像,画像上是一位看起来出身显赫的金发女性,常年戴着面具。
    真相小姐:还有一些介绍她绘画技巧的工具书,我随意翻了一下,书籍扉页上有一枚水仙图案的藏书章。
    真相小姐:书架上有非常多的藏书,特别是艺术方面的,音乐,绘画,雕塑都有,很多是稀有藏书。
    真相小姐:而许多音乐和绘画相关的藏书扉页都有那枚水仙图案的藏书章
    真相小姐:桌上摆放的全都是名为《孤月骑士》小说的书稿,有一张被揉做团的稿纸引起了我的注意。
    真相小姐:我打开看了看,上面写着:“弦音响起之时,命定之人将揭开月光的门扉,于城堡最高处,踏月而来。”,揭字上被画了一个圈。

  • 4.文学教授/図書室
    文学教授:ここは私の個人用デスクだ。動くな、お前は誰だ?
    (上品な服装の紳士が私の目の前に現れた。私を警戒しているように見える)
    「私」:こんにちは。私は今日来たばかりのヘーベーのお付きのメイドです。
    「私」:私はあなたの本のファンです。
    孤月の騎士伝説にとても興味があって、あなたと交流したいと思っていました。
    聞くところによれば、あなたの物語には元になったものがあるとか?

    原文

    原文
    文学教授:这是我私人的书桌,请勿乱动,你是谁?
    (一位穿着儒雅的先生出现在我面前,看起来对我充满了警惕。)
    “我”:您好,我是赫伯的贴身女仆,今天刚来的。
    “我”:我是您的书迷,对孤月骑士的传说很感兴趣,希望能与您交流,听说您的故事是有原型的?

  • 5.文学教授(2)/図書室
    文学教授:では聞こう、君はラブストーリーとサスペンスストーリーのどちらがお好みかな?
    「私」:うーん……まずはラブストーリーが聞きたいです。
    文学教授:1人の王の騎士は彼が見張っていた前王の王女に恋をしたが、その愛は世間に受け入れられることはなかった。
    文学教授:王の騎士は自身の功績と肩書きを捨てることを決心し、王の娘と密かに結婚しようとした。
    文学教授:しかし結婚前夜、王女は王の騎士が自身のために払った犠牲を知り、彼女を幽閉する高塔から飛び降りて自殺してしまった。
    文学教授:王女の亡骸を抱いてやって来た騎士は悲しみに打ちひしがれ、自ら王女の葬儀を行い、他の者が手を出す事を許さなかった。
    文学教授:高塔は閉鎖されて立ち入り禁止となっていたが、自身の懐古に浸るために夜のほとんどを塔で過ごしていた。
    文学教授:月明かりに照らされたある夜、召使いたちは高塔から王女が一番好きだったヴァイオリンの曲が流れてくるのを聞き、久しぶりに騎士が塔から降りてきた。
    文学教授:翌日、嫌な予感がした男の使用人が塔に向かったが、騎士の姿はない。
    文学教授:慌てた使用人はあちこちを探し回り、最後に湖から騎士の遺体が引き上げられた。
    文学教授:それから高塔には、月夜にヴァイオリンの音が鳴り響く時、騎士は愛する霊魂を見つけにやってくるという伝説が残った。
    「私」:サスペンスストーリーは?
    文学教授:サスペンスストーリーはラブストーリーから続くもので、騎士の死後、人々が古城を掃除した際に2つのものがなくなっていたらしい。
    文学教授:1つは王女の家宝、もう1つは騎士のヴァイオリン。
    文学教授:騎士が隠したとも、王女の死後に行方不明になった王女のメイドが持ち去ったとも言われている。
    文学教授:捜索が無駄に終わった後、騎士の8人の友人は2つの所在を見つけた者はそれらを手に入れることができるという声明を発表した。
    「私」:家宝とは?
    文学教授:非常に大きな青色の宝石らしい。ショーソン家の当主がが代々着用していたそうだ。
    「私」:手がかりはないのでしょうか?
    文学教授:私がこれまで出会った中でこの話に夢中になった人間は君が2人目だ。残念なことに1番目はもう……
    「私」:アンコールですか?
    文学教授:(うなづく)
    文学教授:当時の唯一の手がかりは、騎士が自殺した後に騎士の使用人が見つけた。
    高塔で見つかった騎士の遺書には次のように書かれていた。
    文学教授:弦の音が鳴り始めた時、運命の人が月光の扉を開け、城の最も高いところで月のそばにやってくる。
    【その時、授業終了の鐘が私たちの会話を中断した。文学教授は図書室から出て行った】
    やがて、1人の年若い少女が車椅子に座っている少女を押して図書室に入って来た。

    原文

    原文
    文学教授:可以这么说,那么你更喜欢爱情故事,还是悬疑故事呢?
    “我”:或许……可以先讲讲爱情故事
    文学教授:一位国王骑士,爱上了被他看守的前朝王女,然而这段爱情不被世人接受,
    文学教授:国王骑士决定舍弃功勋和头衔,与王女秘密结婚,
    文学教授:可结婚前夜,王女得知国王骑士为自己做的牺牲,从幽禁她的塔楼,跳楼自杀了。
    文学教授:赶来的骑士抱着王女的尸骸,悲痛欲绝,他亲自操办了王女的后事,不许别人插手,
    文学教授:又关闭了塔楼,不许其他人进入,自己却经常前往怀念,一呆就是大半夜,
    文学教授:直到一个月夜,仆人们听到王女最爱的提琴曲从塔楼传来,之后很久都不见骑士下来,
    文学教授:第二天,心中有不好预感的贴身男仆去往塔楼,却不见骑士的身影,
    文学教授:慌乱的仆从四处寻找,终于在湖中打捞出了骑士的遗体,
    文学教授:自此,塔楼就留下了传说,月夜,琴声响起之时,骑士就会来寻找他深爱的那缕幽魂。
    “我”:那么悬疑故事呢?
    文学教授:悬疑故事接着爱情故事,骑士死后,人们清理了这座古堡,但有两样东西不知所踪,
    文学教授:一个是王女的传家宝,一个是骑士的提琴。
    文学教授:有人说是被骑士藏起来了,有人说是被王女死后就不知所踪的王女贴身女仆带走了,
    文学教授:遍寻无果后,骑士的八位友人就发表了声明,说如果有人能找到这两样东西的下落,就可以得到它们。
    “我”:传家宝是什么?
    文学教授:据说是一块非常大的蓝色宝石。肖颂家族每一代家主都会佩戴它。
    “我”:还有其他线索么?
    文学教授:你是我遇到第二个对这个故事这么痴迷的人。只可惜第一个已经……
    “我”:是安可么?
    文学教授:(点了点头)
    文学教授:当时,唯一的线索,是骑士的贴身男仆在骑士自杀后,于塔楼发现的骑士的遗书,上面写着:
    文学教授:弦音响起之时,命定之人将揭开月光的门扉,于城堡最高处,踏月而来。
    【此时,下课铃声打断了我们的交谈,文学教授离开了阅读室】
    不久,一个年轻的女孩推着另一个坐在轮椅上的女孩进入了阅读室

  • 6.ヘーベー/図書室
    ヘーベー:「トゥルース」、来てくれて嬉しい。
    ヘーベー:ありがとうタレイア、ここまでで良いわよ。
    Missトゥルース:意外なことに、ヘーベーは車椅子に座っている少女であり、とても幼く見える。
    Missトゥルース:彼女がタレイアと呼んだ少女は背が高く、明るそうで、見た限り良い教育を受けているようだ。
    Missトゥルース:ヘーベーは入り口で彼女に別れを告げ、タレイアは私たちのために扉を閉めてくれた。
    ヘーベー:あなたが来てくれてよかった。トゥルース、早速だけど何か手伝えることはある?

    原文

    原文
    赫伯:“真相”真高兴你能来。
    赫伯:谢谢你塔利亚,送我到这就可以了。
    真相小姐:出乎意料的,赫伯是一个坐在轮椅上的少女,看起来非常年幼
    真相小姐:而被她叫做塔利亚的女孩,身材高挑,气质疏朗,一看就是受过良好教育。
    真相小姐:赫伯在门口与她告别,塔利亚为我们关上了门
    赫伯:你能来真是太好,真相,事不宜迟,我能帮到你什么?

  • 7.ヘーベー(2)/図書室
    ヘーベー:孤月女学校が建立されたのは10年前、校舎のある城は孤月古城というの。
    孤月古城は昔ショーソン家の所有だったけれど、転々とした後、メロディー家に受け継がれた。
    およそ10年前にメロディー家の当主が女子校に改築して、今の学校はメロディー家から支援を受けているそうよ。
    ヘーベー:思い出して、ここではアナと呼ばないと言ったこと。
    学校の創設者は私たちに身分を与える姓はただのシンボルに過ぎないと固く信じているの。
    だから私たちは普段コードネームで呼び合う。
    ヘーベー:「アンコール」は私と一緒に入学したわ。
    彼女は聡明で、好奇心旺盛で、事件が起こる前は教師全員が彼女をよく見ていた。
    「私」:あのこと?
    ヘーベー:(ヘーベーは困ったように見えたが、心の中で整理をした後、話を続けた)
    ヘーベー:ある深夜、アンコールは高塔で芸術学助教と密会していた時にクレイオーにばったり出会ってしまったの。
    ヘーベー:その関係は学校では許されないものだった。
    でもアンコールのために、芸術学助教が自分から辞任することを文学教授と私が保証したから、彼女はなんとか留まることができた。
    「私」:それが彼女の狂気の理由?
    ヘーベー:わからない……
    ヘーベー:先月の中旬、校監夫人は夜の巡回中に高塔の中でアンコールを見つけたわ。
    彼女はソファーに座ってぼうっとしていて、窓の外の月をぼんやりと眺めていたそうよ。
    ヘーベー:校監夫人は彼女を連れ出そうとしたけれど、塔を離れた途端に悲鳴をあげるものだから、仕方なく彼女を高塔に閉じ込めて学校のスタッフが見張っているの。
    「私」:彼女はその前におかしな行動をしていた?
    ヘーベー:芸術学助教が去ってからよ、彼女がおかしくなったのは。
    彼女は孤月伝説の関連文献に夢中になって、よく夜中に高塔に行っていたの。
    ヘーベー:皆は彼女が深く傷ついたからだって言ったわ。あるいは……孤月伝説の呪いだって。
    「私」:呪い?
    ヘーベー:詳しいことは文学教授に聞いたほうが良いんじゃないかしら、以前はよく彼を探して孤月伝説にまつわる話をしていたから。

    原文

    原文
    赫伯:孤月女校始建于10年前,校址所在的城堡是孤月古堡,孤月古堡之前为肖颂家族所有,后历经流转,由梅洛迪家族接手,大概十年前这一代梅洛迪家族的当家将其改建成女校,现在学校接受梅洛迪家族的赞助。
    赫伯:请记住,这里不要称呼安娜,
    赫伯:我们一般以代号相称,因为学校的创办者坚信,那些赋予我们身份的姓氏,只是一个符号罢了,
    赫伯:“安可”是跟我一起入校的,她很聪明,兴趣广泛,在那件事情发生前,所有的老师都很看好她。
    “我”:那件事情?
    赫伯:(赫伯看起来有些为难,做了一些心理建设后,继续说道)
    赫伯:有一天深夜,安可跟艺术学助教在塔楼约会,被克利俄撞见。
    赫伯:这种关系在这所学校本是不被允许的。但因为艺术学助教主动辞职,文学教授和我为安可担保,她才得以留了下来。
    “我”:这是她疯狂的理由么?
    赫伯:我不确定……
    赫伯:上个月月中,校监夜巡时又在塔楼发现了安可,她呆呆地坐在沙发上,看着窗外的月亮发呆,
    赫伯:校监试图将她带离,但一旦离开塔楼,她就尖叫不止,没有办法,校监就将她关在了塔楼,由校工看守。
    “我”:她之前有什么反常的举动么?
    赫伯:艺术学助教离开后,她有一些反常,她沉迷与孤月传说相关的文献,还经常半夜跑去塔楼。
    赫伯:其他人说她是情伤太深,也有人说……这是孤月古堡的诅咒
    “我”:诅咒?
    赫伯:具体你可以去问问文学教授,之前它可经常找他讨论孤月传说相关的东西。

  • 8.ヘーベー(3)/図書室
    ヘーベー:あちこち見回っても良いけれど、暗くなる前には帰ってきてね。
    校監夫人に見つかると私がチェックされて、3回チェックされたらあなたは学校から追い出されてしまうわ。
    ヘーベー:それから、ちょっとお手数をかけるけど、アトリエに行ってナルキッソス先生から私の絵を受け取ってきてくれないかしら。
    忘れてきてしまったの。

    原文

    原文
    赫伯:你可以四处看看,但记得要在天黑前回来,不然被校监看到,我会被记过,三次记过,你就会被赶出学校
    赫伯:另外,能不能麻烦你帮我去画室找纳西瑟斯老师取一下我的画稿,我忘记拿过来了。

  • 9-10.地図

    「私」:左右のラウンジに繋がる階段があり、右側は学生用のラウンジ、左側は教師のラウンジに繋がっている。
    「私」:見た限りでは、ホールにある大門はここから出る唯一の出口みたい。
    「私」:ホールの東北の角には高塔に通じる狭い道があって、凶悪で強そうな男が見張っている。
    「私」:正面の主階段は2階の寮に通じている。
    「私」:時間がない、さっきのヘーベーの頼み事の絵を持ってこないと。

    原文

    原文
    “我”:左右各有一条通往休息区的楼梯。右边通往学生的休息区,左边通往老师的休息区。
    “我”:大厅的大门,是离开这里的唯一出口,至少看起来如此。
    “我”:大厅东北角有一条通往塔楼的窄道,有一个面象凶狠的强壮男人在看守。
    “我”:正面主楼梯通往楼上的宿舍
    “我”:时间不早了,还是先去帮赫伯拿画吧

  • 11-12.Missトゥルース(2)/アトリエ
    【アトリエ】
    芸術学教授であるナルキッソスの絵画の授業の教室で、学生たちは時折ここで自由に創作する。
    ※タップしてアイテムを調査します

    「私」:アトリエは絵画でいっぱいだった。
    ホールの中心にある風景画を除き、アトリエの絵は肖像画が中心だ。
    アトリエの中では奇妙な格好の人物が絵を描いている。
    「私」:(彼は派手な宮廷服を着ていて、まるで肖像画から歩いて出てきたようだ。とても若く見えるのはここが女子校だからかしら)
    「私」:巨大な月が湖面に映っている。月の右側にあるのは孤月古城だ。

    原文

    原文
    【画室】
    艺术学教授纳西瑟斯的绘画教学教室,学生们偶而也会在这里进行自由创作。
    “我”:画室里摆放着满屋画作,除了大厅中央的风景画外,整座画室里的画作以肖像画为主,画室中,有一个穿着奇怪的人正在画画。
    “我”:(他穿着一身浮夸的宫廷服饰,看起来就像从那些肖像画里走出来的。他看起来非常年轻,但考虑到这是女校。)
    “我”:巨大月亮倒映在湖面,月亮的右侧是孤月古堡。

  • 13.ナルキッソス/アトリエ
    「私」:ナルキッソス…先生?
    ナルキッソス:君は新入生?女の子たちには前から言ってるけど、僕のことを先生と呼ぶ必要はないよ。
    「私」:恐縮です。私はヘーベーの新しいお付きのメイドです。
    ナルキッソス:姓は単なるシンボルって彼は言ってたけど、特権はどこにでもあるんだね。
    「私」:アンコールがいなくなって、ヘーベーが1人で生活するのは不便なのです。
    ナルキッソス:(ナルキッソスは手のペンを止め、頭を回転させて私を見た)
    ナルキッソス:君はアンコールとは似ていないね。
    ナルキッソス:忘れて、この話は終わりだ。
    君が来たのはヘーベーの絵を取りに来るため?彼女の新しい絵の下書きはもう完成したの?
    ナルキッソス:前のはそこにあるよ、彼女が継続するための「霊感」を早く見つけられるといいけど。
    「私」:(私はお礼を言って彼の言ったヘーベーの油絵を持って行った。それは未完成の肖像画だった。)
     ※ヘーベーの絵

    原文

    原文
    “我”:纳西瑟斯……老师?
    纳西瑟斯:你是新来的学生么?毕竟我早就跟姑娘们说过,不要叫我老师了。
    “我”:抱歉,我是赫伯新来的贴身女仆。
    纳西瑟斯:虽然他说姓氏只是符号,但看起来特权仍是无所不在。
    “我”:安可不在,赫伯独自生活总会有些不便。
    “我”:(纳西瑟斯停下手中的笔,转头打量起我来。)
    纳西瑟斯:你跟安可并不像。
    纳西瑟斯:算了,不说这个,你是来拿赫伯的画的么?她新的画稿已经起草完了么?
    纳西瑟斯:上一幅在那边,希望她能快一点找到继续的“灵感”。
    “我”:(我道了谢,拿走了他指向的那一幅赫伯的油画,那是一幅还未完成的肖像。)

  • 14.ヘーベー(4)/図書室
    「私」:彼女の絵についてヘーベーに聞いてみよう。
    ヘーベー:ああ、あれは王女の肖像画の模写よ。
    ヘーベー:あの絵?あれはナルキッソスが模写したもので、元の絵は高塔にあるわ。
    ヘーベー:騎士の死後、人々は高塔の中で2つの絵を見つけた。1枚は風景画で、もう1枚は王女の肖像画。
    「私」:塔の上から絵を直接持って来ないのはなぜ?
    ヘーベー:高塔は最初の状態を維持していて、メロディー家が中の物を動かすことを禁じているの。
    「私」:2枚の名画は?
    ヘーベー:風景画は王女の作品と判断されているわ。
    彼女は絵の才能があるけれど、私は王女の肖像画の方がもっと興味深いと思うのよ。
    「私」:なぜ?
    ヘーベー:秘密。
    ヘーベー:(彼女は艶めかしく瞬きをした)
    ヘーベー:でもその風景画はとても興味深いわ。光に照らされている時、月が違って見えるの。
    「私」:その絵は今どこに?
    ヘーベー:高塔の上よ。
    「私」:アナ…アンコールって言うべきかしら。彼女に会うために塔に行く方法はないの?
    ヘーベー:(ヘーベーは困ったように首を横に振った)
    ヘーベー:校監夫人が今の彼女は危険だって判断したから、今は学校のスタッフに見張られていて私たちは近づけないの。クレイオーを除いて。
    「私」:クレイオー?
    ヘーベー:私たちのクラスメイトの1人。
    アンコールとはずっと仲が良くて、アンコールが初めて発病した時は彼女も慰めてくれたわ。
    ヘーベー:だから校監夫人は、週に1回だけクレイオーがアンコールを訪問することを許したの。

    原文

    原文
    “我”:问问赫伯关于她的画吧
    赫伯:啊,这就是那位王女肖像的临摹作品。
    赫伯:那幅画?那幅画是纳西瑟斯临摹的,原画在塔楼里,
    赫伯:骑士死之后,人们在塔楼里发现了两幅画,一副是那副风景画,一副是王女的肖像。
    “我”:为什么不直接把塔楼上的画取下来呢?
    赫伯:梅洛迪家族不允许动里面任何东西,塔楼一直都保持着最初的样子。
    “我”:那是两幅名画么?
    赫伯:风景画据判断是王女的作品,她在绘画上极有天赋,不过我一直觉得那副王女肖像要更有趣一些。
    “我”:为什么
    赫伯:秘密。
    赫伯:(她娇俏的眨了暖眼睛)
    赫伯:不过那幅风景画很有趣,如果被光线照射的话,那个月亮就会变得不一样。
    “我”:现在那幅画在哪?
    赫伯:也在塔楼上。
    “我”:我有什么办法可以去塔楼看看安娜……我是说“安可”么?
    赫伯:(赫伯有些为难的摇摇头)
    赫伯:现在安可由校工看守,校监判断她现在非常危险,我们都不被允许靠近那里,除了克利俄。
    “我”:克利俄?
    赫伯:我们一位同学,她一直与安可交好,安可第一次发病,也是她安抚好的。
    赫伯:所以校监每周会允许克利俄探视安可一次。

  • 15.Missトゥルース(3)/図書室
    Missトゥルース:手がかりは複雑だ。アンナに1度会う方法を見つけなければ。
    Missトゥルース:もしかしたらクレイオーに助けてもらえば機会を見つけることができるかもしれない。

    原文

    原文
    真相小姐:线索纷繁复杂,看起来我必须要想办法见安娜一次
    真相小姐:或许我可以找个机会,让那位克利俄,帮帮忙。


しかし、物事は私たちの期待したようには発展しなかった。
その夜、慌ただしい足音が夜の静けさをかき乱し、人々は高塔に押し寄せた。
私が人の流れに従って高塔に到着した時、ろうそくの明かりで高塔の中心しか見えなかったが、床に座り込んだ少女が壁の肖像画を指差した。
「私は見た…見たの…アナが絵の中に入っていくのを。」
他の人の会話から、この少女がクレイオーだということが分かった。
私は高塔を調査したかったが、校監夫人に止められそれぞれの寮に戻るように言われた。
全ての事情は、明日の夜明けに話し合われる。

原文

原文
然而事情并没有加我们预期的发展,当夜纷乱的脚步声打乱了夜晚的宁静,人们向塔楼涌去,
当我随着人流到达塔楼时,只看到烛光下塔楼中央,擁坐在地的少女,指向墙上那幅肖像画。
“我看到……看到…安娜走进了那幅画里。”
从其他人的交谈中我知道这个女孩就是一克利俄。
当我想对塔楼展开调查时,却被校监阻止了,她要求我们全部回到各自的宿舍里,一切事情,等明天天亮了再说。

第二章-孤月伝説

  • 1.校監夫人・ヘーベー/図書室
    翌日の午後、校監夫人は説明のために図書室に集まるように言った。
    校監夫人:ノイズ氏を通報のために派遣しました。3日後には警察が来て、事件は解決されるでしょう。
    ヘーベーの家族にも説明します。
    言い終わると彼女は立ち去ろうとして、私とヘーベーの側を歩く時に意味深長な目でヘーベーを見た。
    校監夫人:ヘーベー、2人きりで話したいのですが。
    ヘーベー:(ヘーベーは私にうなづいて図書室で彼女を待つように言い、校監夫人と図書室から出て行った)

    原文

    原文
    第二天下午,校监要我们到阅读室集合,说明事态
    校监:我已经派诺伊斯先生去报案了,三天后,警察就会来,事情总会解决,我们也会给赫伯的家族一个交代。
    说完她便离开了。
    只是在走过我和赫伯身边时,别有深意地看了赫伯一眼。
    校监:赫伯,我们需要单独谈一谈。
    赫伯:赫伯向我点了点头,她让我在阅读室等她,就由校监推离了阅读室。

  • 2.Missトゥルース/図書室
     ※クレイオーの本
    Missトゥルース:私は再び図書室を観察したが、ヘーベーの隣の机に書いてある名札がクレイオーであることに気づいた。
    Missトゥルース:そこにはたくさんの本があり、不思議なことにそれらは全て点字のものだった。
    Missトゥルース:本棚に近づくと隅で誰かの話し声が聞こえてきた。どうやら文学教授とタレイアのようだ。

    原文

    原文
    真相小姐:我再次观察了这间阅读室,发现赫伯旁边的那张桌子上写的名牌就是克利俄,
    真相小姐:上面摆放着许多书籍,而奇怪的是,它们都是盲文的。
    真相小姐:而当我靠近书架时,听到了角落里有人在交谈,似乎是文学教授和塔利亚。

  • 3.タレイア・文学教授/図書室
    タレイア:先生……あれは呪いよ……クレイオーが言ってた……昨晩ヴァイオリンの音を聞いたって。
    タレイア:アンナもよ……
    文学教授:タレイア、それはただの噂だろう……
    タレイアはまだ不安なようだが、文学教授はこの話題を続けたくないようで、彼女は出て行くしかなかった。
    そして私も立ち去ろうとした時、誤って机にぶつかってしまった。
    文学教授:人の話の盗み聞きとは、淑女のすることではないな。
    「私」:ごめんなさい、不快な気持ちにさせるつもりはなかったんです。
    ヘーベーにここで待つように言われたので、他に行くところがなくて。
    文学教授はしばらく私をじっと見つめたが、やがてこの主張を受け入れたようだった。

    原文

    原文
    塔利亚:老师……是那个诅咒么……克利俄说……她昨晚也听到了琴声。
    塔利亚:安娜也说……
    文学教授:塔利亚,那只是传说……
    塔利亚看起来还是很不安,但文学教授看起来已经不想再继续这个话题,塔利亚也只能离开了。
    而当我也准备离开时,不小心撞到了书桌。
    文学教授:偷听别人说话,可不是淑女所为。
    “我”:对不起,我不是有意冒犯,只是赫伯让我在这里等她,我也没有其他地方去。
    文学教授审视了我一会,最终接受了这个说法。

  • 4.文学教授(2)/図書室
    「私」:呪いについて教えてもらえませんか?
    文学教授:君は本当にその話が好きだな。
    文学教授:前に君に言った話があっただろう。「霊魂探し」の伝説では人の魂を奪うんだ。
    何年もの間、この古城の主人になった人間全員が、奇妙なことに、行方不明になったり魂が抜けてしまったようになったのだ。
    言い伝えによれば、騎士の怨霊が魂を連れて行ってしまったという。
    「私」:最初にアナ……次にクレイオー……。確かに怪しい。
    文学教授:あまり深く考えるな、所詮伝説だ。ノイズが警察を連れて来れば全てが明らかになる。
    「私」:ノイズ?
    文学教授:学校のスタッフだ。以前アンコールの見張りもしていて、クレイオーを最初に見つけたのも彼だ。
    文学教授:彼は街に行って警察とメロディー家に連絡を取っている。明日まで帰ってこないだろう。
    文学教授:そんなに孤月の話に興味があるなら、私の机にある孤月城年代記を読むといい。孤月に関する公式文書だ。

    原文

    原文
    “我”:能不能请教一下,关于那个诅咒是什么?
    文学教授:看起来你对那个故事真的很感兴趣,
    文学教授:就是上次我跟你说的那个故事,所谓:“寻找幽魂”,传说是会带走人的灵魂,
    文学教授:因为这么多年以来,这座古堡每一任主人,似乎都发生过塔楼上有人神秘失踪或者失魂的事件。就被传成,被骑士的怨魂,带走了灵魂。
    “我”:先是安娜……然后是克利俄……。确实很蹊晓
    文学教授:不要想太多,那只是传说,等诺伊斯带警察来,一切也许就会真相大白了。
    “我”:诺伊斯是?
    文学教授:是校工,之前负责看守安可,也是他第一个发现了克利俄。
    文学教授:他去镇里联络警察和梅洛迪家族的人了。要明天才回来。
    文学教授:如果你对孤月堡的故事感兴趣,可以去我桌上翻翻那几本孤月堡地方志。
    都是记录关于孤月堡的官方文献。

  • 5.Missトゥルース(2)/図書室
    そう言って文学教授は立ち去った。
    Missトゥルース:次に私がやるべきことは…
    Missトゥルース:今は高塔の看守がいないから調査の絶好のチャンスだわ。
    明日は警察が来るから簡単に動けないもの。

    原文

    原文
    【调查塔楼】
    说完文学教授就离开了。
    真相小姐:接下来我要
    真相小姐:现在塔楼无人看守,应该是去调查的好时候,明天警察们来了,估计就不好行动了。

  • 6.Missトゥルース(3)/高塔
    【高塔】
    女子校の中でも最も神秘的な場所は、話によればかつて軟禁場所でもあり、許可なく立ち入ることはできない。

    Missトゥルース:このような古城の高塔は私が読んできた様々な物語において、牢屋として使われていることが多い。
    Missトゥルース:しかしここは少し異なり、女性のスイートルームを改装したもののようだ。
    Missトゥルース:レトロな模様の壁紙は前時代に流行っていたデザインだ。古いためか、何箇所か奇妙な黄色の汚れがある。
    Missトゥルース:絵にいるのは華やかな服装の女性だ。
    Missトゥルース:窓は地面から少し離れている。
    Missトゥルース:左の風景画はナルキッソスの模写のオリジナルだろう。
    今回よく見てみると、この絵の奇妙なところに気づいた。絵の中の水の上の月は非常に大きいが、水面に映る月はとても小さい。
    Missトゥルース:高塔のレイアウトの調査を終えて出て行こうとした時、廊下から足音が聞こえてきた。
    Missトゥルース:慌てて私は身を隠す場所を探した。
    (時間内に隠れる場所を探そう)

    ※ソファーの下を選んだ場合
    Missトゥルース:私はソファの下に隠れ、体を低く伏せていた。
    Missトゥルース:ソファの下の隙間から赤い錦の靴を履いた男が高塔に足を踏み入れているのを見たーー芸術学教授のナルキッソスだ。
    Missトゥルース:彼は部屋の中央に立って窓の方を向いて、じっと見つめていたが、歩き出して絵を窓に移した。
    Missトゥルース:すると何かが動かされたが聞こえ、高塔の照明が突然暗くなった。肖像画の下方の一片が照らされている。
    ナルキッソス:なるほど……
    Missトゥルース:彼はそう呟いた。
    Missトゥルース:それからものを動かす別の音があると高塔の光は元に戻り、ナルキッソスは塔から立ち去った。

    ※カーテンの影を選んだ場合
    Missトゥルース:私は左のカーテンの裏に隠れ、ナルキッソスが扉から入ってくるのを見た。
    彼は部屋の中央に立って窓の方を向いて、じっと見つめていたが、歩き出して絵を窓に移した。
    部屋の照明が突然暗くなる。
    絵の中の月から一筋の光束が投影され、ナルキッソスはその光を追って肖像画が飾られている壁の方を向いた。
    ナルキッソス:なるほど……
    Missトゥルース:彼はそう呟くと絵を元の位置に戻し、塔から立ち去った。

    ※以降共通ルート
    Missトゥルース:私は隠れ場所から出て窓の外の空を伺った。ずいぶん長くかかってしまったようだ。
    校監夫人とヘーベーはもう図書室に戻っているかもしれないわ、早く帰らなくちゃ。
    Missトゥルース:10時以降であれば皆寝ているから、(また調査に来る)チャンスだわ。
    Missトゥルース:次に私がやるべきことは…

    原文

    原文
    【塔楼】
    整座女校最神秘的地方,据说曾经是软禁之所,未经许可,不得入内。
    真相小姐:这种古堡的塔楼在我阅读的各种故事里,都是充当囚牢之类的地方,
    真相小姐:然而这里却有些不同,它看起来由一个属于女性的套间改装而成。
    真相小姐:花纹复古的墙纸,像前一个时代流行的款式,有些陈旧,上面还有一些奇怪的黄色旧污
    真相小姐:画面是一位穿着华丽的女性。
    真相小姐:窗口离地有些高。
    真相小姐:左边的风景画,应该就是纳西瑟斯那幅仿作的原作,这次仔细打量,我才发现这幅画奇怪的地方,画中水面上的月亮非常大,但倒映在水面的却非常小。
    真相小姐:调查完塔楼的布局,在我准备离开时,听到楼道里传来脚步声
    真相小姐:慌乱中,我急于找一个地方隐藏自己:
    (请在规定时间内找到可以躲藏的地方)

    ※ソファーの下を選んだ場合
    真相小姐:我躲到了沙发下面,伏低了身体,
    真相小姐:透过沙发下的空隙,我看到一个穿着红色锦缎鞋的人走进了塔楼——是艺术学教授纳西瑟斯。
    真相小姐:他站在中央,面朝窗户的方向打量了许久。然后走了过去,爬上了桌子,
    真相小姐:然后我听到了什么东西被挪动的声音,塔楼的光线忽然暗了下来。肖像划下方,一片区域被照亮
    纳西瑟斯:原来如此……
    真相小姐:我听到他喃喃说道,
    真相小姐:然后,又是一阵东西挪动的声音,塔楼恢复了光亮,纳西瑟斯也随之离开了塔楼。

    ※カーテンの影を選んだ場合
    真相小姐:我躲进了左边的帷幕后,看到纳西瑟斯走进了房门。
    他站在中央,面朝窗户的方向打量了许久。然后走了过去,将那幅画移动到了窗户上。
    房间的光线忽然暗了下来,一道光束透过画中的月亮投射了下来,纳西瑟斯顺着光线看向挂着肖像画的墙面,
    纳西瑟斯:原来如此……
    真相小姐:我听到他喃喃说道,然后把画复归原位,随后离开了塔楼。

    ※ここから共通ルート
    真相小姐:我走出隐蔽位置,看了看窗外的天色,我已经耽搁太久了,校监和赫伯说不定已经快回阅读室了,我要先回去才行。
    “我”:或许我可以换个时间再来调查,什么时间会比较合适呢?
    真相小姐:10点以后大家都会睡下,那会是个好时候。
    真相小姐:接下来我要

  • 7.Missトゥルース(4)/図書室
     ※孤月地方年代記
    Missトゥルース:地方年代記をよく調べてみると、ラブストーリーではなくこの土地の栄衰に関して記録したものだった。
    ここはかつてショーソン家が支配する豊かな小国であり、9つの騎士家が忠誠を誓っていた。
    しかし、ショーソン家の末代の領主は暴君だったため、民の不満が溢れてしまいう。
    最終的にある月の夜、暴君に失望した9人の騎士の内8人の共謀によって港が開かれ、暴君は船で港に入ってきた反乱軍によって倒された。
    幸か不幸か暴君には継承者がおらず、いたのは王女一人だけだ。
    そのため反乱軍の指導者が新たな領主となった。
    新しい領主は血濡れた手の暴君を殺したが娘は殺さず、代わりに王女を1人の騎士と結婚させた。
    しかし、王女は婚礼前に飛び降り自殺し、すぐに騎士も心を病んで亡くなった。
    その後、一握りの復古勢力が敗北した時、領主は王女が新領主の慈悲に感謝しなかったどころか反乱軍と密謀して政権の復古を計画していたことを知った。
    不思議なことに事件当日、反乱軍は王女の到来を待たなかった。
    王女の死の知らせを聞いて散り散りになった兵など恐れるに足らず、すぐに失敗した。

    原文

    原文
    真相小姐:我仔细翻看了一下地方志,与那个爱情故事不一样,这里记录更多的是这块土地的兴衰,
    这里曾是一个富庶的小国,由名叫肖颂的家族主宰,同时有九个骑士家族为他尽忠。
    肖颂的未代领主是一个暴君,因此,民怨四起,最终在一个月夜,对暴君失望透顶的九骑士中的八位合谋打开了港口,暴君被乘船入港的起义军推翻。
    幸或者是不幸,暴君并没有符合家族世袭要求的继承人,只有一位王女,因此,起义军领袖顺理成章地成为了新领主,而新的领主也只是处死了双手沾满鲜血的暴君,并没有杀死他的女儿,反而于不久之后将这位王女赐婚给了一位骑士。
    可王女却在婚礼前坠楼自杀,不久之后,那位骑士也郁郁而终,
    后来在挫败了一小撮复辟势力时,领主才得知,这位王女不但不感恩新领主的仁慈,还勾结叛党密谋复辟,
    但奇怪的是举事之日,叛党没有等到王女到来,却等来了王女的死讯,散兵游勇不足为惧很快就失败了。

  • 8.ヘーベー(2)/図書室
    Missトゥルース:私が図書室に着いて間もなくヘーベーと校監夫人が部屋に戻ってきた。
    ヘーベーは心配そうに見えた。校監夫人は私に彼女の世話を頼んで出て行った。
    「私」:ヘーベー、何かあったの?
    ヘーベー:校監夫人はアンコールは自殺したらしいって言ってたわ……
    クレイオーは刺激されると精神が錯乱して、おかしなことを言い出すって……
    「私」:でもアンコールが自殺するとは思えないわ。クレイオーの証言には致命的な欠陥があると思うもの。

    原文

    原文
    真相小姐:我刚到阅读室不久,赫伯和校监回到了房间。赫伯看起来心事重重。校监叮嘱让我好好照顾她就离开了。
    “我”:怎么了赫伯
    赫伯:校监说,他们觉得安可是自杀了……克利俄受到刺激,精神错乱,才说出那些奇怪的话……
    “我”:虽然我不相信它可会自杀,但我也确实觉得克利俄的证言,有一个致命的缺陷。

  • 9.ヘーベー(2)/図書室
    「私」:ヘーベー、なぜクレイオーの本は点字になっているの?
    ヘーベー:彼女はほとんど失明しているからよ。
    だからものをはっきりと見ることができないし、光だけしか見えないわ。
    「私」:なら彼女がアンコールが「絵の中を歩いている」ところを見る事は不可能よ。
    ヘーベー:彼女は嘘を吐いているってこと?
    「私」:彼女に直接聞いてみましょう。
    ヘーベー:それなら明日まで待たなくちゃいけないわ。
    クレイオーは唯一の証人としてノイスに連れられて町に行っているの。

    原文

    原文
    “我”:赫伯,克利俄的书为什么是盲文的
    赫伯:因为她几乎失明,看不清东西,只能看到光线。
    “我”:所以她是不可能看到安可“走进画里的”
    赫伯:她在撒谎?
    “我”:也许我们可以亲自问问她
    赫伯:那要等到明天,作为唯一的目击证人,克利俄被诺伊斯带去镇上了

  • 10-11.Missトゥルース(5)/地図
    Missトゥルース:日が暮れた頃、私はヘーベーを寝室まで送り皆が寝ている頃を狙って再び高塔へ向かった。
    Missトゥルース:しかし先客がいたようだ。私はナルキッソスが先に高塔に行く階段を登って行ったのを見た。
    Missトゥルース:私は暗がりで待つ他なかったが、真夜中になっても彼は降りてこなかった。
    Missトゥルース:そこで、私は調べるために高塔に行くことにした。

    原文

    原文
    真相小姐:天色将暮,我把赫伯送回了卧室,然后在大家都睡下时,再次去了塔楼。
    真相小姐:但有人先我一步,我看到纳西瑟斯先我一步踏上了前往塔楼的阶梯
    真相小姐:我只能于暗处等待,但直到后半夜,也仍未看到他下来。
    真相小姐:于是,我决定前往塔楼一探究竟。

  • 12.Missトゥルース(6)/図書室
    【高塔】
    孤月の下の高塔には、多くの秘密が隠されている。
    Missトゥルース:必死に高塔の部屋を押し開けたところで目に映ったのは、月光の下でパタパタと風の音を立てるスイートルーム、そして響き渡る笛の声。
    Missトゥルース:ナルキッソスが、消えた……

    原文

    原文
    【塔楼】
    孤月之下的塔楼,掩藏着太多秘密。
    真相小姐:我孤注一掷推开塔楼的房间,映入眼帘的,只有月光下风声猎猎的套间,和耳边回响的汽笛声。
    真相小姐:纳西瑟斯,不见了……

第三章-「裏切り者」たちの誓約

  • 1.ヘーベー・校監夫人・文学教授/アトリエ
    Missトゥルース:翌日、校監夫人が私たちをアトリエに招集した。
    警察が来たのかと思ったが、警察どころかノイズも帰って来ておらず、クレイオーは街で治療を受けてから戻ってくるらしい。
    Missトゥルース:同時にナルキッソスが姿を消した。
    Missトゥルース:校監夫人が彼の寝室を調べたところ重要な物が全て持ち去られていたことから、この失踪が長期間計画されていたものであることは明らかだ。
    Missトゥルース:私がナルキッソスの事件について話そうとすると、ヘーベーが私を脇に引っ張っていった。
    ヘーベー:今は言っては駄目よ、忘れたの?深夜の外出は校則違反よ。
    ヘーベー:アンコールとクレイオーの遭遇を思い出して。きっとあなたも狂ってしまったと思われてしまうわ。
    「私」:私はヘーベーの言ったことにも一理あると思い、しばらくは静観することにした。
    Missトゥルース:文学教授は警察に知らせるために街に行くことを志願し、今日中に戻ることを約束した。
    Missトゥルース:彼は非常に信頼があるようで、校監夫人も同意した。
    Missトゥルース:文学教授が船で去った後、校監夫人は皆に寝室に戻るように言った。
    Missトゥルース:ただしヘーベーはアンコールを偲ぶために私を連れて高塔に入ることを許可された。

    原文

    原文
    真相小姐:次日,当校监召集我们来到画室时,我们以为是警察来了,但没有警察,连诺伊斯也没有回来,到是克利俄被镇上的医护送了回来。
    真相小姐:同时消失不见的还有纳西瑟斯。
    真相小姐:校监搜查了他们俩的卧室,发现重要的物品都已经被带走,很显然,这是一场蓄谋已久的潜逃
    真相小姐:当我正准备说出纳西瑟斯的事情时,赫伯把我拉到了一边
    赫伯:暂时不要说,忘了么?深夜出行是违反校规的,
    赫伯:还有你忘了安可和克利俄的遭遇了么?他们会以为你也疯了。
    “我”:我觉得赫伯说的有一些道理,决定暂时静观其变。
    真相小姐:文学教授自告奋勇前往镇上通知警察,并许诺会在今天返回,
    真相小姐:显然,他在这里很有公信力,校监同意了。
    真相小姐:文学教授乘船离开后,校监要求所有人返回卧室,
    真相小姐:但赫伯以想缅怀安可为由,被允许带着我一起前往了塔楼。

  • 2-3.ヘーベー(2)/高塔
    「私」:私はアンコールは死んでいないと思う。
    Missトゥルース:(私はヘーベーをスイートルームのソファに腰掛けさせて言った。)
    ヘーベー:なぜ?
    「私」:彼女は何らかの方法で出て行ったのよ、ナルキッソスと同じように。
    旅行鞄を持って自殺する人なんていないってことよ。
    ヘーベー:(ヘーベーは頷いて)でも、彼らはどうやって塔を出て行ったのかしら。
    Missトゥルース:スイートルームを見回していると、昨日の午後のナルキッソスの行動を思い出した。
    彼はここで何を見つけたのだろうか?
    「私」:あの日の午後の調査の時、ナルキッソスはここで何かの答えを見つけていた。
    彼のやっていたことをを真似してみてもいいかもしれないわ。
    Missトゥルース:窓を登ると横には風景画があり、塔に面した崖の上には灯台があった。
    私が窓を絵で覆うと、絵の中の月を通して一筋の光が照らされてきた。
    Missトゥルース:ナルキッソスはここで何を見つけたのか?
    Missトゥルース:その光に沿っていると、肖像画の下に光の円を見つけた。
    Missトゥルース:歩いて行ってよく観察してみたが、特に変わったところはなかった。

    原文

    原文
    “我”:我相信安可没有死
    真相小姐:(我将赫伯安置到套房的沙发上说道。)
    赫伯:为什么
    “我”:她应该是像纳西瑟斯一样,用什么方式离开了。毕竟,没有人会带着行囊自杀。
    赫伯:(赫伯点点头)可他们怎么从这塔楼离开的呢。
    真相小姐:我环视这间套房,回忆着纳西瑟斯昨天下午的行径,他在这里发现了什么呢?
    “我”:那天下午调查的时候,纳西瑟斯似乎在这里得到了什么答案,也许我可以按着他的做法看看
    真相小姐:我爬上窗户,而窗户边则是那幅风景画,与塔楼遥遥相望的山崖上,有一座灯塔,我把画遮住窗口,一道光束透过画中的月亮照了下来。
    真相小姐:纳西瑟斯用这个找到了什么呢?
    真相小姐:顺着那道光线,我看到肖像画下方不远处,有一个光圈
    真相小姐:我走过去仔细观察了下,并没有发现什么特别之处。

  • 4.ヘーベー(3)/高塔
    ヘーベー:何か見つかった?
    「私」:(私は頷いてからまた首を横に振った)ナルキッソスが見ていた所を探したけど、彼の見つけた答えは分からなかったわ。
    「私」:手がかりは沢山あるけど繋ぎ合わせる切欠がないの。唯一の新しい収穫は、遠くに灯台を見つけたことよ。
    「私」:ここにはいつも長距離船がいるの?
    ヘーベー:いいえ。灯台には数百年の歴史があって、暴君の支配を覆した英主を称えて残されているの。
    ヘーベー:毎年英主の船が入港した期間は3日連続で点灯しているわ。彼らはこれを希望の月光と呼んでいる。
    「私」:英主……暴君……
    「私」:英主と暴君……孤月城の王女の父を倒したって言う?
    ヘーベー:そうよ。あぁ、そう言えば「希望の月光」は一昨日だったわね。
    「私」:アンコールが消えた日だわ……
    「私」:初日の点灯で……アンコールがいなくなって……2日目……ナルキッソスが消えた……
    「私」:3日目は……今夜……今晩チャンスを見つけてもう一度見に来ましょう。
    ヘーベー:(頷く)
    ヘーベー:あなたが言ったことが本当なら安心よ。
    ヘーベー:でも、さっき話した船のことで1つ問題があるわ。彼らは高塔から消えた後、どうやって船を離れたのかしら?
    「私」:離島の船は全て航期が決められていて、航期以外船渠は開かれない……
    「私」:アンコールとナルキッソスが消えた日は航期ではなかったの?
    ヘーベー:えぇ、今月の最後の航期は来週だもの。そんな長い間ここに隠れるなんて無理よ。
    Missトゥルース:ヘーベーの話を聞いて私は考え込んだ。
    「私」:……でもアンコールとナルキッソスが失踪した2日目にも船渠は開かれた……
    「私」:ノイズと文学教授……
    Missトゥルース:言い終えると、少しの憂いが心中に浮かび上がってきた。ノイズとアンコールは何かを企んでいたけど、文学教授は?
    Missトゥルース:ナルキッソスの失踪は誰かが島を離れて通報すると予測した上での決断だったか?それとも彼らは最初から共謀していたのか?

    原文

    原文
    赫伯:有发现什么么?
    “我”:我点点头,又摇了摇头,我看到了纳西瑟斯所看到的却没有找到他找到的答案,
    “我”:线索非常多,却缺少把他们串在一起的契机。而唯一的新收获,我发现远处有一座灯塔。
    “我”:这里平常会有远行航船么?
    赫伯:没有的,那灯塔有几百年历史了,但为了纪念一位推翻暴君统治的英主,一直被保留了下来。
    赫伯:在当年那位英主的船队进港的时间,会连续亮起三天。他们把这叫做希望的月光
    “我”:英主……暴君……
    “我”:英主和暴君……是说推翻孤月堡王女父亲的那位么?
    赫伯:没错,啊,说起来,“希望的月光”正好是前天。
    “我”:也就是安可消失那一天……
    “我”:第一天亮起时……安可消失了……第二天……纳西瑟斯消失了……
    “我”:第三天……就是今晚……看起来今晚我要找个机会来看看。
    赫伯:(点了点头)
    赫伯:如果你说的是真的,那我就放心了。
    赫伯:但刚刚提到船,我想到一个问题。他们只是从塔楼消失了,但他们怎么离开这座岛的呢?
    “我”:离岛的航船都是有航期的,航期以外,船坞不会打开,
    “我”:而安可和纳西瑟斯消失的那天都不是船期?
    赫伯:没错,这个月最后一次船期,在下周。他们不可能在这里藏这么久。
    真相小姐:赫伯的话,让我醍醐灌顶
    “我”:……但安可和纳西瑟斯失踪的第二天,船坞都打开了……
    “我”:诺伊斯和文学教授……
    真相小姐:言罢,一丝隐忧在我心中浮现,诺伊斯和安可看起来早有预谋,但文学教授呢?
    真相小姐:是纳西瑟斯料定了一旦有人失踪就会有人离岛去报案,还是他们本就是同谋?

  • 5.Missトゥルース/高塔
    Missトゥルース:しかし、その疑問は夜になって漸く文学教授が警察を連れてきたことで終わりを告げた。
    Missトゥルース:校監夫人は私にアナの法律上の親族としてヘーベーを連れてくるように言い、高塔では警察は彼女を待っていた。
    Missトゥルース:私たちが高塔に到着した時、警察に加えて文学教授、校監夫人とクレイオーがいた。
    Missトゥルース:警察はまず彼らが持っている情報を述べた。ノイズはまだ届け出をしていないが、前科のある犯罪者だという。
    Missトゥルース:そしてこの手がかりを元にするならば、アンコールを殺したのはノイズで、クレイオーと一緒に死体を遺棄した疑いがある。
    そのためクレイオーを逮捕したいとのことだ。
    Missトゥルース:馬鹿げてる……
    「私」:ちょっと待って、警官さん!
    私は彼らとクレイオーの間に立った。
    「私」:突然ここから消えた人間はアンコールだけじゃないわ。

    原文

    原文
    真相小姐:而这个问题,终于在当夜有了答案,文学教授回来了,还带来了警察。
    真相小姐:校监让我陪同赫伯去塔楼,作为安娜法律上的亲属,警察在那里等她
    真相小姐:当我们来到塔楼之时,除了警察外,还有文学教授,校监和克利俄。
    真相小姐:警察先陈述了一番他们得到的信息,诺伊斯确实没有去报案,同时他还是一个有前科的罪犯,
    真相小姐:而顺着这条线索,他们推论是诺伊斯杀死了安可,并伙同克利俄毁尸灭迹,并打算抓走克利俄。
    真相小姐:这实在太荒谬了……
    “我”:请等一下!警察先生
    我拦在他们和克利俄中间
    “我”:安可,并不是唯一一个在这里凭空消失的人

  • 6.クレイオー・文学教授(2)/高塔
    Missトゥルース:私はクレイオーの潔白を証明するため、ナルキッソスの失踪事件について話をした。
    クレイオー:ナルキッソス、ナルキッソスもあの絵に足を踏み入れたに違いないわ!
    Missトゥルース:クレイオーはパニックに陥り肖像画を指差しながら叫ぶ。
    Missトゥルース:私は彼女にあの日に見聞きしたことをよく思い出すように頼んだ。
    おそらくそれは自由を失うことの恐れのためだろう、彼女は無理やり自身を落ち着かせて思い出し始めた。
    クレイオー:あの日、私は校監夫人の許可を得てアンコールをお喋りするためにここに来ました。
    クレイオー:アンコールはとても落ち着いていました。彼女の小さい頃の話をしてくれるくらいには。
    クレイオー:ただ、あの日は授業が多すぎたせいか、とても疲れていたのです。
    私はうとうとして眠ってしまって、ヴァイオリンのような音で目が覚めました。
    クレイオー:見上げると絵が輝いていて、アンコールはそのまま光の中に入ってしまいました。
    Missトゥルース:これは私がタレイアと文学教授を盗み聞きしたものと何ら変わりないようだ。
    Missトゥルース:しかしこの時、長い笛の声と共に窓の外の灯台が照らされ、一筋の強い光が窓を通して零れ、肖像画を照らし出した。

    Missトゥルース:最後に私の目線は対面の肖像画に向かった。絵に描かれているのはこのスイートルームのようだ。
    Missトゥルース:エレガントな少女がソファの真ん中に座っており、彼女の左側から日光が降り注いで彼女の美しい顔を照らしている。
    Missトゥルース:全てを繋ぐ糸の一片が明らかになったようだ。
    「私」:教授、これが「弦の音」ですか?
    文学教授:(文学教授は頷いた)
    文学教授:全ての運命を断ち切る笛声を「切ない言葉」の表現として使ったのだろう。
    文学教授:見るたびにあの王女の雅さに感嘆せざるおえない。
    「私」:今こそ、月光の扉を開ける時が来たのでしょう。

    原文

    原文
    真相小姐:我将纳西瑟斯凭空失踪的事情说了出来,试图证明克利俄的清白
    克利俄:纳西瑟斯,纳西瑟斯也一定是走进了那幅画里。
    真相小姐:克利俄惊慌的指向悬挂着的那幅肖像画,尖叫着。
    真相小姐:我让她把当天的所见所闻再仔细回想一遍,或许是对即将失去自由的恐惧,她强制自己冷静了下来,开始回忆。
    克利俄:那天,经过校监夫人同意,我来这里跟安可聊天,
    克利俄:安可一直很平静,甚至跟我聊起了她小时候的事情。
    克利俄:然而可能是那天课程太多,我太累了,迷迷糊糊睡着了,直到一阵鸣鸣鸣的像提琴声一样的声音把我惊醒,
    克利俄:我抬起头,就看到那幅画在发光。安可就那样走进了光里。
    真相小姐:这似乎跟我从塔利亚和文学教授那偷听来的,并无区别
    真相小姐:但此时,随着一声又一声汽笛的长鸣品,窗外的灯塔亮起,一束强光透过窗口,洒了进来,照亮了那幅肖像画
    真相小姐:最终我的目光落在了对面那幅肖像画上,作画地似乎就是这个套间,
    真相小姐:优雅的少女端坐在中间的沙发上,阳光从她左侧洒下来,照亮她美丽的脸庞。
    真相小姐:那根连接一切的丝线,似乎露出了一边的线头。
    “我”:教授,这就是“弦音”对吧?
    文学教授:文学教授点了点头
    文学教授:把这斩断所有缘分的汽笛声,描绘成如此缠绵悱侧的语句
    文学教授:每次看到,我都不得不感叹,那位王女也是风雅
    “我”:那么现在,也许是时候揭开月光的门扉了

  • 7.文学教授(3)/高塔
    「私」:校監夫人、この居間のレイアウトを変えたことは?
    校監夫人:日常のメンテナンスと傷みやすい装飾を除きますが、幾つかの代替品、壁、配置、家具、コレクションは全て当時の王女がここに住んでいた時と全く同じです。
    それがメロディー家からの要求ですから。
    「私」:この部屋の最大の秘密は肖像画と関係があるはずです。
    「私」:王女の肖像画は王女の左側から光が差しているでしょう。
    「私」:それは、少なくとも王女が高塔に住んでいた頃にはソファの右側に別の窓があり、何らかの理由で隠されていたということ。
    「私」:全ての答えはその出口にあるのかもしれません。
    文学教授:君はその答えを知っているのかね?
    Missトゥルース:文学教授の表情には好奇心がないように見え、彼からの問いはどちらかといえば質問を投げかける教師のようだった。
    Missトゥルース:私は頷く。
    「私」:あなたの言う通り、「運命の弦音」は比喩です。ただし、「月光」は確かに月の光を意味するはず。
    Missトゥルース:私は窓枠に登り、風景画で窓を覆う。
    Missトゥルース:午後の拡散された日光は絵の中の月を通し、灯台の信号灯に照らされながら集中して光の柱へと変わり、もう一方の壁に投影された。
    Missトゥルース:それは王女の手の中にある、仮面の目の部分だ。
    「私」:警官さん。その絵を取って、光が当たっている場所を確認してもらえますか。

    原文

    原文
    “我”:校监女士,这间起居室的布局有改变过么?
    校监:除了日常的维护和和软装的一些替换外,墙体,布局,家具,藏品都跟当年王女住在这里时,一模一样。这是梅洛各迪家族的要求
    “我”:那这间房,最大的秘密,应该就跟这幅肖像画相关了。
    “我”:那么从这幅王女的肖像画,我们可以看出,光线是从王女的左侧投射下来的,
    “我”:那证明至少在王女住在这里时,这座塔楼面朝沙发的右侧,有另外一个窗口,而现在不知出于什么原因,被隐藏了起来。
    “我”:等我们找到那个出口,一切也许就有了答案
    文学教授:你知道答案了么?
    真相小姐:文学教授问我,但他的表情看起来并不好奇,反而,像抛出提问的老师。
    真相小姐:我点了点头
    “我”:正如您所说,命运的弦音,是修辞,但月光,确实是“月光”
    真相小姐:我爬上窗台,将那幅风景画遮住窗口,
    真相小姐:透过画中的月亮,下午时,阳光下扩散的光圈,在灯塔信号灯的照耀下,变成了个集中的光柱,投射到了另一面墙上。
    真相小姐:对应的正是王女手中,面具的眼睛。
    “我”:请警察先生,摘下那幅画,检查被光点点亮的区域

  • 7.Missトゥルース(2)/高塔
    夜の高塔
    高塔の秘密が人々に展示された時、孤月の伝説はついにその真実の一面を明らかにする。

    Missトゥルース:思った通り、そこには緩んだレンガがあった。
    Missトゥルース:取り去ると轟音と共に壁が陥没し、人が入れるくらいの空洞が現れた。
    Missトゥルース:真実の明るい月光が零れ落ち、窓枠の側にはフックの痕跡がはっきりと見え、その下には船渠がある。
    Missトゥルース:窓枠の上には歳月が伺えるヴァイオリンの箱が静かに横たわっていた。

    警察は興奮したように「あの伝説のヴァイオリン!」と叫んでそれを開けたが、中身は空っぽだった。
    Missトゥルース:彼らがアナとナルキッソスを盗賊として逮捕しようと話し合い始めた時、私は彼らを止めた。
    「私」:ヴァイオリンを持っているのがアナだろうとナルキッソスだろうと、彼らが責任が問われることはありませんよね?
    「私」:(私は文学教授に問いかけた)

    原文

    原文
    夜晚的塔楼
    当塔楼的秘密展示在众人眼前,孤月的传说终于揭开了真实的一面。

    真相小姐:果然,那里有一个松动的砖块,
    真相小姐:抢下去后,随着轰轰的声响,一层墙面下陷,一个能容人的空洞,露了出来,
    真相小姐:真实的,皎洁的月光,洒了下来,窗台边,勾索的痕迹,清晰可见,而下方,就是船坞所在,
    真相小姐:而窗台台面上,历经岁月沉浮的提琴盒,静静地躺在了上面
    警察激动的呼喊着“那个传说中的提琴!”一边打开了它,里面却空空如也。
    真相小姐:在他们讨论着安娜和纳西瑟斯都是窃贼,要捉拿归案时,我阻止了他们
    “我”:不管是安可还是纳西瑟斯拿走了提琴,他们都无需被追究责任对么?
    “我”:(我问向一边的文学教授)

  • 8.文学教授(4)/高塔
    文学教授:さよう、騎士達は物語の結末を知りたいだけだ。
    2つ(秘宝)は……彼らの本当の主人の元に帰ったのだろう。
    警察は彼が騎士の子孫に代わってこの決定を下すことができるはずがないという理由からこの主張を受け入れなかった。
    文学教授:(低く囁いた)いいや、できるさ。
    彼は胸のコサージュを取る。その時初めて、それが水仙の形をしたコサージュであり、ヴァイオリンのケースと全く同じものであることに気づいた。
    文学教授:これは私の家の契約だろう?メロディー家の代表の校監夫人。
    校監夫人:(校監夫人はコサージュを調べて頷いた。)
    Missトゥルース:私は気づいた。それがこの古城のかつての主人であり彼女の守護者、そして「裏切り者」の証明であることを。

    原文

    原文
    文学教授:没错,骑士们只需要知道故事的结局,至于那两样东西……想必已经回到他们真正的主人身边了。
    警察不接受他的说辞,觉得他无法代替那位骑士的后人做这个决定。
    文学教授:(低声说道)不,我可以
    随即摘下了胸前的胸花,这时我才发现那是一朵水仙形的胸花,跟琴盒上那一朵一模一样。
    文学教授:这是属于我家族的约定对么?代表梅洛迪家族的校监夫人。
    校监:(校监夫人接过胸花端详了一下,然后点了点头头。)
    真相小姐:我忽然明白,那是属于这座古堡曾经主人,以及她的宁护者,也是“背叛者”们的证明。

  • 9.Missトゥルース(3)/アトリエ
    Missトゥルース:結局、警察は翌日に出発し、ノイズの指名手配とアンコールの行方不明者の通知を出した。
    Missトゥルース:ナルキッソスは成人で自分から去ったため、彼の行方を捜すことはなかった。
    Missトゥルース:そして私も去るつもりだ。
    Missトゥルース:私はアトリエでヘーベーを見つけ、別れを告げた。
    Missトゥルース:彼女は熱心に絵の模写をしており、今回の模写の対象は形が変わったあの肖像画だ。
    Missトゥルース:彼女にこれからのことを話すと、彼女はすぐにそれを受け入れてくれた。

    原文

    原文
    真相小姐:事已至此,警察在第二天离开了,他们发布了对诺伊斯的通缉令和对安可的寻人启事,
    真相小姐:因为纳西瑟斯是成年人,且自愿离开的,他们没有再寻找他的下落。
    真相小姐:而我也打算离开了。
    真相小姐:我在画室找到了赫伯,跟她告别,
    真相小姐:她正在专心致志地临摹画作,这次的临摹对象,变成了那幅肖像画。
    真相小姐:我跟她说明来意后,她欣然接受了。

  • 10.Missトゥルース(4)/アトリエ
    Missトゥルース:その日の夕方、私は孤月女学校を離れてアナを見つける旅を始めることにした。
    Missトゥルース:しかし、私がアトリエを去る時のヘーベーの最後の言葉が頭から離れなかった。
    ヘーベー:あの王女は絵画の天才と言われているけれど、技法から言えば、この出処の分からない肖像画の方がもっと優れているわ。
    ヘーベー:彼女は私が歴史で見た王女よりも、ずっと新鮮でリアルに見えるもの。
    ヘーベー:もしかしたら、他人はいつだって私たち自身よりも私たちの本当の姿をよく知っているのかもしれないわね。
    ヘーベー:そうでしょう、「トゥルース」?

    原文

    原文
    真相小姐:于是,那天傍晚我离开了孤月女校,开启了寻找安娜的旅程,
    真相小姐:但当我离开画室时,赫伯最后的话,却让我久久不能释怀。
    赫伯:都说那位王女是绘画天才,但从技法来说,这幅不明出处的肖像画,却似乎技艺更精湛一些,
    赫伯:她看起来远比我从那些历史存档里看到的王女鲜亮和真实。
    赫伯:或许,别人,总是比我们自己,更了解我们自己的真实模样,
    赫伯:你说对么?“真相”

  • エピローグ
    Missトゥルース:その後、作品の窃盗事件に遭遇したが、私はヘーベーの作品に対して大胆な想像をした。
    Missトゥルース:私は好奇心を掻き立てられて、つい文学教授への手紙で自分の仮説について書いた。
    Missトゥルース:今回、彼は再度1つの選択をするように言い、次の手紙で私の選択に基づいた答えを教えてくれるらしい。
    文学教授:君は不幸な「喜劇」と「幸福」な悲劇、どちらがお好みかな?

    原文

    原文
    真相小姐:后来,我遇到了一件偷梁换柱的窃案,让我对于赫伯的画,有了一个大胆的设想。
    真相小姐:我终于忍不住好奇心,给文学教授写了一封信,并说出了我的假设。
    真相小姐:这次,他让再次做一个选择,并会依据我的选择,在下次回信时,告诉我答案。
    文学教授:你喜欢不幸的“喜剧”还是“幸福”的悲剧?


【孤月女学校事件調査】閉幕

後日談

岐路の騎士(「幸福」な悲劇を選択した場合)

親愛なる友へ
あなたがこの手紙を読む頃には、私は最後の選択をしたことでしょう。
また失望させることになってしまい申し訳ありません。
あなたがメロディー家に合意しない以上、私たちもお互いに和解はできません。
どのような努力をしようともその結果が来るのは時間の問題です。
あなたは私に決断の理由を尋ねましたね。
あなたは覚えていないかもしれませんが、騎士に指名された時に私たちは共に宣誓をしました。
正義、勇敢、忠誠。
しかし交差点ごとのあなたの選択は、全て私と異なる方向に行きます。
もしかしたら2人だけではなく、私たち9人は常に異なる選択をしているのかも知れません。
今日まであなたの選択が正義の天秤に傾いていることは明白です。
誰かが選択した勇者の道を止める方法はありません。
しかし私は長い間偽りの河に溺れていて、ただ忠誠を選択することしかできませんでした。
結局のところ、私の半生は私の身分に伴随していて、それはもはや私の「半身」となっています。
故に、もし私たちの友情をあなたが覚えていてくれるのなら、最後の願いを聞いてくれませんか。
せめて最後の誓約だけは守ってくれませんか。
「私」に関する全てを、孤月と共に湖底に沈めてください。
あなたの永遠の友

原文

原文
亲爱的挚友
当你看到这封信时,想必我已经做出了我最后的选择。
很遗憾,再次让你失望了。
既然你无法与梅洛迪达成共识,我们也无法与彼此和解,那么不管你如何努力,这个结局的到来都只是时间问题。
你曾问我,如此决绝的原因。
不知你是否记得,我们受封骑士时,共同宣誓:
公义,勇敢,忠诚。
然而在每一个执择的路口,你我总是走向了不同的方向。
或许不仅仅是我俩,我们九个人,总是做了不同的选择。
时至今日,我明白你选择的公义天平早已倾斜。
其他人选择的勇者之路已无从阻挡。
但我已溺溺于谎言之河太久,我只能选择忠诚,毕竟,那个身份伴随我半生,而他也早已成为我的“半身”。
所以,我最后请求你,如果你还能念及我们的情谊。
那至少,请遵守最后的誓约。
让关于“我”一切,随着于孤月沉入湖底。
你永远的挚友

※weiboでの解説で9人の内の1人の騎士から孤月騎士へ送られたものだと明言されている

最後の騎士(不幸な「喜劇」を選択した場合)

尊敬なる殿下
あなたが警備隊長からこの手紙を受け取った頃、私は既に最後の使命を果たしたはずです。
ショーソン家に仕える最後の騎士家の一員として。
私は両親が望んだように男児として生まれませんでしたが、少なくとも最後は、私の選んだ道は彼らの期待を裏切りませんでした。
今度はあなたが選択する番です。
その宝石を警備隊長様に預けてマスクを外してください。
そうすれば彼はあなたの身分を確認し、あなたのお父さんの指定した計画を実行するためにメロディー様の所に案内します。
黙っていても彼はあなたを私の従兄の家に送ってくれるでしょう。
私たちの家族の傍系として、彼らは戦いから遠ざかって代々人を教育することで生きてきました。
私が彼に会ったのは小さい頃だけですが、手紙のやりとりは続けていて、過去5年間は特に親密でした。
彼の目に映る「私」は家の宿命に囚われているお坊ちゃんで、絵が好きで、夢見がちで、少し傲慢ですが優しい心を持っているそうです。
もしあなたがこの「私」に既視感を感じるならとても光栄です。
ご存知の通り、私は絵を描くのが苦手です(これはおそらく私の影としての能力が最も低い所です)が、少なくとも、十分に信頼できるあなたを描きました。
あなたはこの身分で本当のあなたの人生を始めることができるでしょう。
最後に親愛なる殿下、あなたが最後にどのような選択をしたとしても、あなたが寛大な心で全ての人に対することができることを願います。
五年前、あなたのお父さんがこれらの法令を交付した時から私たちは皆理解していました。
孤月はこれ以上長い夜を照らし続けることはできないと。
自身を暗夜に留めるか、次の光明へと向かうかを選択する権利は誰もが持っていて、無論、あなたにもあります。
最後に、あなたのこれからの人生が順調であることを祈って。
あなたの永遠の騎士

原文

原文
尊敬的殿下
当您从护卫长手上收到这封信时,我应该已经完成了我最后的使命。
作为效命肖颁家族最长的骑士家族中的最后一员。
我虽未加我父母期许般生为男儿,但至少在最后,我并未在他们为我选择的道路上率负他们的期许。
现在轮到您做出选择了。
您可以将那放宝石交给护卫长大人,再摘下面具,他便会确认您的身份,陪同您前往梅洛迪大人处,辅佐您执行您父亲指定的计划。
或者您可以保持緘默,他会格您送往我表兄家。
作为我们家族的旁系,他们远离纷争,世代以教书育人为生,我只在幼时与他见过面,但一直保持书信往来,最近五年尤密,在他眼中,“我”是一位被家族使命所困的小少爷,热看绘画,充满幻想,有些秒骄,但本心善良。
如果您觉得这个“我”似曾相识,那我将倍感荣幸。
如您所知,我不擅绘画(这或许是我作为影子最不称职的一点),但至少,我描给了一个足够可信的您。
从此,您便可以此身份开始真正属于您的人生。
最后,亲爱的殿下,无论您最后做出怎样的选择,希望您能以宽仁之心看待所有人。
早在五年前,当您父亲颁布那些法令时,我们就都明白。
孤月不能再照亮长夜了。
每个人都该有权利,选择自己是停驻于暗夜,还是走向下一个光明,包括您自己。
最后,祝您之后的人生,万事顺意
您永远的骑士

鍵となる人物

※2章での追加分→青字、3章での追加分→赤字
※主人公(探偵)視点として登場する「Missトゥルース」はオフラインパックの報酬(イベント報酬のメイド服も同一人物)

  • アナ(幼馴染み)
    • 1.孤児院時代の遊び仲間で、孤児院を出た後も私と手紙を交換していたが、その後美術商人夫妻の養子となった。
      最近手紙で彼女が養父母の援助を受けて私立女学校ーー孤月女学校に通っていることを知った。
    • 2.アナは孤月女学校の芸術学助教と恋に落ちたが、学校の規則に違反したため引き裂かれた。
      芸術学助教が辞任して去ったためか、伝説がアナを狂わせたのか、孤月高塔に囚われ来月には精神病院に送られることになっている。
    • 3.アナは孤月伝説について並外れた関心を持っている。

      原文

      原文

      • 1.孤儿院时期的玩伴,离开孤儿院后一直跟我有书信往来,后来她被一对艺术商人收养了,最近从她的来信中得知,她在养父母资助下前往一家私立女校ーー孤月女校就读。
      • 2.安哪与孤月女校的艺术学助教陷入热恋,违反了校规,被拆歡了,艺术学助教辞职离开,传说安哪因此疯癫,被囚于孤月堡塔楼,下个月将被送去疯人院。
      • 3.安娜对于孤月传说相关,有着超乎号常的兴趣。
  • ヘーベー(アナの「姉妹」)
    • 1.アナのルームメイトで美術商人の実の娘。体に障害を持っている。
      アナを救うために孤月女学校に入学するためのメイドという身分を私に提供してくれた。
    • 2.車椅子の少女は美術において卓越した才能を持っている。

      原文

      原文

      • 1.安娜的室友,艺术商人的亲生女儿,身有残疾,为救安娜给我提供了贴身女的身份进入孤有女校
      • 2.坐在轮椅上的小姑娘,在艺术上有卓越天赋
  • 文学教授(女学校の教授)
    • 1.「孤月の騎士」の作者
    • 2.孤月の高塔の歴史や伝説にとても詳しい
    • 3.前領主の家系を象徴する水仙の紋章を持っている

      原文

      原文

      • 1.《孤月骑士》的作者
      • 2.对孤月堡相关历史传说非常了解
      • 3.拥有象征前代领主家族信物的水仙纹章
  • 校監夫人(女学校の管理者)
    • 1.孤月女学校の管理者
    • 2.現在の孤月城の主人であるメロディー家を代表して、孤月の全てを管理している

      原文

      原文

      • 1.孤月女校的管理者代表目前
      • 2.孤月堡主人梅洛迪家族管理孤月堡的一切
  • タレイア(女学生)
    • 1.孤月女学校の学生リーダーで、クラスメイトのことをとても心配している
    • 2.アナの周囲で起こった事は全て孤月城の呪いだと思っている

      原文

      原文

      • 1.孤月女校的学生领袖,非常关心同学
      • 2.觉得围绕安娜所发生的一切,都是孤月堡的诅咒
  • ナルキッソス(女学校の教師)
    • 1.孤月女学校の絵画の教師
    • 2.孤月城の高塔の秘密を知っており、高塔の肖像画の女性と似ている
    • 3.孤月城の高塔から唐突に消えた

      原文

      原文

      • 1.孤月女校教授绘画的老师
      • 2.了解孤月堡塔楼的秘密,跟塔楼上的肖像画中的女性,有些相似
      • 3.从孤月堡塔楼凭空消失了
  • クレイオー(女学生)
    • 1.アナのクラスメイトで、アナが狂った後は彼女の面倒を見てくれた
    • 2.目が見えない

      原文

      原文

      • 1.安娜的同学,在安娜疯癫后,负责照看她
      • 2.是盲人
  • 芸術学助教(元女学校教師)
    • 1.うわさによればアナの好きな人で辞任した。

      原文

      原文

      • 1.传说中安哪的恋慕对象,已辞职。
  • 孤月の騎士(伝説に登場する国王の騎士)
    • 1.国王の騎士は音律、特にヴァイオリンを愛していた。
      前代の暴君の王女に恋をしたが悲劇的な結末を迎え、彼のヴァイオリンと王女の家宝は行方不明になった。
    • 2.伝説によれば、ある夜、高塔に彼のヴァイオリンの音が響くと言う。
      これが孤月城の呪いの由来だ。

      原文

      原文

      • 1.国王骑士,热爱音律,尤其提琴,爱上前代暴君的王女,最后悲剧收场,而他的提琴与主女的传家宝一起矢踪了
      • 2.传说某些夜晚塔楼仍会响起他的琴声,这就是孤月堡诅咒的由来
  • 王女(伝説に登場する暴君の一人娘)
    • 1.暴君の父が倒された後、新たな国王の騎士に恋をしたが祝福されず、自殺した。
    • 2.うわさでは非常に絵の才能があったようだ。
    • 3.かつて父親の旧臣と復古を密謀したが、事件の前夜に亡くなった。

      原文

      原文

      • 1.暴君父亲被推翻后,与新的国王骑士陷入苦恋,但不被祝福,信自杀身亡。
      • 2.传说在绘画上非常有天赋。
      • 3.曾与父亲的旧臣密谋复辟,但却死于举事前一夜。
  • ノイズ(女学校のスタッフ)
    • 1.孤月女学校のスタッフで、高塔にいるアナを見張る役目を担っていた
    • 2.町に行ってメロディー一家と警察に連絡を取るという口実で逃げた

      原文

      原文

      • 1.孤月女校校工,负责在塔楼看守安娜
      • 2.以去城中通知梅洛迪家族和警察为由,逃离了

ストーリーのまとめ

  • 大まかなストーリー
    • 孤児院から美術商人に引き取られたアンコール(アナ)は、彼らの支援を受けて義姉妹のヘーベーと共に「孤月女学校」という貴族向けの芸術学校に入学した。
      その好奇心と聡明さから教師たちから好かれており、また、巷で流行している「孤月の騎士」という小説と由来となった伝説に興味があり、小説の作者である文学教授ともよく話をしていた。
      しかしアンコールは密かに芸術学助教と付き合っており、ある日高塔で密会していたところをクレイオーに遭遇してしまった。
      スキャンダルの発覚によって立場が危うくなったものの、芸術学助教の辞職とヘーベーと文学教授の働きかけによって退学は免れるが、Missトゥルースが女子校に来る前の月の中旬に魂が抜けたような状態になった彼女が発見され、2ヶ月後に精神病院に送るまでは高塔に幽閉されることとなった。
    • 孤児院時代の友人で手紙のやり取りを続けていたMissトゥルースは、アンコールの義姉妹のヘーベーからアナを助けてほしい旨の手紙と仮の身分である「メイド服」をもらう。
      手紙に従いヘーベーの付き添いのメイドとして女子校に入ったMissトゥルースは孤月女学校の調査を始める。
      しかし、Missトゥルースが女子校にやってきた夜、アンコールは幽閉されていた高塔から失踪してしまう
      クレイオーはアンコール失踪当日の日中にアナと会話をしている途中に疲れで眠ってしまっていたが、目が覚めた時にアンコールが「肖像画に入っていく」ところを目撃したと証言した。
    • Missトゥルースが女学校に来て2日目、クレイオーの証言によってアンコールは自殺した可能性が高いと判断された。
      スポンサーであるメロディー家への報告と警察の通報のため、学校のスタッフであるノイズが証人のクレイオーと共に船で町へと向かった。
      しかしノイズの正体は前科のある犯罪者で、クレイオーを置いてそのまま逃走してしまったために警察は来なかった。
      その日の夜、ナルキッソスも失踪するが、校監夫人がナルキッソスの寝室を調べたところ、大事なものが全てなくなっていることから彼の失踪は「彼自身による計画的なもの」であると判断された。
    • Missトゥルースが女学校に来て3日目、戻らないノイズの代わりに文学教授が町へ行くことになり、夜になってからクレイオーと警察を連れて戻ってきた。
      警察はノイズの正体が犯罪者であることについて語った上で、ノイズとアンコール失踪直前まで一緒にいたクレイオーが共犯でアナを殺した疑いがあると言った。
      Missトゥルースはそれに対し、前夜にこっそり夜の高塔を調査していた際にナルキッソスが失踪直前にアンコール同様夜の高塔にいたこと(2人の失踪のケースは非常に似通っているということ)・このことからアンコールの失踪が自殺ではなく孤月女学校からの脱出を計画した結果である可能性を指摘し、そもそも死亡者はいないためクレイオーに罪はないことを主張した。
      そして話題はアンコールとナルキッソスの2人がどのような手段で孤月女学校を脱出したかというものに移り、Missトゥルースは以下の仕掛けを解明した。

      仕掛け

      仕掛け

    • 仕掛けを解いた後の空洞には「騎士のヴァイオリン」のケースが残されていたが、中身は空っぽだった。
      警察は盗難事件としてアナとナルキッソスを指名手配しようとしたが、文学教授の持つショーソン家に連なる一族の証明である水仙の紋章の掲示と「8人の騎士の友人の声明(2つの秘宝の在処を見つけた者はそれらを手に入れていい)」によって撤回された。
      孤月の伝説の真実が明らかになり、ノイズは指名手配され、アンコールは行方不明のまま事件は終幕となった。
      ナルキッソスも行方不明ではあるが、彼は成人しているため特に通知は出されなかった。
      Missトゥルースはアンコールを探す旅を始めるため、女学校に別れを告げた。
  • 用語説明

    孤月城の歴史

    • かつて孤月城周辺はショーソン家が支配する国で、9つの騎士家が忠誠を誓っていた。
      しかし、最後の領主は暴君だったために民は反乱を起こし、9人の騎士の内の8人は暴君に失望した。
      王のいた孤月城の周囲は湖に囲まれているため、船での行き来でしか侵入できない。
      そのため騎士たちは王を裏切り港を解放し、そこから船でやって来た反乱軍によって暴君は殺された。
      この出来事を讃え、反乱軍が入港した時期である3日間は毎年町側の灯台を点灯する伝統があり、「希望の月光」と呼ばれている。
    • 暴君には一人娘(王女)だけで男の後継者はおらず※1、新たな領主となった元反乱軍のリーダーは彼女を彼女の監視役であるとある騎士と結婚させることにした。
      だが王女は結婚前夜に飛び降り自殺し、結婚相手の騎士もやがて心を病んで亡くなって※2しまった。
      その後、前領主の支持者たちが政権を取り戻そうと新たな反乱を起こすが、王女が死んだことを知ればすぐに散り散りになって鎮圧された。
    • 騎士の死後、人々が古城の整理をした際に2つのものがなくなっていることに気づいた。
      1つはショーソン家の家宝である大きな青い宝石、もう1つは騎士のヴァイオリン。
      唯一の手がかりは騎士の遺書に書かれていた「弦の音が鳴り始めた時、運命の人が月光の扉を開け、城の最も高いところで月のそばにやってくる」※3という文だけだ。
      8人の騎士の友人たちはこの2つの在処を見つけた者はそれらを手に入れていいという声明を出した。
    • 月日が経ち、古城の所有主は何度か変わったが※4、10年前にメロディー家に受け継がれ、メロディー家の当主が古城を女子校に改築した。
    表向きで明らかになっている孤月城の歴史であり、一般人でも知ることができる。
    文学教授は上記の話を元に「孤月の騎士」というタイトルの恋愛小説を出版している。
    この話には歴史の改ざんや後世で別のロマンチックな解釈があったりするので以下で解説する。
    • ※1:後日談では王女は実は影武者(9人の騎士の内の暴君に失望しなかった1人)であることが仄めかされている。
      彼女が真の後継者(殿下)と孤月の騎士(王女の結婚相手)に対して送った手紙によれば殿下は市井に逃げて一般人として生活し、彼女は真相の隠蔽のために自殺している。
    • ※2:騎士は王女に元々恋をしていたという説があり、以下のようなロマンチックな話がある。
      国王に仕えるとある騎士は、自身の監視相手でもある高塔に幽閉されている前領主の娘(王女)に恋をしたが
      その愛は世間に受け入れられなかった。
      騎士は自身の肩書きと功績を捨てて秘密結婚をしようとするが、
      騎士の払った犠牲を知った王女は結婚前夜に高塔から飛び降り自殺を図った。
      王女の亡骸の元に駆け付けた騎士は精神を病んでしまい、王女のいた高塔に入り浸るようになる。
      そうしてある月夜、使用人たちは王女の好きだったヴァイオリンの曲が流れてくるのを聞いたが、
      騎士はいつまで経っても下に降りてこない。
      次の日に使用人たちが捜索した結果、湖から騎士の死体が発見された。
      上記のエピソードを前提とし、騎士の遺書を「月夜にヴァイオリンの音が鳴り響く時、騎士は愛する霊魂を塔に見つけにやってくる」とロマンチックな解釈をした伝説が生まれた。
    • ※3:本来この文章の「弦の音」とは灯台の汽笛のことを示していると作中で語られている。
      「運命の人が月光の扉を開け、城の最も高いところで月のそばにやってくる」は肖像画と風景画の仕掛け(つまり秘宝の隠し場所)のことである可能性があるが、この遺書を残した意図はよくわからない。
    • ※4:歴代の孤月城の所有者がいずれも失踪や精神がおかしくなってしまったことから、「騎士は人間の魂を奪う」という孤月城の呪いの伝承が生まれた。

コメント