瑞鶴改

Last-modified: 2020-07-02 (木) 09:42:36

アイコン

icon_1219.png

基本データ

No.1219
画像基本情報
L_NORMAL_1219.pngレアリティ☆☆☆☆☆☆
ゲーム内名称瑞鹤(鹬 yù)翻訳名称瑞鶴
所属/艦級大日本帝國海軍/翔鶴型2番艦
本名瑞鶴(ずいかく/ずゐかく/ズヰカク)Zuikaku
イラストレーターInfukun
艦種航空母艦
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久72火力0/45
装甲42/72雷装0/0
回避45/67対空49/79
搭載87対潜0/0
速力34.2kt索敵52/82
射程40
最大消費量
燃料60弾薬55
艦載装備
24九七式艦攻(80番)
24青霜
24天山
15未装備
強化経験値 (火力/雷装/装甲/対空) 0/0/21/62解体資源
(燃料/弾薬/鋼材/アルミ材)
30/40/60/40
改造チャート・ 改造に必要な物資(燃料/弾薬/鋼材/ボーキサイト) 必要な改造コア 種類/数
No219 瑞鶴 ―450/0/3500/1200 空母改造コア×20→ 瑞鶴改
 
SD
SD_1219.png
 
スキル名発動タイミング
(スキルレベル1/2/3)
効果範囲効果
(スキルレベル1/2/3)
備考
幸運なスコールパッシブスキル自身自身の運が5/10/15上昇する。
攻撃被弾時攻撃される際、装甲が最大運の40/60/80%上昇し、回避が最大運の40/60/80%上昇する。加算される数値は完全ランダム
瑞鶴は長い間、幸運艦として認識されている。幾度もの激戦をくぐり抜け、最後まで機動部隊の主力だった。習得後、運が上昇し、運により回避と装甲が上昇する。
 

セリフ

セリフ

CV日:中:
場面日本語中国語
改造時瑞鶴、改装が終わりました。どう?この迷彩柄の服、似合ってるでしょ?五航战--瑞鹤、一切都已准备完毕。就让那旧日的屈辱、与这箭矢一同贯穿敌人的身躯、撕裂那片无垠的黑暗!翔鹤姐、再一時的--并肩作战吧!
母港(昼間)提督、朝からにやにやと随分ご機嫌ね。…花瓶の花が入れ替えられるのを密かな楽しみにしているって?ふ~ん…のんきなものね…
アウトレンジ戦法?そんなの私は反対ね。寡をもって衆に勝とうって安易な考えなんだろうけど…艦載機の子のことをまったく考えてないとしか思えないから。
嵐、今日の敗戦は貴女だけのせいじゃない。最初からできる人間なんていない。でも、どんな時でも実戦でやられるのは不注意。だから、見張りは欠かしちゃダメよ。今度から気をつけてね。
母港(夜間)訓練…簡単すぎてあまりやった気がしないわ。こうみえても、持久力には自信があるんだから。遠泳なら31km泳いだことも…ちょっと、提督引かないでよ!
雨は嫌いじゃない、なんだか雨音を聞いているとすごく安心するの。でも、窓は閉め忘れないように。この前、誰かさんが提督室の窓開けっ放し大変だったんだから。
おかえりなさい、嵐。どう?実戦で私の言った通りにできた?一隻、撃沈できた?うん、よっしゃ!良くやったわ。
フレンド訪問私がまず敵を落として見せるから離れずついてきて。
提督室媚びず、諂わず、とらわれず。
陣形選択セ連送!後続の戦友よ、挫けるんじゃない!
攻撃私の艦載機に追いつける敵はない!
攻撃(夜戦)
中破私が運だけだと思わないことね…。
誓約媚びず、諂わず、とらわれず。そう、自分の中で言い聞かせていたつもりだったんだけどな。よりにもよって…何よ。さっきからにやにやし過ぎ!頼みますよ、まったく…(赤面)
誓約後(昼間)あ…やっと。やっと出来るようになった!提督、見てた?…なんだ、肝心な時に限って寝てるのね。はぁ…。でも、ありがと…
はい、これ。提督が持ってて。このピンクの戦闘機が母港を護ってくれるから。私がいない時でも、これで安心でしょ?
趣味?そうね…園芸とか好きだけど。…何その顔。今、似合わないって思ったでしょ。絶対思った。提督はすぐ顔に出るからバレバレなのよ。
誓約後(夜間)自主練よ、自主練。まだ私、完璧にできてないから。なに提督…そんなに見られてると逆に緊張するんだけど…
限りある命を大切にしなきゃだめでしょ!ほら、寝室行くよ、あ-ば-れ-る-な。今日の仕事は終わり、無理して死んだらどうするのよ。まったく…
左よし右よし、偵察問題なし。誰もいないようね。--花だけじゃなくて、花瓶の水も入れ替えないと。よしっと…明日、提督が起きたらどんな反応をするかしら…

艦種紹介

日本版翔鶴型空母2番艦。1941年9月就役後、第5航空戦隊に編成され、真珠湾攻撃に参加した。珊瑚海海戦では、瑞鶴は雨雲のおかげで米軍の空襲を回避したが、翔鶴は米軍の攻撃が命中して損傷、このために両艦はミッドウェー海戦に参加できなかった。その後翔鶴と瑞鶴は第1航空戦隊に編成され、南太平洋海戦に参加した。これが帝国海軍空母の最後の戦術的勝利となった。1944年6月のア号作戦で大鳳が撃沈された際には、瑞鶴が代わりに旗艦となった。10月のエンガノ岬沖海戦で陽動艦隊に参加した瑞鶴は、CV16レキシントン(別名:ブルー・ゴースト)の艦載機により撃沈された。
中国版翔鹤型航母2番舰,41年9月服役后编入第五航空战队参加了偷袭珍珠港。在珊瑚海海战中,瑞鹤号凭借雨云躲开了美军的空袭,而翔鹤号被美军命中受创。两舰因此错过了中途岛战役。后来翔鹤号和瑞鹤号编为一航战参加了圣克鲁斯海战,这也是日本最后一次航母的战术胜利。在44年6月的阿号作战中,大凤号被击沉,瑞鹤号顶替其成为旗舰。10月,恩加诺海战中,编入诱饵舰队的瑞鹤号被CV16列克星敦号(又称:蓝色幽灵)的舰载机所击沉。
 

入手手段/ドロップ海域

  • 日本版:17/12/4改造開放
     

性能や運用について

  • 未改造艦であるエンタープライズと並ぶ火力45を持ち、かつ全スロット12機フル出撃可能となる。また、改造後の空母としてはめずらしく耐久4n艦であり、
    これらの特性を持つ改造空母は翔鶴と瑞鶴のみである。
    • スキルLv3で運の数値が55となるため、クリティカル攻撃にも期待できる。
      当然だが強化コストもより重くなっているので、完成には時間がかかるだろう。
  • スキル「幸運のスコール」による回避・装甲アップ効果はアンドレア・ドーリア改のスキル「ラッキースター」同様に上昇値はランダム。
    このスキルのバフ値が最大となった時、瑞鶴の生存力は装甲空母や戦艦すら上回り全空母中堂々のトップとなる。

ゲーム内において

  • 艤装について
    • 艤装は翔鶴改と共通の艤装、艦体を模したコンパウンドボウらしき弓に矢筒を装備している。
      異なるのは迷彩が施されていること。大戦末期に施された塗装をモチーフにしていると思われる。
      大破絵からこの弓は折りたたみできることが分かる。
      • 余談ではあるが、『コンパウンドボウ』と『コンポジットボウ』は名前こそ似ているが全く別の武器である*1
      • 『コンポジットボウ』は異なる素材(木、竹、動物の角、金属板など)をニカワなどで貼り合わせて作られた弓である。
        歴史は古く、紀元前から使われていたものもある模様。
        遊牧民の馬上弓として発達したものが多いため、和弓*2などの一部例外を除けばほとんどが短弓タイプである。
      • 一方の『コンパウンドボウ』は複数のパーツに分かれた弓で、アーチェリーで使われる『リカーブボウ』に近い構造。
        最大の特徴はリム*3の先端に滑車がつけられていることで、この滑車やテコの原理を利用して引くため軽い負担で重い弓が引けるというスグレモノ。
        戦後の1966年になってからアメリカで誕生しており、半世紀ほどの歴史しかない新しい弓である。
    • 下駄は裸足で履いている。
  • セリフについて
    • 「媚びず、諂わず、とらわれず。」とは岩本徹三の名言。

元ネタ解説

No219 瑞鶴/元ネタ解説

所属大日本帝國海軍
艦種・艦型翔鶴型航空母艦
正式名称瑞鶴
名前の由来瑞鶴 漢成語で「瑞」はめでたい、めでたい鳥とされる「鶴」に冠することでさらにめでたい名前
起工日1938.5.25
進水日1939.11.27
就役日(竣工日)(1941.9.25)
除籍日(除籍理由)1945.8.31(エンガノ岬沖海戦/英Battle of Cape Engaño 1944.10.25沈没)
全長(身長)257.5m
基準排水量(体重)25675英t(26087t)
出力ロ号艦本式重油専焼缶8基艦本式蒸気タービン4基4軸 160000shp(162219.1PS)
最高速度34.2kt(63.33km/h)
航続距離18.0kt(33.33km/h)/9700海里(17964.4km)
乗員1660名
装備(1941)40口径八九式12.7cm連装高角砲8基16門
九六式25mm機銃x36(12x3)
艦載機x72+12
装備(1944)40口径八九式12.7cm連装高角砲8基16門
九六式25mm機銃x96(20x3+36x1)
12cm二八連装噴進砲8基224門
艦載機x72+12
装甲舷側:46~165mm 甲板:25~132mm
建造所川崎造船所社艦船工場→川崎重工業艦船工場 (現 川崎重工業船舶海洋カンパニー神戸工場) (日本国兵庫県神戸市)

帝國海軍が建造した翔鶴型航空母艦二番艦。正規空母で同型艦を持つのは、この翔鶴型だけである。そして翔鶴型は、これまでに得られた空母のノウハウを全て注ぎ込んだ帝國海軍会心の出来だった。
完成当時は世界最高の大型空母として君臨し、米海軍のエセックス級が竣工するまでその座に就いていた。諸元は排水量2万9800トン、出力16万馬力、最大速力34.2ノット、搭載機数72機、補用機12機。

 

1937年度海軍補充計画にて、空母第四号艦として建造が決定。1938年5月25日、川崎重工業神戸造船所にて起工。1939年9月30日に軍艦瑞鶴と命名され、同年11月27日に進水。
1940年11月15日、艤装員長として横川大佐が着任する。1941年8月14日、最終艤装のため呉へ向かっていたところに台風14号が襲来。傾斜27°を記録し、閉め忘れていた舷窓から浸水した。
そして9月25日、竣工を果たした。同時に呉鎮守府第五航空戦隊に編入され、神戸を出港した。内地の各所を回航したあと、11月22日に択捉島単冠湾へ到着。26日に出港し、初陣として真珠湾攻撃を迎えるのだった。
一説によると、瑞鶴の完成を待ってから開戦に踏み切ったとされている。

 

1941年12月8日、瑞鶴は真珠湾攻撃に参加。零戦6機、九九式艦爆25機が第一次攻撃に参加し、地上に駐機していた敵機を32機以上破壊した。
続く第二次攻撃では、零戦隊は母艦上空で援護。九七式艦爆27機が真珠湾を爆撃した。二度に渡る空襲で米艦艇群及び施設は打撃を受け、機能を一時的に喪失。
作戦完了後、すみやかに退却。ハルゼー中将の機動部隊や残存の米艦艇による索敵を振り切り、12月24日に呉へ凱旋帰国を果たした。

 

年明けを国内で過ごした後、1月8日に呉を出港。14日にトラック諸島へ入港し、ビスマルク諸島攻略作戦ことR作戦に従事する。20日、豪軍が支配するラバウルを空襲。
翌日には東部ニューギニアのラエを空襲し、上陸部隊の支援を行った。23日、ラバウル及びカビエンに対する上陸作戦を支援し、両拠点を制圧。
ビスマルク諸島の主導権は日本の手に渡り、作戦は完遂された。1月29日、トラックへ帰投。パラオを経由して2月13日に横須賀に辿り着いた。
その後、米機動部隊による本土空襲を警戒して三河湾にて待機。自前の航空隊を三河湾に揚陸した。
3月2日、呉に回航。南鳥島襲来の米機動部隊の迎撃を命じられ、6日に出撃するが敵情が不明瞭で攻撃に失敗した。3月24日、スターリング湾に進出。インド洋作戦に参加するため、舳先をインド洋に向けた。
4月5日、コロンボを空襲。9日にはトリンコマリを空襲し、10機の零戦が制空隊として出撃。20機を撃墜するが、2機を喪失した。瑞鶴航空隊は14発中13発命中という、93パーセントの命中率を叩き出し、当時の日本搭乗員の錬度の高さを如実に示した。一連の攻撃はセイロン沖海戦と呼称され、この海戦を以ってイギリス東洋艦隊は半壊。
インド洋の制海権も手中に収まった。次なる攻略目標はポートモレスビー。トラックで準備を整え、5月1日に出港。
5月7日、珊瑚海にて米機動部隊と衝突。米空母ヨークタウン及びレキシントンと対決する。この海戦では9機の零戦が出撃し、29機(不確実3機)を撃墜した。
直掩の10機も24機(不確実2機)を撃墜し、喪失は不時着水1機のみだった。瑞鶴も敵艦載機の猛爆撃を受けたが、全て回避。たまたま近くで発生したスコールに逃げ込み、無傷で乗り切る。
瑞鶴隊及び翔鶴隊は米空母レキシントンを撃沈し、ヨークタウンを中破せしめた。海戦後の5月15日、トラックへ帰投した。
しかし、この海戦で航空隊を消耗した瑞鶴はミッドウェー海戦には参加せず、5月21日に呉へ帰投して内地で待機。機体の補充を待った。
4隻の主力空母を喪失し、ミッドウェー作戦が失敗に終わろうとしている頃、作戦の遂行を諦め切れない山本長官は瑞鶴の投入を検討する。
駆逐艦に迎えに行かせようとしたところで中止が決定し、主力隊や残存の艦艇は引き揚げた。7月12日、大分に帰投。この敗北により主力空母を一挙に失った帝國海軍は7月14日に再編成を行う。
瑞鶴は姉翔鶴ともども栄光の第一航空戦隊へと編入され、わずか2隻のみとなってしまった貴重な正規空母として戦場を駆け巡る事になる。
7月30日から8月12日にかけて呉工廠に入渠し、整備を受ける。同時期、ガダルカナル島に米軍が襲来。ソロモン戦線が形成される。急遽訓練を取りやめ、8月16日に柱島を出港。
前線基地のトラック諸島へ向かっていたが、20日朝にショートランドの偵察機が敵機動部隊を発見。これを迎撃するべく入港を中止し、南下。翌21日、第二戦隊と第十一航空戦隊と合流。
8月23日にガダルカナル島北方へ到達し、敵を求めて遊弋。昼過ぎに敵艦隊発見の報が入り、翔鶴と瑞鶴は零戦10機と九九式艦爆27機を発進。第二次ソロモン海戦が幕を開けた。
午後2時過ぎ、ステワート諸島東南東で米機動部隊を発見し、攻撃。しかし米艦隊はレーダーで日本航空隊の接近を知っており、あらかじめF4Fを53機忍ばせていた。
苛烈な対空砲火と迎撃機の妨害により艦爆17機と零戦3機を喪失、4機が被弾不時着し、母艦に戻れたのは13機に留まった。特に瑞鶴隊の艦爆は全滅と被害が大きかった。
犠牲と引き換えに、エンタープライズに2発の命中弾と2発の至近弾を与え、火災を発生させた。損傷したエンタープライズは真珠湾に回航され、戦線離脱。
続いて第二次攻撃隊も発進したが、日没までに敵を発見できず断念。

 

1944年10月25日のエンガノ岬沖海戦で空襲に遭い、沈没する。

小ネタ

  • アウトレンジ戦法
    • マリアナ沖海戦で日本軍が採用した戦法。
      日本軍機の航続距離の長さを活かし、敵機の反撃を受けない遠距離から発艦・攻撃を行うとするもの。
      しかし実際には机上の空論にも等しかった。
    • そもそも日本海軍の航空機は航続距離こそ長かったものの、長距離飛行をサポートするオートパイロットや計器類は充分ではなかった。
      このため「何の目印もない大海原のど真ん中から発進し、敵艦隊を発見して攻撃し、母艦まで帰還する」という作戦はパイロットに凄まじい負担を強いるものであった。
      さらにこの時期、日本軍はガダルカナルの戦いなどを経て多くの熟練パイロットを喪失しており、全体の技量が大幅に低下していて、この点でも無理があった。
    • 結局実施されたアウトレンジ作戦だが、アメリカ軍は高性能なレーダーとCICを駆使した強力な防空システムを構築していたこと、最新のレーダーを搭載した偵察機や偵察艦の索敵で事前に入念な準備をしていたこと、F6F戦闘機と十分な練度をもったパイロットが集結していたこと、長距離飛行での日本軍パイロットの疲労などからマリアナの七面鳥撃ちと揶揄されるほど一方的に攻撃され、ほとんどが敵艦隊まで到達することなく撃墜されてしまった。
      (よくVT信管による迎撃をマリアナの七面鳥撃ちと呼ばれることがあるが、VT信管がまだ運用が始まったばかりで数が揃ってないこととそもそも近距離対空火器の射程まで到達した機体が少なかったことから米軍の戦果報告ではVT信管と通常の40mmボフォース対空機関砲の全ての戦果を合計しても19機しか落としていないとされている)
      さらに前述の事情から、自機の位置すら見失った挙句に燃料切れで墜落し、誰に知られるともなく海の藻屑と消えたパイロット・機体も少なくなかった。
    • そもそもこの戦法を提唱した機動部隊の司令官小沢治三郎は「人命より艦を尊重させる、飛行機は弾丸の代わりと考える」とまで発言している。
      瑞鶴の不満もむべなるかな。
    • この作戦には前衛の部隊として瑞鳳、千歳、千代田から64機、本隊の甲部隊の翔鶴、瑞鶴、大鳳から128機、隼鷹飛鷹、龍鳳から第二波の第三次攻撃隊49機が出撃している。
      第一波(64機)は戦艦と重巡を1隻ずつ小破の戦果しかあげられず全体の2/3にあたる41機が撃墜された。
      第二波(本隊 128機)は戦艦サウスダコタ、空母バンカーヒルと重巡洋艦ミネアポリスを小破させるに留まり全体の3/4以上にあたる99機が撃墜された。
      第三波は誘導機が敵艦隊の進路変更を逃したため敵艦隊を見つけられず引き返し7機が未帰還となった。その後もう一度50機が第四波として出撃したものの敵艦隊は見つけられなかった。その後グアム島に燃料補給のため飛行中に敵の戦闘機の迎撃を受け26機が撃墜された。
      その後第五波として大鳳、翔鶴、瑞鶴から18機が出撃したものの敵は見つからず帰還(9機が未帰還)。第六波として隼鷹、飛鷹、龍鳳から15機が発艦、敵艦隊を発見したものの戦果はあげられず9機が撃墜された。
      6月19日だけで撃墜と未帰還を合わせて191/214という悲惨な結果となってしまっている
    • 翌日16時に米艦隊に日本艦隊の位置がばれた。距離が米艦載機の航続可能範囲の限界付近であること、帰還が夜になってしまうことを覚悟の上で米海軍攻撃隊216機が出撃した。(アメリカ軍もギリギリのアウトレンジ戦法に近いことをやっていたのである)
      日本艦隊も気づいており迎撃として零戦が出撃したが23機が撃墜された。また、瑞鶴から7機の雷撃機が出撃し3機未帰還・4機不時着で全滅となっている
      結果、飛鷹と逃げ遅れた補給艦2隻を撃沈、瑞鶴、千歳、千代田も損傷した。
      米艦載機もギリギリの出撃は代償が大きく、20機が撃墜され80機が燃料不足での不時着や着艦失敗で失われた。
  • セ連送
    • 日本海軍の通信略号の1つで、「ワレ、戦闘機ノ攻撃ヲ受ク」を意味する。
      主に偵察機が敵戦闘機に捕捉された際に使用した。
    • 偵察機は基本的に戦闘機より鈍足なため、敵機に捕捉・追撃を受ければ被撃墜は避けられなかった。
      このため撃墜されるまでモールス信号の「セ」(・---・)を連送し、連送が途絶えた時点で撃墜されたと判断し、時間経過から敵機の位置を判断したのである。
    • いわばこのセ連送は、死を覚悟した偵察機パイロットからの今生の別れの挨拶にも等しいものであった。
      パイロットたちは文字通りに命懸けで敵機の情報を伝えたのである。
 

国別艦種一覧表

太文字は中国版のみ実装

アイスランド沿岸警備隊 Landhelgisgæsla Íslands/Icelandic Coast Guard

補給艦-------オーディン

アメリカ海軍 The United States Navy

航空母艦レキシントン級レキシントンサラトガ
レキシントン改サラトガ改
レンジャー級レンジャー改
ヨークタウン級ヨークタウンエンタープライズホーネット
ヨークタウン改エンタープライズ改
ワスプ級ワスプ
ワスプ改
エセックス級エセックスタイコンデロガレキシントン(CV-16)ハンコック
軽空母ラングレー級ラングレー
ラングレー改
レンジャー級レンジャー
サンガモン級サンティー
ボーグ級ボーグ
ボーグ改
カサブランカ級ガダルカナル
インディペンデンス級プリンストンサン・ジャシント
プリンストン改
サイパン級サイパン
戦艦ネバダ級ネバダオクラホマ
ネバダ改オクラホマ改
ニューメキシコ級ニューメキシコ
テネシー級テネシーカリフォルニア
テネシー改カリフォルニア改
コロラド級コロラドメリーランドウェストバージニア
コロラド改メリーランド改ウェストバージニア改
ノースカロライナ級ノースカロライナワシントンワシントンちゃん
ノースカロライナ改ワシントン改
サウスダコタ級サウスダコタインディアナマサチューセッツ
サウスダコタ改
アイオワ級アイオワニュージャージーミズーリウィスコンシン
巡洋戦艦アラスカ級アラスカグアム
レキシントン級コンステレーション
重巡洋艦ペンサコーラ級ペンサコーラソルトレイクシティー
ペンサコーラ改
ノーザンプトン級ノーザンプトンヒューストンオーガスタ
ノーザンプトン改ヒューストン改
ポートランド級ポートランドインディアナポリス
ポートランド改
ニューオーリンズ級ニューオーリンズタスカルーササンフランシスコクインシー
ニューオーリンズ改サンフランシスコ改クインシー改
ウィチタ級ウィチタ
ウィチタ改
ボルチモア級ボルチモアボストンメイコン
ボルチモア改
デモイン級デモインセーラムニューポート・ニューズ
軽巡洋艦オマハ級オマハ
オマハ改
ブルックリン級ブルックリンサバンナフェニックスセントルイスヘレナ
ヘレナ改
アトランタ級アトランタジュノーサンディエゴサンファンオークランド
アトランタ改ジュノー改
クリーブランド級クリーブランドコロンビアモントピリアデンバー
ファーゴ級ハンティントン
ウースター級ウースター
駆逐艦ポーター級ポーターフェルプス
ポーター改
ベンハム級スタレット
マハン級マハンカッシングスミス
マハン改
シムス級ハムマン
ベンソン級ラフィー
フレッチャー級フレッチャーニコラスオバノンシグスビーハルフォードコンバースサッチャー
アンソニーヒーアマンホーエルサリバンジョンストン
クラクストンダイソンウィリアム・D・ポーターブレインカッシン・ヤングチャールズ・オースバーンテイラー
フレッチャー改ブレイン改サリバン改ウィリアム・D・ポーター改ホーエル改ジョンストン改
アレン・M・サムナー級ラフィー
ラフィー改
ギアリング級ギアリングジャイアットフランク・ノックスティンマーマンパワー
ギアリング改
バックレイ級イングランド
ジョン・C・バトラー級サミュエル・B・ロバーツ
サミュエル・B・ロバーツ改
潜水艦ナーワル級ノーチラス
ガトー級アルバコアバーブ
アルバコア改
バラオ級タングアーチャーフィッシュ
アーチャーフィッシュ改
補給艦ARヴェスタル
防空ミサイル駆逐艦チャールズ・F・アダムズ級チャールズ・F・アダムズ
ミサイル戦艦アラスカ級アラスカ改グアム改
アイオワ級ミズーリ改

王立海軍(イギリス海軍) Royal Navy

航空母艦アーク・ロイヤル級アーク・ロイヤル
装甲空母イラストリアス級イラストリアスフォーミダブルインドミタブル
インプラカブル級インプラカブル
軽空母ハーミーズ級ハーミーズ
アーガス級アーガス
アーガス改
ユニコーン級ユニコーン
アタッカー級チェイサー
チェイサー改
コロッサス級コロッサス
戦艦エジンコート級エジンコート
クイーン・エリザベス級クイーン・エリザベスウォースパイト
リヴェンジ級ロイヤル・オーク
N3級セント・ジョージ
ネルソン級ネルソンロドニーロドニーちゃん
ネルソン改ロドニー改
キング・ジョージⅤ世級キング・ジョージ5世プリンス・オブ・ウェールズデューク・オブ・ヨーク
プリンス・オブ・ウェールズ改
ライオン級ライオン
ヴァンガード級ヴァンガード
ヴァンガード改
巡洋戦艦ライオン級ライオン
カレイジャス級カレイジャスグローリアス
レナウン級レナウンレパルス
レナウン改レパルス改
インコンパラブル級インコンパラブル
アドミラル級フッド
フッド改
航空戦艦カレイジャス級フューリアス
重巡洋艦ケント級ケントサフォークカンバーランド
ケント改
ロンドン級ロンドンシュロップシャー
ロンドン改
ノーフォーク級ノーフォーク
ヨーク級ヨークエクセター
軽巡洋艦ダナイー級デリー
エメラルド級エメラルドエンタープライズ
エメラルド改エンタープライズ改
リアンダー級エイジャックス
アリシューザ級アリシューザガラティアペネロピオーロラ
サウサンプトン級シェフィールド
エディンバラ級エディンバラベルファスト
ダイドー級ダイドーシリアスアルゴノート
シリアス改
ネプチューン級ネプチューン
タイガー級タイガー
モニター艦ロバーツ級ロバーツアバークロンビー
ロバーツ改アバークロンビー改
ロード・クライヴ級ロード・クライヴ
駆逐艦A級アーデントアカスタ
G級グローウォーム
グローウォーム改
トライバル級コサックエスキモーパンジャビ
コサック改エスキモー改パンジャビ改
J級ジャッカルジュノージャベリン
ジャッカル改ジュノー改ジャベリン改
K級ケリー
L級リージョン
S級ソーマレズ
V級ヴィーナス
ヴィーナス改
バトル級バーフラー
デアリング級ディフェンダー
改ブラックスワン級スターリングアメジスト
アメジスト改
潜水艦K級K1
潜水砲艦M級M1M2
防空ミサイル駆逐艦カウンティ級グラモーガン

イタリア海軍 Regia Marina

航空母艦ヴィットリオ・ヴェネト級インペロ
インペロ改
装甲空母アクイラ級アクィラ
軽空母スパルヴィエロ級スパルヴィエロ
戦艦アンドレア・ドーリア級アンドレア・ドーリアカイオ・ドゥイリオ
アンドレア・ドーリア改
ヴィットリオ・ヴェネト級ヴィットリオ・ヴェネトローマ
ヴィットリオ・ヴェネト改
重巡洋艦ザラ級ザラ
ボルツァーノ級ボルツァーノ
軽巡洋艦アルベルト・ディ・ジュッサーノ級アルベルト・ディ・ジュッサーノ
エマヌエレ・フィリベルト・デュカ・ダオスタ級エマヌエレ・フィリベルト・デュカ・ダオスタ
ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級ドゥーカ・デッリ・アブルッツィガリバルディ
カピターニ・ロマーニ級ポンペオ・マーニョ
モニター艦ファー・ディ・ブルーノ級ファー・ディ・ブルーノ
駆逐艦ナヴィガトーリ級アントニオ・ダ・ノリウゴリーノ・ヴィヴァルディアルヴィーゼ・ダ・モスト
ウゴリーノ・ヴィヴァルディ改
ソルダティ級カミチア・ネーラアヴィエーレ
潜水艦グリエルモ・マルコーニ級レオナルド・ダ・ヴィンチ

王立オーストラリア海軍 Royal Australian Navy

重巡洋艦ケント級キャンベラ
駆逐艦アドミラルティV級ヴァンパイア

オーストリア=ハンガリー帝国海軍 K.u.K(Kaiserliche und königliche) Kriegsmarine/Császári és Királyi Haditengerészet

王立海軍(オランダ海軍) Koninklijke Marine

軽巡洋艦デ・ロイテル級デ・ロイテル
デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン

王立カナダ海軍 Royal Canadian Navy/Marine royale canadienne

駆逐艦トライバル級ハイダ

ギリシャ海軍 Πολεμικό Ναυτικό

重巡洋艦ピサ級イェロギオフ・アヴェロフ
軽巡洋艦應瑞級エリ

スウェーデン海軍 Svenska marinen

軽巡洋艦トレ・クロノール級イェータ・レヨン
航空巡洋艦ゴトランド級ゴトランド
モニター艦スヴァリイェ級グスタフ5世

スペイン海軍 Armada Española

重巡洋艦カナリアス級カナリアス
軽巡洋艦メンデス・ヌニェス級メンデス・ヌニェス

ロシア帝國海軍 Российский императорский флот

重巡洋艦リューリク級リューリク
モニター艦ノヴゴロド級ノヴゴロド

赤色海軍 Военно-морской флот СССР

戦艦23設計戦列艦ソビエツキー・ソユーズ
巡洋戦艦82型スターリングラード
重巡洋艦66型モスクワ
軽巡洋艦スヴェトラーナ級クラースヌイ・カフカース
26型(キーロフ級)キーロフ
オマハ級ムルマンスク
ムルマンスク改
68bis型(スヴェルドロフ級)スヴェルドロフジェルジンスキーミハイル・クトゥーゾフ
駆逐艦オルフェイ級エンゲルス
7型(グネフヌイ級)グレミャーシチイレシーテリヌイ
20I型タシュケント
タシュケント改
38型(レーニングラード級)ミンスク
41型ネウストラシムイ
47型Проeкта47
48型(キエフ級)キエフ
旧・暁型ヴェールヌイ
旧・ソルダティ級ローフキイ
ミサイル駆逐艦56u型ベドーヴイ
57bis型(グネフヌイ級)ジュグーチイ

タイ王国海軍 กองทัพเรือ

モニター艦トンブリ級トンブリ

大韓民国海軍 대한민국 해군

駆逐艦旧・米フレッチャー級忠武
忠武改
旧・米ギアリング級江原
江原改
ミサイル駆逐艦蔚山級蔚山?

中華民國海軍 Republic of China Navy

軽巡洋艦海天級海圻
應瑞級應瑞肇和
逸仙級逸仙
逸仙改
寧海級寧海平海
寧海改平海改
旧・英アリシューザ級重慶
駆逐艦旧・陽炎型丹陽

中華人民解放軍海軍(中国人民解放军海军) People's Liberation Army Navy

ミサイル駆逐艦6607型(旧・露ソーコル級)長春

チリ海軍 Armada de Chile

軽巡洋艦旧・米ブルックリン級オヒギンズ

ドイツ帝国海軍 Kaiserliche Marine

巡洋戦艦モルトケ級モルトケゲーベン
ザイドリッツ級ザイドリッツ
駆逐艦1916型S113

ドイツ海軍 Kriegsmarine

ドイツ連邦海軍 Bundesmarine

防空ミサイル駆逐艦リュッチェンス級リュッチェンス

トルコ海軍 Türk Deniz Kuvvetleri

巡洋戦艦モルトケ級ゲーベン

大日本帝國海軍 Imperial Japanese Navy

航空母艦赤城型赤城
赤城改
加賀型加賀
加賀改
蒼龍型蒼龍
蒼龍改
飛龍型(改蒼龍型)飛龍
飛龍改
翔鶴型翔鶴瑞鶴
翔鶴改瑞鶴改
装甲空母大鳳型大鳳
大鳳改
大和型信濃
信濃改
軽空母鳳翔型鳳翔
龍驤型龍驤
祥鳳型祥鳳瑞鳳
祥鳳改瑞鳳改
飛鷹型飛鷹隼鷹
飛鷹改隼鷹改
大鷹型神鷹
戦艦金剛型金剛改
扶桑型扶桑山城
山城改
伊勢型伊勢日向
長門型長門陸奥
長門改
巡洋戦艦金剛型金剛比叡榛名霧島
十三号型十三号戦艦(有明)
B65型(超甲型)B65(黒姫)
航空戦艦扶桑型扶桑改
伊勢型伊勢改日向改
重巡洋艦古鷹型古鷹加古
古鷹改加古改
青葉型(改古鷹型)青葉衣笠
青葉改
妙高型妙高羽黒
高雄型高雄愛宕摩耶鳥海
高雄改愛宕改摩耶改鳥海改
最上型最上三隈鈴谷熊野
伊吹型(改鈴谷型)鞍馬
軽巡洋艦天龍型天龍龍田
天龍改龍田改
球磨型北上大井
長良型五十鈴
五十鈴改
川内型川内神通那珂
川内改
夕張型夕張
夕張改
香取型香取
香取改
大淀型大淀
阿賀野型阿賀野
重雷装巡洋艦球磨型北上改大井改木曽
航空巡洋艦最上型最上改
大淀型大淀改
駆逐艦峯風型峯風
睦月型睦月
吹雪型(特1型)吹雪白雪初雪深雪
吹雪改白雪改初雪改深雪改
綾波型(特2型)綾波敷波天霧
綾波改敷波改
暁型(特3型)
暁改雷改電改
白露型白露時雨村雨夕立
陽炎型陽炎不知火黒潮雪風天津風
不知火改嵐改
秋月型秋月涼月初月冬月宵月
秋月改涼月改
改秋月型早春
早春改
島風型島風
松型
潜水艦呂33型(海中6型)呂34

フィンランド海軍 Merivoimat

モニター艦イルマリネン級ヴァイナモイネン

フランス海軍 Marine nationale française

航空母艦ベアルン級ベアルン
軽空母旧・英コロッサス級アローマンシュ
戦艦リヨン級リヨン
ダンケルク級ダンケルクストラスブール
リシュリュー級リシュリュージャン・バール
リシュリュー改
重巡洋艦エドガー・キーネ級エドガー・キーネ
アルジェリー級アルジェリー
軽巡洋艦ジャンヌ・ダルク級ジャンヌ・ダルク
ラ・ガリソニエール級ジョルジュ・レイグ
ド・グラース級ド・グラース
駆逐艦ヴォークラン級ヴォークラン
ヴォークラン改
ル・ファンタスク級ル・ファンタスクル・テリブル
ル・ファンタスク 改
モガドール級ヴォルタ
ヴォルタ改
シュルクーフ級マイレ・ブレゼ
潜水砲艦スルクフ級スルクフ
スルクフ改

ポーランド海軍 Marynarka Wojenna

軽巡洋艦ダナイー級ドラゴン
駆逐艦グロム級ブリスカヴィカ

モンゴル海軍 Монгол улсын цэргийн

補給艦ОТА-900型スフバートル

ユーゴスラビア海軍 Jugoslavenske ratne mornarice

駆逐艦スプリト級スプリト

深海軍 Abyss Fleet

装甲空母Taihō classTaiho
Graf Zeppelin-classPeter Strasser
航空母艦Ο級敵航空母艦
Χ級
Shōkaku-classShokakuZuikaku
Akagi-classAkagi・Kaga
Kaga-class
----
軽空母Ξ級敵軽空母
Ryujo-classRyujo
戦艦Λ級敵戦艦
Μ級
Ψ級
Yamato-classYamatoMusashi
Bismarck-classBismarckTirpitz
Hindenburg-classHindenburg
Kaiser-classFriedrich der Grosse
Virginia
Southdacota-classBB-57
航空戦艦Ν級敵航空戦艦
(´・ω・`)
(´・∀・`)
巡洋戦艦Κ級敵巡洋戦艦
O ClassBarbarossa
Derfflinger ClassDerfflinger
No.13 super Battleship
重巡洋艦Ι級敵重巡洋艦
Ω級
重雷装巡洋艦θ級敵重雷装巡洋艦
軽巡洋艦Ε級敵軽巡洋艦
Ζ級
Η級
ei級
モニター艦Deutschland-classSchleswig-Holstein
Monitor
駆逐艦Α級敵駆逐艦
B級
Γ級
Δ級
Τ級
陽炎型yukikaze
ミサイル駆逐艦au級敵ミサイル駆逐艦
Zumwalt-classZumwalt
防空ミサイル駆逐艦be級敵防空ミサイル駆逐艦
潜水艦Π級敵潜水艦
Ρ級
Σ級
補給艦Υ級敵補給艦
迷子になった補給艦
旗艦旗艦Ν級Ⅰ型
陸上型Pachina
Kamikaze
要塞Leopold(K5)
Savoy
空港X. Fliegerkorps

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ステボーナス当たり引くとめっちゃ強いな -- 2017-12-14 (木) 08:56:39
  • 運がプラスされる戦闘機のせるといいのかな? -- 2017-12-14 (木) 23:21:24
  • 最近元ネタ解説の項目でわざわざ太字や赤字にしたりする荒らしが沸いてるらしいな。瑞鶴の方にも見受けられたし修正しておいた。 -- 2017-12-19 (火) 00:17:20
    • 赤字については自分ではないですが(自分が書き足す前からあった)米軍艦載機については日本と似たようなことを向こうもしてたということを知ってもらうためにそこだけ太字にしたですが… -- 2017-12-19 (火) 00:27:11
      • 北上やフレッチャーや零戦52型で荒らしてる人物とは別人でしたか。大変失礼いたしました。 -- 2017-12-19 (火) 00:30:32
    • 例の荒らしと思われる人物は瑞鶴のページには手を加えていないようですよ -- 2017-12-19 (火) 00:30:45
      • そうでしたか、大変失礼いたしました。 -- 2017-12-19 (火) 00:34:28
      • まあ当該人物はかなり暴れてましたからね…神経質になるのも当然だと思いますよ -- 2枝? 2017-12-19 (火) 00:36:12
      • 復元いたしました。 -- 2017-12-19 (火) 00:47:38
      • 草 -- 2019-01-01 (火) 11:12:06
  • やっとコアが集まって改造できました。結果的には元旦なのでこれはこれで… -- 2018-01-01 (月) 02:49:17
  • 演習相手に高レベル瑞鶴(偵察機装備でも)がいると攻撃全く当たらない…… -- 2018-02-05 (月) 19:24:40
  • 幸運な時は戦艦の攻撃を受けて平気な顔してるから困る。とりあえず自分は第一艦隊と非防衛戦時の防衛艦隊には置かないことにした -- 2018-02-05 (月) 19:39:13
  • 最大で装甲118かな? -- 2018-02-07 (水) 20:21:48
    • いや、120 -- 2018-02-10 (土) 19:19:37
  • フェノスカンジア追撃戦で攻略でも堀でも大活躍してるぞ。ネームド戦艦6隻全員の攻撃を避け続けてる姿にはただただ感服 -- 2018-03-09 (金) 14:12:08
  • Ver4.0.3から?改前のSDが動くように。姉妹揃って弓を射ると絵になる。 -- 2018-11-21 (水) 15:45:56
  • 演習相手で出てきた時の回避力は異常 -- 2019-11-04 (月) 12:14:16
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 当ページでも『コンポジットボウ』と誤記されていた
*2 木や竹を重ねて貼り合わせたコンポジットボウの一種
*3 弓を引いた時にしなる部分。翔鶴型改の弓の甲板部分に当たる