動物見本市

Last-modified: 2022-06-04 (土) 02:07:16
収録拡張コストカード種別効果
移動動物園7*アクション+4 コイン
サプライの空の山札1つにつき、+1 カードを購入
--------------------
このカードのコストを支払う代わりに、あなたは手札のアクションカード1枚を廃棄してもよい。

概要

4金の仮想コインを生み、サプライの空の山札の数に応じて購入権を生むアクションカード。
7コストと非常に高価だが、7金支払う代わりに手札のアクションカードを廃棄することでも買えてしまうという、昇進に似た効果を持つ。
当然ながらアクション廃棄によってこのカードを手に入れるのが効率が良いため、何かしらの手段を考えておきたい。
廃墟を廃棄することでも簡単に買えてしまうので、これがサプライにあるゲームでは襲撃者などの使用はよく考えたほうが良いだろう。

利用法

  • 次のような場合、アクション廃棄による入手が特に有効。
    • 低コストのアクションカードがある。特に0コストの廃墟がある。
    • 従者は、本体が2コストと安い上に、廃棄時効果でアタックカードもついてくるのでコストパフォーマンスに優れる。
    • 城塞があれば、繰り返しコストを踏み倒せる。
    • 避難所場であれば、共同墓地を廃棄することで初手から入手できる。
    • 仕事が終わった呪い撒きカードや圧縮カードを変換できる。
    • 初手4-3の時に、1ターン目で遊牧民の野営地を購入し、2ターン目で遊牧民の野営地を廃棄すれば、デッキ2周目に動物見本市を加えられる。
      • 要求と組み合わせ、4コストのカードも獲得しつつデッキトップに獲得したを次ターンに動物見本市に引き換える、という動きも強力。
    • 折角アクションを廃棄するのであれば、廃棄時効果のあるアクションとも組み合わせたい。従者ネズミあたりは手に入れやすくおススメ。
  • アクション権を消費するとは言え4金という出力は大きく、もし廃棄に適したアクションが無い場合でも、素のコストである7金を支払って買う価値はある。
  • ゲーム終盤では、改築系で属州とするのも良い。
  • 上述の通り、このカードがあるサプライで相手に廃墟を撒くべきかはよく考えた方が良いだろう。
    • ただし、ターミナルアクションであることには変わりなく、狂信者などで一気に大量の廃墟を撒かれると結局のところデッキが機能不全になる可能性も大いにある。

詳細なルール

「空のサプライ1つにつき、+1 購入」について

  • 動物見本市を使用した瞬間に空の山札を数え、その後空の山札の数が変わっても購入権の数は変化しない。
  • サプライに置かれている山札のみを数える。サプライ外の山札は数えない。

アクションカードを廃棄することで獲得する効果について

  • コストの7金を支払えないときでも、アクションカードを廃棄すれば動物見本市を購入できる。
  • 手札からアクションカードを廃棄できない場合は、この効果は得られない。
  • 購入の代わりに獲得する効果ではない。あくまでコスト7のカードを購入する扱いのままで、支払いを肩代わりする効果である。
    • アクションカードを廃棄することで購入した場合、コインは消費しないが購入権は消費する
    • アクションカードを廃棄することで購入した場合でも、このカードのコストは「7」である。
      • 動物見本市の山札に廃棄トークンが乗っている場合、アクションカードを廃棄する手段によって購入した際にも、廃棄トークンによって手札を廃棄できる。
      • 値切り屋が場に出ている場合、アクションカードを廃棄する手段によって購入した際にも、7コスト未満の勝利点以外のカードを獲得する効果は誘発する。

コメント