マジシャン

Last-modified: 2021-10-08 (金) 23:30:32

マジシャン(セルヴェ・ル・ロイ)



セルヴェ・ル・ロイはベルギーでマジシャンとしての人生を歩み始め、ロンドンに移住して自分のマジックグッズの専門店を開いた。
しかし人体消失マジックを好むこのマジシャンは、まだ世間にその名を知られていなかった。
もしかしたら、かつて無数の芸術家を輩出したエウリュディケ荘園にて、彼は新しい公演のインスピレーションを得ることができるかもしれない。

外在特質

  • マジック
    マジックステッキを携帯し、その場に幻像を作って数秒間自分の身を隠すことができる。

    専用:
    専門技術により、マジシャンが隠れた時の移動速度がX%上昇し、
    隠れた状態で攻撃を受けても恐怖の一撃が発動しない。

    アプデ前

    • アプデ前2
      マジック
      マジックステッキを携帯し、その場に幻像を作って数秒間自分の身を隠すことができる。
      しかし隠れた状態で攻撃を受けると恐怖の一撃が発動する。
      専用:
      専門技術により、マジシャンが隠れた時の移動速度がX%上昇する。
    • アプデ前1
      マジック
      マジックステッキを携帯し、その場に幻像を作って数秒間自分の身を隠すことができる。
      しかし隠れた状態で攻撃を受けると恐怖の一撃が発動する。
      専門技術により、マジシャンが隠れた時の移動速度がX%上昇する。
  • 機敏な手
    機敏で器用な両手を持ち、暗号機解読における調整発生確率がX%低下し、暗号機解読における調整発生時の判定範囲がX%増加する。
  • 真偽不明
    マジシャンがロケットチェアから救助されると、直ちに脱出マジックを発動し、その場で幻影を作り、X秒間自分の身を隠すことができる。

    アプデ前

    • アプデ前2
      仲間たちはペテンショーによって、ロケットチェアに拘束されているのが本当にマジシャン自身なのかどうか分からなくなる。
      マジシャンがロケットチェアに拘束された時、救援されるまでの必要時間がX%増加する。
      マジシャンがロケットチェアから救助されると、直ちに脱出マジックを発動し、その場で幻影を作り、X秒間自分の身を隠すことができる。
    • アプデ前1
      仲間たちはペテンショーによって、ロケットチェアに拘束されているのが本当にマジシャン自身なのかどうか分からなくなる。
      マジシャンがロケットチェアに拘束された時、救援されるまでの必要時間がX%増加する。

秘密演繹

致命魔術

【達成条件】
ステッキ2回で一葉障目400点以上かつ70秒以上牽制する

うわさ

人体消失マジックを得意とするこのマジシャンは、まだ世間にその名を知られていなかった。
もしかしたら、かつて無数の芸術家を輩出したエウリュディケ荘園で、彼は新しい公演の霊感を得ることができるかもしれない。

推理目標

実装:グローバル版シーズン2
同時実装:道化師リッパー断罪狩人空軍冒険家傭兵オフェンス心眼

1.芽生え

自分が何を目にするかなんて、永遠に知ることはない。

  • 結論
    1枚の写真:幼い男の子が両親と劇場の前に立っている。
    劇場の門にはマジックショーのポスターが貼ってある。

    【基礎目標】
    ・箱を1回開ける
    【レベルアップ目標】
    ・箱を2回開ける
    ・箱を3回開ける

2.学習

真の教育者であれば、君を解放してくれるだろう。
でも、誰もがそれを理解してるわけじゃない。

  • 結論
    1枚の写真:白髭のマジシャンが、礼帽をかぶった若者に手中のトランプを見せている。

    【基礎目標】
    ・仲間の治療に1回成功
    【レベルアップ目標】
    ・仲間の治療に2回成功
    ・仲間の治療に2回成功

3.アシスタント

マジシャンは正真正銘のマジシャンではなく、マジシャンを装った役者にすぎなかった。

  • 結論
    1枚の写真:礼帽をかぶった若者が白髭のマジシャンの傍に立っている。
    その顔は憂鬱そうだ。

    【基礎目標】
    ・協力による暗号解読50%
    【レベルアップ目標】
    ・協力による暗号解読70%
    ・協力による暗号解読100%

4.増大

世の中、易々と成し遂げられる事なんてないんだ。

  • 結論
    喜んで一生引き立て役を演じたい奴なんかいない。
    誰だって舞台のスターになりたいものさ。

    【基礎目標】
    ・暗号機解読の判定を1回成功
    【レベルアップ目標】
    ・暗号機解読の判定を3回成功
    ・暗号機解読の判定を5回成功

5.円満

セルヴェ、お前は舞台に立てる。
お前のそのために生まれてきたんだって、あのじいさんはそう言っていた。

  • 結論
    1枚の写真:礼帽を被った若者が舞台に立ちトランプマジックショーをしている。

    【基礎目標】
    ・暗号機解読の完璧判定1回
    【レベルアップ目標】
    ・暗号機解読の完璧判定2回
    ・暗号機解読の完璧判定3回

6.成功のコツ

努力と才能はどっちがより重要だろうか?
才能のない者に言わせれば、努力こそすべてだ。

  • 結論
    1枚の写真:礼帽を被った若者がマジック道具を整理している。
    地面には鎖や鉄条網が置いてある。

    【基礎目標】
    ・暗号機解読の進捗100%
    【レベルアップ目標】
    ・暗号機解読の進捗160%
    ・暗号機解読の進捗220%

7.アウトロー

偉大なるペテン師は、同時に偉大なるマジシャンでもあるのさ。

  • 結論
    1つのニュース:大マジシャン「ジョン」、実演中にハプニング発生。

    【基礎目標】
    ・ハンターの追撃から1回逃走
    【レベルアップ目標】
    ・ハンターの追撃から3回逃走
    ・ハンターの追撃から5回逃走

8.脱出マジック

観客の目の前で、顔色ひとつ変えずにパートナーの錠前を外すなんて日常茶飯事さ。

  • 結論
    鎖に問題がなければそれでいい。

    【基礎目標】
    ・チェアから1人を救助
    【レベルアップ目標】
    ・チェアから2人を救助
    ・チェアから2人を救助

9.サーストン原則

観客の行き過ぎた情熱は人を困惑させる。
パフォーマーとして、どう処理するかは分かるだろう。

  • 結論
    マジックを演じる前に、現象を説明してはいけない。
    同じ場所で、同じマジックを2度繰り返してはいけない。
    種明かしをしてはいけない。

    【基礎目標】
    ・ハンターを1回気絶させる
    【レベルアップ目標】
    ・ハンターを2回気絶させる
    ・ハンターを3回気絶させる

10.近距離マジック

近距離で観客の目をごまかすのは、そう簡単なことじゃない。
少し頑張らないとな。

  • 結論
    例えば、人の目の前で忽然と消えるとか。

    【基礎目標】
    ・地下室からの脱出に成功する
    【レベルアップ目標】
    ・地下室からの脱出に成功するとクリア
    ・地下室からの脱出に成功するとクリア

11.アスターの空中浮揚

あらゆる場所もあらゆるものも変幻自在、セルヴェ・ル・ロイは今世紀最高の脱出マジックマジシャンだ!

  • 結論
    1部の新聞:大マジシャン、ジョンの後継人、セルヴェ、まもなく巡回公演スタート。

    【基礎目標】
    ・隠れている状態でハンターに1回空振りさせる
    【レベルアップ目標】
    ・隠れている状態でハンターを1回空振りさせる
    ・隠れている状態でハンターを2回空振りさせる

マジシャン日記

マジシャン日記その1

 マジシャン日記その1
12月5日 セルヴェ・ル・ロイ
「失踪した人物を見つけ出し、新たなゲーム枠を得ろ」
招待状にはそう書かれていた
モウロ
彼はどこだ?


マジシャン:雪が降っている時に逃げ込むのは賢い選択とは言えないな。
(部屋を細かく調べる)
(窓を調べる)マジシャン:開かない。ロックは壊れているようだ。
モウロはここからは出られない。
冒険家:こんにちは!
マジシャン:こんにちは。
冒険家:新入りか?見たことない顔だな。
マジシャン:これで見えただろ…
冒険家:ははっ、面白い奴だ。
冒険家:当ててみようか。この部屋の新しい客かな?
マジシャン:違う。
冒険家:ならお前はどうしてこの部屋にいる?
マジシャン:(同じ質問を返す)
冒険家:この部屋から出ていった人を見かけた。
冒険家:彼らには会ったんだろう?
マジシャン:そうだ。
冒険家:ナワーブ・サベダー。
いつもフードのついた変わった服を着ている。陰気臭く、口数も少ない。
冒険家:ウィリアム・エリス。無鉄砲にふるまうことが多いが、実際に騒ぎを起こしたことはない!
マジシャン:でも?
冒険家:彼はああ振舞っているが…私は彼がそれほど無鉄砲だとは思えない。
冒険家:付き合ってくれてありがとう。こんなに話を聞いてくれた人は久しぶりだ。
冒険家:さよなら。
(冒険家が部屋から出て行く)
(扉を調べる)マジシャン:(鍵がかかっている)
(時計の横の鍵を拾い鍵を開ける)
マジシャン:これは……リンゴが刺さった枝?


窓枠のロックがかかっている
モウロはそこから逃げ出せるはずがない
彼はまだ荘園の中にいるはずだ

マジシャン日記その2

 マジシャン日記その2
12月6日 セルヴェ・ル・ロイ
リンゴと枝
これは誰のものだ?

冒険家:おはよう!
マジシャン:おはよう
冒険家:当ててみよう、何か知りたいことがあるんじゃないか?
冒険家:枝。昨日、君がこれを持って1F02から出てくるのを見た。
冒険家:あれはモウロのものだ。
失踪する前、彼は丁度「彼のカワイ子ちゃんたち」に餌をやろうとしていた。
マジシャン:「カワイ子ちゃんたち」?
冒険家:君はまだ屋敷の裏にある林は行っていないだろう?
冒険家:彼の「カワイ子ちゃんたち」は林の中にいる。
冒険家:良いだろう、笑えない冗談だ。
冒険家:モウロはあの林の中のイノシシと一緒にいるのが好きだった。


エウリュディケ荘園 屋外
(複数のイノシシが威嚇してくる)
マジシャン:この状況……逃げないと……
(リンゴを投げてイノシシを引きつける)


エウリュディケ荘園 食堂
マジシャン:危ない!


エウリュディケ荘園 キッチン
傭兵:
傭兵:どけ!


エウリュディケ荘園 食堂
マジシャン:今度は何をしているんだ?
傭兵:部屋が暑すぎる。このままでは腐ってしまう。
マジシャン:はじめから外に置いておけば良かっただろ?
傭兵:ふん。
(傭兵がイノシシの死体を引きずって屋外に行く)
マジシャン:怪しいな。


エウリュディケ荘園 キッチン
マジシャン:少し待とう。
(酒を調べる)マジシャン:まだ酒を飲むときではない。
(窓を調べる)マジシャン:そろそろだ。


エウリュディケ荘園 食堂
(傭兵がエントランスホールの扉の前にいる)
マジシャン:彼は出ていったんじゃないのか?戻って来たのか?
マジシャン:まさか、エントランスホールで何かしたのか?


エウリュディケ荘園 エントランスホール
(右の棚を調べる)マジシャン:特に異常はなさそうだ。
(左の棚を調べる)マジシャン:おかしいな、開かないみたいだ。
マジシャン:きっとエントランスホールで何かやったんだ。直接会って「話して」みよう。


エウリュディケ荘園 屋外
マジシャン:おい!
傭兵:背後に立たれるのが嫌いなんだ。
マジシャン:お前が、あの野蛮人を片付けたのかい?
傭兵:なんだと?
マジシャン:知ってるんだぞ。
傭兵:何のことか分からないな。
マジシャン:1階の2号室のヤツだろう?君が殺したのはーー
冒険家:ねぇ!凄いものを見つけたんだ!早く来て!


ナワーブ・サベダー
彼はずっと見張っている
全くあのイノシシに近づけない
何とかしなくては

マジシャン日記その3

 マジシャン日記その3
12月7日 セルヴェ・ル・ロイ
時間が流れている
もう1度確認しなければ


冒険家:モウロの「ペットたち」は鬱陶しいだろう?
冒険家:普段は決して昼間から動き回ったりしないんだが。
冒険家:幸運を祈る。


エウリュディケ荘園 食堂
マジシャン:部屋番号を手に入れた。
マジシャン:だが、失踪した彼はまだ見つかっていない。
マジシャン:あのイノシシたちがもっとマシに動いてくれるといいんだが。


エウリュディケ荘園 屋外
(イノシシの死体に近づくと群れが逃げていく)
マジシャン:おかしいな…
マジシャン:この感覚は…
マジシャン:まだ何か入ってるな。
傭兵:やめろ。
傭兵:それはオレの獲物だ
マジシャン:見ていただけだ
傭兵:黙れ
マジシャン:そうカリカリするなって
傭兵:オレの獲物を足で見るな!
マジシャン:ただの死んだ猪じゃないか
傭兵:次はないぞ
マジシャン:頭が痛い。
マジシャン:一杯飲もう。


エウリュディケ荘園 食堂
傭兵:おい。
傭兵:どこで人の物を狙う癖を身につけたのかは知らないが、イノシシが欲しいなら自分で捕まえに行け。
マジシャン:あれはただのイノシシの死体だ。
傭兵:それで、なぜお前はイノシシの死体に興味を?
傭兵:それと、礼儀のなっていない奴に付きまとわれるのは嫌いなんだ。
傭兵:俺と俺の物から離れてくれ。
(傭兵がエントランスホールに出て行く)
マジシャン:クソ!
マジシャン:鼠までバカにして!
(奇妙な瓶を調べる)マジシャン:……毒薬?


あの鼠たちのせいで落ち着かない
何より
調査のリスクが高くなっている

マジシャン日記その4

 マジシャン日記その4
12月10日 セルヴェ・ル・ロイ
もうすぐ時間だ
まだ私はあのイノシシに近寄れない
だが、「突破口」を見つけた


オフェンス:焼き豚足……
オフェンス:確かに美味しそうだ。
オフェンス:ナワーブさんが屋外にイノシシを丸ごと置いていたのか。
オフェンス:キッチンと食堂に上物のワインもあるって?
オフェンス:ありがとう!素晴らしいインスピレーションを得ることができた!
マジシャン:もう一度外へ行って運を試すべきだな。


エウリュディケ荘園 屋外
(傭兵がイノシシの近くに立っている)
マジシャン:今近づくのは良いアイディアとは言えない。


エウリュディケ荘園 食堂
マジシャン:こいつは何をする気だ……


エウリュディケ荘園 キッチン
マジシャン:さっきはひどい目にあった。
マジシャン:酒がいるな。
(鼠が現れる)
マジシャン:忌々しい鼠め!
マジシャン:今に見てろよ!
マジシャン:思う存分飲むが良いさ。
(酒の入ったグラスに毒薬を入れる)
マジシャン:私たちが食べたものは全部ここら持ち出されていたなんて想像できないな…
マジシャン:この薬を持っていては危ない。安全な隠し場所を探さなくては。


エウリュディケ荘園 エントランスホール
マジシャン:こいつはどこに置くべきだ?
(左の棚を調べる)マジシャン:……鍵がかかったままだ。
(右の棚を調べる)マジシャン:ここに隠そう。


エウリュディケ荘園 食堂
マジシャン:ウィリアム・エリスはあのイノシシに近づけただろうか。


エウリュディケ荘園 屋外
(イノシシの死体を調べる)マジシャン:全部凍って固まっている。開かない。
マジシャン:キッチンに工具があるかもしれない。
マジシャン:頑丈で鋭利な肉切り包丁とかな。


エウリュディケ荘園 キッチン
オフェンス:アドバイスありがとう。豚足はもう焼いている最中だ。もうしばらく時間がかかる。
オフェンス:今日の日記は書いたか?
オフェンス:一緒に食前酒でも飲みに行かないか。
オフェンス:ついでにこの面倒な日記を片付けよう。
マジシャン:ああ……。
オフェンス:それが良い。先に食卓で待っててくれ。


ウィリアム・エリス、厄介な奴だ。
さっきできなかった事の続きをしよう。
キッチンに肉切り包丁があればいいんだが
あと、あの豚足は一口も食べるつもりはない

誕生日手紙

1年目

デロス男爵への返信

尊敬なるデロス男爵:
あなたが手紙でおっしゃっていた通り、毎回のマジックショーはまるで生死の分かれ道を彷徨うかのようです。そしてこのような運命の掴みどころのなさは、往々にして異常な現象が表すものです。
先生が命を落としたあのショーの夜、1人の少年が舞台裏に飛び込んできて、私は人生で最悪の間違いを犯しました。
この少年が、その現象です。彼の出現はまるでトリガーのように、私の心の中に無自覚に存在した不満に火をつけました。
私はその少年を追い払うと、道具の検査を止めました。
故意であろうと、過失であろうと、あの夜私は自分がやるべき仕事を終えなかった。
責任から逃れようとしているわけではありません。ただ、1つのきっかけによってどれほどの変化が起きうるか、この件を例にあなたに知ってほしいのです。
あなたの提案は検討します。ですが私は探偵ではありません。失踪した男性についても何も存じ上げないのです。

敬具
誠意を込めて
セルヴェ・ル・ロイ

【中国版】

【中国版】
给德罗斯男爵的回信

尊敬的德罗斯男爵:
 正加您在来信中所提到的那样,每一次魔术表演都像在生与死的十字路口徘徊。而这种命运的不可捉摸之处常常由一些异常的迹象展示。
 在老师殒命的那个表演之夜,一个男孩闯进了后台,我犯下了人生中最严重的错误。
 这个男孩就是那个迹象。他的出现如同一个契机,点燃了我心中那若有似无的愤懑。
 我赶走那个男孩,就停止了道具检查。
 无论是有意或无意,那一晚我并没有完成自己该做的工作。
 我并不想在信中推卸我自己的责任,只是借此向您展示一个契机能够带来怎样的变动。
 您的提议我会考虑,但我并非什么侦探,对失踪的那位先生亦无了解。

祝好
您真诚的
瑟维·勒·罗伊

【英語版】

【英語版】
A Response to Baron DeRoss' Letter

As you mentioned in your letter, each magic performance is like wandering at the crossroads of life and death. And the unpredictability of such destiny is often presented by unusual signs.
On the night of the performance where master lost his life, a boy had barged in backstage and I made the most critical mistake of my life.
This boy was such a sign. His presence was like an opportunity that ignited the wavering anger I had in my heart.
I chased the boy away and never got back to checking the props.
Intentionally or not, I didn't complete the task I was supposed to do that night.
I'm not trying to put up an excuse for my actions here. I merely wanted to use this as an example to show you the potential rippling effect of an opportunity. I'll consider your suggestion, but I'm no detective and I don't know much about that missing gentleman.

All the best.
Yours sincerely,
Servais Le Roy

2年目

マジシャン日記

 12月8日

 到着した夜も含めると、もうここへ来て5日目になる。もううんざりだ。夜中に部屋を駆け回る鼠、ボロボロの部屋……くそ、かつてないほどの侮辱だぞこれは!これが偉大なマジシャンの待遇か?ちゃんとした厨房やランドリーすらない!
 答えはすぐ目の前にある。だがくそったれのナワーブ・サベダーがずっと調査の邪魔をしてくるのだ。あのイノシシの中には何かあると確信している。奴の悪事を暴くチャンスを待つだけだ。
 待ってろよ、ナワーブ・サベダー。何を隠しているか知らないが、私に見抜けないトリックはない!
 この荘園の全てが罠なのかもしれない。そして私はこの4人の中で唯一全てを見破ることができる参加者だ。今朝、ランドリーで奇妙なカラフルのボールをいくつか見つけた。報道の数々を連想させる。例えばサーカスの惨事、失踪した女調教師、イノシシと驚きの「野性の子」のショー……
 彼らもきっと噂に聞いた連中と同じように、この不思議な荘園にやって来たのだと私は確信している。だがその後は?彼らはどこへ行ったのか?
 自分があんな三流サーカス団が住んでいたかもしれない部屋にいると思うと虫唾が走る。急がなければ。脱出マジックでここを離れるのだー一あの「証拠」どもを持って!

【中国版】

【中国版】
魔术师日记

十二月八日

 算上到达的那晚,这已经是我来这的第五天了。
 我快要受够了,那些半夜在屋里乱窜的老鼠,破破烂烂的房间……见鬼,这真是我受到过的最大侮辱!这就是给伟大魔术师的待遇?甚至连个像样的厨房和洗衣房都没有!
 答案就在眼前,可是该死的奈布·萨贝达一直阻碍调查。我敢肯定那头猪的肚子里有东西,只需要等待一个我来揭开他幕后手法的机会。
 等着吧,奈布·萨贝达,不管你在隐瞒什么,没有我识破不了的把戏!
 也许这座庄园的一切都是圈套,而我大概是这四人里唯一能看破一切的参与者。今天早上我在洗衣房里找到了几个奇怪的彩球,它们让我联想起那些报道,比加马戏团的惨案,失踪的驯兽师,野猪和惊人的“野孩子”表演……
 我敢肯定他们一定像传闻里的那些人一样,也来到了这个古怪的庄园。但后来呢?他们去哪了?
 一想到我可能住着那种三流马戏团住过的房间,我就忍不住浑身发痒。我要抓紧时间了,施展逃脱魔术,然后离开这里——带着那些该死的“证据”!

【英語版】

【英語版】
Magician's Diary

Counting the day I arrived, this is already my fifth day here.
I've had just about enough of this placeーthe rats scurrying about in the dead of night, the room falling apart before my eyes…I have never been so insulted in my life! Is this the kind of treatment a magician of my caliber deserves? There isn't even a semblance of a kitchen or a laundry room in the whole house!
The answer is in plain sight, but that damned Naib Subedar keeps blocking the investigation at every turn. I'm absolutely positive that something is inside that pig's bely. All I need to do is wait for the right opportunity to expose his treachery.
Just you wait, Naib Subedar! Whatever it is you're hiding, I'll find the trick to it and discover the truth!
It may very well be that this entire manor is riddled with traps, and I'm the only one in the group who can see through them all. Just this morning, I found a set of colored juggling balls in the "laundry room," they reminded me of those old reports about the tragedy that befell the circus, the missing female animal tamer, as well as the wild boar and "wild children" performances…
I am certain that they came to this bizarre manor, just like those people in the rumors! But then… What happened next? Where did they go?
Ugh, the mere thought of staying in the same room as some third-rate circus troupe once did. it makes my skin itch and crawl all over! I need to hurry up use my magic tricks to escape, and when I do… I'm taking all this damnable "evidence" with me!

衣装

UR

  • 宝探し貴族
    砂漠、墓穴、ファラオ、どれも興奮するほどの冒険だ。
    金目の物が見つかればより素晴らしい。
    (ショップ)

SSR

  • ブルーアラジン
    『千夜一夜物語』はマジックの霊感の源だ。
    この異国情緒あふれる青い衣装が幸運をもたらしてくれるかな?
    (S1・真髄2)
  • 白金アラジン
    『千夜一夜物語』には1001の物語がある。
    白金アラジンはそのうちのひとつから霊感を受けた
    (S1・推理の径)
  • マーリン
    マジックと魔法には本質的な違いがある、くれぐれも混同してはならない。
    (S2・真髄2)
  • 光学レンズ
    団長の使命として、代々守り継がれてきた封印されし邪眼を守り、光りと影の幻影の中でのみ己の独占欲を満たしてきたがーー
    裏切りの刹那、彼は徹底的に砕け散った。
    (CALL OF THE ABYSSⅡ)
  • 白ひげ
    神秘的で英知的のある白魔法術師のリーダーは能力に優れ、慈悲深くてやさしい。
    彼は町の住民と子供たちを守ると誓った
    (S5・真髄1)
  • 文学教授
    運命を好きに書き記す事ができるなら、あなたは不幸な「喜劇」と「幸福」な悲劇のどちらを選びますか?
    (S15・真髄3)

SR

  • 祝典の司会
    祝典の司会は永遠にスタミナ全開だ。
    (S1・真髄1)
  • 結婚式の司会
    挙式予定の新郎新婦がいまだに姿を現さないので、
    司会者は自分の持ちネタで会場の空気を和らげたものの、祝辞を述べることはできなかった。
    (ショップ)
  • 銀白テク
    今回のショーのテーマは:銀のきらめきの奇跡!
    (S1・真髄4)
  • 雅藍の礼
    優雅な藍色の模様は定番中の定番だ。
    格調高い紳士なら試す価値がある。
    (S2・真髄3)
  • シマウマの影
    怪奇ショーの人気がなくなってから、彼はサーカス団随一のエンターテイナーになった。
    カーニバルのパレードでも彼は欠かせないぞ!
    (ショップ)
  • 無雪の峰
    神がもたらした奇跡ではなく、激怒して下した懲罰なのかもしれない。
    (S3・真髄2)
  • 無楽の舞
    権利の魅力の一つは人を上の空にさせてしまうことだ。
    (ショップ)
  • 鑑定
    国王が彼の真の姿を見つけた瞬間、そこでゲームは終わる。
    (S5・真髄3)
  • 隠密の達人
    魔術は壮大なペテンだ。彼はそれを生活の中で演じることもいとわない
    (S6・真髄3)
  • マッドハッター
    お茶会の参加者の一人。
    人々は言う、彼は「狂った帽子屋」だと。
    (S8・真髄2)

R

  • 深紅のコート
    実証されていない秘伝:赤いコートを身につけた職業の地位は一番高い。
  • オリーブ
    このオリーブの枝を私の手から落とさせないでくれ。
  • 魅惑の紫
    各ジェントルマンは紫色のラシャコートをもっているはずだ
    (S5・推理の径)
  • 葡萄酒
    パフォーマンスの前に酒を一杯飲めば、手がぶれないんだ
    (S11・真髄1)

携帯品

UR

  • 魔典
    運命の杖を持ち出したが故に災難は起こり、宝探し貴族に共感を与えることができなかった。
    この新しい魔典は彼をどのような運命に導くのか。楽しみだ。
    (ショップ)

SSR

  • 仕掛けの檻
    自由な鳥を閉じ込めることはできない。
    特殊効果:分身の消滅エフェクト追加
    (S17・ランク秘宝)

SR

  • 杖の傘
    彼の所蔵品はどれも精巧なつくりで、とりわけこの漆黒の杖の傘はすごい。
    その昔、とある皇女がこれを使って1人の邪悪な画家に対抗したという伝説がある。
  • ウサギの人形
    マジシャンの基本スキル、それは帽子からウサギを出すことだ。
    (S2・ランク秘宝)
  • マジックキャット
    前回はみんなでウサギにしたけど、どうだったかな?
    今回は猫にしちゃうよ。気に入ってくれると嬉しいな。
    (S8・ランク秘宝)
  • 星空の枕
    枕を置いてトントンとそれを叩き、心地よい眠りに入ると、夢の中であのキラキラと輝く星空が現れる。
    (S13・ランク秘宝)

その他

  • キャラ診断より
    君は自己顕示欲の強い人で、人々の注目を浴びることを楽しんでいる。
    また、限界に挑戦するのも好きで、いつまでも現状に満足せず、
    より一層の完璧なパフォーマンスを追求している。
    君の生活はとても上品で、君自身も美しいものに惹かれやすい。
    しかし、あまりにも他人の評価を気にしているため、それが君を狂わせ、偏屈にさせることもある。
    自分の優れた一面を見せ、誠実な心で友達を作れば、本当の満足を得ることができる。
  • NetEaseサウンドライブラリーより
    美術商の家系に生まれたセルヴェ・ル・ロイは子供の頃から劇場でのマジックショーに並々ならぬ興味を持っていた。
    幼い頃、演劇の楽屋に忍び込んではマジシャン達が演技に使った道具を盗み見ていたのだった。
    マジックとは観客の目を欺くパフォーマンスであり、その道具と技法はマジシャンの最大の秘密だ。
    それ故、セルヴェが劇団に忍び込むたび、マジシャン達に追い出されることは必然的なことであった。
    それでも彼はマジックを学びたいという願いを捨てきれずにいた。
    そしてその願いは、ジョンという偉大なマジシャンに出会うことにより、初めて現実のものとなった。
    彼は白ひげを生やした優しい老人で、ちょくちょく若者が起こす問題に対して答めることをしなかった。
    セルヴェはすぐにジョンから、空の帽子からウサギを捕まえることから、素手で前方に疾走する弾丸を受け止めることまで、あらゆる種類のマジックのトリックを学んだ。
    やがて彼は「アスターの空中浮揚」と呼ばれる、人間の体が消えるような錯覚を起こす新たなマジックを生み出す。
    これにより彼は拍手喝采を浴びることになった。だが仕掛けや舞台照明による錯覚はいとも容易く見破られてしまうため、セルヴェは満足していなかった。
    彼はその招待状に書かれているように、観客の目を欺くのではなく、よりリアルで、より完壁で、よりクレイジーで、永久的なマジックショーを望んでいたのだ。
    そして彼はツアーを中断し、エウリュディケ荘園へ向かった。
    (原文)
  • 周年逸話集より
    マジックは運命と同じだ。
    誰もそれを捉えることはできない。
  • 第五人格美術設定集より
    イメージ内のマジシャンの造形は更に派手かつ華やかで、キラキラした舞台効果を追求した。
    しかしキャラクターの基本的なイメージデザインが複雑で豪華であることは私たちの本来の意図ではない。
    私たちはむしろ「ファンタスティックビースト」の中にあるような、素朴な造形イメージに傾倒している。
    ヴィクトリア時代のレトロな紳士の典型的なスーツの3点セットである背広・ベスト・ズボン、暗い色を基調とした山高帽とコートを組み合わせ、男性的な口ひげの下には襟が取り外し可能なダーツのないシャツがある。
    職業がマジシャンなため、ネクタイには相対的に装飾的な効果がある。
    全体的に、紳士スタイルの典型的なイメージだ。

    原文

    印象里魔术师的造型应该更花哨亮眼一些,毕竟要追求闪亮的舞台效果,但是把角色的基本形象设计得太复杂华丽不是我们的初衷,我们更倾向于类似《神奇动物在哪里》中的那种朴实的造型形象:维多利亚时代典型的复古绅士,经典的西装三件套:西装、马甲和裤子,衣服以深色为主,高帽子搭配颇有质感的风衣,阳刚的络腮胡子下面是可拆卸领子的无胸衬衫。
    由于职业是魔术师,领带相对有些装饰效果。总的来说,就是一个绅士风范的典型造型。

まとめ

本名

セルヴェ・ル・ロイ
Servais Le Roy
瑟维·勒·罗伊
세르베 르 로이

セルヴェ 、及びル・ロイは共にフランス系の姓名。
実在の人物であるセルヴェ・ル・ロイの出身地であるスパは、ベルギーの中でもワロン地方と言われるフランス系住民が優勢な地域である。

年齢

35歳
(7月4日生まれ)

出身階級

中産階級

役職

マジシャン(日本語)
魔术师(中国語)
Magician(英語)
Pesulp(インドネシア語)
Ahili magik(マレー語)
นักมายากล(タイ語)
Ma Thuật Sư(ベトナム語)
마술사(韓国語)

どの言語でもマジシャン。
言語による表記揺れは無い。

性格

好きなもの:精巧に作られたステッキとスーツ
嫌いなもの:脅されること

趣味

マジック、スーツ

特技

マジック

人間関係

  • ジョン・ヘンリー・アンダーソン
    セルヴェの師匠。
    有名なマジシャンである白ひげを生やした優しい老人。
    ショー中に事故死しており、セルヴェ自身は事故の前日に飛び込んで来た少年が理由で自身の不満に火がつき道具の検査を途中でやめたと手紙に書いている。
  • デロス男爵
    セルヴェと手紙のやり取りをしており、「失踪した男性」について何らかの提案をしている。
    また、セルヴェは師匠に関する事故の件について彼に語りたがった。
  • ウィリアム・エリス
    同じゲームの参加者。
    マジックショーを見に行った際、偶然セルヴェがジョンの道具に細工をしている現場を見てしまった。
    セルヴェがその事を知っているかは不明。
    ナワーブをイノシシの死体から放すため、ウィリアムにイノシシの肉を食べる事を奨めた。
    また、セルヴェは厨房のワインに毒薬を仕込み、後にそれをウィリアムが飲んで昏倒している。
  • ナワーブ・サベダー
    同じゲームの参加者。
    モウロのペットであるイノシシの死体を気にしており、セルヴェに触らないように言ってきた。
    セルヴェはモウロを殺したのが彼ではないかと疑っており、そのために自身の調査の邪魔をしてくると考えている。
  • カート・フランク
    同じゲームの参加者。
    マジシャンに色々な情報を語ってくるが、思惑は不明。
  • モウロ
    セルヴェと入れ替わりになって失踪したゲームの参加者。
    荘園からの招待状に「失踪した人物を見つけ出し、新たなゲーム枠を得ろ」とあったため、行方を探している。

参考文献

コメント