東方天空璋/Stage3

Last-modified: 2020-06-06 (土) 23:17:30
Stage2≪    ≫Stage4

道中1

基本的に敵の出る場所を覚えて弾を撃たれる前に倒していく。
特にLでは撃ち漏らしがあると残留する弾に動きを制限されて次に響く。
ショット性能の低い機体は季節解放かボムで立て直す前提のパターンを構築した方が良い。

妖精(魚鱗陣4セット、自機狙い)

この後サブタイトル

向日葵妖精(左右各1、全方位弾+小弾)と紫妖精の複合

黒向日葵妖精は態と弾を出させて季節解放で消せば素点を稼げる。
Lでは設置弾が画面下端にも届くので注意。

陰陽玉(中段にワープで出現×2セット、自機狙い)

黒向日葵妖精(左右各1、全方位弾+小弾)

妖精(単横陣5セット、自機狙い)

上から出現して、L字に折れて左右へ退場していくが、
去り際に自機狙いを1発吐くので、撃ち漏らしていると左右端が危険地帯になる。

緑中妖精(計5体、全方位に放射した後下向きに落下)

中ボス直前には弾をばら撒く妖精が中央、右、左、右、左と出現する。
最初の4匹を速攻し、右下端に逃げ込めば5匹目の弾が到達する前に中ボスの登場で弾が消される。

厄介なのは4体目の弾幕だ。4体目の出現位置を覚えて出現と同時に打ち込んで速攻。白粒弾と一緒に下がりながら広い所を探して突破する。
それでも弾速は速いので、ダメだと思ったら緊急回避ボム(季節解放はこの後の中ボスのために温存したい)。
5体目は無視でもよい。

安置

E、H、Lは左上が安置。Nは最後の一発のみ避けるか、右上の安置を使う。
一匹目の妖精が体当たりしてくるので、弾列にそって下に避けるか、先にショットで倒してから安置に向かう。
残りの妖精も体当たりをしてくるが、自機に到達する前に中ボスの出現で消える。

中ボス通常攻撃1(リリーホワイト)

リリーの位置だけに依存する固定弾。
青粒弾と紫粒弾が重なったら季節解放。弾を消した分とグレイズの分で再び紫粒弾が来る前に季節解放が可能になる。
二種類の弾列を同時に避けないようにすると楽。第一波は普通に避けられるが、第二波を下段中央で受けると、二種類の弾列を同時に避けることになり詰みやすい。思い切って画面右半分から前へ出る。
春装備ならここでリリーに接近できるので解放して底点大幅アップが狙える。

E/Nの場合はここをノーミスノーボム突破で1UPアイテム、それ以外は1ボムを落とす。秋や冬などの高ダメージ季節解放はしっかり決め撃ちし、エクステンドしておこう。

「ノーミスノーボム」に関する裏技

この中ボスに限り、道中からボスへの移行時間が短い。そのため道中で最後のオーラ妖精を倒し終わった直後にボムることにより中ボス戦でのボム判定を得ずにボムを使える。サブ季節に春を設定していて季節解放を緊急回避手段として使いたい場合など、中ボスで季節解放を使う予定がない時は是非使うのが良いだろう。

春符「サプライズスプリング」(H/L)

リリーの位置だけに依存する固定弾。
リリーが動き出すまでは中央下端が安置。
基本的に下端でリリーを追いかけながら細かく避け、弾が重なって来たら季節解放。
Hでは一度も弾列抜けをせず避けきれる。残り8秒あたりで青粒弾と緑粒弾が重なる場所はリリーより左に逸れるとかわし易い。

H/Lはこのスペルをノーミスノーボム突破で1UPアイテム、それ以外は1ボムを落とす。

道中2

早回しで陰陽玉。
黒向日葵妖精が4体の地点は、中央の2体を季節解放で速攻すると弾が減ってかなり楽になる。
なお、この妖精地帯である程度弾を貯め続け、春Lv6季節開放を行うとアプリが落ちる。
本来ならばとてつもない素点UPポイントであるが、気を付けよう。
怨霊地帯は端から自機狙いをチョン避け。

ボス通常攻撃1(高麗野あうん)

自機に寄ってきて固定弾列に変わる粒弾。流れに沿って避ける。
あうんが下に来すぎると位置によっては道が完全に塞がって詰む場合があるので注意。

犬符「野良犬の散歩」(E/N)
狗符「山狗の散歩」(H/L)

自機に寄って来て散らばるポイフル弾。ポイフル弾は、何回か折れ線状に自機狙いで移動した後、現位置依存角度固定全方位弾に変化する。
時間経過で弾数が増加する。
U字を描くように弾を誘導しつつ撃ち込む。
Eでは弾が画面下端に来る前に散らばるので、下端中央で撃ち込むだけで良い。

Nでは、発狂後に下辺で避けると自機の目の前が全方位弾の弾源になることになる。
このとき、チョン避けよりは速いくらいの速度で一方向に避けていくと「全方位弾は弾源から離れるほど間隔が開く」の定石通りの形になり、生き残りやすい。
逃げ足の速さが肝である。チョン避けくらいの鈍足だと、弾源に近すぎて赤ポイフルが密すぎるため抜けられない。

ボス通常攻撃2

固定粒弾の交差。流れに沿っては避けられないため1列ずつ粒弾の隙間を抜けていく。2列の粒弾を同時避けするという状況を作らないのがコツ。

独楽「コマ犬回し」(E/N/H)
独楽「カールアップアンドタイ」(L)

あうんの位置に依存する固定粒弾とへにょりレーザー。レーザー粒弾ともに角度のランダム性なし。
全難易度共通で敵マーカーより少し右(初期位置の場合画面下の竹)にいればレーザーは当たらない。
黄色米弾は左右移動でかわし、危険なら季節解放でよい。
最初に密着して解放することで大量に稼げて解放ポイントが1~3分溜まる。
夏装備の場合:レーザーが近づいたときに開放。ほぼ不動で取得できる。1本のレーザーを完全に消しきることはできないので多少動くことが必要。

ボス通常攻撃3

通常攻撃2の弾速強化版。ただし、ある程度弾列の流れに沿えるためこちらの方が楽。

狗符「独り阿吽の呼吸」(E/N/H/L)

分身して全方位粒弾を放つ。速度も角度も固定で全難易度共通。分身は消える直前に全方位ポイフル弾を放つ。
N以上になると自機狙い中弾が追加。
自機狙いをちょん避けしつつ本体に撃ち込んでいれば概ね1ループで終わる。
高難易度では先に分身を撃破した方が楽。ただし分身が出現した直後しばらくは当たり判定がないため注意。

夏装備の場合:分身後ボス前で季節解放×2回、下がってショット。弾避けなしで撃破可能。夏解放で弾消しをして素点アップを狙いたくなるがそれは止めたほうが安全だ。弾が出始める前に1回目の解放を終えておくことで、2回目の解放が安全に行える。どのみち夏装備では「独り阿吽の呼吸」は素点アップの旨みが少ない。
気を付ける点としては、季節解放のために密着することになるが、高麗野あうんは生足な分だけ当たり判定を実際より小さく誤認しやすいということ。普通に膝まで攻撃判定がある。

Stage2≪    ≫Stage4