写真家

Last-modified: 2021-10-13 (水) 05:31:17

写真家(ジョゼフ)



両親と共にフランスからイギリスまで亡命する道中で、ジョゼフは同胞の兄弟を失った。
心の痛みに苦しまされた彼は、絵に没頭するようになる。
月日が流れ、ジョゼフは筆で自分の変化を記録し続けていた。
まるで兄弟とは一度も離れていなかったかのように。
しかし、紙に描かれた物は所詮幻であり、どう足掻いても真実にはならない。
胸の痛みは、映像を永遠に保存できるという機械に出会うまで続いた。
これでようやく真実を記録する術を見つけたと思い、彼はこの機械ですべてを記録し始める。
映像は現実をくっきりと、そのまま映し出すことができた。
それでも、時間が過ぎるとともに、写真の中に残されたのは映像であって、現実にある物や人間はいずれも壊れ、衰えていくことに気付く。
そう、まるで彼の兄弟のように。
ジョゼフは現実にある物や人間を永遠に保存することを望んだ。
彼は、写真の中にある世界が「生きる」ことを望んだのだ。
そうして彼は所謂「霊魂学」に没頭し、撮影機に奇怪な改造を加え始めた。
写真の中で魂を保存する方法を見つけたと、ある日彼は身近の友人に宣言する。
とうとう老いで頭もおかしくなったのかと皆思ったが、ジョゼフに写真を撮られた者が次々と消え、事態はどんどん深刻になっていった。
恐怖でパニックに陥った大勢の人間がジョゼフの屋敷に押し入った頃、
その写真家の姿はどこにもなく、作業部屋にはまるで生きているような肖像写真がみっしり飾られていた。
肖像写真の中の人たちはまるで写真の中から、彼らのことを見つめているようだった。

外在特質

  • 写真世界
    カメラを使って撮影し、この時刻のサバイバーとフィールドを複製し、静止した写真世界を創り出す。
    ジョゼフはいつでも写真の世界に入り、過去のサバイバーを探してロケットチェアに拘束することができる。
    サバイバーはカメラの残留映像を通って写真の世界に入ることができる。
    写真の世界は静止しているため、サバイバーは荘園から脱出することも、ロケットチェアで荘園に送り返されることもない。
    写真世界で暗号機解読の進度を累積できるが、解読の完成はできない。
    写真の中の人物も、写真世界に入ったサバイバーにステータスアップまたはステータスダウンの全体効果を及ぼすことができない。

    特殊:
    写真世界が崩壊したあと、カメラはしばらくのクールタイムが必要になり、その後再び撮影が可能になる。
    同時に、写真世界で累加された状態の半分は、現実世界に投影される。

    アプデ前

    写真世界
    カメラを使って撮影し、この時刻のサバイバーとフィールドを複製し、静止した写真の世界を創り出す。
    写真の世界が崩壊したあと、カメラはしばらくのクールタイムが必要になり、その後再び撮影が可能になる。
    同時に、写真の世界で累加された状態の半分は、現実の世界に投影される。
    ジョゼフはいつでも写真の世界に入り、過去のサバイバーを探してロケットチェアに拘束することができる。
    写真の世界は静止しているため、サバイバーは荘園から脱出することも、ロケットチェアで荘園に送り返されることもない。
    これと対照的に、現実世界にいるサバイバーはカメラの残留映像を通って写真の世界に入ることができ、写真世界で暗号機解読の震度を累積できるが、解読の完成はできない。
    写真の中の人物も、写真の世界に入ったサバイバーにステータスアップまたはステータスダウンの全体効果を及ぼすことができない。

  • 時空重畳
    二重の時空の力を帯び、通常攻撃で1.5倍のダメージを与える。

形態変化

  • 瞬影留痕
    写真の世界が存在する時に使用できる。
    残相を通ってジョゼフは自由に写真の世界を出入りできる。
  • 時空残像
    ジョゼフは移動時に過去15秒間の痕跡を記録する。
    スキルキーを長押しすると、押した時間の長さに応じて過去の位置まで戻ることができる。

うわさ

ジョゼフの世界では、すべての写真が時間の標本だ。

推理目標

実装:グローバル版シーズン6
同時実装:占い師狂眼

1.逆流

過去に戻ろうとも、困難ばかりだ。

  • 結論
    破損したスクラップ:国王から…
    主催者とその臣民による相互信頼及び慈しみから見て、国の疲弊に対する有効的な挽回方法が提供されることだろう…
    皆の幸福を確たるものとするため、再度長期的に搾取される平静と安寧を感じ取ることができる。
    全国会議が…宮で行われる。
    【基礎目標】
    ・窓枠を2回乗り越える
    【レベルアップ目標】
    ・窓枠を3回乗り越える
    ・窓枠を4回乗り越える

2.変革

彼らは雄叫びを上げ、その手に持つたいまつで、空までも明るくなった。

  • 結論
    日記1:皆、冬の暖炉が好きだ。
    炎は明るいし暖かい。
    しかし、街中での暴虐を目の当たりにしたとき、日々の生活で使われる普通のものが、別の一面を持つことを、認識できたのだ。
    【基礎目標】
    ・溜め攻撃でサバイバーに1回命中
    【レベルアップ目標】
    ・溜め攻撃でサバイバーに1回命中
    ・溜め攻撃でサバイバーに2回命中

3.思い出

最も恐ろしいのは、忘れることと壊れることだ。

  • 結論
    破損した肖像画:双子の兄弟が年若い夫婦の間に立ち、微笑みをうかべている。
    【基礎目標】
    ・1枚の木の板を破壊
    【レベルアップ目標】
    ・2枚の木の板を破壊
    ・3枚の木の板を破壊

4.避難

人民の意志によりこの地に辿り着き、刃による駆逐でのみここを去るだろう。

  • 結論
    日記2:クロードの咳は日に日に悪化し、眠れていないみたいだ。
    父が言うには、あと一か月、あと一か月だけ頑張れば着くらしい。
    【基礎目標】
    ・カメラを1回使用する
    【レベルアップ目標】
    ・カメラを2回使用する
    ・カメラを3回使用する

5.失う

帰ってきて欲しい。

  • 結論
    綺麗な肖像画:青年が1人、
    無表情で中年夫婦の間に立っている。
    【基礎目標】
    ・写真世界に2回入る
    【レベルアップ目標】
    ・写真世界に3回入る
    ・写真世界に4回入る

6.カメラ・オブスクラ

外に移る景色を、上下左右逆さまに投射できる不思議な箱。

  • 結論
    日記3:美しさは時と共にすぐさま消え失せる。
    どんなに素晴らしい技法を用いても、カメラ・オブスクラ内の情景を描き表すことはできない。
    これが人間の限界なのかもしれない。
    生物として、成長し、老い、病に侵され、最終的に朽ちていく。
    クロード、私の運命も君と変わらないよ。
    【基礎目標】
    ・写真世界でサバイバーを3回攻撃する
    【レベルアップ目標】
    ・写真世界でサバイバーを4回攻撃する
    ・写真世界でサバイバーを5回攻撃する

7.うわさ

「知らない」は「最悪」より、更に恐ろしいものだ。

  • 結論
    日記4:最近、使用人と従業人の様子がおかしい。
    隠れて何かを相談しているみたいだ。
    病気を理由に辞めていく者も多い。
    手足の震えが止まらないため、他の者の手助けがなければ実験を続けることはできない。
    クロード、どうやら私も老いが訪れたようだ。
    【基礎目標】
    ・世界合併時の半投射を利用して1人のサバイバーをダウンさせる
    【レベルアップ目標】
    ・世界合併時の半投射を利用して2人のサバイバーをダウンさせる
    ・世界合併時の半投射を利用して3人のサバイバーをダウンさせる

8.腐食

光、それは最も優秀な絵筆。

  • 結論
    破損している実験記録:…塩化銀は硝酸銀の代わりに使用できる。
    塩化銀を塗った紙をカメラ・オブスクラに入れ…ぼんやり…アスファルト
    【基礎目標】
    ・写真世界で1人のサバイバーをロケットチェアに拘束する
    【レベルアップ目標】
    ・写真世界で2人のサバイバーをロケットチェアに拘束する
    ・写真世界で3人のサバイバーをロケットチェアに拘束する

9.現像

これで、肉眼ではとらえられないものをはっきりと見える。

  • 結論
    破損している実験記録2:…水銀の蒸気の燻蒸効果は、意外なものだった。
    普通の労働人でさえ…
    【基礎目標】
    ・時空残像を使用して過去に戻ってサバイバーを1回攻撃
    【レベルアップ目標】
    ・時空残像を使用して過去に戻ってサバイバーを2回攻撃
    ・時空残像を使用して過去に戻ってサバイバーを3回攻撃

10.恐怖

アレは我々を狂乱させる。

  • 結論
    破損したスクラップ:…ジョセフ・ドラソネス…行方不明。
    労働人と使用人は、邸宅が失踪した老人に呪われていると言う。
    【基礎目標】
    ・世界を超えた後、サバイバーを3回攻撃する
    【レベルアップ目標】
    ・世界を超えた後、サバイバーを5回攻撃する
    ・世界を超えた後、サバイバーを7回攻撃する

記念日手紙

1年目

届くことのない家への手紙

親愛なるクラウド:
 今日は雨じゃないが、お前が旅立った日のように凍える。
 今、私は書斎に篭り、遥かな時を隔てた手紙を書いている。永遠に、届くことのない手紙だ。少し馬鹿げているが、今日という今日は、どうしても我慢が利かなかった。
 お前と私は、かつて同じ四季を歩んだ。一年、また一年と、あの冬を迎えるまで。私たちの道は次第にずれていき、恐ろしい死神が春を楽しみにしていたお前の行く先に立ちはだかった。
 彼はお前を連れて行ってしまった。今までもたくさんの人を。私では行くことのできない、一目見ることもできない世界に。
 私は自分を責めていた。まだ肌寒さがうっすらと残るあの初春に、どうして私は生き残ってしまったのだと。
 私は何をしても、お前のことを思い浮かべてしまう。だが、毎日鏡の前に立っていると、その面影も徐々に馴染みないものに変わっていく気がするのだ。時間さえも奪えない記憶を、どうやって手に入れることができよう?私はお前を永遠に覚えていられるだろうか?私はかつて敬愛していた人々を、永遠に覚えていられるだろうか?
 お前は二度と私の質問に答えてくれない。そう考えただけで、心が潰れるように痛い。
 春は必ず訪れると、お前は言っていた。雨雲が永遠に太陽の光を遮ることなどできないのだと。
 ただ、あの日から、私はお前のいない春を満喫することができなくなった。
 私は覚えていなくてはならない。誰かが、何かを覚えていなくては。
 災難や病、過ぎ去りし命、そして共に春を迎えるはずだった人々…
 私はすべてを、この心に深く刻みたいと思う。


ジョゼフ

【中国版】

【中国版】
无法寄出的家书

亲爱的克劳德:
今天没有下雨,却仍然保留着你离去那天的寒意。
我坐在书房里,隔着遥远的时光,写一封永远不可能寄出去的信。看起来有点蠢,但在今天,我无法控制自己。
你和我,曾经共同走过四季的路,一年又一年,直到那个冬天。我们所走的路开始偏斜,你仍然满怀希望等待着春天,可怕的死神却站在前方。
他带着你离去了,带着许多人离去了,去我无法到达也无法看清的世界。
我甚至有些责怪自己,为什么,在这个寒意料峭的初春,是我活了下来。
我想念你,亲爱的兄弟。可当我站在镜子前面,日复一日镜中的面孔却逐渐变得陌生。即使时光也不能夺走的记忆,该如何获得呢?我可以永远记得你吗?我可以永远记得那些可爱可敬的人们吗?
你再也不会回应我了,意识到这一点时总让我心碎。
你说春天始终会再来,正如乌云无法永远遮蔽太阳的光辉。
只是从那天起,我再也无法享受那些没有你的春天了。
我必须记住什么,总有人应该记住什么。
那些灾难,那些疾病,那些逝去的生命,那些本应一同迎接春天到来的人们……
我想全部记住。

你的兄长
约瑟夫

【英語版】

【英語版】
An Undelivered Letter

Dear Claude,
It didn't rain today, yet it's chilly, just like the day you left.
I'm sitting in my study, many years after, writing a letter that will never be delivered. It seems silly, but I can't control myself today.
You and I spent all the seasons together, year after year, until that winter.
The roads began to steepen, yet you were waiting for spring to come with hope while the horrible angel of death awaited.
He took you with him and left. He took many with him and left, to a world I couldn't go nor understand.
I even began to blame myself. Why did I survive in this freezing spring?
I missed you, my dear brother. Yet when I stand in front of the mirror, day by day, the face looking back at me has begun to feel foreign. How do I obtain memories that even time can't take away? Will I remember you forever? Will I remember the people I love and admire forever?
You'll never answer me now. My heart broke when I came to such a realization.
You said spring will always come, just like the clouds can never block the sun's brilliance.
From that day onward, I could never enjoy spring without you.
What must I remember? Someone must remember.
Those disasters, those illnesses, those lives lost, those people who should have welcomed spring with us...
I want to remember them all.

Your brother,
Joseph

2年目

最後の手紙

我が友エリオットへ:
 私はすでに意を決している。もう再三私を説得する必要はない。
 彼女はきっとまだ、この荘園のどこかに生きているはずだ。私は彼女を見つけ、彼女を連れて出る。
 老執事の信頼も何とか勝ち取ったんだ。こんな大事な段階で身を引くわけにはいかない。
 しかし、君が最初に予測していたように、ここは決して普通の荘園ではない。少なくともあの顔にしわの入った、足取りがおぼつかない紳士の老人…あの親し気な笑顔は、対外用の偽りの仮面なのかもしれない。

 老人は毎日画室で1時間ほど過ごす。彼はただ数枚の破損した落書きの紙を、静かに眺めるだけだ。こっそり調べてみたが、これらの落書きは全て1人によるものだという事以外、特に異常はない。その者の名はクロード。だが私がこの人物について訊ねようとすると、荘園の人間は皆口を閉ざす。

 老人はそれ以外の時間のほとんどを地下の暗室で費やしていた。君も知っているだろう、彼が写真を処理する場所だ。だがいくら彼が写真を愛しているからと言っても、この時間は長すぎではないだろうか?
 また、昔は老紳士もここまで狂気じみてはいなかったと聞いた。全てのきっかけは、一度の遠出に由来する。彼がその時に何を経験したのかは誰も知らない。知っているのは彼が帰宅した時、多くの神秘学の書籍を持ち帰ったことだけだ。それ以降、老人は日夜自身を暗室の中に閉じ込め、誰も中へ入れようとしなかった。そういえば、街で老人や子供が失踪する怪事件が起き始めたのもその頃からだったらしい。
 あの場所に問題がないなんて、誰が信じるものか!
 しかし、なぜ荘園内の誰もこの件に対して疑問や意見を言わないのだろうか?
 未知に対する恐怖が本能的な好奇心に勝ったのか、それとも本当に主人の命令が何よりも重要なのか?

 とりあえず、明日の夜、私は地下の暗室に忍び込もうと思う。この先で何が待ち構えているのかは分からない。だが私は、その扉を開くと決心したのだ………

敬具
マーコリー

【中国版】

【中国版】
最后一封信

吾友艾略特:
我心意已决,你不必一而再再而三地劝我。
她一定还活着,就存在于这个庄园的某个角落。我会找到她,带上她一起出来。
何况我已取得老管家的信任,不可能在这种阶段抽身而退。

不过,确实如你最初猜测的那样,这里绝不会只是一个普通的庄园,至于那位沟壑纵横、步履蹒跚的乡绅老爷,谦和可亲的笑脸也许只是他虚假的对外面具。

老人每天会花一个小时待在画室里,对着那几张破损的涂鸦纸静默不语。我偷偷检查过,这些涂鸦画除了都出自一人之手外,并无异常。此人名叫克劳德,可每当我旁敲侧击问及时,庄园内的人都讳莫如深。

除此之外的大部分时间,老人都待在地下暗室。你知道的,就是他处理相片的地方。可是,即便他再热爱摄影,这时长是否也太不寻常了些?
我又打听到,老乡绅以前并没有那么疯狂。—切的转折点,源自一次远游,没人知道他远游时遇到了什么,只知道他回家时拿了许多神秘学的书籍。自那之后,老人就整日整夜把自己关在暗室里,还不允许下人入内。好像也是从那个时候起,镇子上出现了老人小孩离奇失踪的怪事。
要说那个地方没有问题,傻瓜都不信!
然而,庄园内居然没有任何人提出疑问或者讨论这件事?不知是对未知的恐惧压过了本能的好奇,还是当真主人的命令高于一切?

总之,明晚,我会潜进地下暗室。我不知道前方等着我的是什么,但我已决心推开那扇门……

祝安
麦考利

【英語版】

【英語版】
The last letter

Elliot, my friend:
I have made up my mind. You can save your breath.
She must still be alive somewhere in this manor. I'll find her and get her out.
Not to mention that l've already gained the butler's trust. I can't just back out at this point.
However, just as you predicted, this is no ordinary manor. As for that staggering old gentleman, his gentle smile is just a facade.

He spends an hour in the studio every day looking at those papers with doodles without a word. I checked out those papers in secret and found nothing special about them, except that the doodles were drawn by the same person. It's someone named Claude, yet whenever I tried to bring him up in conversations, everyone in the manor became evasive.

Apart from the time he spent in the studio, the old man seldom leaves the darkroom in the basement. As you know, that's where photographs. Yet no matter how passionate he is about photography, the hours he spends douwn there are simply too long.
I also found out that he wasn't this crazy in the past. Things took a turn when he came back from a journey to somewhere far away. No one knows what happened during the trip, save that he brought back with him a number of mysterious books. From then on, the old man spends all day in the processed his darkroom and shuts everyone out. I think that's also when old people and children began to go missing in town.
Something's up with this place. No one will believe otherwise!
The thing is, no one in the manor has ever questioned or discussed this!
Perhaps their fear of the unknown trumps their curiosity, or the master's command trumps all?

Anyway, I'll slip into the darkroom tomorrow night. I'm not sure what to expect, but l'm determined to open that door…

All the best,
Macaulay

衣装

UR

  • アズラーイール
    この季節一枚目の落ち葉を持って、彼は空から舞い降りた。
    (ショップ)
  • 裁判官
    正義?公平?
    それは枷を掛けられる前に考えるべきことだ。
    (S13・真髄2)

SSR

  • 月下の紳士
    夢の中の月光は優しく柔らかい。
    ただ、彼と一曲踊ってくれる相手はいないようだ。
    (S3・真髄3)
  • アポロ
    あなたへの光と希望は私だけが与えられる。
    私だけが奪える。
    (S6・真髄1)
  • 血の剣
    魔典の力を略奪するために裏で行動し、鏡から得た情報を通して古城の残局を把握した。
    しかし、抱擁の出現を予想できず、彼は手にれたばかりの物が奪われていくのを見ているしか術がなかった。
    だが、次の獲物は決して逃さない。
    (S9・真髄1)
  • アン・リニュ
    幻夢を刺し壊す準備はできたか?
    (S12・真髄2)

SR

  • 「虚言」
    私の言葉は、全て私の本心だ。
    …私に、本心というものがあればの話だが。
    (S5・真髄2)
  • 催眠医師
    医療職:催眠医師
    メモ:催眠により患者の弱みや歪みの様を集める。
    患者に対して無意味な同情心を抱くのはロールシャッハ医師だけだ…
    あいつをあの虫ケラたちの仲間に仕立て上げてやろう!
    (S6・真髄2)
  • 伯爵
    永遠に壁に掛けられたくないのなら、彼への態度には気を付けることだ。
    (S7・真髄2)
  • マクベス
    どれほど長く暗くても、明けない夜はない。
    ――『マクベス』
    (イベントショップ)
  • オークション司会
    彼は他人を真似ることしか知らないと嘲笑われていたピークマンが、その複製能力で異界の物を輝かせられるとは思ってもいなかった。
    最も熱狂的な崇拝者として、オークション司会は異界の行者の作品を拡散し続け、深淵の華麗さと新奇さを世界の中に広めようとしていた。
    (CALL OF THE ABYSSⅢ)
  • イチハツ
    あの砂漠の冒険は成功したとは言えないが、少なくとも例のノートの価値は証明された。
    私はより高い報酬を出し、より良いアシスタントを雇った。
    密林に入った初日から、彼らは報酬以上の働きをしてくれた。
    (S10・真髄2)
  • 「特使」
    親王殿下、善良な人の方が貪欲になりやすい。これはあなたが学ぶべき最後の授業だ。
    (S11・真髄3)
  • 「謎」
    「龍を殺す方法を知っていますか?烈火の中でその首を切り落とし、最古の壁に嵌めるのです。」
    炎の光の中、龍殺しの騎士は軽やかに言い放った。
    彼の懐の子供はその肩に寄りかかり、彼の背後の鱗まみれの尻尾に目を向け、こくりと頷いた。
    (グローバル版3周年イベント)

R

  • 血影
    瞬く間に終わってしまう歓喜は致命的な毒となる。
    しかし、誰がこのロマンスを拒めるだろうか?
    (S4・推理の径)
  • 夕焼け
    空が次第に暗くなり、夜が訪れようとしている。
    街中を行き交う人々に、夕日の余韻を楽しんでもらうのも悪くはないだろう。
    (閲歴得点)
  • 潭の影
    静かな水面に映し出された来客の顔は、潭の水の冷たさを隠す。
    (S11・推理の径)

携帯品

UR

  • 致命的な招待状
    熱烈な招待には気をつけて。危険がいっぱいの晩餐会は罠で溢れている。
    カシャッ、カシャッ。瞬く間に、あなたも彼のコレクションになるかもしれない。
    特殊効果:スキルエフェクト変更 風船を持つアクションを変更
    (S13・ランク秘宝)
  • 「慈悲」
    偽りの慈悲も優しさだろうか?
    特殊効果:
    スキルエフェクト変更
    ロケットチェアを操作した後、ロケットチェアをカーニバルチェアに変えることができる。
    (3周年・オフラインパッック)

SSR

  • 星見
    運命とは、あらかじめ知っていたとしても逃れられない未来だ。
    特殊効果:移動および撮影のエフェクトを変更
    (ショップ)
  • 筆先の恋
    会えない恋人は愛の証である羽ペンで永遠に繋がっているという。
    特殊効果:移動および撮影のエフェクトを変更
    (ショップ)

SR

  • シルクの手袋
    主な用途は指の保護ではなく、決闘前に相手の顔に投げつけること。
    (S18・ランク秘宝)

その他

  • 人気ハンター設定資料より
    ジョゼフはかつて地元の人から尊敬を集めた名士だった。
    上品な立ち振る舞いと異国の話し方は人を引きつけ、人々はみな進んでこの老紳士の趣味のためにモデルを志望した。
  • 第五人格美術設定集より
    ジョゼフと美智子はどちらも「美しい」ハンターであり、同じように二重の状態があり、コントラスト法を利用して恐怖感を作った。
    私たちは元のキャラクターに少し美少年のような雰囲気が欲しいと思い、特に古典的な映画のキャラクター(「ベニスに死す」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」など)を参考にしてから異化状態を作ることになった。
    西洋剣は地域的な特徴が強く、剣術の動作が「不恰好」に思ったために歩いたり、攻撃したり、窓を越える部分でキャラクターらしい動きができるように設計した。

    原文

    约瑟夫和美智子类似,都属于“好看”的监管者,同样也有双状态,利用反差的手法制造轻口味的恐怖感。
    我们希望原角色能有美少年的气息,特地参考了一些经典电影角色(《魂断威尼斯》《夜访吸血鬼》等),确定了这种感觉后再做异化状态的设定。
    西洋剑有强烈的地域特征,剑术动作给人“不好惹”的感觉,于是在走路、攻击、翻窗这些部分,设计了更符合角色气质的动作。

  • 周年逸話集より
    優雅な見た目に騙されてはいけない。
    一秒先には、彼のコレクションになっているかもしれないのだから。

まとめ

本名

ジョゼフ・デソルニエーズ(※)
Joseph Desaulniers
约瑟夫 德拉索恩斯
요셉 데소르니에즈

※デソルニエーズ表記は公式サイト上で表記されている姓。後に実装された背景推理ではドラソネスと表記されており、ファミ通ではドラソーエンスと表記されていた。
余談であるが、ヘブライ語のヨセフのフランス語名がジョゼフ、スペイン語名はホセである。

記念日

3月11日

職業

前デソルニエーズ伯爵

役職

写真家(日本語)
摄影师(中国語)
Photographer(英語)
Fotografer(インドネシア語)
Jurugambar(マレー語)
ช่างภาพ(タイ語)
Nhiếp Ảnh Gia(ベトナム語)
사진사(韓国語)
どの言語でも撮影者を意味する。

性格

偏執、懐古、傲慢、優雅
好きなもの:秋の日、銀製品
嫌いなもの:湿ったもの、夏

趣味

撮影

特技

絵画、ダンス、フェンシング

人間関係

  • クロード・デソルニエーズ
    ジョセフの双子の弟で彼が病んでしまった主な原因。
    革命からの亡命時、体調を崩してそのまま亡くなってしまう。
    記念日の手紙ではジョゼフが亡くなったクロードに向けて手紙を書いている。
  • マリー※
    荘園のハンターでフランスの元王妃。
    彼女の処刑は革命の中でも大きな出来事であるが直接的な面識はないと思われる。

※公式において関連性についてはっきりと名前が出ていない・間接的に関係がある人物が含まれます。

参考文献

コメント