冒険家

Last-modified: 2021-11-28 (日) 21:04:20

冒険家(カート・フランク)

カートは経験豊富な冒険家で、人類の極限を探索するのに熱中していた。
帆船を操縦してイギリス海峡を横断したり、熱気球に乗って原生林を飛び越えたり。
当然、彼もこの命を賭けたゲームの参加者の1人だ。
彼は果たしてサバイバルマスターとして、最終勝者になれるのだろうか?

外在特質

  • 探検の空想
    ガリヴァー旅行記を携帯し、旅行記を読んでその世界に浸り込むことで、小人国の住人になりきる。
    体が縮まり、ハンターが「レーダー」で感知できないようになる。
    体が縮めた状態では大部分の操作を行うことができない。

    専用:
    旅行記にはお宝の位置が記載され、体が縮めた状態で宝探しをすると暗号ページを掘り出すことができる。
    暗号ページを1/2/3枚及び3枚以上掘り出す時間はそれぞれX/X/X秒。
    暗号ページを掘るとその位置がハンターに知らされる。
    暗号ページを使用すると暗号機解読の進捗の半分をあっという間に完了できる。
    冒険家は最多で2ページのみ暗号ページを携帯でき、
    ロケットチェアに拘束されると暗号ページは地面に落ちてしまうが、その他のサバイバーが拾うと使用できる。
    一つのマップで最大3つのお宝ポイントを発見できる。
    冒険家は体を縮めると、感覚が鋭敏になり、一定の範囲内にいるハンターの方向を感知することができる。
    書物への愛着により、旅行記は使用しても消費しない。
    協力狩りモード:
    1ページの暗号ページではX%進捗の暗号機のみ解読できる。
    一つのフィールドでは最大6つのお宝ポイントを発見できる。

    アプデ前

    探検の空想
    ガリヴァー旅行記を携帯しており、旅行記を読んでその世界に浸ることで、小人国の住人になりきる。
    体が縮まり、ハンターが「レーダー」で感知できないようになる。
    それと同時に宝探し能力が発動し、旅行記にお宝の位置が記載される。
    お宝の場所に到着すると暗号ページを掘り出すことができる。
    暗号ページを使用すると暗号機解読の進捗をX%あっという間に完了できる。
    冒険家は最多で2ページのみ暗号ページを携帯でき、
    荘園を離れると暗号ページは地面に落ちてしまうが、その他のサバイバーは拾うと使用できる。
    一つのフィールドで最大3つのお宝ポイントを発見できる。
    体を縮めた状態では大部分の操作を行うことができない。
    書物への愛着により、旅行記は使用しても消費しない。

  • 探検
    高レベルのサバイバルスキルを持ち、痕跡を隠す方法を知っている。
    足跡の持続時間がX秒減少し、板・窓を乗り越えてもハンターに特効の表示がされない。
  • 好奇心
    自己の好奇心を制御できず、解読中に無謀な操作を試すのを好む。
    調整発生確率がX%上昇し、調整発生時の判定範囲がX%減少する。
  • 実力蓄積
    十分な休憩をとることで冒険家はいつでもスパートできる。
    X秒以上移動しない状態が続くと、次に移動する時に移動速度がX%アップする(X秒間継続)。
    この効果はX秒に1回のみ使用できる。

秘密演繹

キノコ戦術

【達成条件】
小人状態でしゃがんでハンターを40秒牽制する

うわさ

彼は帆船でイギリス海峡を横断し、熱気球に乗って森林を飛び越え、たくさんの奇妙な国々を訪れた…カート・フランクの生活は、旅行記と同じくらい素晴らしい!

推理目標

実装:グローバル版シーズン2
同時実装:道化師リッパー断罪狩人空軍マジシャン傭兵オフェンス心眼

1.宝探し

おっと、ここは大きなドラゴンの巣穴のようだ。
何かお宝を見つけられるかも?

  • 結論
    1篇の日記:荒野の中を歩いているんだけど、これを見ろ!
    巨大なドラゴンの巣穴で見つけたのは…懐中電灯?
    俺はそういった物語をかなり本気にしていたようだ。

    【基礎目標】
    ・箱を1回開ける
    【レベルアップ目標】
    ・箱を2回開ける
    ・箱を3回開ける

2.学問探求の道

お前は大学に行くべきだと、父はそう言ったんだ。

  • 結論
    1篇の日記:学校は嫌いなんだ。
    冷酷で打算的な奴らばかりだから。

    【基礎目標】
    ・協力による暗号機解読50%
    【レベルアップ目標】
    ・協力による暗号機解読70%
    ・協力による暗号機解読100%

3.命取りの博奕

私はここを愛している。
色鮮やかで、多様性に富んでいるんだ!
全員が親しい友人みたいだ!

  • 結論
    1枚の勘定書:尊敬なるカート・フランク様。
    謹んで申し上げます。
    今週金曜日迄に700英ポンドの債務をお納めいただきますようお願いいたします。
    延滞金には複利計算の月利が請求されます。

    【基礎目標】
    ・暗号機解読の判定を1回成功
    【レベルアップ目標】
    ・暗号機解読の判定を3回成功
    ・暗号機解読の判定を5回成功

4.嘘つきの始まり

兵営の日々が懐かしいな。
正確に言うと、兵営で出会った人たちが懐かしい。

  • 結論
    1枚の写真:若かりし頃の冒険家は新兵の制服を着ている。
    彼は痩せて弱々しく、どんよりして見える。

    【基礎目標】
    ・仲間1人と出会う
    【レベルアップ目標】
    ・仲間2人と出会う
    ・仲間3人と出会う

5.心を癒す物語

どうして自分が見たことを話さないんだ?
ひょっとしたら、みんなが喜ぶかもしれないじゃないか。

  • 結論
    1枚の写真:若い冒険家が1冊の旅行記を夢中で読んでいる。

    【基礎目標】
    ・仲間の治療に1回成功
    【レベルアップ目標】
    ・仲間の治療に2回成功
    ・仲間の治療に2回成功

6.完璧な演説

有名な冒険家は皆すごい語り部だ。
そうでなければ、伝説話はどうやって伝わってきたというんだ?

  • 結論
    1枚の写真:軍服を着た冒険家が、喜色満面で人々に何か話している。
    誰しもが夢中になっているみたいだ。

    【基礎目標】
    ・暗号機解読の完璧判定1回
    【レベルアップ目標】
    ・暗号機解読の完璧判定2回
    ・暗号機解読の完璧判定3回

7.英雄になる

真の英雄は仲間を見捨てたりしない。

  • 結論
    1篇の日記:あいつらは俺をバカにしている。
    俺が役立たずだとでも思っているのだろう。
    俺は、やつらが間違っていたと証明しなければならない。

    【基礎目標】
    ・チェアから1人を救助
    【レベルアップ目標】
    ・チェアから1人を救助
    ・チェアから2人を救助

8.自意識

嘘も千回言えば本当になる。
少なくとも、独り言を言っている時はそういうものだ。

  • 結論
    1篇の日記:それは…俺の経歴。
    俺の「本当の」経歴だ。俺は、正真正銘の冒険家だ。

    【基礎目標】
    ・暗号機解読の進歩100%
    【レベルアップ目標】
    ・暗号機解読の進歩160%
    ・暗号機解読の進歩220%

    アプデ前

    【基礎目標】
    ・暗号機解読の進歩100%
    【レベルアップ目標】
    ・暗号機解読の進歩200%
    ・暗号機解読の進歩300%

9.阻む巨竜

この巨大で丈夫な牙を持つ…ドラゴンよ!
冒険家の歩みを阻むことなんてできないぞ!

  • 結論
    実は見間違いだったのかもしれない。

    【基礎目標】
    ・ハンターを1回気絶させる
    【レベルアップ目標】
    ・ハンターを2回気絶させる
    ・ハンターを3回気絶させる

10.現実逃避

人生の真相を知ってしまっても、お前はそれを心から愛することができるか?

  • 結論
    1篇の日記:ここから離れたい。
    どこに行こうが構わない。
    ただ、この学校から離れることさえできれば。

    【基礎目標】
    ・地下室からの脱出に成功する
    【レベルアップ目標】
    ・地下室からの脱出に成功するとクリア
    ・地下室からの脱出に成功するとクリア

11.機転

冒険家として、危険を回避しなければならない。

  • 結論
    1篇の日記:俺は昔、近距離でバスク人とマンチャ人の戦争を見た!
    あれは本当に壮大な戦闘だったんだ!
    もちろん、俺は無傷でその場を離れたさ。

    【基礎目標】
    ・ハンターの追撃から1回逃走
    【レベルアップ目標】
    ・ハンターの追撃から2回逃走
    ・ハンターの追撃から3回逃走

    アプデ前

    【基礎目標】
    ・ハンターの追撃から1回逃走
    【レベルアップ目標】
    ・ハンターの追撃から3回逃走
    ・ハンターの追撃から5回逃走

12.ガリヴァー旅行記

魔法の本!

  • 結論
    1篇の日記:不思議な光景だ…
    この本を読んでいると、周りのすべてが拡大したように見える。

    【基礎目標】
    ・縮んだ状態での走行累計が20秒に到達
    【レベルアップ目標】
    ・縮んだ状態での走行累計が40秒に到達
    ・縮んだ状態での走行累計が60秒に到達

誕生日手紙

1年目

デューク主教への手紙

尊敬なるデューク主教様:
ホワイトサンド精神病院は先月、院内患者の二次検査を終えました。来月の15日より、身体と精神両方とも健全であると判断された患者の退院手続きを順番に行いたいと思います。

この度お手紙を送らせていただいたのは、93番の患者について詳しくご相談したいと思ったからです。二次検査の結果誠に残念ながら93番は未だに誇大妄想の精神障害を患わっております。彼はかつて自力でイギリス海峡を渡ったと主張しており、熱気球の製造や操縦などを含む人並外れた野外のサバイバルスキルを具えていると信じて疑いません。

 あなた様から彼を早急に退院させるよう仰せられているものの、これほど過酷な誇大妄想を抱えたまま院外で新しい刺激源に触れてしまうと、何かしらの新しい妄想を生み出してしまう恐れがあるでしょう。現在の93番に攻撃性はありませんが、彼は自ら、或いは共に危険な活動を行うよう他人を唆すかもしれません。当然ながら、彼に熱気球を操縦し、ジャングルを抜けたという経験はありません。ですが、彼の演説には人の心を動かす力があります。彼を放ってしまえば、他人や彼自身を危険に晒してしまうのではないでしょうか。

 どうか、考えをお改めください。
 ご返答お待ちしております。
 主の輝きが、あなたを照らしてくれることでしょう。

敬具
ローリン・ミレー

【中国版】

【中国版】
给杜克主教的信

尊敬的杜克主教:

 白沙街疯人院已于上月完成了院中病例复审。我们将于下月15日开始为心智健全之病例陆续办理出院手续。
 本次来信意在与您进一步讨论93号病人的处置方案。经过再次测试,我们得出一个非常不幸的结论,93号病人仍然深受夸大妄想症的园扰。他声称自己独力横跨了英吉利海峡,并拥有超乎常人的野外生存技能,包括但不限于制造或驾驶热气球飞艇。
 尽管您一再强调他需要尽快出院,但我们确信病患有极大可能在院外接触新的刺激源而发展出新类型的妄想。93号病人目前不具有攻击性,但在如此严重的夸大忘想影响下,他可能进行或说服他人一同进行部分危险活动。当然我们都非常清楚,他从未也不可能独自驾驶热气球飞跃原始丛林。但考虑到他煽动性的演讲技能,将其置之不理极有可能为他人与他自己带来致命危险。
 请慎重考虑此前的决定。
 期待您的回信。
 愿主的光辉永远照耀于您。

您忠实的
洛琳·米勒

【英語版】

【英語版】
Dear esteemed Bishop Duke,

The White Sand Street Asylum completed the reassessment of its patients last month, and we will begin the process of discharging healthy patients on the 15th of next month.
This particular letter is intended to discuss the conditions of patient no. 93. It is with our deepest regret to inform you that the reassessment of patient no. 93 indicates that his Delusional Schizophrenia persists. He claims that he had flown solo across the English Channel, possesses extraordinary suvivalist skills, and is capable of the construction and operation of, including but not limited to, Blimps.
As you can see, despite your assurance of his well-being, we are certain that his delusions will evolve in a scale of grandiose when exposed to outside influences. Patient no. 93 currently does not possess violent tendencies, yet with his deteriorating mental health stability and elevating delusions, he may pose a threat to society through conspiracy with others. We are well aware that he has never and is incapable of operating a Blimp across the uncharted jungles, but consider his eloquence in persuasion, the decision to discharge him from the asylum cannot be granted without serious considerations.
Please reconsider your decision with great importance.
We look forward to your reply. May the Lord sanctify your spirit with his eternal light.

Your humble servant,
Lorraine Miller

2年目

探検小説の1ページ

 ……これは、スリル満載の旅路。
 雪は2日降り続けた。道は滑りやすくなっており、あちこちが凍り付いていた。私とあの3人は山の中腹で身動きが取れなくなった一一道に迷った狩人、寒さに頭が回らなくなった青年、そして正気を失って妙なことばかり言う男。
 私たちは1軒の小屋を見つけ、狩人と青年は私と一緒に中へ隠れた。しかしあの変わった男は話を聞かず、1人で隣の木の樹洞に潜り込んだ。
 私はマッチと枯草を使って小屋で火をおこし、傍の川から魚を獲ってきた。水の流れはとても激しく、危うく流されるところだった。だがこれは私が仲間たちのためにすべきことだ。なんせサバイバルの経験を持っているのは偉大なる冒険家だけなのだから。夜、私と青年が一緒に入口で見張りをしていると、草むらの中からカサコソと物音が聞こえた……やはりこの森は危険でいっぱいだ!
 朝目覚めると、樹洞の中の男がいなくなっていた。こっそりここを離れたのかもしれないし、暗がりに隠れた野獣に食われてしまったのかもしれない。経験のない者がここへ来ると、生き延びるのは難しい。経験が十分にある冒険者こそが最後の勝者となれるのだ。
 タ方、私は水源を探しに出かけると、雪地で血痕と男の衣服の破片を見つけた。その血痕を辿ると……

 「私は野獣が彼を、死体を引きずって草むらに投げ込んだのを見た。獣はその男の首を噛み千切ったんだ」
 「君が見たのは確かに野獣だったのか?」狩人が私に訊ねた。
 「間違いない」数日経った後、私はついに我慢できず、自分が見たものを狩人に聞かせた。私は彼にあの男がすでに死んでいると伝えるのが忍びなかった。しかし、彼らに私がいない場合の危険性を知ってもらう必要がある。狩人は考え込み、小屋へ戻ってナイフを手にした。
 「ここは危険だ」彼は言った。「今後のためにも、野獣の巣穴に案内してくれないか」

 彼は正しい。明日、私たちは見に行く必要があるだろう。あの男の死体を見つけられるかもしれない………

【中国版】

【中国版】
一页探险小说

……这是一段惊心动魄的旅程。
大雪下了两天,路很滑,到处都在结冰。我和那三个家伙被困在了半山腰——迷路的猎人、冻得不太聪明的青年、以及一个已经失去理智胡言乱语的男人。
我们找到了一间小木屋,猎人和青年跟我一起躲了进去。而那个古怪的男人并不听劝告,一个人住进了旁边的树洞里。
我用火柴和干草在木屋里生了火,又去屋旁的河里找了些鱼。水流很急,差点把我冲走,然而这是我必须为同伴们做的,毕竟只有伟大的冒险家才有求生的经验。夜晚,我和青年一起去门口放哨,竟听到了野兽在草丛中踱步发出的窸窣声……这果然是一片危机四伏的森林!
清早醒来时,树洞里的男人不见了,也许是他悄悄离开了这里,也许是他已被暗中的野兽撕碎吞食。经验匮乏的人来到这儿很难活到最后,而经验十足的冒险家才能成为最终的胜者。
傍晚,我去寻找水源,竟在雪地里发现了一些血迹和男人衣服的碎片。我顺着那些血迹走……
“我看见了,一个野兽拖着他,把尸体丢进草丛里。它一口咬掉了那男人的头。”
“你确定你看到的是野兽?”猎人问我。
“千真万确。”
过了几天,我终于没忍住,把看到的事讲给了猎人听。我真不忍心告诉他们那男人已经死了,但我得让他们知道离开我视野范围后的危险性。猎人若有所思,返回了小木屋,还拿上了刀。
“这里不安全,”他说,“为了灭绝后患,恐怕你得带我去看看野兽的巢穴。”
他是对的,我们明天得去看看,说不定还能找到那男人的遗体……

【英語版】

【英語版】
A torn page from a detective novel

^… this was quite a thrilling journey.
It snowed heavily for two days, so the road was slippery and there was ice everywhere. I was trapped halfway up the mountain with the other three-a lost hunter, a young man who couldn't really think because of the cold weather, and a man who had already lost his mind.
We found a wooden hut. The hunter and the young man followed me to hide inside. Yet that odd man didn't listen to me and went into a tree cave nearby alone.
I made a fire with matches and dried grass in the wooden hut and found some fish in the river by the hut. The water current was rapid and I almost lost my footing. Yet I must take care of my companions–who else but an explorer would have experience of surviving in the wild? At night, as the young man and I kept watch outside, we heard the sound of wild beasts roaming around the shrubs... The forest was indeed quite dangerous!
When we woke up early in the morning, the man in the tree cave was gone. He might have left in secret, or he might have been devoured by the wild beasts. Those without experience could seldom survive. It's the experienced explorer who would be the ultimate winner.
At dusk, I went in search of water and found traces of blood and some fragments of man's clothes in the snow. I then followed the trace…

"I saw a wild beast dragging his corpse into the shrubs. It bit off his head."
"Are you sure you saw a wild beast?" The hunter asked.
"I'm sure."
After a few days, 1 just had to tell the hunter what I saw. I didn't want to tell them that man had died, but I had to make them understand the danger of getting out of my sight. The hunter thought about what I said, returned to the wooden hut, and took out a knife.
"It's not safe here." He said, "I'm afraid you'll have to take me to the wild beast's lair so I can eliminate the risk."

He was right; we have to go out there tomorrow. Who knows, maybe we'll find that man's body…

衣装

SSR

  • 忠告するカメ
    試合中に集中を維持するのは最も重要なことだ。
    (S2・真髄1)
  • 考古学教授
    歴史の再現が、私の使命。
    文化財を守るのが、私の責任。
    うむ、どうやらこの本を持っているのは芳しくないみたいだ。
    (S4・真髄)
  • 発明家
    彼は珍客の手からある少年を救い、新鋭軍の一員として冒険団に引入れ、改良した蒸気装備まで与えた。
    (S5・推理の怪)
  • イカロス
    青空に憧れる。
    ただし、太陽からは離れておきたい。
    (S6・真髄1)
  • アリス
    そのケーキには何かが書かれている――「私を食べて」と
    (S8・真髄2)
  • 財宝ハンター
    虚構の伝説は臆病者を驚かすためのものにすぎない。
    勇敢な財宝ハンターは深海への挑戦すら請け負い……
    音もなく同じ海域の競争者を振るい落とすことができるのだ。
    (S16・真髄3)

SR

  • 研究者
    危険な実験室で科学の聖域に触れる。
    これはある意味、とても魅力にあふれた冒険の旅ではないだろうか?
    (S1・真髄2)
  • 遭難
    人生は一度の遠洋航海だ。心の中に灯台があれば、迷ったりはしない。
    (S1・真髄5)
  • 遠洋航海
    時には深淵の真の姿を探りたくなるだろう。
    リュックを背負い、遥かな航海に出かけよう!
    (ショップ)
  • 「物知りの棚」
    世界各国の品物を取り扱っているが、私の家族は含まれていない。
    (S5・真髄2)
  • 百瑞
    寂しい人々を慰めてくれるのは、この透き通ったお茶と、語り尽きないお話だけだった。
    (S10・真髄3)
  • 落魄れの指揮者
    酒場でインスピレーションを探していた指揮者は、独特で危険なショーに巻き込まれてしまった。
    彼は広大かつ厳粛な曲の数々に呑まれていき、
    焼けつくような魔の音1つ1つに彼は何よりも憧れを覚え、同時に自分を醜く感じた。
    (S11・真髄1)
  • 月下の旅客
    月神を崇める旅客は旅路の途中で運よく月ウサギに出会った。
    彼らは共に月神の痕跡を探しに行く。
    (2020・中秋節イベント)

R

  • 草木の緑
    一番自然に近い緑色だ。
  • トルコ石
    青石のように固く、高くそびえている。
  • 思い出の桃色
    晩年になっても心の中の懐かしい思い出は捨てない。
  • 紅葉色
    秋の落ち葉の色は寂しさだけじゃない。
  • 山吹色
    あぁ、この甘美な味は清々しい香りに満ちている。

携帯品

SSR

  • コミュテータ
    おかしなエネルギーを生み出せる不思議な機械。
    命中された人は不安定な位相変化が起きる。
    特殊効果:旅行記の絵本の特殊効果を増す
    (S6・ランク秘宝)

SR

  • 救急セット
    ひとりの冒険家として、救急セットを備えていれば、様々な状況に対応できる。
    (S2・ランク秘宝)
  • 金の薔薇
    これほど精巧に作られた工芸品が、古の人類によるものとは信じがたい。
    (S4・ランク秘宝)
  • 魅惑の宝箱
    金銀財宝が入った宝箱。
    小人の国の住人からしたら。
    (S8・ランク秘宝)
  • 紅葉の箋
    深い秋の紅葉の下で、彼も遠方の故郷を思い出すだろうか。
    (S16・ランク秘宝)

その他

  • 中国版公式サイトより
    冒険家のカート・フランクはイギリスのヨークシャーで生まれ、両親と共にイギリスからイタリアに移住し、その後フランスに行ってからまたイギリスに戻り、頻繁に大人の旅人と会った。
    このような体験により一つのことに集中できず逃亡者のような性格が形成された。
    カートはガリバー旅行記のような古典的な古代や旅に関する小説を読むことに夢中なっており、自分を素晴らしい冒険家だと思っていた。
    (原文)
  • キャラ診断より
    君は気が散りやすく、外界の物事はいつも簡単に君の目を引く。
    精神世界が豊かで、少し「神経質」になることもある。
    だが、世界の未知は探検者達が少しずつ開拓してきたもので、
    やりたいことを思い切ってやる人だけに平凡ではない人生があると信じている。
  • 第五人格美術設定集より
    最初はホームレスの男性のイメージで設計された。
    乱雑な髪、 長い髭、旅行用の鞄、野外で生き残るための道具を身につけており、命拾いした逃走者の没落を体現している。
    元々彼が持っていたのは「サバイバルガイド」という種類の本だったが、本の機能は後に拡大と縮小の機能を持つように設定されたため、「ガリバー旅行記」に変更された。

    原文

    最初是以一个流浪汉的形象去设计的:凌乱的头发、大胡茬子、旅行用的行囊,身上绑着野外求生能用到的工具,体现逃生者的落魄。
    本来他手上拿的应该是《求生指南》一类的书,但是书的功能后来被设定为具有放大和缩小的功能,于是改为了《格列佛游记》。

  • 周年逸話集より
    毎回の「冒険」は全てを賭けるゲームだ。

まとめ

本名

カート・フランク
Kurt Frank
库特·弗兰克
커트 프랭크

年齢

25歳
(3月1日生まれ)

出身階級

中産階級(※日本版HPでは労働者階級)

役職

冒険家(日本語)
冒险家(中国語)
Explorer(英語)
Penjelajah(インドネシア語)
Peneroka(マレー語)
นักสำรวจ(タイ語)
Kẻ Thăm Dò(ベトナム語)
모험가(韓国語)

どの言語でも冒険家。
特筆すべき表記揺れはない。

性格

好きなもの:旅行記、小説
嫌いなもの:昆虫

趣味

読むこと

特技

物語ること

人間関係

  • ロレーヌ・ミレー
    ホワイトサンド精神病院に所属していた修道女。
    患者であるカートの退院に関し、デュークとの手紙のやり取りの中で彼の危険性について指摘した。
  • デューク
    ホワイトサンド精神病院の管理者。
    カートの退院を奨めるがロレーヌに反対される。

参考文献

コメント