No119 アーク・ロイヤル

Last-modified: 2020-07-04 (土) 20:45:25

アイコン

icon_119.png

基本データ

画像基本情報
Ark_Royal-min.pngレアリティ☆☆☆☆☆
ゲーム内名称皇家方舟翻訳名称アーク・ロイヤル
所属/艦級イギリス海軍/アーク・ロイヤル級1番艦
本名HMS Ark Royal (91)
イラストレーター两トラ
艦種航空母艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久48火力0/40
装甲36/61雷装0/0
回避29/49対空47/77
搭載72対潜0/0
速力31.0kt索敵40/65
射程15
最大消費量
燃料50弾薬60
艦載装備
18ソードフィッシュ/ソードフィッシュ(810中隊)*1
18フルマー
24未装備
12未装備
強化経験値 (火力/雷装/装甲/対空) 3/0/18/58解体資源
(燃料/弾薬/鋼材/アルミ材)
30/40/60/40
改造チャート・必要な核心 種類/数
未実装
 
SD
Ship_girl_119.png
 
スキル名発動タイミング
(スキルレベル1/2/3)
効果範囲効果
(スキルレベル1/2/3)
備考
精確攻撃パッシブ敵艦船アーク・ロイヤルに命中された敵の回避が18/24/30減少し、被クリティカル率が10/18/25上昇する。
アーク・ロイヤルはビスマルクとの戦闘で見事に急所に当たり、勝利の決め手となった。習得後、敵艦に命中すると、その艦の回避が減少し、被クリティカル率が上昇する

セリフ

セリフ

CV日: 中:
場所内容
入手時初めまして、若き指揮官さん。あたくしは貴方の矢となり、この世界を覆う暗闇を貫きますわ。
母港(昼間)止まらず、休まず、譲らない。これはあたくしの永遠の誇りですわ。それが、何かご不満でも?
歴史は勝者によって刻まれますの。そして、このあたくしこそが歴史の語り部になるのに相応しいのですわ。
大きな困難に立ち向かう時も、決して諦めてはなりません。まあ…あたくしに困難なんてありえませんけど。
母港(夜間)闇はいつか去るもの。理屈は簡単ですけど、そういう考え方ができない人も沢山いらっしゃるみたいで。
後輩たちがあたくしよりも強く、逞しくなって、うれしいものですわ。まあ…優雅さではこのあたくしには勝りませんけど。
指揮官さん。お時間があれば、イラストリアスを気にかけてあげてくださいませ。淑女たるもの、優雅な立ち振る舞うことが必要ですのに、自信がないなんて…。
フレンド訪問お客様、前回来たときは誰にお茶を淹れてもらいましたか?少々お待ちください、呼んできますので……
提督室紅茶に必要な調味料は…あ!おかえりなさい?お疲れ様です。
戦闘突入敵はこっちに気付いてないのかしら?でしたら、己の愚かさの代償を思い知るといいわ。
攻撃これでは、あたくしの敵にもなりませんわ。
中破浸水、これくらいなんともありませんわ…。
誓約無数の敵を倒し、無数の戦場を巡る人生でした。国々が戦火に見舞われたことであたくしは、怒りに我を見失うこともありました。でもそれは全部昔のこと…貴方の港こそが、あたくしの最後の居場所です。
誓約後(昼間)フェアリー・ソードフィッシュちゃんは、いつもサプライズを持ってきてくれるんです……え?ビスマルクを発見したですって?ふふふ、今度の演習もまた楽勝になりそうです。
対潜任務は後輩に任せておけばいいの。私は肝心な時に、敵に致命的な一撃を与えればいいんです~
フッドさんが淹れてくれた紅茶は本当に美味ですよ。あなたも一杯いかがですか?
誓約後(夜間)過去の過ちを悔いて、それに囚われ続けるのは賢明ではありません。お互いの利益のために争うのも、共通の目標のために手を組むのも、歴史ではよくあることよ。
果てしない戦闘の中でも、自分を見失わないでください…勝利は大事ですが、戦う理由を忘れたら、すべてに意味がなくなります。
どうしてみんなは紅茶を淹れられるのに、私だけ…。はぁ…もう最初から学び直すしかないのかな……
 

衣装

名称(日/中)/从唐宁街到纳尔逊街口
画像L_NORMAL_119_1.png
購入前曾经繁华的华埠逐渐式微,唐宁街的人也注意到了这一点,她们也在寻求新的转机。
購入後(反転) 但从现在起,这一切与皇家方舟无关,也与我无关。
特殊効果専用セリフ
入手方法ショップ ダイヤ600

艦種紹介

日本版アーク・ロイヤル級は、イギリスが1930年代に建造した新型航空母艦であり、多くの設計は、後のイギリス空母に継承された。1941年ビスマルク追撃中、アーク・ロイヤルから発艦した雷撃機ソードフィッシュがビスマルクの舵にダメージを与えたため、ビスマルクは方向操作不能になり、最終的にイギリス艦隊に撃沈された。同年、アーク・ロイヤルは地中海で不運にもドイツ潜水艦の雷撃を受け、応急処置が間に合わず沈没した。
中国版皇家方舟级是英国于30年代建造的新式舰队航母,她的很多设计也被后来的英国舰队航母沿用。41年围捕俾斯麦号的战斗中,正是来自皇家方舟号的剑鱼式鱼雷机击伤了俾斯麦号的船舵,使其转向受损,最终被英国舰队击沉。同年,皇家方舟号在地中海战场不幸遭德军潜艇雷击,由于损管不力最终沉没。
 

入手手段/ドロップ海域

中国版:女武神行动Ex-5クリア報酬、DB建造[3:55:00]
日本版:ヴァルキューレ作戦Ex-5クリア報酬、2017/11/24建造[3:55:00]

 

性能や運用について

  • ヴァルキューレ作戦Ex-5のクリア報酬として実装されたイギリスの空母。Ver3.3.3時点で日本語版・大陸版共に建造落ちもしている。
  • 改造前空母としては標準レベルのステータスを持ち、目立った欠点がない。流石に改造空母には劣るものの、改造前の空母としては充分な働きが期待できる。
    耐久は少し低めだが4n艦なので大破しにくいのも嬉しい点。
    • 搭載数自体は決して多い部類ではないが、スロット配分が非常に恵まれており、開幕フル出撃も可能。
      1~3スロがいずれも18機以上あるため、継戦能力も高め。
  • 中国版及び日本語版Ver.3.6.0でスキルが実装された。
  • 説明文にフェイズ限定記載がないパッシブ発動であるため、スキル効果は航空戦時点から(おそらく)発生している。
    • 戦闘機は積まないほうが広く効果を見込めるため、P.1099など対空の高い爆撃機を装備させるか、制空担当の空母と一緒に運用したい
    • 空母による攻撃のクリティカル率を上げられる数少ないスキル。空母のみならず回避を減らすため戦艦系の攻撃サポートにも向いている。
  • 優秀な空母がアメリカと日本に多い中、その2国以外で高い能力を持つ数少ない空母。
    そのため、遠洋破壊作戦など国籍制限がかかるイベントでの活躍が見込める。

ゲーム内において

  • 以前から動きのあるSDにだったがVer4.0.3からSDが変更された。
  • 2019/5/7に提督室とフレンド訪問および誓約後セリフが追加された。提督室とフレンド訪問でなんだか不穏な発言をしているが、紅茶の国である英国の淑女に限ってそんなことはまさか…
    まさかの紅茶を淹れられない英国淑女であることが判明。本人もかなり気にしているようである。

元ネタ解説

No119 アーク・ロイヤル/元ネタ解説

所属Royal Navy
艦種・艦型航空母艦
正式名称HMS Ark Royal (91)
名前の由来Ark Royal 英語で王家の方舟という意味
愛称Ark
モットーDesire n'a pas Repos (Zeal Does Not Rest)
起工日1935.9.16
進水日1937.4.13(当時の映像)
就役日(竣工日)1938.12.16
除籍日(除籍理由)不明(1941.11.13沈没)
全長(身長)243.8m
基準排水量(体重)22000英t(22353t)
出力Admiralty式重油専焼缶6基Parsons式蒸気タービン3基3軸 100200shp(101589.7PS)
最高速度31.0kt(57.41km/h)
航続距離20.0kt(37.04km/h)/7600海里(14075.2km)
装備(1941)4.5inch連装両用砲8基16門
3ポンド単装高角砲4門
ヴィッカース2ポンド機関砲x48(6x8)
ヴィッカース0.5inch機関銃x32(8x4)
艦載機x72
装甲舷側:2.5~4.5inch 甲板:3.5inch 隔壁:1.5inch
建造所Cammell Laird,Birkenhead, Merseyside
(キャメル・レアード社 連合王国イングランド国北西イングランド地域マージーサイド州バーケンヘッド市)
  • イギリス海軍が建造した中型空母。
    巡洋艦から改装した空母フューリアスカレイジャスグローリアス、戦艦から改装した空母イーグル、商船改装のアーガスと、イギリスはワシントン軍縮条約における空母保有枠が大半改装空母で占められており、唯一空母として最初から起工されたのはハーミーズのみだった。
    そこで軍縮条約保有制限枠の残り2万トンちょっとを使って新造された空母が本艦である。
    保有枠の都合上同型艦はない。
  • 1935年に基準排水量22000トンの空母として起工され、38年に就役する。
    イギリス国内の主要なドックのサイズに合わせて水線長(水面部分の船体の長さ)は208mだが、飛行甲板はできるだけ長くしたかったので248mもある強烈な逆三角ボディ。
    飛行甲板幅も29mもあり、2万トン台の中型空母でありながら飛行甲板のサイズだけなら3万トン台の赤城レキシントンなどの大型空母に迫る。
    その上水面から飛行甲板までもかなり高く、トップヘビーを支えるため船体は太短い。
    イギリス周辺の荒れる北海での航行などを考慮し格納庫は密閉式で、航空機も艦内収容を基本としたため定数60機である。
    この他、英空母としては初めて(世界的に見てもかなり早く)一定の装甲を甲板に設け、舷側や水雷防御に関しても重点を置いている。
    その内訳は以下の通り。
    • 飛行甲板の主要区画は500ポンド(≒227kg)爆弾の直撃に耐えうる。
    • 舷側は6インチ砲の砲撃に耐えうる。
    • 水雷防御は750ポンドの炸薬を装填した魚雷(当時主流だった水上艦用21インチ魚雷の最大破壊力、潜水艦や航空魚雷はこれより小さい)に耐えうる。
  • 他にも煙突と艦橋を一体化させ右側面に配置した島型とした他、油圧カタパルトや新型の横索着艦制動装置など当時の最新技術を詰め込み、
    カレイジャス級の反省点を活かして対空火器の取り付け位置を見直すなど随所にこれまでの空母運用実績を生かされた本艦は高い完成度を誇っていた。
  • 1939年9月に第二次世界大戦が勃発すると、イギリスは当初空母を船団護衛に投入し、対潜水艦作戦を行うつもりでいた。
    しかし初期の対潜哨戒はまだまだ発展途上の上、Uボート部隊は空母を標的としたためかえって危険が高まり、この方針は早々に見直されることになった。
    アークロイヤルはUボートの初喪失となるU-39撃沈に貢献したが、英海軍は空母カレイジャスを失った。
  • 同月末、潜水艦スピアフィッシュがドイツ軍の攻撃を受け損傷していたところ、この潜水艦はたまたま近くにいた大戦艦ネルソンおよびロドニーの護衛を受けられることになった。
    さらにこの戦艦の護衛としてアークロイヤルも合流。
    基準排水量わずか670tの小さな潜水艦についた大仰な護衛を狙い、ドイツ軍はDo18飛行艇を偵察に繰り出した。
    アークロイヤルは艦載機スクアを発進させこれを迎撃、1機を撃墜する。この長く続く戦争における、英海軍艦載機初の戦果である。
  • しかし直後に偵察機からの情報を得て対艦用1トン爆弾を持ったJu88爆撃機4機が現れた。対空砲火の迎撃により被害はなかったものの、1トン爆弾が至近距離で炸裂した巨大な水柱をドイツ軍は命中したと誤認。
    戦果確認の為やってきた偵察機は護衛艦隊に空母の姿を認めなかったため、ドイツはアークロイヤル撃沈を大々的に報じた。
    しかしアークロイヤルは艦載機収容のため風上に向かって航走し、一時離脱していただけだった。
    イギリス側はアメリカの大使に入渠したアークロイヤルの無事な姿を見せつけ、ドイツ宣伝省は面目を潰された。
  • 10月に入ると南大西洋でアドミラル・グラーフ・シュペーが通商破壊に乗り出したと報告を受け、アークロイヤルはアフリカ沖に展開した。
    途中シュペーの補給艦であるアルトマルク号を発見するのだが、アルトマルク号はアメリカ商船に偽装していたためこれを見破れず見逃してしまう。
    (後にアルトマルク号は駆逐艦コサックにひどい目に遭わされるのだが…)
    ラプラタ沖海戦でシュペーがモンテビデオに逃げ込んだと報告を受けたアークロイヤルは巡洋戦艦レナウンと合流して一路追撃に向かおうとしたが、
    高速な空母と巡洋戦艦をもってしても到着までは36時間かかる見込みであった。
    そこでイギリス軍はモンテビデオにほど近いブエノスアイレスで「空母アークロイヤルが到着するから大至急燃料を用意してほしい」と発注をかけた。
    この情報戦によりシュペーは自沈を選ぶことになったのである。
    アークロイヤルはその後、損傷した重巡エクセターを護衛して本国に戻った。
  • 1940年3月から4月にかけてアークロイヤルは地中海に派遣され訓練を行う予定であったが、ノルウェー周辺の情勢が不穏になり、東地中海アレクサンドリアから地中海の西の入り口ジブラルタルに戻った。
    予感は的中しドイツはノルウェーへの侵攻を開始した。ドイツ本国やデンマークから進出してくるドイツ軍航空機により重大な被害が懸念されたため、英海軍は艦艇保護のため空母を必要とし、
    アークロイヤルとグローリアスを地中海から呼び戻した。
  • 4月下旬、アークロイヤルはグローリアスとともに出撃した。英海軍が艦隊防空のため空母を投入した初の事例である。
    この時アークロイヤルが装備していたのはスクア18機とロック5機、ソードフィッシュ21機と多目的用途のウォーラス1機で、グローリアスにはシーグラディエイター18機とスクア11機だった。
    いずれの機体もすでに性能的には見劣りがし始めていたが、艦隊の傘として奮戦した。
    ソードフィッシュは対潜哨戒や陸上基地攻撃に、スクアとグラディエイター、ロックは艦隊を敵航空機から守るため飛び回り、ドイツ空軍を寄せ付けなかった。
    しかしドイツがフランスに電撃的に侵攻し、ヨーロッパの情勢は大きく転換したため、連合軍はノルウェーから撤退することになった。
    撤退中の輸送船や商船護衛を行ったが、別働隊として動いていたグローリアスは駆逐艦アカスタアーデントとともに戦艦グナイゼナウシャルンホルストの攻撃を受けて沈没した。
    敵討ちのため15機のスクアがシャルンホルストの居るトロンハイムへ出撃したが、攻撃は失敗し、8機が戻ってこなかった。
  • 1940年6月、フランスの降伏に伴い、親独的なヴィシーフランス政府によってフランス海軍がドイツの手に渡ることをイギリスは恐れた。
    アークロイヤルは地中海に戻り、アルジェリアのメルセルケビールに配備されたフランス艦隊に投降を促したが交渉は決裂、メルセルケビール海戦が勃発し、アークロイヤルは戦艦ダンケルクを行動不能に追い込んだ。
    その後イタリア軍がギリシャへ侵攻しマルタ島への攻撃を開始したため、航空機輸送のため駆り出されたアーガスの護衛を行った。
    またギリシャへの輸送艦隊から敵の注意をそらすため、アークロイヤルはイタリアの空軍基地などに機動空襲を行い、首尾よく成功させている。
    その後アークロイヤルには自由フランス軍の連絡機が積み込まれ、ダカールなどヴィシーフランス植民地に自由フランスへの帰属を促すプロパガンダに従事した。
    7月から、イギリス本国では連日ドイツ軍による激しい空爆と、それを迎撃する戦闘機の空中戦が展開されていた。
    これに呼応してイタリアは8月中にもエジプトへ侵攻し、イギリスを本土と植民地の両方で締め上げようともくろんでいた。
    10月、アークロイヤルは修理と改装のため一度本国に帰還する。
  • 11月、アークロイヤルは地中海に舞い戻った。イタリア軍のエジプト侵攻さらにギリシャへの侵攻が始まっていたが、これはイギリス軍にとって予想の範疇だった。
    英陸軍中東司令官ウェーヴェル将軍はわざと後退してイタリア軍の補給線を限界まで引き伸ばし、疲弊している間に反撃の戦力を着々と整えていた。
    これに対し英海軍は海上からイタリアの補給路を締め上げ、さらにギリシャへ輸送部隊を送って支援した。
    イタリア戦艦ヴィットリオ・ヴェネトの攻撃を受けたりしつつもアークロイヤルは輸送部隊の護衛に成功する。
    この頃から歴戦の友だったスクアに代わり戦闘爆撃機フルマーが配備された。
    フルマーはスクアより100km以上高速で、7.7mm機銃8丁と重武装、軽爆撃機譲りの重装甲を備え、一撃離脱戦法でイタリア軍のCR.42戦闘機を圧倒した。
  • 12月、英陸軍はコンパス作戦を発令し、イタリア軍を北アフリカから一気に駆逐していった。
    アークロイヤルは一時大西洋で通商破壊艦の探索に乗り出していたが、地中海に戻るとこれを支援する。
  • 翌1941年1月、ドイツ軍が北アフリカ情勢に本格的に介入を始め、イラストリアスがドイツ空軍の攻撃で大破するとイギリスは危機感をつのらせた。
    地中海の玄関口であるジブラルタルはスペインからの租借地であるが、スペインは内戦の結果フランコ将軍率いるファシスト政権となっており、もしこれがドイツと呼応したらジブラルタルはたちまちのうちに失われてしまう。
    そこで英海軍はアークロイヤルにイタリアの沿岸部各都市を爆撃させ、スペインに地中海の優勢を誇示した。
    スペインもまたドイツ寄りであり東部戦線には義勇軍を派兵したものの、地中海の情勢に関しては敢えて静観を決め込んだ。
  • 2月、通商破壊に乗り出したシャルンホルストとグナイゼナウ追撃のためアークロイヤルは大西洋に繰り出した。高速のフルマーは偵察機として一度は二隻を発見するも取り逃がしてしまった。
  • 4月、北アフリカ情勢は大きな変化を迎えた、エルヴィン・ロンメル率いるドイツ北アフリカ軍団の到着により、英陸軍は一気に劣勢に立たされたのである。
    (ギリシャ防衛のため勝手に軍を引き抜かれたのも原因であるが)
    アークロイヤルはレナウン、クイーン・エリザベスらと共に輸送船団「タイガー」を護衛し、アレキサンドリア及びクレタ島への支援物資を輸送した。
    この船団はドイツとイタリア空軍の格好の標的となったが、ノルウェーで鳴らしたアークロイヤルの防空網はここでも存分に発揮された。
    フルマー戦闘機は数の上で圧倒的不利にも関わらず、艦隊の対空砲火とともに5倍近い敵機と渡り合い、タイガー船団を敵機から守り抜いた。
    空襲による損害は駆逐艦一隻の損傷のみという奇跡的な戦果であった。(輸送船2隻が触雷により沈没している)
  • 5月、アークロイヤルはジブラルタルから本国に向け全速力で航行していた。
    イギリスが誇る戦艦フッドがドイツの新鋭戦艦ビスマルクにより撃沈されたのである。
    ビスマルクは損傷しており、追撃のため英海軍は振り向けられる全戦力でビスマルク追撃に乗り出した。
    アークロイヤルから発進したソードフィッシュが、プリンス・オブ・ウェールズの砲撃で傷つき、重油の尾を引きながら逃走するビスマルクを捉えた。
    直ちに攻撃隊が発進したものの、第一次攻撃隊はビスマルクを追撃していた手前にいる味方の軽巡シェフィールドを攻撃してしまう。
    しかしこの誤認は思わぬ幸運をもたらした。ソードフィッシュの投下した魚雷の信管は磁気信管で、シェフィールドに全く命中せず不発・早爆に終わった。
    この結果を受けて第二次攻撃隊は全機信管を接触型に換装。ビスマルクの舵に命中弾をあたえて船速を落とさせ、撃沈に大きく貢献した。
  • その後地中海に戻ったアークロイヤルは危険な輸送船団の護衛に幾度も従事した。ギリシャとクレタ島は陥落し、マルタ島も陥落の危機にさらされていたが、
    マルタ島のK部隊や航空機はドイツ・イタリアの補給線を激しく攻撃し、ロンメルの補給を締め上げていた。
    これに対しヒトラーはレーダー元帥の忠告も聞かず、Uボートを地中海に送り込んでこれら輸送船団の攻撃を目論んだ。
    (映画「Uボート」におけるジブラルタル海峡突破はこの辺の話が元になっている)
  • 1941年11月、パーペチュアル作戦によりアークロイヤルはアーガスとともに37機のハリケーン戦闘機をマルタ島に輸送した。
    その帰り道、潜水艦U-81の雷撃を受け、船底近くに大穴が開き、大量の浸水により艦は急激に18度も傾いた。
    甲板に乗った爆撃機が海中に転落し、パイロット一名が死亡している。
    艦長はあまりにも急速に傾いたため沈没が早いと判断し(空母カレイジャスは同様の理由でわずか20分で沈没した)、
    総員退艦命令を発したが、アークロイヤルの傾斜はそこで止まったため、命令を撤回して復旧作業を初めた。
    しかしこの判断ミスの間にも進水は拡大し、また電源を喪失したため排水ポンプなども動かせず、曳航も不可能になったアークロイヤルは転覆し、沈没した。
  • その後艦長は判断ミスにより空母喪失の責任を軍法会議で追求され有罪の判決を受け、陸上基地勤務となった。(が、その後昇進して地中海方面の航空司令官として活躍した)
    しかし艦長の判断はある意味では正しかった。
    この空母沈没による犠牲者は、被雷部付近にいて水流に飲まれた船員1名と、転落死した航空機搭乗員のみで、1700人もの乗組員はほぼ全員が救助された。
    またアークロイヤルの戦訓からその後の空母は各所に補助電源が配置されている。

小ネタ

  • ビスマルクに乗っていたとされる船乗り猫オスカーはコサックに救助された後、不沈のサムと名付けられてアークロイヤルの艦内で飼われていた。
    その後アークロイヤルを曳航し、最後に救助に当たった駆逐艦リージョンに救出されたが、リージョンもその後沈没したため、ジブラルタルの基地勤務となった。
    この猫の経歴については近年その信憑性が疑問視されているが、アークロイヤル艦内で猫を飼っていたのは確かなようである。
 

国別艦種一覧表

太文字は中国版のみ実装

アイスランド沿岸警備隊 Landhelgisgæsla Íslands/Icelandic Coast Guard

補給艦-------オーディン

アメリカ海軍 The United States Navy

航空母艦レキシントン級レキシントンサラトガ
レキシントン改サラトガ改
レンジャー級レンジャー改
ヨークタウン級ヨークタウンエンタープライズホーネット
ヨークタウン改エンタープライズ改
ワスプ級ワスプ
ワスプ改
エセックス級エセックスタイコンデロガレキシントン(CV-16)ハンコック
軽空母ラングレー級ラングレー
ラングレー改
レンジャー級レンジャー
サンガモン級サンティー
ボーグ級ボーグ
ボーグ改
カサブランカ級ガダルカナル
インディペンデンス級プリンストンサン・ジャシント
プリンストン改
サイパン級サイパン
戦艦ネバダ級ネバダオクラホマ
ネバダ改オクラホマ改
ニューメキシコ級ニューメキシコ
テネシー級テネシーカリフォルニア
テネシー改カリフォルニア改
コロラド級コロラドメリーランドウェストバージニア
コロラド改メリーランド改ウェストバージニア改
ノースカロライナ級ノースカロライナワシントンワシントンちゃん
ノースカロライナ改ワシントン改
サウスダコタ級サウスダコタインディアナマサチューセッツ
サウスダコタ改
アイオワ級アイオワニュージャージーミズーリウィスコンシン
巡洋戦艦アラスカ級アラスカグアム
レキシントン級コンステレーション
重巡洋艦ペンサコーラ級ペンサコーラソルトレイクシティー
ペンサコーラ改
ノーザンプトン級ノーザンプトンヒューストンオーガスタ
ノーザンプトン改ヒューストン改
ポートランド級ポートランドインディアナポリス
ポートランド改
ニューオーリンズ級ニューオーリンズタスカルーササンフランシスコクインシー
ニューオーリンズ改サンフランシスコ改クインシー改
ウィチタ級ウィチタ
ウィチタ改
ボルチモア級ボルチモアボストンメイコン
ボルチモア改
デモイン級デモインセーラムニューポート・ニューズ
軽巡洋艦オマハ級オマハ
オマハ改
ブルックリン級ブルックリンサバンナフェニックスセントルイスヘレナ
ヘレナ改
アトランタ級アトランタジュノーサンディエゴサンファンオークランド
アトランタ改ジュノー改
クリーブランド級クリーブランドコロンビアモントピリアデンバー
ファーゴ級ハンティントン
ウースター級ウースター
駆逐艦ポーター級ポーターフェルプス
ポーター改
ベンハム級スタレット
マハン級マハンカッシングスミス
マハン改
シムス級ハムマン
ベンソン級ラフィー
フレッチャー級フレッチャーニコラスオバノンシグスビーハルフォードコンバースサッチャー
アンソニーヒーアマンホーエルサリバンジョンストン
クラクストンダイソンウィリアム・D・ポーターブレインカッシン・ヤングチャールズ・オースバーンテイラー
フレッチャー改ブレイン改サリバン改ウィリアム・D・ポーター改ホーエル改ジョンストン改
アレン・M・サムナー級ラフィー
ラフィー改
ギアリング級ギアリングジャイアットフランク・ノックスティンマーマンパワー
ギアリング改
バックレイ級イングランド
ジョン・C・バトラー級サミュエル・B・ロバーツ
サミュエル・B・ロバーツ改
潜水艦ナーワル級ノーチラス
ガトー級アルバコアバーブ
アルバコア改
バラオ級タングアーチャーフィッシュ
アーチャーフィッシュ改
補給艦ARヴェスタル
防空ミサイル駆逐艦チャールズ・F・アダムズ級チャールズ・F・アダムズ
ミサイル戦艦アラスカ級アラスカ改グアム改
アイオワ級ミズーリ改

王立海軍(イギリス海軍) Royal Navy

航空母艦アーク・ロイヤル級アーク・ロイヤル
装甲空母イラストリアス級イラストリアスフォーミダブルインドミタブル
インプラカブル級インプラカブル
軽空母ハーミーズ級ハーミーズ
アーガス級アーガス
アーガス改
ユニコーン級ユニコーン
アタッカー級チェイサー
チェイサー改
コロッサス級コロッサス
戦艦エジンコート級エジンコート
クイーン・エリザベス級クイーン・エリザベスウォースパイト
リヴェンジ級ロイヤル・オーク
N3級セント・ジョージ
ネルソン級ネルソンロドニーロドニーちゃん
ネルソン改ロドニー改
キング・ジョージⅤ世級キング・ジョージ5世プリンス・オブ・ウェールズデューク・オブ・ヨーク
プリンス・オブ・ウェールズ改
ライオン級ライオン
ヴァンガード級ヴァンガード
ヴァンガード改
巡洋戦艦ライオン級ライオン
カレイジャス級カレイジャスグローリアス
レナウン級レナウンレパルス
レナウン改レパルス改
インコンパラブル級インコンパラブル
アドミラル級フッド
フッド改
航空戦艦カレイジャス級フューリアス
重巡洋艦ケント級ケントサフォークカンバーランド
ケント改
ロンドン級ロンドンシュロップシャー
ロンドン改
ノーフォーク級ノーフォーク
ヨーク級ヨークエクセター
軽巡洋艦ダナイー級デリー
エメラルド級エメラルドエンタープライズ
エメラルド改エンタープライズ改
リアンダー級エイジャックス
アリシューザ級アリシューザガラティアペネロピオーロラ
サウサンプトン級シェフィールド
エディンバラ級エディンバラベルファスト
ダイドー級ダイドーシリアスアルゴノート
シリアス改
ネプチューン級ネプチューン
タイガー級タイガー
モニター艦ロバーツ級ロバーツアバークロンビー
ロバーツ改アバークロンビー改
ロード・クライヴ級ロード・クライヴ
駆逐艦A級アーデントアカスタ
G級グローウォーム
グローウォーム改
トライバル級コサックエスキモーパンジャビ
コサック改エスキモー改パンジャビ改
J級ジャッカルジュノージャベリン
ジャッカル改ジュノー改ジャベリン改
K級ケリー
L級リージョン
S級ソーマレズ
V級ヴィーナス
ヴィーナス改
バトル級バーフラー
デアリング級ディフェンダー
改ブラックスワン級スターリングアメジスト
アメジスト改
潜水艦K級K1
潜水砲艦M級M1M2
防空ミサイル駆逐艦カウンティ級グラモーガン

イタリア海軍 Regia Marina

航空母艦ヴィットリオ・ヴェネト級インペロ
インペロ改
装甲空母アクイラ級アクィラ
軽空母スパルヴィエロ級スパルヴィエロ
戦艦アンドレア・ドーリア級アンドレア・ドーリアカイオ・ドゥイリオ
アンドレア・ドーリア改
ヴィットリオ・ヴェネト級ヴィットリオ・ヴェネトローマ
ヴィットリオ・ヴェネト改
重巡洋艦ザラ級ザラ
ボルツァーノ級ボルツァーノ
軽巡洋艦アルベルト・ディ・ジュッサーノ級アルベルト・ディ・ジュッサーノ
エマヌエレ・フィリベルト・デュカ・ダオスタ級エマヌエレ・フィリベルト・デュカ・ダオスタ
ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級ドゥーカ・デッリ・アブルッツィガリバルディ
カピターニ・ロマーニ級ポンペオ・マーニョ
モニター艦ファー・ディ・ブルーノ級ファー・ディ・ブルーノ
駆逐艦ナヴィガトーリ級アントニオ・ダ・ノリウゴリーノ・ヴィヴァルディアルヴィーゼ・ダ・モスト
ウゴリーノ・ヴィヴァルディ改
ソルダティ級カミチア・ネーラアヴィエーレ
潜水艦グリエルモ・マルコーニ級レオナルド・ダ・ヴィンチ

王立オーストラリア海軍 Royal Australian Navy

重巡洋艦ケント級キャンベラ
駆逐艦アドミラルティV級ヴァンパイア

オーストリア=ハンガリー帝国海軍 K.u.K(Kaiserliche und königliche) Kriegsmarine/Császári és Királyi Haditengerészet

王立海軍(オランダ海軍) Koninklijke Marine

軽巡洋艦デ・ロイテル級デ・ロイテル
デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン

王立カナダ海軍 Royal Canadian Navy/Marine royale canadienne

駆逐艦トライバル級ハイダ

ギリシャ海軍 Πολεμικό Ναυτικό

重巡洋艦ピサ級イェロギオフ・アヴェロフ
軽巡洋艦應瑞級エリ

スウェーデン海軍 Svenska marinen

軽巡洋艦トレ・クロノール級イェータ・レヨン
航空巡洋艦ゴトランド級ゴトランド
モニター艦スヴァリイェ級グスタフ5世

スペイン海軍 Armada Española

重巡洋艦カナリアス級カナリアス
軽巡洋艦メンデス・ヌニェス級メンデス・ヌニェス

ロシア帝國海軍 Российский императорский флот

重巡洋艦リューリク級リューリク
モニター艦ノヴゴロド級ノヴゴロド

赤色海軍 Военно-морской флот СССР

戦艦23設計戦列艦ソビエツキー・ソユーズ
巡洋戦艦82型スターリングラード
重巡洋艦66型モスクワ
軽巡洋艦スヴェトラーナ級クラースヌイ・カフカース
26型(キーロフ級)キーロフ
オマハ級ムルマンスク
ムルマンスク改
68bis型(スヴェルドロフ級)スヴェルドロフジェルジンスキーミハイル・クトゥーゾフ
駆逐艦オルフェイ級エンゲルス
7型(グネフヌイ級)グレミャーシチイレシーテリヌイ
20I型タシュケント
タシュケント改
38型(レーニングラード級)ミンスク
41型ネウストラシムイ
47型Проeкта47
48型(キエフ級)キエフ
旧・暁型ヴェールヌイ
旧・ソルダティ級ローフキイ
ミサイル駆逐艦56u型ベドーヴイ
57bis型(グネフヌイ級)ジュグーチイ

タイ王国海軍 กองทัพเรือ

モニター艦トンブリ級トンブリ

大韓民国海軍 대한민국 해군

駆逐艦旧・米フレッチャー級忠武
忠武改
旧・米ギアリング級江原
江原改
ミサイル駆逐艦蔚山級蔚山?

中華民國海軍 Republic of China Navy

軽巡洋艦海天級海圻
應瑞級應瑞肇和
逸仙級逸仙
逸仙改
寧海級寧海平海
寧海改平海改
旧・英アリシューザ級重慶
駆逐艦旧・陽炎型丹陽

中華人民解放軍海軍(中国人民解放军海军) People's Liberation Army Navy

ミサイル駆逐艦6607型(旧・露ソーコル級)長春

チリ海軍 Armada de Chile

軽巡洋艦旧・米ブルックリン級オヒギンズ

ドイツ帝国海軍 Kaiserliche Marine

巡洋戦艦モルトケ級モルトケゲーベン
ザイドリッツ級ザイドリッツ
駆逐艦1916型S113

ドイツ海軍 Kriegsmarine

ドイツ連邦海軍 Bundesmarine

防空ミサイル駆逐艦リュッチェンス級リュッチェンス

トルコ海軍 Türk Deniz Kuvvetleri

巡洋戦艦モルトケ級ゲーベン

大日本帝國海軍 Imperial Japanese Navy

航空母艦赤城型赤城
赤城改
加賀型加賀
加賀改
蒼龍型蒼龍
蒼龍改
飛龍型(改蒼龍型)飛龍
飛龍改
翔鶴型翔鶴瑞鶴
翔鶴改瑞鶴改
装甲空母大鳳型大鳳
大鳳改
大和型信濃
信濃改
軽空母鳳翔型鳳翔
龍驤型龍驤
祥鳳型祥鳳瑞鳳
祥鳳改瑞鳳改
飛鷹型飛鷹隼鷹
飛鷹改隼鷹改
大鷹型神鷹
戦艦金剛型金剛改
扶桑型扶桑山城
山城改
伊勢型伊勢日向
長門型長門陸奥
長門改
巡洋戦艦金剛型金剛比叡榛名霧島
十三号型十三号戦艦(有明)
B65型(超甲型)B65(黒姫)
航空戦艦扶桑型扶桑改
伊勢型伊勢改日向改
重巡洋艦古鷹型古鷹加古
古鷹改加古改
青葉型(改古鷹型)青葉衣笠
青葉改
妙高型妙高羽黒
高雄型高雄愛宕摩耶鳥海
高雄改愛宕改摩耶改鳥海改
最上型最上三隈鈴谷熊野
伊吹型(改鈴谷型)鞍馬
軽巡洋艦天龍型天龍龍田
天龍改龍田改
球磨型北上大井
長良型五十鈴
五十鈴改
川内型川内神通那珂
川内改
夕張型夕張
夕張改
香取型香取
香取改
大淀型大淀
阿賀野型阿賀野
重雷装巡洋艦球磨型北上改大井改木曽
航空巡洋艦最上型最上改
大淀型大淀改
駆逐艦峯風型峯風
睦月型睦月
吹雪型(特1型)吹雪白雪初雪深雪
吹雪改白雪改初雪改深雪改
綾波型(特2型)綾波敷波天霧
綾波改敷波改
暁型(特3型)
暁改雷改電改
白露型白露時雨村雨夕立
陽炎型陽炎不知火黒潮雪風天津風
不知火改嵐改
秋月型秋月涼月初月冬月宵月
秋月改涼月改
改秋月型早春
早春改
島風型島風
松型
潜水艦呂33型(海中6型)呂34

フィンランド海軍 Merivoimat

モニター艦イルマリネン級ヴァイナモイネン

フランス海軍 Marine nationale française

航空母艦ベアルン級ベアルン
軽空母旧・英コロッサス級アローマンシュ
戦艦リヨン級リヨン
ダンケルク級ダンケルクストラスブール
リシュリュー級リシュリュージャン・バール
リシュリュー改
重巡洋艦エドガー・キーネ級エドガー・キーネ
アルジェリー級アルジェリー
軽巡洋艦ジャンヌ・ダルク級ジャンヌ・ダルク
ラ・ガリソニエール級ジョルジュ・レイグ
ド・グラース級ド・グラース
駆逐艦ヴォークラン級ヴォークラン
ヴォークラン改
ル・ファンタスク級ル・ファンタスクル・テリブル
ル・ファンタスク 改
モガドール級ヴォルタ
ヴォルタ改
シュルクーフ級マイレ・ブレゼ
潜水砲艦スルクフ級スルクフ
スルクフ改

ポーランド海軍 Marynarka Wojenna

軽巡洋艦ダナイー級ドラゴン
駆逐艦グロム級ブリスカヴィカ

モンゴル海軍 Монгол улсын цэргийн

補給艦ОТА-900型スフバートル

ユーゴスラビア海軍 Jugoslavenske ratne mornarice

駆逐艦スプリト級スプリト

深海軍 Abyss Fleet

装甲空母Taihō classTaiho
Graf Zeppelin-classPeter Strasser
航空母艦Ο級敵航空母艦
Χ級
Shōkaku-classShokakuZuikaku
Akagi-classAkagi・Kaga
Kaga-class
----
軽空母Ξ級敵軽空母
Ryujo-classRyujo
戦艦Λ級敵戦艦
Μ級
Ψ級
Yamato-classYamatoMusashi
Bismarck-classBismarckTirpitz
Hindenburg-classHindenburg
Kaiser-classFriedrich der Grosse
Virginia
Southdacota-classBB-57
航空戦艦Ν級敵航空戦艦
(´・ω・`)
(´・∀・`)
巡洋戦艦Κ級敵巡洋戦艦
O ClassBarbarossa
Derfflinger ClassDerfflinger
No.13 super Battleship
重巡洋艦Ι級敵重巡洋艦
Ω級
重雷装巡洋艦θ級敵重雷装巡洋艦
軽巡洋艦Ε級敵軽巡洋艦
Ζ級
Η級
ei級
モニター艦Deutschland-classSchleswig-Holstein
Monitor
駆逐艦Α級敵駆逐艦
B級
Γ級
Δ級
Τ級
陽炎型yukikaze
ミサイル駆逐艦au級敵ミサイル駆逐艦
Zumwalt-classZumwalt
防空ミサイル駆逐艦be級敵防空ミサイル駆逐艦
潜水艦Π級敵潜水艦
Ρ級
Σ級
補給艦Υ級敵補給艦
迷子になった補給艦
旗艦旗艦Ν級Ⅰ型
陸上型Pachina
Kamikaze
要塞Leopold(K5)
Savoy
空港X. Fliegerkorps

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ノーブラ -- 2017-08-13 (日) 12:14:24
  • バッカニアとブリティッシュファントムとガネットとウェセックス救難ヘリとシーキング対潜ヘリが入ってないやん! -- 2017-08-16 (水) 19:43:02
    • それ別のアークロイヤルだから! -- 2019-02-26 (火) 23:22:39
  • 和弓っぽい弓持ってるのね……アーチェリータイプじゃないんだ。 -- 2017-08-16 (水) 20:23:28
    • 昔のイギリス軍が使ってたロングボウをモチーフにしてるんだと思う。 -- 2017-08-17 (木) 00:31:35
    • WW2でも殺害記録のある由緒正しい武器ですぞ -- 2017-08-17 (木) 01:52:20
      • どこからともなくバグパイプの音が響く… -- 2017-08-20 (日) 20:07:13
      • ???「アメ公が余計なことをしなければあと10年は戦争ができたのに」 -- 2017-09-01 (金) 16:14:24
    • アーチェリータイプの弓は割と最近のものだからWW2時代のキャラが持ってるのはおかしいかも 弓持ってる空母でもみんな持ってるのは長弓タイプだしのう -- 2017-08-17 (木) 07:41:10
      • 加賀さん何してんすか -- 2017-08-20 (日) 18:14:11
      • 加賀さんマジでこんなこと言いそうで草 -- 2017-08-20 (日) 22:18:25
      • そーなのかー。ありがとー -- 2017-08-21 (月) 19:54:34
  • 大陸版Ver3.6で未改造のままスキル実装 効果「自身の攻撃した敵艦船の回避値減少及び被クリティカル率を増加させる。」 -- 2018-01-27 (土) 15:59:54
    • ビスマルクの舵を吹っ飛ばした事に由来するのかな なんにしても育てがいがある -- 2018-03-17 (土) 18:50:30
  • 良く考えると、腰の剣のデザインはソードフィッシュってことなのか…… -- 2018-09-18 (火) 17:26:11
  • Ver 4.0.3からSDがより動くように。たとえ戦闘開始の嚆矢でも、優雅に射るものだと言わんばかり。 -- 2018-11-21 (水) 16:04:48
  • 個人的に今回の遠洋破壊作戦における最優秀艦。日米空母でも装甲空母でもないから100ptで運用可能、それでいて能力は及第点。低速ルートはベアルンに任せるが、高速ルートでは八面六臂の大活躍。マジで育てておいてよかった…… -- 2019-04-06 (土) 09:36:14
  • >後輩たちがあたくしよりも強く、逞しくなって、うれしいものですわ。 とは、彼女の沈没理由のうちの一つが予備電源がなかった事で、彼女以降の船には搭載した。というところからきているのかな…?  あと、紅茶を入れるのが苦手らしいが、仕方ない。 本国付近にいるより地中海や他海域にいる方が長かったんだもの。 -- 2019-10-23 (水) 20:17:58
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 ヴァルキューレ作戦Ex-5報酬のみ