ミールヌイ13

Last-modified: 2020-11-25 (水) 16:16:04

概要

2020年10月26日から2020年11月9日まで開催の期間限定イベントモード。
https://worldoftanks.asia/ja/news/game-events/halloween-mechanics/
5名1チームとなり、敵を撃破しながら規定量のミリウムを収集し、拠点マグナスに運搬する。闇の戦線を大幅にグレードアップしたようなイベント。
サイレントヒルシリーズの伊藤暢達氏や山岡晃氏が協力している。

ルール

このモードでは、5名1チームで敵AI車輌群と戦う。
全4フェーズ(難易度1は3フェーズ)からなり、時間内に規定量のミリウムをマグナスに運搬することで次のフェーズに進める。
目標が達成できなければ失敗となり、その時点で戦闘は終了する。

 

各フェーズの制限時間は5分。前のフェーズの時間が残っていてもフェーズが遷移すると時間はリセットされる。

 

マグナス

magnus.jpg
ミリウムを運搬する目標地点。規定数のミリウムを運ぶと起動して紫のドームに覆われる、その状態で全ての生存味方車輌がドーム内に入れば次のフェーズに遷移する。
起動した状態で制限時間を迎えても次のフェーズに進行するが、その場合はドーム外の車輌は大破する。
敵の出現ポイントにもなっており納品前には戦闘が発生するうえ、マグナスへの納品は数秒の時間がかかるので、ある程度余裕をもって入った方がよい。なお、マグナスを満たせさえすれば強制的にフェーズクリアとなるため、余裕がなかったり最終フェーズで十分なミリウムを所持している場合は敵を無視してさっさとマグナスに投入するのも手である。
フェーズが進行する際に、HPが70%回復し、特殊アビリティーが使用可能状態に戻る。大破している車輌はHP50%の状態でマグナスのあった場所の近くにスポーンする。

ミリウム

mirium.jpg
ミリウムは敵を撃破した時に出現する紫の球体。近づくと回収される。
ミリウム量はその敵に与えたダメージ量に比例し、ダメージを与えた全ての車輌に配分される。
ダメージを与えた車両が回収する必要があるため、遠距離・後方・撃破されそうなときの射撃は状況次第。特に鈍足のGoliathなどは収集にかかる時間を考慮しよう。
撃破されるとその場に所持していたミリウムを落とすが、他の味方が拾う事でリカバリーは可能。

ミリウムはフェーズ持ち越しが可能なので時間が余っているならミリウムを収集しに行くのも有効。
ただし撃破されてしまうと、次のフェーズの開始時にHPが減った状態になってしまう。また時間内にマグナスに戻る事ができなければ大破してしまうので、深追いはしすぎないようにしよう。

  • ミリウム必要量
    難易度フェーズ1フェーズ2フェーズ3フェーズ4
    80240400-
    ★★90270450540
    ★★★100360500600

褒賞

クレジット、EXPともに獲得可能。
またイベント車長の車長EXPも獲得し、これにより車長レベルをアップさせイベントコインを獲得できる。
イベントコインはイベントショップで購入するのに必要となる。

マップ

mirny-13_map.jpg
出撃マップはミールヌイ13のみ。ゴーストタウンがベースになっているが、外周部が大きく変更されている。
白い渦のマークは敵の出現ポイントで、マグナスが配置される可能性のある台座がある。
マグナスはフェーズが変わる毎に位置が変更される。
フェーズが進むにつれて霧が濃くなり、視認範囲が低下する。(フェーズ1では約220mからフェーズ4では約120mまで低下)
南東に大きな亀裂があり、落下すると大破かつミリウム回収不能になる。絶対に落ちないように注意。稀に敵も落下する。

車輌

使用出来る車輌は5種類。うち2種類はエリート車輌としてロックされており、一定条件を満たすと使用可能になる。
主砲は各車両ごとに決まっており、変更は不可能。残弾数は減少せず、無限に射撃できる。
視界が通常車輌に比べると非常に狭いが、敵自体が発生ポイントにかなり近づかないと出現しないためそこまで困る事は無い。
また無線範囲もかなり狭いため、味方と別行動をすると様子が分からなくなってしまうので注意。
撃破された場合でも、味方が次のフェーズに進んでくれればHP50%の状態で復活できる。
横転した場合はサッカーの時のように5秒で正常の状態に戻される。(この際、壁に密着していると復帰時に*いしのなかにいる*状態になってしまうことが稀にあるので注意すること)
一度使用した車輌はクリア、非クリアにかかわらず24時間(午前7時30分更新)に1度しか搭乗できないが、蘇生薬を使用する事で即座に再使用可能にできる。

蘇生薬はミッションで獲得したり、クレジットやゴールドで購入でできる。

 

搭乗員は「第六感」「戦友」「オフロード走行」「クラッチの名手」を取得している。
車体は塗装済みで塗装ボーナスもある。ミッションをクリアすることでイベント車輌限定スタイルが自動的に適用され、外観が変わる。

 

Hornet

hornet.jpg
AMX 13 90をモデルにした軽戦車。
240×5発装填のオートローダーであり、瞬間火力は随一。瞬間装填アビリティーと相性が良く、しっかり使用していけばDPMも高い。
一方で装甲やHPは低く、集中砲火を受けるとあっという間に蒸発する為、オートローダーらしく常に退避路は考えながら動こう。

Cerberus

cerberus.jpg
Centurion Mk. 7/1をモデルにした中戦車。
単発ダメージが230と全車輌中最低だが、代わりに素のDPMは最高値。
継続しての連射能力は5輌中最も高いため、Hedgehogの処理は率先してした方がいい。
砲塔が硬く車体が柔らかい為、ハルダウンしながら戦えばダメージを抑えられる。

Goliath

goliath.jpg
M103をモデルにした重戦車。
単発ダメージ400と高く、貫通力も高い。
しかし車体はそれほど固くなく、普通に前を向いていても貫通される。HPも中戦車とそれほど変わらない。
機動性は重戦車としては良好だが、広大なマップを走り回るには不足しており、随時スーパーチャージャーで補わないと味方に置いて行かれがち。
スーパーチャージャーを使用した体当たりは敵を即死させられるほどの威力を誇るため、積極的に狙ってみてもいいだろう。

Malachite

malachite.jpg
T-54をモデルにした中戦車。
初期状態ではロックされており、ミッションをクリアするかゴールドを支払う事でアンロックされる。
モジュール修理速度が速いという特徴を持ち、火力・装甲・機動性のバランスが良いオールマイティーな車輌。
ただし貫通力が低いという欠点がある。

Grenadier

grenadier.jpg
T49をモデルにした軽戦車。
初期状態ではロックされており、ミッションをクリアするかゴールドを支払う事でアンロックされる。
910ダメージの榴弾を2発装填できるオートリローダーで、連射間隔もわずか1秒と一瞬で大ダメージを叩き込める。
しかし榴弾砲ゆえの精度の悪さとダメージの安定性の無さはついて回る。
機動性を生かし、積極的に孤立ぎみな敵車輌の側背面を取っていきたい。どれだけ貫通弾をとれるかでDPMが大きく変わる。

特殊アビリティー

イベント専用の6種類のアビリティーがあり、3つまで持っていくことが可能。消耗品と同じように対応したキーを押して使用する。
車輌やプレイスタイル、収支などに合わせたアビリティーを持っていくといいだろう。
クールダウン中でもフェーズ遷移時に使用可能状態に戻るので、HPが減っているならば回復系を使用してから遷移したい。

名称効果CT価格
瞬間装填主砲の装填を瞬時に完了1203,000
緊急修復自車輌のHPを即座に400回復し追加で900HPを30秒間かけて徐々に回復する、ダメージを受けると回復は停止する
損傷したモジュールを修理、また火災が発生していた場合消火する
12020,000
エナジーシールドあらゆる攻撃から自車輌を保護するシールドを7秒間展開15020,000
スーパーチャージャー自車輌の動力性能と体当たりによるダメージを向上453,000
ゾーン回復効果範囲内の全味方車輌のHPを200回復1803,000
ゾーン修理効果範囲内の全味方車輌の損傷したモジュールを修理、モジュールの修理速度を20%向上1803,000

特殊アイテム

敵を倒した際、稀に黄色の球体が出る事があり、取得すると車輌の性能が向上する。
取得した車輌のみ有効。このドロップは各車輌毎に行われ、他の車輌には取れないので遠慮なく拾ってよい。
効果は強力だが、狙って取れるようなものでもないので、拾えたらラッキー程度に思っておこう。
フェーズ遷移しても引き継がれるが、撃破されてしまうと喪失する。

名称効果
装填加速グリス装填速度+15%
改良型砲弾ダメージが20%上昇する確率+5%
高純度ガソリンエンジン出力および砲塔旋回速度+10%
吸血弾貫通弾で敵にダメージを与えた際に、ダメージの20%分のHPを吸収
強化火薬火災の誘発率+5%
セラミック弾単発ダメージ+20%
照準調整機構移動および旋回中の照準拡散-15%
霊感搭乗員の能力+15%
自動回復装置2.5秒毎に10HP回復

出現する敵

敵は7種類のタイプに分かれている、撃破できないImmortalを除き、どの敵でも撃破すればミリウムは取得できる。
フェーズが進むごとに徐々に強い敵が出現するようになる。
ミニマップ上では特殊なアイコンで示される。

 

基本的にはあまり強くは無いが、射撃の精度は高くかなりの命中率で当ててくる。
ヘイトの概念があり、HPの少ない味方を優先的に狙ってくる。
また出現ポイントに50mくらいまで近づかないと出現しない都合上、非常に近距離に多数出現する状態になる。
単独行動していた場合、出現した瞬間に包囲されて集中砲火で大破してしまうので、常に集団行動を意識しよう。
どうしても突入しなければならないというときはエナジーシールドが有効。

HedgeHog

球形の自走爆弾。
フェーズ1には出現しない。出現した場合、警告文が表示される。
単体でも出現するが、多くは他の敵と同時に出現し、前面との戦闘に集中していると挟撃されてしまう。
衝突すると爆発し、およそ500ダメージを受ける。
厳密には大破した時に近くにいる味方車輌にダメージを与えるという処理のようで、衝突していなくても至近距離で撃破した場合でもダメージを受ける。敵車輌には爆風範囲にいてもダメージを与えない。
HPは170なので一発撃てば撃破する事ができる。
1機あたり15ミリウム。

Rabbit

敵の軽戦車で、かなり弱い。ミリウムを簡単に獲得できるボーナス敵だがすぐに逃げてしまう。フェーズ1には出現しない。
走行跡に赤い炎が残るため追跡は容易。
外見はLuchsと同じだが、貫通力やダメージは強化されており、DPMは意外と高い。
HPは340で、GoliathとGrenadier以外だと一発では倒しきれない事が多い。
1輌あたり15ミリウム。

Gurad

最も多く出現する敵。
Guardの後ろに元となっている車輌名がついている。
P.43 ter53TPLeoUDES 16など様々な種類がいる。
格下の敵も多いが、貫通力は強化されている。

Alpha

Guardよりも火力が高い駆逐戦車。
Alphaの後ろに元となっている車輌名がついている。
T28 PrototypeFV4004 Conwayなど。
なお、難易度★★★のフェーズ4に登場するE50Mは単発が500とかなり高く、Grenadier(T49)の場合どこから撃っても貫通することはできないため非常に厄介な相手となる。

難易度フェーズ1フェーズ2フェーズ3フェーズ4
-Skorpion-
★★T28 PrototypeConwayE 50
★★★T30FV4005E 50 M

Hunter

GuardやAlphaなどが出現する場所とは別の場所に出現し、追跡してくる。フェーズ1には出現しない。
出現した場合、警告文が表示される。
Guardよりも装甲、体力が高い。ついでに大きさも元の車輌より一回り大きくなっている。
Hunterの後ろにGuardと同様に元となっている車輌名がついている、がPanther IIしかいない。
単発は300(貫通時)。攻撃に榴弾のみを使用し、弾速も最低レベルなので距離をとったり正面を向けていればさほど驚異ではない。
しかしずっと追跡してくるので、余裕がある時に対処しておこう。

Mosquito

固定砲台で動くことは無いが火力が高い。フェーズ4にしか出現しない。
KV-2の砲塔だけのような外見。
射線は赤いレーザーで示されているので、照準されていたら回避しよう。
自動照準で狙うと照準が砲塔の下の地面に行ってしまい、射撃が当たらない事が多いため注意。

The Immortal

immortal.jpg
イモータル。不滅、または死すべき運命の否定など。
巨大なボス車輌。フェーズ1には出現しない。
全ての攻撃が通用せず、周囲に展開される赤いフィールドに巻き込まれるとミリウムを奪われてしまうため、遭遇したらただちに逃げよう。所持ミリウムが尽きると、今度はHPがどんどん削られていく。
射線は赤いレーザーで示されているので、照準されていたら回避しよう。
接近しているとミニマップの上部のゲージが大きくなっていく。視認できなくてもゲージが増えてきたら警戒して、すぐに逃走できる体勢を整えた方がよい。
射撃は二連装の榴弾を斉射する、弾速が速く蛇行などで回避する事は難しいが、装填間隔が長く障害物や起伏はそれほど考慮しないためとにかく隠れる事ができれば一応はやりすごす事ができる。
また榴弾なのでMTやHTならば当たっても運が良ければ微ダメージで済む事もある。
しかし常に追跡され、衝突されると大ダメージを受ける事からなるべく距離は取っておきたい。

コメント

アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1
コメントの際、当該wikiのモラルを尊重した行動をお願いします。

 

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • Immortalダメージは与えられないけど撃つと撃った車両にヘイトがいくから囮になるときに使える -- 2020-11-01 (日) 19:01:05
  • 質問ですが、車両を使ってから15時間後にロックが解除されるというけど、一回使うと24時間近くロックがかかる方って他にいますか? 私の場合朝七時半ごろにロックが解除されて、一回でも使うと23時間とか24時間とかロックされます -- 2020-11-01 (日) 21:43:47
    • いつ使っても自動蘇生はそのあたりの時間のはず -- 2020-11-01 (日) 22:07:10
      • なるほどそういうことなのね -- 2020-11-01 (日) 22:19:52
  • フェーズ移行時の回復ってどのくらいなんだろ?Hornetで840回復は確認したから70%ほどかとは思うんだが -- 2020-11-01 (日) 22:12:12
    • なんとなく、その位な気がするね。50%割ってる車両居る時に全体回復持ってたら打つようにしてるが。 -- 2020-11-01 (日) 23:22:25
  • マグナスに一番最後に入ってミリウムをクリアまで持ち越そうとする人がグッと増えた気がする。最終フェーズでそれを解放してくれるなら良いけど、最終フェーズでもわざと遠回りしてきて、味方と違うルートのせいで味方がやられたときに落としたミリウムを拾えず敗北なんてことがあると通報したくもなる… -- 2020-11-02 (月) 07:50:39
    • 持ち越せるのは利点なのでばらけてミリウムを持ってるとリスク分散になっていいですよね -- 2020-11-02 (月) 10:10:01
  • フェーズ4は持ちミリウム0でも2ゾーン踏めば十分だからな、マグナスの敵でHP2000周辺がゴロゴロしてるから、そこだけでミリウム200は十分あるから。4/4で480とか530とか、持ちミリウム表示されてんのに見もせず3つ目の渦に突っ込むクソ軽戦車共め。マジで最後の誘導が戦犯過ぎる。 -- 2020-11-02 (月) 14:42:23
  • コイン交換の経験値リザーブ,2時間200%の方が安いんか・・・。 -- 2020-11-02 (月) 16:17:11
    • それ、交換の確認画面にいけばわかるけど表記の内容と違うからよく吟味して交換した方がいい -- 2020-11-02 (月) 19:50:12
    • その正体は、EXP+50%(2h)x3なので注意です。 -- 2020-11-03 (火) 12:35:50
    • マジじゃねえか、こういうのは止めてくれ。 -- 木主 2020-11-03 (火) 18:01:48
  • 特殊アイテムの種類は車両ごとに決まってるのかなこれ?霊感とか吸血弾とか見たこと無い -- 2020-11-03 (火) 13:35:30
    • Goliathで霊感と吸血弾同時に取れたけど、LTでも以前普通に取れた気がするし、まぁ運の問題じゃなかろうか。 -- 2020-11-07 (土) 12:32:35
    • 20回くらいやってみたけどやっぱHTじゃないとその2つ取れない気がするわ…適当言って申し訳ない。 -- 2020-11-08 (日) 13:41:34
      • 運じゃない?Hornetで吸血弾は何回も経験あるよ。GrenadierはAPじゃないから多分出てこないけど。 -- 2020-11-08 (日) 15:54:11
  • あや、イベントへの参加制限なんて処罰あるんだな。一緒に入ったプレイヤーがなってた。これ途中でガレバの警告の積み重ね処罰?24時間は参加できないとか? -- 2020-11-06 (金) 22:12:02
  • コインはイベント終了と同時に消えるのでしっかり使い切るべし -- 2020-11-08 (日) 16:26:24
    • イモータルの誘引と攻撃の引きつけは不行動判定でペナルティ食らうんだとさ。上のイベントへの参加制限ってもしかしたらこの囮になった(ある意味1番クリアに貢献してる)人かもね -- 2020-11-09 (月) 03:00:22
      • 散々に攻撃するなりして引きつけたけど、引きつけ時に撃破された時も含めてそんなぺナルティ受けたことないなぁ・・・。 -- 2020-11-25 (水) 04:28:18
  • このモードクソほど楽しかった、クレジットもフリー経験値も教本もディレクティブも買える、別の形でもいいから復活してくんねえかな… -- 2020-11-25 (水) 00:42:13
    • 開発陣も静岡好きで滅茶苦茶気合入れてたらしいかんなぁ…報酬的にもあれだけのクレリザ大放出は当分無いだろうね -- 2020-11-25 (水) 06:52:30
      • 完全に新作作ってる気になった模様wその所為で1年先送りに、だが納得の出来。初期案の戦車絵なんぞ完全に異物。そこに伊藤暢達氏の古典ビジョン(異物が多いと逆に過剰になる)なんてアドバイス真に受けて、世界観に反映し過ぎた所為でもう手が止まらなくなったらしい。 -- 2020-11-25 (水) 16:08:21
      • デザイン部門「もう新機能は追加しません!」責任者が署名 → その後、コジマ化でガンガン追加w やっぱしゲーム開発に犠牲は付き物なんだな。 -- 2020-11-25 (水) 16:16:04
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White