Top > > 2

東方紺珠伝/Stage2

Last-modified: 2018-03-21 (水) 11:34:09
Stage1≪    ≫Stage3

道中1 Edit

チャプター 1/3 Edit

右上隅、左上隅から撃ち下ろし弾を撃つ妖精が出た後、
微妙に左右にずれていく固定弾を撃つオーラ妖精が2体×4セット現れる。
撃ち下ろし弾でしっかりグレイズし、妖精に近づいて固定弾でもグレイズすればボーナスが狙える。

チャプター 2/3 Edit

遅い自機狙い弾を撃つ幽霊がV字編隊で降って来る。青幽霊×3個編隊、赤幽霊×3個編隊。
撃破すると速い自機狙いの撃ち返しが来るので、無闇に動かずチョン避けで対処しよう。無理して全滅させようと考えなくてもよい。
遅い弾でグレイズすれば低難易度でもボーナスは可能。
特に高難易度では撃ち返しが辛いので、切り返す前にはショットを止めた方が良いかも。

チャプター 3/3 Edit

自機依存の全方位弾を撃つ向日葵妖精が左に3体、右に3体順番に出て来る。
早苗ならボムしてグレイズすればボーナスが狙える。

安置

中ボス通常攻撃(鈴瑚) Edit

全方位弾+自機狙い弾(N以上)。
Nでは同じ位置にいると危険なので1波ごとに敵を追いかけるように場所を変えよう。
H以上では奇数波は左から右、偶数波は右から左へ流れに沿って避ける。
自機狙い弾の頻度が高いので、全方位弾が来ていない時に、偶数波の前は左へ、奇数波の前は右へ切り返す。
撃破後ボムを落とす。

道中2 Edit

チャプター 1/2 Edit

  1. オーラ妖精が左右交互に12体、ゆるく自機を狙う弾を放つ
  2. 幽霊がV字編隊で、青×3個編隊(道中1チャプター2の幽霊と同じ)
  3. 向日葵妖精×2(道中1チャプター3の向日葵妖精と同じ)
  4. 幽霊がV字編隊で、赤×3個編隊(道中1チャプター2の幽霊と同じ)
  5. 向日葵妖精×2(道中1チャプター3の向日葵妖精と同じ)
初心者向け補足

チャプター 2/2 Edit

  1. 向日葵妖精×2(道中1チャプター3と同じ)
  2. 撃ち下ろし妖精、左上隅から1個編隊(道中1チャプター1と同じ)
  3. 向日葵妖精×2(道中1チャプター3と同じ)
  4. 撃ち下ろし妖精、右上隅から1個編隊(道中1チャプター1と同じ)

ボス通常攻撃その1(鈴瑚) Edit

敵機依存の固定全方位弾。基本的には弾列に沿って避ける。
Eならただ低速移動で弾列に沿って避けていれば良い。
N以上から弾列の角度が厳しくなってくる。少し前に出たり、高速移動も併用してかわすと良い。
Lでは流れに沿って避けきるのは困難なため、ある程度の地点まで流れに沿ったら弾列を抜けて反対側に切り返す。

兎符「ストロベリーダンゴ」(E/N)
兎符「ベリーベリーダンゴ」 (H/L)
Edit

全方位粒弾+ウイルス弾。
粒弾は自機と敵機の位置に依存する固定弾のようなので、毎回同じように抜けられるはず。
ウイルス弾は全方位に放たれ、暫く進んだ後落ちてくる。
左右にずれるとウイルス弾の密度が高くなるので敵の真下で撃ち込み。
画面下端より少し上に出ておくと詰みにくい。
LやHは、上にいて、詰んでそうなら下にいくことを繰り返す。

初心者向け補足

ボス通常攻撃その2 Edit

通常攻撃1と大体同じだが、ボスが移動するため、弾列のスペースの広さが変わる。
N以下は流れに沿って避ける。
H以上は流れに沿うのを基本に弾列抜けも使う。
Lで流れに沿って避ける場合は、左右移動のみでなく前後の移動も使ったほうがよい。

兎符「ダンゴインフリューエンス」(E/N/H/L) Edit

高密度粒弾→中弾が粒弾を押し出して画面端で炸裂。
中弾が道を開いたら粒弾を抜けて中へ。
抜けた後は画面中央よりやや左右端によると、炸裂した弾幕を一方向ずつ相手にしやすいのでかわしやすい。
全難易度で共通だが、避けやすい時と避けづらい時があるので完全無欠モードでないならボムがよいかもしれない。

ボス通常攻撃その3 Edit

奇数波では中央より左、偶数波では中央より右にいないと赤弾の壁に押し潰される。
今度は回転せずに真下で避けると良い。
H以上で自機狙い追加。奇数波は左から右へ、偶数波は右から左へ避け、赤弾の合間に切り返すと良い。
弾密度が荒く、弾速も速いためグレイズを稼ぎ辛い。直前の兎符「ダンゴインフリューエンス」でかすりアイテムを出し、チャプターを跨いで回収すると楽。

月見「セプテンバーフルムーン」 (E/N/H)
月見酒「ルナティックセプテンバー」 (L)
Edit

E・N・Hは点弾、Lは小弾を気合避け。詰みやすいので上へ抜けていく。
左右だと密度は若干下がるが撃破が長引くので、中央で速攻をかけた方がよい。
Lは上に抜けるというより、挟まれたり詰むならやむなく逃げるという感じ。上に行ってもそれほど楽にならない。
ベリーベリーダンゴは一塊ごとに上から下がると避けやすいのと対照的。

 
Stage1≪    ≫Stage3