門下生

Last-modified: 2020-02-09 (日) 12:26:30
収録拡張コストカード種別効果
冒険5*アクション-トラベラーあなたの手札のアクションカード1枚を2度使用してもよい。それと同じカード1枚を獲得する。
--------------------
このカードを場から捨て札にするとき、あなたはこのカードを教師と交換してもよい。
(このカードはサプライには置かない。)

概要 Edit

強化玉座の間であり、2度使用したアクションを獲得できるのでデッキをどんどん強めていける。
すぐに交換する場合もあれば、教師のチカラを最大限引き出すためにしばらくこのカードでアクションカードを増やしていくというのも有効。
教師デッキの定石は教師1枚とは別にもう1枚門下生を育てることで、その手際のよさが問われる。
教師に交換できるのはこのカードを捨て札にするときであるため、持続カードを2度使用するとこのカードも持続してしまい、成長が遅れることにもなりかねないので注意。

利用法 Edit

詳細なルール Edit

  • 交換によるカードの入手は獲得とは異なる。「交換」も参照すること。
  • 門下生でアクションカードを使用しないことを選んでも良い。その場合は何も起こらない。
    • その場合でも教師に交換することは可能である。

「同じカード1枚を獲得する」について Edit

  • 門下生で手札のアクションを2度使用した場合、それと同じカードを1枚獲得するのは強制であるが、それと同じ(カード名の)カード(サプライの)山札にない時は獲得できない。
    • 2度使用したアクションのサプライの山札が枯れているなどの理由で、'同じ(カード名の)カードがない場合は、当然獲得できない。
      • 2度使用したアクションが、廃墟分割された山札のように、異なる名前のカードをサプライの山札に含む場合でも、サプライの山札の上に「2度使用したカードと同じ(カード名の)カード」が公開されていれば、獲得する。
    • 2度使用したアクションが、兵士脱走兵・門下生・教師などの、「このカードはサプライには置かない」との記載のあるカード(=サプライ外のカード)は、サプライの山札にはないので、獲得できない。(農民はサプライに有るカードであることにも注意)

関連カード Edit

拡張名前関連
基本玉座の間手札のアクションカード1枚を2度使用する。
「2度使用する」の詳細なルールについてはこちらを参照。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White