No180 オバノン

Last-modified: 2020-07-09 (木) 13:04:50

アイコン

icon_180.png

基本データ

画像基本情報
DD_0180A.pngレアリティ☆☆☆☆☆
ゲーム内名称奥班农翻訳名称オバノン
所属/艦級アメリカ海軍/DD-450
本名USS O'Bannon (DD-450)
イラストレーターSaru
艦種駆逐艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久17火力8/28
装甲7/22雷装20/70
回避40/85対空24/54
搭載0対潜35/75
速力37.0kt索敵6/16
射程52
最大消費量
燃料15弾薬25
艦載装備
0アメリカ5inch単装砲
0ジャガイモ
装備不可
装備不可
強化経験値 (火力/雷装/装甲/対空) 0/20/7/5解体資源
(燃料/弾薬/鋼材/アルミ材)
4/8/6/0
改造チャート・必要なコア 種類/数
未実装
 
SD
Ship_girl_180.png
 

セリフ

セリフ

CV日:中:
場面日本語中国語
入手時こんにちは、フレッチャー級の駆逐艦オバノンです。わたしの運をあなたにも分け合えるように。
母港(昼間)パープルハート章?何ですかそれ、聞いた事ないです~
司令官、わたしの訓練を見に来てくれたんですか?うれしい、オバノン頑張りますね!
特殊な状況で敵に会った時は、普通の戦術の他に敵を脅かすための戦術も必要なんですよ。
母港(夜間)みんなわたしの運を褒めてるけど、それもわたしの優れた実力あってのものなんですよ~
司令官、お仕事お疲れ様。お夜食を持って来ましたよ、司令官はどんなじゃがいも料理が好き?
ラフィーは勇敢な戦士ですよ、彼女の跡継ぎも彼女の勇気と強さをカンペキに受け継いでいるの!
フレンド訪問喜んでください!私に会ったからには、今日のあなたの運勢は大吉間違いありません!
提督室えへへ、何か良いことありました?
陣形選択弾薬補給完了、出撃しましょう!
攻撃距離を保って、攻撃!
攻撃(夜戦)弱虫だなんて思わないで!
中破うう…こんな痛いのはじめて…
誓約あなたの励ましがあれば、どんなつよい敵でも恐れず戦います。ご心配いりませんよ、オバノンいっぱい「弾薬」を持っていますから!(反転)
誓約後(昼間)ラッキー!ウィリアム、捕まえた!やったね!えへへ、また司令官にいい所を見せられました。
わたしは強運の持ち主です。ですから、司令官はわたしと一緒にいさえすれば、何の心配もいらないですよ!
しー!静かに…こっそりフレッチャー級の宴会から抜け出して会いにきちゃいました。姉妹の数が多くて助かりましたよ。それに、ウィリアムが注意を引き付けてくれたし…そうでなければ、そんな簡単に抜け出せませんでした……
誓約後(夜間)今夜はとっておきの、じゃがいもパーティですよ。へへえ~、結構頑張って作ったんだよ。焼きじゃがいも、蒸しじゃがいも、じゃがいも炒めがあるけど……どれが好みですか?
ようやく、あなたと二人きりになれるチャンスが巡ってきた……えへへ、姉妹がたくさんいるのって、大変ですね。でも、面白いことも、たくさんありました。聞きたいですか、司令官?
わたしがいるかぎり、パープル・ ハートを受賞するのは諦めてくださいね。へへ!覚悟してください…まったく、司令官は運がありませんね。

「花畑の中の少女」専用セリフ

CV日:中:
場面日本語中国語
母港(昼間)夏の日の野原のそよ風に、あの小道を思い出します。記憶に捨て去られた鍵を、そっと拾い上げるような…
花を育ててみたいな~…でも、私じゃ上手く育てられないかも。
ウィリー!止まって!お花にぶつかっちゃう!あああ~…もうおしまいだ、ぐすんっ…
母港(夜間)ここに来たのはお花を見るためですか?それとも、私に会いに来たの?
今日はオバノンと一緒に遊びに行けますか?あなたのそばでいい子にしてますよ~。
もろく儚い命…な~んて、私はそんな深い話考えられません。だって…ほら!こんなにきれいな草花を見てたら、そんな気分になるはずないでしょ!
フレンド訪問喜んでください!私に会ったからには、今日のあなたの運勢は大吉間違いありません!
提督室えへへ、何か良いことありました?
陣形選択素敵な花畑への道を踏み荒らす人がいるんですね。許しませんよ!
攻撃お花を守ります!
攻撃(夜戦)はい、捕まえましたよ!
中破えへへ…事故ですよ、事故…
誓約後(昼間)ん~…私、まだ眠くないです!眠いなら、司令官は先に寝てくださいね!この花は絶対今夜開花します、だから見逃すわけにはいきません!
オバノンは春と夏が好きで、秋と冬はあまり好きじゃないです!でも、冬に咲く梅の花は捨てがたい~…
外出するなら、持って行ってください!これと、それからこれ…あ!そうだ、旅の途中で私にお土産を買うのを忘れないでくださいね!サプライズがあれば、あなたへの好感度がも~っとアップしますよ!
誓約後(夜間)花を料理に使う?!そんな邪道なことを考えるなんて!考えを改めさせる必要があるようですね!そうですね~…明日は働かないで、私と一緒にお庭で心を癒やすべきだと思いますよ。
今日はほんとに楽しかった~!司令官、時間を見つけてまた一緒に遊びましょう!明日とか、あさってとかは?
伝説によると、海の果てにはとってもきれいなお花畑があるそうなんです!いつかこの目で見てみたいな~。司令官、あの…一緒に行ってくれますか?
 

衣装

名称(日/中)花畑の中の少女/花间少女
画像L_NORMAL_180_1.png
購入前こんなに色とりどりの花を飾ったら、きっときれいなんだろうな~。用这些花来装扮自己的话,一定会很漂亮!
購入後(反転)ねえ、司令官。きれいって言ったのは・・・私?それともお花?嘿!司令官,漂亮吗?您说的…是我?还是花呢?
特殊効果特殊砲弾/専用セリフ
入手方法ショップ ダイヤ500

艦種紹介

日本版オバノン(DD-450)はフレッチャー級駆逐艦である。1943年、日本の潜水艦の呂-34と遭遇した。突然至近距離で現れたため、俯角が足りなく敵に火砲が当たらなかった。攻撃する武器がなかった乗員は艦内のジャガイモを投げつけ、呂-34の乗員はジャガイモを手榴弾だと誤解したためパニックになった。敵が慌てているうちに距離が離れオバノンが再度火砲により攻撃、呂-34は逃げるため潜航し始めた。そこにオバノンが爆雷を投下し呂-34を撃沈した。この一件はアメリカ国内にも伝わり、米国のジャガイモ農家は表彰状を作ってオバノンに贈った。またオバノンは多くの作戦に参加し、駆逐艦では一番多い17枚の従軍星章を受賞したが、負傷した乗員はほとんどいなかったという強運な勲功艦でもあった。
中国版奥班农号(DD-450)属弗莱彻级驱逐舰。在43年奥班农号突然在近距离和日军潜艇遭遇,由于距离过近舰炮俯角不够,情急之下奥班农号用甲板上堆积的土豆砸向日军潜艇,潜艇以为是手雷慌忙下潜,之后被奥班农号的深弹击沉。这件事情传回国内,美国土豆农还特意制作一张嘉奖送给奥班农号。奥班农号还是艘幸运的功勋舰,她参加了诸多战役,获得了17颗战斗之星,列驱逐舰第一位,却几乎没有水兵受损。
 

入手手段/ドロップ海域

中国版:DB建造[00:21:00]
日本版:18/07/20建造解放[0:21:00]

  • ミッドウェー海戦Ex-3ではボスマスのみドロップする。相手がAkagiなのでS勝利は難しい。一方、Ex-4だと道中でもドロップする。
 

性能や運用について

  • ミッドウェー海戦のイベントドロップで初登場したフレッチャー級駆逐艦。
  • 性能自体は標準的で改造も出来ないが、特筆すべきは運52という異次元の幸運。
    ビッグE瑞鶴改のツートップに次ぐ全艦3位で、雪風を上回る数値である。バトルスター17個の超武勲艦は伊達じゃない。

ゲーム内において

  • 金髪に、ハートマークのアホ毛が目立つ女性。ロリっ娘だが胸も大きい。
  • やはり彼女を象徴するジャガイモが目を引くデザイン。ジャガイモ料理も好きらしい。
    • このため提督諸氏からは「じゃがいも」「芋」と呼ばれている。
  • バージョン3.0.0のログイン画面では、柱に縛り付けられたウィリアム・D・ポーターの足元に大量のじゃがいもを置くという奇怪な事をしている。
  • 彼女の発言にある「パープルハート章」というのは、戦死者・戦傷者に授与される「名誉負傷章」のこと。
    オバノンは大戦中、乗員から1人の受賞者も出さなかったことでも有名。これも「ラッキーO」の愛称と、ゲーム内の超幸運に寄与している。
    • このパープルハート章、実は近年まで在庫があったことで有名である。
      米軍は戦争の長期化に伴い、日本国内での本土決戦(=ダウンフォール作戦。日本側の呼称は決号作戦)で多数の死傷者が出ることを想定し、50万個のパープルハート章を製造したが、日本側がポツダム宣言を受諾したことで本土決戦は起こらなかった。
      このため量産されたパープルハート章は戦後長い間残っており、朝鮮戦争やベトナム戦争、湾岸戦争を経てアフガニスタン対テロ戦争やイラク戦争に参戦し始めた2003年時点で12万個、底をついたのは2010年頃だったという。
      著名な受賞者として、ダグラス・マッカーサー、ジョン・F・ケネディがいる。
  • 性格は至って真面目。提督にも友好的。運も実力のうちと思っているらしい。
  • 中国版は2017年7月12日、日本版は同年10月23日のメンテで衣装が追加された。
    白いワンピースに花を付けている可愛らしい格好をしている。
    また専用セリフでは花についてや夏のことなどの話を見ることができ、プレイヤーと一緒に夏を過ごしているような内容となっている。
  • 2019/06/10におそらく誓約後セリフが追加された。
     

元ネタ解説

No180 オバノン/元ネタ解説

所属United States Navy
艦種・艦型フレッチャー級駆逐艦→護衛駆逐艦(1949)→駆逐艦(1962)
正式名称USS O'Bannon ((DD/DDE-450)
名前の由来Presley O'Bannon(1776-1850) アメリカ海兵隊大尉 第一次バーバリ戦争で活躍。「ダーネの英雄」と呼ばれる伝説的人物
愛称Lucky 'O', Potato Barge
起工日1941.3.3
進水日1942.2.19
就役日(竣工日)1942.6.26
退役日(除籍後)1970.1.30 同日除籍(1970.6.6売却後解体)
全長(身長)114.8m
基準排水量(体重)2050英t(2182.9t)
出力Babcock&Wilcox式重油専焼缶4基General Electric式蒸気タービン2基2軸 60000shp(60832.2PS)
最高速度36.5kt(67.59km/h)
航続距離15.0kt(27.77km/h)/6500海里(12038km)
乗員329名
装備(1945)5inch38口径Mk.12単装両用砲5門
21inch五連装魚雷発射管2基10門
ボフォース40mm機関砲x10(5x2)
20mmエリコン機関砲x7
爆雷投射機x6
爆雷投下軌条x2
装甲なし
建造所Bath Iron Works, Bath, Maine
(バス鉄工所 アメリカ合衆国メイン州サガダホク郡バス市)
勲章Presidential Unit Citation
不明(17 stars)
  • フレッチャー級6番艦、DD-450。1934年3月27日、計画が承認され建造決定。1941年3月3日、バス鉄工所にて起工。1942年2月19日に進水し、6月26日に竣工した。
    アメリカ海兵隊の英雄、プレスリー・オバノン中尉(1776~1850)の名を冠する2代目の船として、ウィルキンソン中佐の指揮下に入り、太平洋艦隊に編入された。
    2か月間にわたり東海岸、主にカリブ海で訓練を積んでいたが日米によるガダルカナル島争奪戦が激化。1942年8月29日にボストンを出港し、南西太平洋に進出。激しい戦いの続くガダルカナル諸島へ投入される。
  • 10月9日から始まった最初の任務は護衛空母コパヒーを護衛し、ヘンダーソン飛行場へ航空機を輸送する任務だった。
    無事に任務をこなすと11月7日には今度は輸送部隊の護衛に当たり、対潜哨戒と上空警戒を行う。任務中、浮上している日本潜水艦を目撃。船団が安全に通過するまでの間、睨みを利かせた。
    11月12日午後、ラバウルから発進してきた一式陸攻16機に襲われたが、仲間と共同で対空砲火により11機を撃墜した。オバノン単独の戦果は4機であった。
    その後偵察のB-17より日本軍の戦艦2隻を含む17隻の艦隊発見報告を受け、オバノンは輸送隊と別れこれの迎撃に向かった。
  • 駆逐艦カッシングラフィースティレットと共に前衛を務めたオバノンは、翌13日未明、日本軍挺身隊と遭遇。大混乱の第三次ソロモン海戦が勃発した。
    オバノンは比叡に探照灯を照射して艦上構造物を狙って他の艦と集中砲火を加えたのち、
    被弾して行動不能に陥っていたアトランタを救援すべくアトランタに探照灯を向けるを共同で攻撃して撃沈。
    更に比叡めがけて魚雷を発射したが不発だった。乱戦だったためか味方から誤射を受け、オバノンは損傷した。
    この夜戦で米海軍はノーマンスコット司令が戦死し、戦艦サウスダコタを護衛していた駆逐艦4隻と2隻の巡洋艦を喪失するという大損害を受けたがヘンダーソン飛行場への砲撃は辛くも阻止し、
    逆に戦艦比叡を大破、翌日放棄させた。生き残った飛行場は以降も日本船団を苦しめ、ガダルカナル島争奪戦を優位なものにした。
  • この海戦のあともオバノンはしばらく同海域で哨戒を行う。ヌメア島を拠点に活動し、被弾した機の着陸を手助けした他、ガダルカナル、ムンダ、コロンバンガラを砲撃している。
  • 43年4月5日(い号作戦決行延期の日)、ガダルカナル島北西のラッセル諸島にて、不審な船舶を発見。
    当初小さなシルエットから転覆した艦艇ではないかと接近したが動きがおかしいため、機雷の敷設艇かと思い機雷にぶつからないよう慎重に接近したところ、
    その船は故障修理のため浮上中だった日本海軍の潜水艦呂-34であった。デッキでは何人かの乗員が昼寝をしていたという。
    まさかの会敵にパニックになったオバノンだが、不運なことに武器を持ったクルーはその場にはいなかった。呂-34も相手が敵艦と分かり、行動を開始。
    デッキの8cm砲で攻撃するため乗員たちが集まり始めた。この危機にクルーの一人が煙突基部のポテトロッカー(芋の芽が出ないよう風通しのいい甲板に野菜を置く場所がある)からジャガイモを投げつけると、
    呂-34側もそれを手榴弾と勘違いしてパニックになり、その隙にオバノンは全速力で離脱して砲撃を加え、転覆した呂-34が潜行して逃げたと思い込み
    念のため爆雷まで投射してこれを撃沈した。
    後日オバノンは起工した造船所のあるメーン州のじゃがいも農家より表彰状を送られている。
  • しかし喜んでばかりもいられなかった。当時のソロモン諸島の戦力は日米双方が切迫しており、オバノンは短い休暇と補給でそこらじゅうの戦闘に駆り出された。
  • 1943年6月23日、サンクリストバル島近海で呂103に雷撃され、大破した大型貨物船ダイモスを撃沈処分。
  • 7月5日、クラ湾夜戦に参加。エインワース少将指揮の下、輸送を行う日本艦隊に突撃を行った。そして輸送船団に対し5本の魚雷を放ったが、命中しなかった。
  • 7月12日には第18任務群を編成して、コロンバンガラ沖海戦に参加。前回のクラ湾同様に夜戦となった。オバノンは僚艦2隻とともに第二水雷戦隊の追撃を命じられたが、スコールによって逃げられた。
    艦隊から大きく離れた事により、司令部はオバノンの正確な位置が把握できず戦闘から孤立した。結局この夜戦では殆ど何も出来なかった。
  • オバノンが最も苦杯を飲まされたのは、10月6日に生起した第二次ベララベラ海戦であろう。ベララベラ島からの撤退を図る日本軍は駆逐艦9隻を派遣。それを迎撃するべく、オバノンは第3艦隊より分離。
    姉妹艦キャバリエとともに旗艦セルフリッジに率いられて哨戒を行っていた。やがて日米の駆逐艦は会敵し、夜戦が始まった。まず先頭を走っていた夕雲に集中攻撃を浴びせ、大破に追いやった。
    だが間もなく反撃の魚雷が飛んできた。その魚雷でキャバリエが被雷し、航行不能となる。その後ろを走っていたオバノンは回避しきれず、キャバリエと衝突。艦首を大破させてしまう。
    2隻は瞬時に戦闘能力を喪失し、戦えるのは旗艦セルフリッジただ1隻となってしまった。さらに日本側に増援が現れ、セルフリッジも被雷し大破。戦闘不能となったセルフリッジはのろのろと離脱していった。
    衝突したままの格好となっている2隻を、3隻の日本駆逐艦が雷撃したが幸いにして当たらなかった。その後、戦場は視界不良に陥ったため日本艦隊は離脱。オバノンとキャバリエは海上に取り残された。
    何とか船体をキャバリエから引き離すと、投げ出されたキャバリエの生存者を救出した。修理不能と判断されたキャバリエは自沈処分され、妹を目の前で失った。
    衝突事故が発生したにも関わらず乗員に1名の死者も出なかった事から、水兵の間でラッキーOと呼ばれるようになった。
    日本側は撤退作戦を完遂、損害も米軍側が上と、オバノンたちの完敗であった。衝突した直後の写真が今も残されている。傷ついたオバノンはヌメア島に帰投し、修理を受けた。
  • 帝國海軍との戦いは苛烈を極め、オバノンは苦しい戦いを続ける。日本軍の輸送を阻止しつつ味方の輸送を成功させねばならなかった。
    幸いなことにオバノン自身の損害はほとんどなかったが、機関の損耗が限界に来ていたためツラギで小修理を行ったのち、11月19日に本国のヴァレーホ工廠でオーバーホールを受けた。
    ガダルカナル島での武功や、クラ湾での功績が認められ、オバノンは大統領選挙勲章を授与された。ルーズベルト大統領はコロンバンガラ沖海戦での救助活動を例に挙げ、称えた。
 
  • 1944年1月11日、修理完了。武装も強化され、準備は万端だった。3月18日に再び太平洋戦線へ舞い戻ると、南洋諸島の上陸作戦を支援する輸送部隊の護衛を開始。
    同時にニューギニア、フィリピン、ボルネオへ砲撃を加えた。
    4月21日からはホーランジア攻略に参加。第30.4任務部隊に転属し、5月22日より西ニューギニアの制圧を担当した。9月15日にはモロタイの上陸支援を敢行。
    10月18日まで護衛と砲撃に従事した後、10月24日のレイテ沖海戦ではレイテ湾の防衛を担当。補給部隊の護衛に回った。
    レイテの戦いに勝利したあと、オバノンは活動範囲をフィリピン海域に移動。11月19日からはマーレ島に寄港し、44日間のオーバーホールを受ける。
     
  • 1945年に入ると、帝國陸軍に奪取されたフィリピンの要所を攻撃。ミンドロ、リンガエン湾、バターン、コレヒドール、サンボアンガ、セブ等を砲撃した。
    1月31日、リンガエン湾への攻撃中にオバノンは僚艦とともに日本潜水艦を撃沈した。その時は仕留めた獲物の正体が分からなかったが、戦後の研究により呂115の可能性が最も高いと判明した。
    2月8日から3月1日にかけてパラワン諸島の上陸を支援。4月27日よりボルネオ島のタラカンを攻撃。この作戦を最後にオバノンはフィリピン海域を離れ、沖縄方面に進出した。
    5月28日、第3艦隊の護衛として沖縄攻略戦に参加。6月17日、艦隊から離れ、護衛隊と合流。日本本土近海で哨戒任務に従事。
    7月10日からは本州や北海道北部を攻撃する空母機動部隊を護衛。8月15日、本州の近海で終戦を迎えた。終戦後の8月27日からある重大な任務を仰せつかった。
    戦艦ミズーリを東京湾で護衛することであった。
    ハルゼー提督はオバノン、ニコラスらを直々に指名し、「南太平洋から終戦まで勇敢に戦い続けた彼女らこそ相応しい」として、9月1日の調印式に参加した。
     
  • 1949年1月17日、ロングビーチ海軍工廠に入渠し護衛艦に改装され、DDE-450と改名。DDEは対潜護衛艦を意味する。1950年2月10日、工事を完了して出渠した。
    1951年2月19日、再就役し真珠湾に向かう。そして朝鮮戦争に身を投じた。
  • 同年11月19日、韓国近海で国連軍に編入され、航海を行った。そして韓国軍を支援し、北朝鮮軍の道路や鉄道、弾薬庫を攻撃した。また半島と日本間の通商保護も担当している。
     
  • 戦争を戦い抜いたあとの1952年6月20日、帰国。同年11月、エニウェトクで米国原子力委員会の活動に追随した。そして半年間、極東で訓練をする事になり、日本やフィリピン、台湾、オーストラリア等を訪問。
    訓練を終えた後も活動範囲を極東に留め、情勢が不安定な東アジア方面を監視し続けた。1961年10月7日、横須賀に停泊しているところを空撮されている。
  • 1962年の春と秋に、オバノンはジョンストン島の核実験に参加した。ベトナムから飛来する航空機の護衛を任された。
  • 1963年12月、ハワイに停泊していたオバノンにファーリントン高校の生徒が見学のため乗艦。その時の写真が残されている。
     
  • 1964年、オバノンは映画「危険な道」に出演し銀幕デビュー。映画は翌年に公開された。女優になったのも束の間、極東でベトナム戦争が勃発。
    12月26日、香港を出発するとベトナム近海の水路調査を実施。続いて海上封鎖を行った。1966年5月と6月に海岸を砲撃、ベトコンの小型船やベースキャンプを破壊した。
    その後も砲撃や、墜落した機からパイロットを救出する任務に従事。1966年9月、打ち上げられるジェミニ11号宇宙船の緊急事態に備えて復旧隊の一員となった。
    ベトナム戦争での献身的な支援は1967年まで続いた。1968年以降はハワイを活動拠点として太平洋を航海。
  • 1970年1月30日、ついに老朽化のため、姉妹艦DD-449ニコラスと揃って退役し、1972年5月に解体されてその生涯を終えた。
  • 従軍星章は駆逐艦最多の17*1。朝鮮戦争で更に3つの従軍星章を戴いている。
    南平洋の苦しい戦いを最後まで生き抜いた彼女にハルゼー提督は、
    「太平洋戦争の歴史を語るにあたってオバノンの話を抜きにすることは出来ない。彼女と勇敢な姉妹たちは幾度となく敵を退け、決してわたしを失望させなかった」と評した。
  • ちなみにオバノンにはアスベストが使用されており、乗員や造船労働者に諸症状が現れる危険性があった。アメリカ政府は退役軍人に早期の治療を薦めている。
 

国別艦種一覧表

太文字は中国版のみ実装

アイスランド沿岸警備隊 Landhelgisgæsla Íslands/Icelandic Coast Guard

補給艦-------オーディン

アメリカ海軍 The United States Navy

航空母艦レキシントン級レキシントンサラトガ
レキシントン改サラトガ改
レンジャー級レンジャー改
ヨークタウン級ヨークタウンエンタープライズホーネット
ヨークタウン改エンタープライズ改
ワスプ級ワスプ
ワスプ改
エセックス級エセックスタイコンデロガレキシントン(CV-16)ハンコック
軽空母ラングレー級ラングレー
ラングレー改
レンジャー級レンジャー
サンガモン級サンティー
ボーグ級ボーグ
ボーグ改
カサブランカ級ガダルカナル
インディペンデンス級プリンストンサン・ジャシント
プリンストン改
サイパン級サイパン
戦艦ネバダ級ネバダオクラホマ
ネバダ改オクラホマ改
ニューメキシコ級ニューメキシコ
テネシー級テネシーカリフォルニア
テネシー改カリフォルニア改
コロラド級コロラドメリーランドウェストバージニア
コロラド改メリーランド改ウェストバージニア改
ノースカロライナ級ノースカロライナワシントンワシントンちゃん
ノースカロライナ改ワシントン改
サウスダコタ級サウスダコタインディアナマサチューセッツ
サウスダコタ改
アイオワ級アイオワニュージャージーミズーリウィスコンシン
巡洋戦艦アラスカ級アラスカグアム
レキシントン級コンステレーション
重巡洋艦ペンサコーラ級ペンサコーラソルトレイクシティー
ペンサコーラ改
ノーザンプトン級ノーザンプトンヒューストンオーガスタ
ノーザンプトン改ヒューストン改
ポートランド級ポートランドインディアナポリス
ポートランド改
ニューオーリンズ級ニューオーリンズタスカルーササンフランシスコクインシー
ニューオーリンズ改サンフランシスコ改クインシー改
ウィチタ級ウィチタ
ウィチタ改
ボルチモア級ボルチモアボストンメイコン
ボルチモア改
デモイン級デモインセーラムニューポート・ニューズ
軽巡洋艦オマハ級オマハ
オマハ改
ブルックリン級ブルックリンサバンナフェニックスセントルイスヘレナ
ヘレナ改
アトランタ級アトランタジュノーサンディエゴサンファンオークランド
アトランタ改ジュノー改
クリーブランド級クリーブランドコロンビアモントピリアデンバー
ファーゴ級ハンティントン
ウースター級ウースター
駆逐艦ポーター級ポーターフェルプス
ポーター改
ベンハム級スタレット
マハン級マハンカッシングスミス
マハン改
シムス級ハムマン
ベンソン級ラフィー
フレッチャー級フレッチャーニコラスオバノンシグスビーハルフォードコンバースサッチャー
アンソニーヒーアマンホーエルサリバンジョンストン
クラクストンダイソンウィリアム・D・ポーターブレインカッシン・ヤングチャールズ・オースバーンテイラー
フレッチャー改ブレイン改サリバン改ウィリアム・D・ポーター改ホーエル改ジョンストン改
アレン・M・サムナー級ラフィー
ラフィー改
ギアリング級ギアリングジャイアットフランク・ノックスティンマーマンパワー
ギアリング改
バックレイ級イングランド
ジョン・C・バトラー級サミュエル・B・ロバーツ
サミュエル・B・ロバーツ改
潜水艦ナーワル級ノーチラス
ガトー級アルバコアバーブ
アルバコア改
バラオ級タングアーチャーフィッシュ
アーチャーフィッシュ改
補給艦ARヴェスタル
防空ミサイル駆逐艦チャールズ・F・アダムズ級チャールズ・F・アダムズ
ミサイル戦艦アラスカ級アラスカ改グアム改
アイオワ級ミズーリ改

王立海軍(イギリス海軍) Royal Navy

航空母艦アーク・ロイヤル級アーク・ロイヤル
装甲空母イラストリアス級イラストリアスフォーミダブルインドミタブル
インプラカブル級インプラカブル
軽空母ハーミーズ級ハーミーズ
アーガス級アーガス
アーガス改
ユニコーン級ユニコーン
アタッカー級チェイサー
チェイサー改
コロッサス級コロッサス
戦艦エジンコート級エジンコート
クイーン・エリザベス級クイーン・エリザベスウォースパイト
リヴェンジ級ロイヤル・オーク
N3級セント・ジョージ
セント・ジョージ改
ネルソン級ネルソンロドニーロドニーちゃん
ネルソン改ロドニー改
キング・ジョージⅤ世級キング・ジョージ5世プリンス・オブ・ウェールズデューク・オブ・ヨーク
プリンス・オブ・ウェールズ改
ライオン級ライオン
ヴァンガード級ヴァンガード
ヴァンガード改
巡洋戦艦ライオン級ライオン
カレイジャス級カレイジャスグローリアス
レナウン級レナウンレパルス
レナウン改レパルス改
インコンパラブル級インコンパラブル
アドミラル級フッド
フッド改
航空戦艦カレイジャス級フューリアス
重巡洋艦ケント級ケントサフォークカンバーランド
ケント改
ロンドン級ロンドンシュロップシャー
ロンドン改
ノーフォーク級ノーフォーク
ヨーク級ヨークエクセター
軽巡洋艦ダナイー級デリー
エメラルド級エメラルドエンタープライズ
エメラルド改エンタープライズ改
リアンダー級エイジャックス
アリシューザ級アリシューザガラティアペネロピオーロラ
サウサンプトン級シェフィールド
エディンバラ級エディンバラベルファスト
ダイドー級ダイドーシリアスアルゴノート
シリアス改
ネプチューン級ネプチューン
タイガー級タイガー
モニター艦ロバーツ級ロバーツアバークロンビー
ロバーツ改アバークロンビー改
ロード・クライヴ級ロード・クライヴ
駆逐艦A級アーデントアカスタ
G級グローウォーム
グローウォーム改
トライバル級コサックエスキモーパンジャビ
コサック改エスキモー改パンジャビ改
J級ジャッカルジュノージャベリン
ジャッカル改ジュノー改ジャベリン改
K級ケリー
L級リージョン
S級ソーマレズ
V級ヴィーナス
ヴィーナス改
バトル級バーフラー
バーフラー改
デアリング級ディフェンダー
改ブラックスワン級スターリングアメジスト
アメジスト改
潜水艦K級K1
潜水砲艦M級M1M2
防空ミサイル駆逐艦カウンティ級グラモーガン

イタリア海軍 Regia Marina

航空母艦ヴィットリオ・ヴェネト級インペロ
インペロ改
装甲空母アクイラ級アクィラ
軽空母スパルヴィエロ級スパルヴィエロ
戦艦アンドレア・ドーリア級アンドレア・ドーリアカイオ・ドゥイリオ
アンドレア・ドーリア改
ヴィットリオ・ヴェネト級ヴィットリオ・ヴェネトローマ
ヴィットリオ・ヴェネト改
重巡洋艦ザラ級ザラ
ボルツァーノ級ボルツァーノ
軽巡洋艦アルベルト・ディ・ジュッサーノ級アルベルト・ディ・ジュッサーノ
エマヌエレ・フィリベルト・デュカ・ダオスタ級エマヌエレ・フィリベルト・デュカ・ダオスタ
ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級ドゥーカ・デッリ・アブルッツィガリバルディ
カピターニ・ロマーニ級ポンペオ・マーニョ
モニター艦ファー・ディ・ブルーノ級ファー・ディ・ブルーノ
駆逐艦ナヴィガトーリ級アントニオ・ダ・ノリウゴリーノ・ヴィヴァルディアルヴィーゼ・ダ・モスト
アントニオ・ダ・ノリ改ウゴリーノ・ヴィヴァルディ改
ソルダティ級カミチア・ネーラアヴィエーレ
潜水艦グリエルモ・マルコーニ級レオナルド・ダ・ヴィンチ

王立オーストラリア海軍 Royal Australian Navy

重巡洋艦ケント級キャンベラ
駆逐艦アドミラルティV級ヴァンパイア

オーストリア=ハンガリー帝国海軍 K.u.K(Kaiserliche und königliche) Kriegsmarine/Császári és Királyi Haditengerészet

王立海軍(オランダ海軍) Koninklijke Marine

軽巡洋艦デ・ロイテル級デ・ロイテル
デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン

王立カナダ海軍 Royal Canadian Navy/Marine royale canadienne

駆逐艦トライバル級ハイダ

ギリシャ海軍 Πολεμικό Ναυτικό

重巡洋艦ピサ級イェロギオフ・アヴェロフ
軽巡洋艦應瑞級エリ

スウェーデン海軍 Svenska marinen

軽巡洋艦トレ・クロノール級イェータ・レヨン
航空巡洋艦ゴトランド級ゴトランド
モニター艦スヴァリイェ級グスタフ5世

スペイン海軍 Armada Española

重巡洋艦カナリアス級カナリアス
軽巡洋艦メンデス・ヌニェス級メンデス・ヌニェス

ロシア帝國海軍 Российский императорский флот

重巡洋艦リューリク級リューリク
モニター艦ノヴゴロド級ノヴゴロド

赤色海軍 Военно-морской флот СССР

戦艦23設計戦列艦ソビエツキー・ソユーズ
巡洋戦艦82型スターリングラード
重巡洋艦66型モスクワ
軽巡洋艦スヴェトラーナ級クラースヌイ・カフカース
26型(キーロフ級)キーロフ
オマハ級ムルマンスク
ムルマンスク改
68bis型(スヴェルドロフ級)スヴェルドロフジェルジンスキーミハイル・クトゥーゾフ
駆逐艦オルフェイ級エンゲルス
7型(グネフヌイ級)グレミャーシチイレシーテリヌイ
20I型タシュケント
タシュケント改
38型(レーニングラード級)ミンスク
41型ネウストラシムイ
47型Проeкта47
48型(キエフ級)キエフ
旧・暁型ヴェールヌイ
旧・ソルダティ級ローフキイ
ミサイル駆逐艦56u型ベドーヴイ
57bis型(グネフヌイ級)ジュグーチイ

タイ王国海軍 กองทัพเรือ

モニター艦トンブリ級トンブリ

大韓民国海軍 대한민국 해군

駆逐艦旧・米フレッチャー級忠武
忠武改
旧・米ギアリング級江原
江原改
ミサイル駆逐艦蔚山級蔚山?

中華民國海軍 Republic of China Navy

軽巡洋艦海天級海圻
應瑞級應瑞肇和
逸仙級逸仙
逸仙改
寧海級寧海平海
寧海改平海改
旧・英アリシューザ級重慶
駆逐艦旧・陽炎型丹陽

中華人民解放軍海軍(中国人民解放军海军) People's Liberation Army Navy

ミサイル駆逐艦6607型(旧・露ソーコル級)長春

チリ海軍 Armada de Chile

軽巡洋艦旧・米ブルックリン級オヒギンズ

ドイツ帝国海軍 Kaiserliche Marine

巡洋戦艦モルトケ級モルトケゲーベン
ザイドリッツ級ザイドリッツ
駆逐艦1916型S113

ドイツ海軍 Kriegsmarine

ドイツ連邦海軍 Bundesmarine

防空ミサイル駆逐艦リュッチェンス級リュッチェンス

トルコ海軍 Türk Deniz Kuvvetleri

巡洋戦艦モルトケ級ゲーベン

大日本帝國海軍 Imperial Japanese Navy

航空母艦赤城型赤城
赤城改
加賀型加賀
加賀改
蒼龍型蒼龍
蒼龍改
飛龍型(改蒼龍型)飛龍
飛龍改
翔鶴型翔鶴瑞鶴
翔鶴改瑞鶴改
装甲空母大鳳型大鳳
大鳳改
大和型信濃
信濃改
軽空母鳳翔型鳳翔
龍驤型龍驤
祥鳳型祥鳳瑞鳳
祥鳳改瑞鳳改
飛鷹型飛鷹隼鷹
飛鷹改隼鷹改
大鷹型神鷹
戦艦金剛型金剛改
扶桑型扶桑山城
山城改
伊勢型伊勢日向
長門型長門陸奥
長門改
巡洋戦艦金剛型金剛比叡榛名霧島
十三号型十三号戦艦(有明)
B65型(超甲型)B65(黒姫)
航空戦艦扶桑型扶桑改
伊勢型伊勢改日向改
重巡洋艦古鷹型古鷹加古
古鷹改加古改
青葉型(改古鷹型)青葉衣笠
青葉改
妙高型妙高羽黒
高雄型高雄愛宕摩耶鳥海
高雄改愛宕改摩耶改鳥海改
最上型最上三隈鈴谷熊野
伊吹型(改鈴谷型)鞍馬
軽巡洋艦天龍型天龍龍田
天龍改龍田改
球磨型北上大井
長良型五十鈴
五十鈴改
川内型川内神通那珂
川内改
夕張型夕張
夕張改
香取型香取
香取改
大淀型大淀
阿賀野型阿賀野
重雷装巡洋艦球磨型北上改大井改木曽
航空巡洋艦最上型最上改
大淀型大淀改
駆逐艦峯風型峯風
睦月型睦月
吹雪型(特1型)吹雪白雪初雪深雪
吹雪改白雪改初雪改深雪改
綾波型(特2型)綾波敷波天霧
綾波改敷波改
暁型(特3型)
暁改雷改電改
白露型白露時雨村雨夕立
陽炎型陽炎不知火黒潮雪風天津風
不知火改嵐改
秋月型秋月涼月初月冬月宵月
秋月改涼月改
改秋月型早春
早春改
島風型島風
松型
潜水艦呂33型(海中6型)呂34

フィンランド海軍 Merivoimat

モニター艦イルマリネン級ヴァイナモイネン

フランス海軍 Marine nationale française

航空母艦ベアルン級ベアルン
軽空母旧・英コロッサス級アローマンシュ
戦艦リヨン級リヨン
ダンケルク級ダンケルクストラスブール
リシュリュー級リシュリュージャン・バール
リシュリュー改
重巡洋艦エドガー・キーネ級エドガー・キーネ
デュケーヌ級デュケーヌ
アルジェリー級アルジェリー
軽巡洋艦ジャンヌ・ダルク級ジャンヌ・ダルク
ラ・ガリソニエール級ジョルジュ・レイグ
ド・グラース級ド・グラース
駆逐艦ヴォークラン級ヴォークラン
ヴォークラン改
ル・ファンタスク級ル・ファンタスクル・テリブル
ル・ファンタスク 改
モガドール級ヴォルタ
ヴォルタ改
シュルクーフ級マイレ・ブレゼ
潜水砲艦スルクフ級スルクフ
スルクフ改

ポーランド海軍 Marynarka Wojenna

軽巡洋艦ダナイー級ドラゴン
駆逐艦グロム級ブリスカヴィカ

モンゴル海軍 Монгол улсын цэргийн

補給艦ОТА-900型スフバートル

ユーゴスラビア海軍 Jugoslavenske ratne mornarice

駆逐艦スプリト級スプリト

深海軍 Abyss Fleet

装甲空母Taihō classTaiho
Graf Zeppelin-classPeter Strasser
航空母艦Ο級敵航空母艦
Χ級
Shōkaku-classShokakuZuikaku
Akagi-classAkagi・Kaga
Kaga-class
----
軽空母Ξ級敵軽空母
Ryujo-classRyujo
戦艦Λ級敵戦艦
Μ級
Ψ級
Yamato-classYamatoMusashi
Bismarck-classBismarckTirpitz
Hindenburg-classHindenburg
Kaiser-classFriedrich der Grosse
Virginia
Southdacota-classBB-57
航空戦艦Ν級敵航空戦艦
(´・ω・`)
(´・∀・`)
巡洋戦艦Κ級敵巡洋戦艦
O ClassBarbarossa
Derfflinger ClassDerfflinger
No.13 super Battleship
重巡洋艦Ι級敵重巡洋艦
Ω級
重雷装巡洋艦θ級敵重雷装巡洋艦
軽巡洋艦Ε級敵軽巡洋艦
Ζ級
Η級
ei級
モニター艦Deutschland-classSchleswig-Holstein
Monitor
駆逐艦Α級敵駆逐艦
B級
Γ級
Δ級
Τ級
陽炎型yukikaze
ミサイル駆逐艦au級敵ミサイル駆逐艦
Zumwalt-classZumwalt
防空ミサイル駆逐艦be級敵防空ミサイル駆逐艦
潜水艦Π級敵潜水艦
Ρ級
Σ級
補給艦Υ級敵補給艦
迷子になった補給艦
旗艦旗艦Ν級Ⅰ型
陸上型Pachina
Kamikaze
要塞Leopold(K5)
Savoy
空港X. Fliegerkorps

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • フレッチャーなんて死人無しの幸運な奴だしな、まあ縦割りで対立して50人のダメコン要員しかいない日本軍サイドに問題が...(肉を切られても骨を断てる国力とそれを維持しうる補給の確保) -- 2017-06-05 (月) 22:50:20
  • オバノンあと相棒のニコラスもそうだがまだ米側の戦力が整わない最初期に投入され戦い続けたフレッチャー級だけあって戦歴がずば抜けてんだよな -- 2017-06-06 (火) 20:14:12
    • 相棒というか双子の姉 -- 2017-06-15 (木) 02:02:08
      • どちらもアメリカ海兵隊の士官の名前から採られたというつながりもあり -- 2018-05-30 (水) 08:54:14
      • 同じ日に同じドックで進水した -- 2018-07-21 (土) 01:39:57
  • エピソードが元ネタなんだろうけど、ジャガイモ装備で対潜上がるのほんとうける -- 2017-06-06 (火) 21:32:49
  • オバノンて日本版ウィキペディアにはページないんだな -- 2017-06-08 (木) 02:41:36
    • 戦歴を調べるのにすっげぇ苦労したゾ -- 2017-06-08 (木) 08:33:48
    • 海外艦は日本語Wikipediaだと嘘が普通に書いてあるから英語版見ないといけないので大変 -- 2017-06-08 (木) 09:37:53
      • これマジ? -- 2017-06-08 (木) 11:19:05
      • ↑情報が少ない時代に日本の好事家が書いた解説書をソースにしてる事が多いからね。 -- 2017-06-08 (木) 11:23:10
      • まぁ英語版wikipediaでもソ連艦の間違いとか載っていたりするから、言語関係なくソースしっかり付いてるか確認することだね… -- 2017-06-11 (日) 18:10:42
  • 大破絵を見る限り、意外とおっきなお山をお持ちで -- 2017-06-12 (月) 08:02:44
  • うちの6-1-Aがまるでジャガイモ畑状態に… -- 2017-06-21 (水) 08:16:52
  • 一周年イベントで泥したゾ~ -- 2017-10-25 (水) 15:10:28
  • 衣装が可愛すぎてヤバい -- 2017-10-27 (金) 03:06:28
  • ハートのアホ毛のSaru艦のルーツは艦Bではなくこっちにあったのか -- 2017-12-19 (火) 19:21:04
  • 改造はよ -- 2019-11-26 (火) 13:15:04
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 アメリカ軍全体ではニューオーリンズ、重巡サンフランシスコと並ぶ同率3位。ちなみに2位はサンディエゴの18、1位はエンタープライズの20