幻像迷路

Last-modified: 2022-04-27 (水) 21:19:33

ナイチンゲールの祝福

衣装


衣装名ムネーモシュネーの夢
Mnemosyne's Dream(英語)、摩涅莫緒涅之夢(繁體中文)
キャラクター調香師
登場幻像迷路(恒常)
テキスト記憶は、苦しみの装束。
3Dモデル
3Dモデル(記憶は苦しみの装束)
エフェクト
 
マッチングホール画面で椅子が玉座になる・
負傷時に「記憶は苦しみの装束」形態に変化する
告知文蝶のように輝いても記憶の衣は脆く剥がれ落ちやすいのだ。
記憶のドレスが綻ぼうとも着直す事を止められない。それこそ彼女の泡沫の夢…
補足特殊アクション「調香師-幻夢」、動くアイコン、動くアイコン枠、動く落書き、専用タグも同時に獲得できる。

【デザインアイデア】

【デザインアイデア】

  • プロット
    新たなメインストーリーをクリアした探偵は、荘園にある4つの薬瓶の内の3本目がムネーモシュネーと呼ばれ、記憶を消去する作用があることに気付いたはずだ。
    調香師-ムネーモシュネーのデザインの出発点もここから来ており、調香師が荘園にやって来た原因の一部でもある。
    調香師がゲームに勝利した場合、彼女は何に変成するのか?
    姉妹間の争いを忘れ、過去に体験した嫉妬と悔しさを忘れることができるのか?
    それらの苦痛の記憶を昨日の幻想としてなかったことにできるのだろうか?
    全てをただの世間に流れる隠喩の物語に変えることができるのか?
    彼女はかつて姉妹2人が望んだ世界的な調香師になれるのだろうか。
    多くの愛、狂熱と崇拝を享受できたのだろうか。
  • 美術
    まず、今回の虚妄の傑作衣装の最大の特色は2つの形態のデザインを採用したことだ。
    衣装本体の頭の装飾、服装、アイテム、通常状態の特殊エフェクトに健康状態と負傷状態の2つの形態がある。
    プレイヤーはゲーム内で2つの形態を切り替える。
    デザインについては蝶を主な要素としている。
    繭を破って蝶になるという概念を利用し、変身前後の視覚に対応して2つの形態の衣装の構成と呼応する。
    今回の衣装の主題はギリシャ神話の記憶の女神であるムネーモシュネーだ。
    そのため最初は古代ギリシャの古典的な要素と服の仕立てを組み合わせた。
    同時に華麗さを表現するために、服装の生地には様々な材質と組み合わせが採用されている。

    第一版のスケッチの3つの案の最大の問題は全体的な仕立てが現代的すぎることだ。
    ファッションセンスを追求しながらも、誇張されたシルエットはファッションそのものを薄めて高級感を欠いている。
    また、蝶の要素が少ないうえに浮いてしまっており、全体との融合が理想的ではない。
    第二版のスケッチはギリシャスタイルのファッション要素を保持しつつ装飾を加えた。
    また、色の組み合わせを調整し、より明るい色調を採用することで神聖で高貴な気質を高めた。

    ただしシルエットの輪郭を調整したため、全体の造型がより保守的になった。
    また、古典的で神聖なギリシャスタイルは調香師のキャラクターの気質と合わないため、調整を続ける必要がある。
    方向調整を経て、第三版の案ではギリシャの要素を使うことを放棄することにした。

    このバージョンの案は、前のいくつかのバージョンと比較してファンタジー感を増やした。
    等級の差をつけるため、全体のデザインではわざと人が作った痕跡を弱め、更に多くの自然と魔法等の要素を採用した。
    同時に色の変化と材質のつなぎを豊富にすることで、衣装全体にさらに自然が形成したような美しさと物語性を持たせた。
    最終的に更なる最適化と特殊エフェクトを加えた後、今回の虚妄の傑作衣装のデザインが完成した。
  • 原画の細部展示

    頭のてっぺんにある紫色の花弁は、ひらひらと舞う蝶を引き付ける。
    蝶は繭を破って出て来ると、調香師の周りを囲んだ。
    滲んだ香りは繭を破る動力であり、最後の目的地だ。

    高貴な紫色の色調、蝉の羽のように尊貴な質感。
    花弁のような装飾とわずかな魔法のような輝きが、調香師の神聖さと尊貴さを際立たせる。

    妹は紫のヴェールのコートを脱いで更に肌を露出させ、怪我をした後の脆弱さを見せた。
    しかしこの哀れな外見の下でも、依然として彼女は強靭な気質だ。
  • 展示画面

    入場動作の展示は妹が次第に姉に「成る」過程だ。
    自身を打ち捨て、玉座の寵児となった。


    タッチアクションは苦痛の記憶から逃れようとしている表現だ。
    煌びやかな衣服の下で次第に自我を見失い、もはや自分が誰なのかも分からない。
  • 特殊エフェクト

    調香師-ムネーモシュネーの夢が持っているのは香水瓶だ。
    ヴェールのコートは紫色の蛍光で微かに煌めく。
    蝶がひらひらと周りを飛び回り、彼女と互いに補完し合って優雅な魅力的な気質を明らかにした。

(原文)


幻像迷路

衣装

衣装名小人の国
The Lilliputian(英語)、小人國(繁體中文)
キャラクター冒険家
登場2022・幻像迷路
テキスト世界が小さくなった?違う私が大きくなったんだ!
3Dモデル
携帯品名小さな人形
Dolly(英語)、小人偶(繁體中文)
キャラクター冒険家
登場2022・幻像迷路
テキストこの人形、どこかで見たことがあっただろうか?
エフェクト 
宝探し中に小人の国の住人が現れる
告知文カートさんが繰り広げる小人の国の世界。
なんと携帯品はスキルを使用すると、周りに小人の国の住人が現れるの!

【デザインアイデア】

【デザインアイデア】

  • 簡単な背景
    彼は元々小人の国の国民で、ある日1冊の大きな本を手に入れて大きくなる能力を身に着けた。
    彼はこの旅行記を読むのがとても好きで、本の中の主人公のように航海して異国で冒険したいという願望があり、自身の船に乗って出発した。
  • プロット
    冒険家のために彼専用の衣装の主題を作りたかった。
    彼は冒険物語に夢中になっており、自身が本の主人公になることを夢見ている。
    さらに、彼のスキルは身体が小さくなることから、自然と「ガリバー旅行記」の小人の国に関連する主題を考えついた。
    しかし、彼が自身がガリバー本人という物語をデザインしたが、この経緯は比較的普通であまり創造性と驚きががない。
    そのため今回は逆の考えを使いたいと考えた。
    もし彼が大人から小さくなったのではなく、小人から大きくなったら?
    自身の小人の家を背負わせて冒険をすれば物語は面白くなる。
    彼は冒険物語を読むのが大好きで、本の中に住むことも好きだ。
    そのため背には自身が住む本棚の小人の家を背負い、日中は大きくなって冒険に、夜には小さくなって自身の部屋に住んでいる。
    小人の国の友人たちを連れて出発し、想像力豊かな冒険の旅を始めた。
  • 美術
    私達は小人の国の一般的な時代背景に基づき、ヨーロッパの古典的な貴族の服のイメージでデザインした。
    第一版のスケッチの配色と要素は派手で乱雑すぎる。
    私達は案2のスタイルの方向を選択して調整を進めることにした。

    しかしこの調整が進んでも、配色と要素は調和しているものの美しさの面には不満がある。
    私達はスケッチを最初からやり直すことにした。

    そこで配色や服の輪郭を調整し、第一版のスケッチの案を作り直した。
    それを基に調整した後、小人の国のデザインが完成した。
  • 原画の細部展示

    冒険家-小人の国の顏には傷跡がある。
    それは彼の冒険の途中の遺産であり、彼にとっては栄誉ある勲章だ。

    冒険家-小人の国の胸には宝石がある。
    身なりが良く、服飾にはきっちりと金の模様が刺繍されている。

    彼は上流貴族出身だが、依然として遠方への憧憬を持っている。
    小人の家は冒険家の帰る場所だ。
    たとえどんなに多くの風雨を体験しようと、どんなに多くの荊を通ることになっても、小人の家は永遠に彼の安らぎの場所だ。
  • 展示画面

    冒険家-小人の国は、自身の小人の家を背負って冒険の旅に出る。
    どこへ行こうとも、安寧の場所は常に背にある。

    冒険家-小人の国がどこへ行っても、傍には常に小さな精霊がいる。
    いたずらな精霊もおり、旅があっという間のように感じる。

    本の中の冒険物語はまるで生きているかのようだ。
    それは冒険家-小人の国が聞いたことのないような華やかな世界。
    全ての色とりどりで奇妙なものは、彼の心の行き場所になった。
  • 特殊エフェクト

    冒険家-小人の国は小人の家を背負い、手には旅行記を持っている。
    彼が前に踏み出した時、小さな精霊が彼の周りを回りながら彼の姿を追いかけて後ろに小さな輝きを残した。
    途中でどんな困難にぶつかろうとも彼は冒険の足を止めず、その足取りは永遠に力強い。

(原文)


参考文献

コメント

  • 結局妹の願いって姉になることなんかな…? -- 2022-02-20 (日) 23:31:04