調香師

Last-modified: 2021-10-03 (日) 11:23:24

調香師(ウィラ・ナイエル)

名が知れている調香師。
長年の模索を経て、遂にとある神秘的な香水のレシピからインスピレーションを得たのち、独特の「忘却の香水」を調合した。
しかし香水はまだ不完全なため、彼女はそのレシピの由来を追って荘園に来た。
荘園の主が、彼女の悩みを解決してくれるといいのだが。

外在特質

  • 忘却の香
    初回タップで当時の状態と位置を記録し、再度使用するとその状態と位置に戻ります。
    調香師は「忘却の香水」を噴射することで、その時の自身の状態と位置を記録することができる。
    スキルが持続している一定時間内、調香師はその間発生したことを忘れ、記録した時の状態と位置に戻ることを選択できる。

    専用:
    調香師は香水の製作者であるため、追加の使用回数がある。
    他人が調香師が残した香水を拾った場合、最多で2本までしか保存できない。

    アプデ前

    忘却の香
    調香師は「忘却の香水」を噴射することで、その時の自身の状態と位置を記録することができる。
    スキルが持続している一定時間内、調香師はその間発生したことを忘れ、記録した時の状態と位置に戻ることを選択できる。
    調香師は香水の製作者であり、使用回数が追加される。

  • 記憶喪失
    調香師は忘却の香水を頻繁に使い、記憶喪失の症状に苦しんでいる。
    暗号調整に失敗するとロジックが分からなくなり、進度の低下が一般サバイバーのX倍になる。
  • 敏感
    調香師は匂いに敏感で、医薬用の器材が生み出す異臭を好まない、治療必要時間がX%増加。

秘密演繹

三重余韻

【達成条件】
3回即香水で負傷状態から戻る

うわさ

闇市で手に入れた神秘的な香水のレシピにインスピレーションを得て、独特の「忘却の香水」を調合した。
しかし香水はまだ不完全なため、彼女はそのレシピの由来を追って荘園に来た。

推理目標

実装:グローバル版シーズン4
同時実装:芸者カウボーイ

1.以心伝心

私達には、他人が知りえない心のつながりがある。

  • 結論
    古びた写真:瓜二つの女の子が2人、手をつなぎ花畑にたたずんでいる。
    一人はとても明るく、もう一人は気が弱そうなたたずまいだが、とても親密な様子だ。
    写真の右下には、2人の名前が記されている:ウィラ・ナイエル、クロエ・ナイエル。

    【基礎目標】
    ・仲間1人と出会う
    【レベルアップ目標】
    ・仲間2人と出会う
    ・仲間3人と出会う

2.疎外

大人達は常に自分の物差しで物事を評価し、比較し続ける。

  • 結論
    「クロエ?あんな香水作りしかできない変人なんて、誰も気にもとめないさ。
    姐のウィラは、優雅で誰にでも愛される美人だけどね。」
    とあるグラース市民の言葉。

※編集補足:グラースはフランスに実在する香水や香料で有名な都市

【基礎目標】
・ハンターの追撃から1回逃走
【レベルアップ目標】
・ハンターの追撃から2回逃走
・ハンターの追撃から2回逃走

3.恩恵

香は大自然を物語っている。
しかし、全ての人が幸運にもその共鳴を得られるわけじゃない。

  • 結論
    ウィラの日記:クロエには、調香師であれば誰も羨む天賦の才があるのだから、もう少し自信を持つべきよ。

    【基礎目標】
    ・忘却の香を1回使用
    【レベルアップ目標】
    ・忘却の香を2回使用
    ・忘却の香を3回使用

4.試み

何かを作り出すということは、成功が確証されるまで、人から疎まれるものだ。

  • 結論
    手紙:自分の作品を世に送り出したいのであれば、即刻その怪しく滑稽な試みをやめるのだ。
    署名:グレイグ・ナイエル、家族経営店舗管理人

    【基礎目標】
    ・暗号機解読の完璧判定2回
    【レベルアップ目標】
    ・暗号機解読の完璧判定3回
    ・暗号機解読の完璧判定4回

5.温もり

バラを2、ビャクダンを5、ゼラニウムとカリンをそれぞれ1の割合で配合すると、姉さんの香のできあがり!

  • 結論
    ウィラがよくしてくれた記憶は、彼女にとって数少ない温もりの思い出だ。
    姐だけが、彼女の言葉に真剣に向き合い、他人からしたらおかしな行動に見えた実験に対しても背中を押してくれていた。

    【基礎目標】
    ・仲間の治療に1回成功
    【レベルアップ目標】
    ・仲間の治療に2回成功
    ・仲間の治療に2回成功

6.信じがたい事実

本来ならこれは全て私のものよ!

  • 結論
    ニュースの切り抜き:調香師ウィラ・ナイエル頭角を現す。
    彼女の作り出した作品は業界内からも多大な賛辞が寄せられ、ニューオープンした香水ショップの人気はうなぎ登りだ。
    本来なら、喜ばしいニュースのはずだが、この切り抜きは一度破られてから、再度張り合わされた痕跡がある。

    【基礎目標】
    ・対戦で一度も調整失敗しない
    【レベルアップ目標】
    ・対戦で一度も調整失敗しない
    ・対戦で一度も調整失敗しない

7.復讐

悔しさと恨めしさの種に、芽吹きの雨が降り注ぐ。

  • 結論
    混迷の香と鋭いナイフを手に、彼女は今日よりウィラ・ナイエルとして生きていく。
    突如失踪したクロエはどうなるかって?
    そんな者のことなどきっと誰も気にとめないだろう。

    【基礎目標】
    ・ハンターを1回気絶させる
    【レベルアップ目標】
    ・ハンターを2回気絶させる
    ・ハンターを3回気絶させる

8.正常軌道

人に注目されるとは、こういう気持ちなのか。

  • 結論
    1枚の写真:香水ショップの前で、人々に囲まれている「ウィラ」の表情は、自信に満ちあふれ、とても優雅にみえる。
    その瞳には、皮肉さやそれを楽しんでいるかのような色も見受けられる。

    【基礎目標】
    ・自分で脱出ゲートを1回開ける
    【レベルアップ目標】
    ・自分で脱出ゲートを1回開ける
    ・自分で脱出ゲートを1回開ける

9.後悔の薬

世の中には正せない誤りもある。

  • 結論
    ウィラの日記:クロエの才能は、このまま埋もれさせていいものじゃないわ。
    色眼鏡で彼女のことを見ている奴らなんて、私が見返してやる。
    でも、クロエの性格じゃあ、私が彼女を表舞台に出そうとするのをよく思わないはず。
    どうしたら良いのかしら?

    【基礎目標】
    ・忘却の香でケガする前の状態に1回遡る
    【レベルアップ目標】
    ・忘却の香でケガする前の状態に2回遡る
    ・忘却の香でケガする前の状態に2回遡る

10.選択

この世で唯一自分を心から愛してくれていた者を殺してしまった。
胸が張り裂けそうだ。

  • 結論
    しかし、その事実よりもさらに耐えがたいのは、殺してしまった彼女が送るべきであった生活を、自分が当たり前のように受け入れてしまっている現状だ。

    【基礎目標】
    ・忘却の香の持続時間中、仲間の救出に1回成功
    【レベルアップ目標】
    ・忘却の香の持続時間中、仲間の救出に1回成功
    ・忘却の香の持続時間中、仲間の救出に1回成功

誕生日手紙

1年目

「ウィラ・ナイエル」への手紙

親愛なるお姉様:
 私は元気です。最近起こった出来事も、出会った人々も全て問題ありません。順調すぎて、不安になるほど。
 そのすべてが何に由来しているか、心の底から理解しているから。
 それはあなたーー「ウィラ・ナイエル」です。
 この世で唯一その秘密を理解している人間として、私は疲れを感じています。
 忘れてしまえる方法があればいいのに。

愛してる
妹より

【中国版】

【中国版】
给“薇拉・奈尔”的信
亲爱的姐姐:
 我过得很好,最近发生的每一件事,最近遇见的每一个人都很好。
 好得让我胆战心惊。
 因为从心底,我非常清楚,这些东西源自什么。
 是你。
 是“薇拉·奈尔”。
 作为这世上唯一知晓其中奥秘的人,我觉得好累。
 如果有什么办法能让我忘记就好了。

爱你的
妹妹

【英語版】

【英語版】
Letter to "Vera Nair"
Dear sis:
I'm doing great. Everything's been great. Everyone's been great. It's so great that I'm scared.
Because I know, deep down, why these things happened. It's you.
It's "Vera Nair."
I'm exhausted from being the only one who knows what it's about. If only I can forget about everything.

Love,
Your sis

2年目

ウィラの荘園日記

1日目の夜

 あの画は悪魔の招待状のように、怪しげでなじみ深い雰囲気を放っている。
 過去の呪いよ。
 私は自分がまたあの絶望的な場所に戻るのが見えた。そこは人同士が互いに機嫌を取り、蔑み合うあの「ゴミの山」。絶えず批判とケチをつけ、息が詰まる「泥沼」。そして私の前に倒れ、血だまりにゆっくりと浸食される唯一の「ユリの花」……
 生臭さと花の香りが混ざりあう異様な匂い。あの日と同じそれが、1枚の絵に再現されるなんてーーこれこそが「幻覚」の原因かもしれない。
 一番可笑しいのは、私がずっと彼のことを刺激を求める世間知らずのお坊ちゃまだと思っていたこと。本当に甘かったわ。もしかすると、ここへ来るような人間にまともな人はあまりいないのかもしれない。
 彼がどうやったのかは知らないけれど、とにかく彼もあの「異類」と同じくらい危険よ。
 常に警戒しなければならないわ。意識を再び誘導されることがないように。
 忘れた物を思い出す必要はない。私に思い出は必要ない。
 そう、あの薬草を早く見つけないと。

【中国版】

【中国版】
薇拉的庄园日记

第一夜

那幅画如同恶魔的请帖,散发出诡异又熟悉的味道。
是过往的诅咒。
我看到自己又回到了那个绝望之所,那处人与人相互奉承又相互蔑视的“垃圾堆”,那个不断灌入评判与挑剔扼人鼻息的“烂泥潭”,还有那朵倒在我面前被血泊步步浸蚀的唯一的“百合花”…… 腥臭与花香糅杂的诡异气味,继那天之后,竟是在一幅画上再现——也许这才是“幻觉”的诱因。
最可笑的是,我一直以为他只是个离家寻找刺激不谙世事的少爷,真是天真,也许,来到这里的就没几个正常人。
我不知道他究竟是怎么做到的,但无论如何,他和那个“异类”同样危险。
我必须保持警觉,绝不能让意识再次被诱导。
遗忘之物不需要再被想起,我不需要回忆。
对,该尽快找到那种草药。

【英語版】

【英語版】
Vera's Manor Diary

The First Night

That painting exuded a strange and familiar scent, like an invitation from a demon…
A curse of the past.
I saw myself back in that hopeless placeーthat "dump" where people spend their days flattering and scorning one another, and the stench of faults and judgments constantly fills the air and invades the nostrils. There, in the filthy "quagmire," I also saw that solitary "lily" lying before me, soiled by the blood and the muck…
That strange smell, a reeky yet floral fragrance… To encounter it once again after that day, and coming from that painting, no less! Perhaps this is the cause of the "illusion"?
Even more ridiculous is that I always took him to be a coddled, normal, young nobleman, still unlearned in the ways of the world but nevertheless willing to leave home in search of excitement. How incredibly naive...
Perhaps none who came here could be considered "normal."
I have no idea how he did it, but regardless of his methods. He is no less dangerous than that "aberration."
I must remain vigilant. I cannot afford to let my consciousness be altered like that again.
That which is forgotten need not be recalled, and I have no need of memories.
Yes… I do believe I must find that herb as soon as possible.

衣装

UR

  • 珊瑚夫人
    海底に沈む火山の傍の檻から目を覚ました彼女は、体が珊瑚や暗礁と融合していた。
    熱水は身を焦がし、心は淵へと堕ちる。
    (S1・真髄6)
  • 今宵こそ
    ワインを飲んでほろ酔いが覚める前に、離れてください。
    忘れることにした真相から離れてください。
    (ショップ)

SSR

  • 籠の中の蝶
    彼女は「胡蝶夫人」に出てくる天真爛漫な東方の女性に憧れていた。
    自分もいつか同じような愛情に出会えると思っていたが、
    運命がこんなにも過酷だとは予想しなかった――
    波は彼女の水夫を飲み込み、全てを奪い去った。
    (S1・真髄6)
  • 致命的な優しさ
    未亡人の体から終始漂う脂粉の香。
    次の目標は誰?
    (ショップ)
  • 時の砂
    高塔が凍りつき、エネルギーが枯渇した。
    彼女の先見では、街が極寒に呑み込まれるのは見えたが、
    あの少年の最後の選択までは知ることができなかった――
    時間を一時遡ることはできても、運命までをコントロールすることはできないのだ。
    (CALL OF THE ABYSSⅡ)
  • スカーレットの新婦
    あの終わっていない結婚式は彼女の心の中に
    消えない烙印を残した。しかし彼女はそれでも呪いを背負い前に進む。恨みもなく、後悔もなく
    (S8・推理の径)
  • 赤い靴
    幕は下り、彼女はやっとあの「呪われた」赤い靴を脱ぐ事ができた。
    (2020・演繹の星)

SR

  • 貴族のマナー
    華美な礼服を身に纏って宴に参加することは、ひとつのマナーでしかない。
    彼女はより純粋な香りを追い求め、自分自身をこれらの低俗な取り巻きから超越させたい。
    (ショップ)
  • 月神の侍女
    月神様に仕える最も忠実な侍女として、彼女は自分の揺らがない信仰に誇りを持っている。
    (2018・中秋節イベント)
  • まだらの憂
    日ごとまだらになっていく記憶は、微かな憂鬱をもたらす。
    過ぎ去ったことを思い起こすことはできない……
    (S2・真髄3)
  • キリンの優雅
    キリンの傲慢さは、優雅にすべてを見下ろすところにある。
    人もまたそうなのだが。
    (ショップ)
  • 紅葉の赤
    枯れる前にのみ見ることができる色があるが、見てみる価値があるのだろうか?
    (S3・真髄1)
  • 竜舌蘭
    もし一生で一度しか花が咲かないのなら、その一度だけの絢爛さを楽しむだろうか?
    (ショップ)
  • 魔薬剤師
    神秘的ななまめかしい魔の薬剤師は魔法学園の魔薬剤師の教授だが、陰では誰に忠誠を誓うか全くわからない
    (S5・真髄1)
  • 薬剤師
    麻薬学の研究に専念しているが、魔法に利用するのは少なく、原料を組み合わせるのが得意な薬剤マスターだ。
    (ショップ)
  • なぞ
    彼女は理性的に物事を判断するが直感で善悪を語る。
    (S8・真髄1)
  • イノンド
    レストランにとって「シェフ」は料理にとっての「香辛料」と同じ、一番重要なタグなの。
    そして私のシェフ様、あなたのタグは…
    (S9・真髄2)
  • 丹青
    可憐な丹青の葉が甘い香りを放つ。
    それはまるで、純情な少女が愛に対して抱くような単純な憧憬そのものだ。
    (S10・真髄3)
  • お付きのメイド
    名高い身分はあなたの鎧になりはしない。
    むしろ生前は危険な面倒事を招き、死後は更に大きな嵐を呼び起こす。
    (S11・真髄3)
  • アロマクイーン
    目を閉じて。この香りが分かった?
    深い愛、長い憎しみ、熱い欲望、死の芳香。
    (S12・真髄1)
  • ダリア
    あの日和見主義者は分かってない。
    優雅な色彩は浮ついた艶やかさよりも高貴で魅力的だ。
    しかし、浅ましい人間たちはいつも思わず彼女に惹かれてしまう。
    (S16・真髄3)
  • 「王女」
    ここでは、人々は秩序に屈さず、野心にのみ服従する。
    (ショップ)

R

  • 青の風鈴
    朝露に濡れた青の風鈴、その清らかさは美しい季節のほころびのようだ。
    (S2・推理の径)
  • 幽香の粉
    幽香が薄れた後に残るのは何色だろうか?
    (CALL OF THE ABYSS)
  • セイヨウキヅタ
    セイヨウキヅタは元々夫婦の髪飾りであったが、結婚式後に行方がわからなくなってしまった。
    (S7・推理の径)

携帯品

UR

  • バラの下
    寡黙なあなたにこの花を
    特殊効果:調香師のスキル影の切替
    特殊アクション:お別れ
    (ショップ)
  • 「星辰」
    香水の最高傑作。星辰のように永遠に輝く。
    特殊効果:スキルエフェクト変更
    (S15・ランク秘宝)

SSR

  • 凝集の水
    瓶に入っている水が回り続き、渦となり、ある種の生命体のように見える。
    特殊効果:調香師スキルの影を交換
    (S4・ランク秘宝)
  • 胡蝶蘭
    籠の中の蝶は花の香りを忘れられない
    特殊効果:香水を放つ特殊効果を追加
    (ショップ)

SR

  • ホラ貝
    伝説によると、死んだ者を蘇らせるホラ貝があるそうだ。
    それを手にすれば永遠の若さを保つことができ、
    無数の人間がそれを求めていた。
    しかし、これは艶までも見せない、普通のホラ貝のようだ。
    (S1・真髄6)
  • ライアー
    遠い星空へ飛んでいくこの琴の音をあなたに捧ぐ。

その他

  • 公式サイトより
    ウィラ・ナイエル、上流階級出身。
    彼女は優れた嗅覚と技術により、人も羨む調香師になった。
    ウィラが作った香りだけでなく、彼女本人もたくさんの者に交際を求められていたが、彼女の心を動かせる人は誰一人としていなかった。
    彼女はこの金持ち達の周りに漂っている腐ったような匂いに我慢ができなかったのだ。
    高貴な調香師である彼女が求めているのは、純粋で、人を魅了し、自分さえも生まれ変わらせることができる香り。
    ある日、謎の処方を受け取った彼女は、不眠不休の努力を重ね、ようやく理想の香りを作り出した。
    彼女自身の体脂肪が入ったこの香りは、名づけて「忘却の香り」。
    その匂いを少しでも嗅ぐと、すぐに心を奪われ、我を忘れた状態になる。
    ただベースノートの持続時間はとても短く、あらゆる方法を試しても改善策を見つけられなかったウィラは、答えを探しに処方の故郷――例の荘園に行くことを決めたのだ。
  • キャラ診断より
    君は完璧主義者だ。
    美しく、精緻なものが好きで、乱雑なものは君を不機嫌にさせる。
    少し高慢なところがあるのかもしれない。
    しかし、これはただ自分の生活に高品質な要求があるためで、
    君はそんな生活のために時間と精力を費やし、十分に楽しんでいる。
  • 周年逸話集より
    ウィラは最後の「忘却の香水」が尽きる前に、彼女が望むレシピを見つけることができるのか?
  • 第五人格美術設定集より
    キャラクターの位置付けは落ちぶれた美しい貴婦人で、服装と帽子はヴィクトリア時代の貴族女性を参考にした。
    膨らんだ袖は他の女性サバイバーと明確な区別をつけ、修身的な衣服は女性らしい魅力を際立たせている。
    腰には小さな香水瓶、手首には香水の試供所があり、身体は香水作りで汚れている。
    このキャラクターのスキルはとても面白く、私たちはスキルの効果にピンクのファンタジー効果を使った。

    原文

    角色定位是落魄的美丽贵妇,所以服装和头饰参考了维多利亚时期的贵族女性。
    鼓起的袖子使她和其他女性求生者有明显的区别,修身的衣服可以凸显女性魅力,腰间挂有小香水瓶,手腕上有香水试纸,身上有调制香水时造成的污渍。
    这个角色的技能比较有意思,我们用了一种粉色迷幻特效去呼应技能效果。

まとめ

本名

クロエ・ナイエル
Chloe Nair
克洛伊 奈尔
※偽名
ウィラ・ナイエル
Vera Nair
薇拉 奈尔
베라 나이르

年齢

27歳
(8月25日生まれ)

出身階級

不詳
※2021/7/29の日本版HP改修前では没落した貴族になっていた

役職

調香師(日本語)
调香师(中国語)
Perfumer(英語)
Ahli Parfum(インドネシア語)
Si pewangi(マレーシア語)
นักปรุงน้ำหอม(タイ語)
Hương Sư(ベトナム語)
조향사(韓国語)
どの言語でも調香師。
言語による表記揺れは無い。

性格

誇り高い、批判的、エレガント
好きなもの:上品なブランド品
嫌いなもの:汚いもの、壊れたもの、医療機器の消毒液の臭い

趣味

高級グルメとお酒

特技

香水やエッセンシャルオイルの調製

人間関係

  • ウィラ・ナイエル
    クロエの双子の姉。
    明るい性格で人から好かれやすく、クロエと仲が良かった。
    一連の勘違いによりクロエに殺され、クロエはウィラとして生活し、ウィラはクロエとして死亡する。
    クロエはそのことを後悔し続けている。
  • グレイグ・ナイエル
    恐らくクロエの父。
    ナイエル家の家族経営店の管理人でクロエの香水を作るための試みについて良く思っていなかった。

参考文献

コメント