湖景村

Last-modified: 2021-11-08 (月) 21:01:34

湖景村



ここはかつて、小さい漁村として栄えていた。
今となっては、石ころの転がる砂浜を打つ波も過去の残骸くらい

背景

湖景村は美しい湖に寄り添う小さな村。
村人は漁業や養殖で暮らし、奇麗な景色と趣のある石浜でそこそこ有名だったそうだ。
しかしある日、台風が襲い掛かり、湖景村は誰もが恐れる存在となった。
何故ならその日、人々はようやく、昔ここで起きた奇怪な事件を知ってしまったからだ。
あれは骨もが凍える冬の夜、台風は湖景村のすぐ隣にある山を襲撃した。
渦巻く風は瞬く間に山で罠を見回っていた狩人を巻き込み、彼を湖へと放り投げた。
災難ではあったが、冷たい水の中でもがき、狩人はなんとか岸辺まで泳ぐことができた。
ようやく身を起こすと、彼は満月の下で揺れているようなあばら家を目にしたが、人の姿は見えなかった。
吠える犬もいなければ、命の気配さえ感じない。どの煙突からも、煙は上がっていなかった。
岸辺にいた狩人は遠くに火の光を見つけ、極力冷静を保ち、駆け足でその「命を意味する灯火」に近づく。
彼はそこに人がいるのではないかと期待した。しかしその先で彼を待っていたのは親切な笑顔ではなく、灰の上に覆された焦げ肉と、それが残した微かな温もりだけだった。
あばら家中には、期待していたような笑い声や飛び交う言葉はなく、ただ死そのもののような沈黙があるだけだった。
だが彼は、暗闇とほぼ人影のない森での追跡の経験を重ねに重ねた立派な狩人だ。
彼はそう簡単に怯えたりなどしない。
廃棄された小舟や見張りのいない釣り道具の小部屋を見回った彼が、冷や汗をかきながらも冷静を保ち、この村の住民に何があったのかを探っていた時の心境を想像するのも難しくはないだろう。
生きた人は一人もいない、そのことがわかると狩人はすぐに村を離れた。
彼から話を聞くまで、隣の村の人々でさえ、湖景村の住人が二度と市場に現れなかった理由を知らないままでいた。
彼らがどこに消えたのかは誰も知らない。そして誰も、この不吉な村を訪れようとしなくなったのだ。

オブジェクト

 
オーロラの観測地域として主に有名なのは北欧、北米、オセアニア。
畑の方はトウモロコシ畑と明言されている。


風車の窓は紫色に点滅し、蝶の紋様が浮かび上がる。
蝶の紋様は芸者が湖景村に関係しているためという説がある。

  
船中にある大きな地図は高画質で見ると光り始め、このような文字が浮かび上がる仕様になっている。
これは白黒無常の持っている八卦盤と同じ内容のものである。
また、この地図の左隣にはてるてる坊主が飾ってある。


船中にある旗のマークはジョリー・ロジャーの海賊旗のマークとタコが合体しているようなデザインである。
タコといえば黄衣の王が浮かぶが、アメリカではタコのことを「悪魔」と呼ぶことがあるので「バーデン家族の血液に流れている悪魔」からきている可能性もある。
諸説あるのでこれについては一等航海士の考察ページ参照。


写真の可能性が高い。
南台橋ではないかという説と船着場という説がある。


小屋の中にはなぜかミネルヴァ軍需工場のマークとライフルの構造図解のようなものが存在する。
公式Twitterにおいて庭師が湖景村実装時のツイートで湖景村に見覚えがあると言っている。

絵画

 
作者不明だが、北欧に伝わる海の怪物クラーケンを描いたイラスト。

落書き


SAVE(助けてください)

画像

  
 
引用元

その他

  • 公式Twitterより
    【ここはどこなの!?】
    風が強いの…
    ここは新しいマップかしら?
    見覚えがあるような気もするが…私ここに来たことあるかも…
    風車?ボロボロな小屋…
    とにかく早くここから逃げなくちゃ!!
    (湖景村実装時の庭師の発言)
  • 再会の時イベント(少女のセリフ)
    生き残ったあの子供は、自分の物語を売り渡すことで町の名士となった。
    しかしあれらの物語は、本当に1人の子供だけの経歴なのか?

コメント