No311 ガダルカナル

Last-modified: 2020-07-04 (土) 20:45:25

アイコン

icon_311.png

基本データ

画像基本情報
L_NORMAL_311.pngレアリティ☆☆☆
ゲーム内名称瓜达卡纳尔翻訳名称ガダルカナル
所属/艦級アメリカ海軍/カサブランカ級6番艦
本名USS Guadalcanal (CVE-60)
イラストレーター绿蜥蜴X仔
艦種軽空母
艦船ステータス(初期値/最大値)
耐久36火力0/20
装甲7/27雷装0/0
回避15/35対空37/67
搭載28対潜0/0
速力18.0kt索敵38/63
射程20
最大消費量
燃料35弾薬40
艦載装備
15F4F
10TBF
3未装備
装備不可
強化経験値 (火力/雷装/装甲/対空) 0/0/4/43解体資源
(燃料/弾薬/鋼材/アルミ材)
20/30/50/20
改造チャート・ 改造に必要な物資(燃料/弾薬/鋼材/ボーキサイト) 必要な改造コア 種類/数
未実装
 
SD
Ship_girl_311.png
 

セリフ

セリフ

CV日:中:
場面日本語中国語
入手時こんな早く見つかるなんて思わなかったよ、司令官。まだ準備出来てないけど、あなたの港ならもっとちゃんとトレーニング出来るって信じてるよ…あ、言い忘れてた、カサブランカ級6番艦、ガダルカナル正式に着任!新人だけど先輩に負ける気はないよ、can do!没想到这么快就见面了,司令官。虽然还没有准备好,但相信在您的港区里,我可以更好地锻炼我自己…啊,忘记说了,卡萨布兰卡级六号舰,瓜达卡纳尔,正式报到!虽然只是一个新人,但是我是不会输给任何前辈们的,can do!
母港(昼間)みんな、しっかり訓練して!戦場だと忘れたことを勉強しなおす時間はあまりないから。各位,抓紧训练哦!战场上可没有多少时间给我们学习遗忘的知识。
潜水艦を攻撃するなら…夜のほうがさらに有利でしょ?今の装備からはちょっと難しいように見えるけど、ある程度訓練してれば、問題ないと思う。对付潜艇的话…夜间会不会更加有利一些?虽然从现在的装备来看有些困难,但是有所训练的话,我想应该没问题。
U505は他の潜水艦とはちょっと違うかな。いつも無口で一人でぼーっとしてる、とってもかわいい子なんだよ。ハグしてこよーっと。U505和其余的潜艇有些不同呢,总是很沉默地一个人呆着,嘻嘻~可能会是一个很可爱的孩子呢,好想抱抱她。
母港(夜間)あああ…艦載機が着陸失敗して火が!!えー!まだ見つからない機もいる!せっかく司令官が見に来てくれた訓練なのに恥ずかしい…啊啊啊……飞机降落失败着火了!!不好,还有个飞机怎么找不到了!……唉,难得在司令官面前训练居然这么丢脸,要死了……
狭い場所を通る時は絶対に艤装に当たらないように注意しないと、絶対に…あちゃ、また失敗…緊張しすぎたせいかな。よし、明日の訓練を増やそう。通过狭窄的地方时,不能碰到舰装,绝对不能…啊,又失败了…自己还是太紧张了,那么,今天就为自己增加一些训练吧。
今日も訓練で失敗しちゃった。でも、アタシを信じて司令官。アタシは毎日新しい自分になるから。だから、明日も訓練見に来てよ。今天也犯了不少错误,那在明天的训练中,就要努力去克服。相信我,司令官,每一天我都会带来全新的自己。
フレンド訪問
提督室
戦闘突入本当に予想がバッチリ当たったね、次はアタシの番だね。您真是料事如神呢,接下来就看我的了。
攻撃初めからこういう攻撃すればいいのに。原来要这样攻击才行……
中破どこがやられたの…哪里做得不够好吗……
誓約アタシが着任した時、戦うどころか艦載機の離発着でさえ問題が出てるの覚えてる?…へへ、考えてみればあっという間だね。今のアタシはやっと一人前になったし、これからもっとたくさんの不可能を可能にしていこうか。(反転)记得我刚到港区的时候,别说战斗了,连飞机的起落都会出问题,嘿嘿……想想看,这一切都好快,现在的我也终于可以独当一面了,接下来,就让我们一起把更多的不可能变成现实吧。
誓約後(昼間)またアタシの訓練見に来てくれたの?いつもこんなにアタシのこと気にしてたら、自分の仕事が遅れるよ…分かった、じゃ、ちょっと休んでから、この後は仕事頑張ろうか!仕事終わったら、頑張って働いた司令官にご褒美をあげるからさ(反転)嘻嘻~又来看我训练了?老是这么关注我,可是会耽误你自己的工作哦…好啦,那你休息一下,可接下来要努力工作哦!等我结束了工作回去,会给你努力工作的奖励的~
今回は、絶対…あと少し……えいっ!やった!ほらほら、司令官見た?初めて成功したよ、でもこれからもずっと出来るようにしないと…今回の成功を祝して、今夜は冷えたココナッツジュースが飲みたいな、へへ!(反転)这次,一定…就差一点了……耶!成功啦!嘿嘿,司令官您看到了吗?这是第一次成功哦,不过以后会一直成功下去的…为了庆祝这次好的开始,今晚我想喝点冰好的椰子汁,嘿嘿!
今日は休みだし、一緒にサーフィンに行こうよ?…ダメ?怖くないよ、アタシが教えてあげるからさ。(反転)今天休息,一起去海边冲浪如何?…嘻嘻,不会吗?不要害怕,我教你呀。
誓約後(夜間)司令官、この先実現したい目標の計画を練ってるんだけど、一緒に考えてくれない?…デートっていうやつなんだけどさ。(反転)司令官,我在制定一些计划,是关于未来想要实现的目标的,您要一起吗?…快点坐过来,看,很多都和您有关哦,这就是我们共同的未来。
司令官のとこに来てから、まるで生活が変わったみたい…アタシの実力は別に最強ってわけじゃないけど。でもあなたがいてくれるから、何もかも全部上手くいくようになった。そんな気がする。(反転)自从来到您身边,生活仿佛就变了一番模样…虽然我自己实力并不是最强的,但有您在,一切都变得很顺利呢。嘻嘻,你想要什么奖励呢?
アタシたち艦船は結局敵を沈めて、敵に沈められる運命から逃げられない。もちろん、前者になるか後者になるかはアタシたちがこれまで学んできたこととこれからすることにかかってる。だからね…アタシの全部をあなたに捧げるよ、大好きな司令官!(反転)所谓的舰娘,终归逃脱不了击沉敌人和被敌人击沉的命运。当然,成为前者还是后者,取决于我们现在之所学和以后之所为。所以说……我的一切,可是交给您了哦,我最爱的司令官~!
 
 

艦種紹介

日本版カサブランカ級護衛空母、ボーグ級と比べて船速が上がり設計が簡略化された。護衛空母はパトロール部隊の中心になり、反潜の切り札となった。ガダルカナルは大西洋パトロール時、彼女と部隊の攻撃でU-505を浮上させ、最終的に拿捕した。この成果はドイツ戦術研究、ドイツの暗号解読に大きく貢献した。この戦争期間中の功績によって大統領勲章が与えられ、そしてU-505は今もシカゴで保存されている。
中国版卡萨布兰卡级护航航母相比博格级有一些改进,航速也略高。以护航航母为核心的巡逻编队是反潜的王牌。瓜达卡纳尔号及其编队在大西洋巡逻时,她和编队的攻击迫使U-505上浮并最终俘获了U-505潜艇,这对研究德国战术,破译德国密码情报帮助很大,由于在战争期间的出色表现,她获得了总统嘉奖令,而U-505至今保存在芝加哥。
 

入手手段/ドロップ海域

大陸版:DBドロップ(7-2)
日本版:ドロップ(7-2)

 

性能や運用について

  • ドロップ限定の軽空母。入手は7-2という後半海域のみ。
  • 性能自体はボーグとあまり変わりがないが、耐久が1上がった事で4n艦となった。
    差異としては耐久・速力・対空・索敵がほんの僅かながら上となっている。
    持参装備に関しても特筆すべき点はない。
  • 代わりに運は20と高水準。
    敵潜水艦を捕獲したという武勲艦である事が反映されているのかもしれない。

ゲーム内では

  • 他の軽空母とは違い、飛行甲板がサーフボードになっている変わった軽空母。
    手に持った釣竿の糸の先には潜水艦が引っかかっている。
    • この潜水艦は他ならないU505。後述の史実を元にしている。
      また、母港台詞でもU505に対して言及している。
  • 中破時には釣り糸が絡まって大変な事になっている。

元ネタ解説

No311 ガダルカナル/元ネタ解説

所属United States Navy
艦種・艦型カサブランカ級航空機搭載護衛艦→補助航空母艦(1942)→護衛空母(1943)→雑役航空母艦(1955)
正式名称USS Guadalcanal (AVG/ACV/CVE/CVU-60)
名前の由来Guadalcanal ソロモン諸島ガダルカナル島
モットーCan do
起工日1943.1.5
進水日1943.6.5
就役日(竣工日)1943.9.25
退役日(除籍後)1946.7.15 1958.5.27除籍(1959.4.30売却後解体)
全長(身長)156.0m
基準排水量(体重)7800英t(7925t)
出力メーカー不詳重油専焼缶4基スキナー式ピストン型5気筒ユニフロー蒸気機関2基2軸 9000shp(9124.8PS)
最高速度19.25kt(35.65km/h)
航続距離15.0kt(27.78km/h)/10240海里(18964.5km)
乗員910~916名 乗組員860名 航空隊員50~56名
装備5inch38口径単装両用砲1門
ボフォース40mm機関砲x16
エリコン20mm機関砲x20
艦載機22
装甲なし
建造所Kaiser Shipyards, Vancouver, Washington
(カイザー造船バンクーバー造船所 アメリカ合衆国ワシントン州クラーク郡バンクーバー市)
勲章Presidential Unit Citation
American Campaign Medal
European-African-Middle Eastern Campaign Medal(3 stars)
World War II Victory Medal

カサブランカ級について

  • カサブランカ級は、サンガモン級の後継にあたる護衛空母である。
    前級のサンガモン級とボーグ級は共に3C型商船、T2型油槽船と言った船舶をベースにした護衛空母であったが、今級は新規で船体を設計している。
  • 今級の生産を推し進めたのはアメリカ近代造船の父とも言える実業家ヘンリー・J・カイザー*1
    彼の提出したプランが軍に採用され生産が決定、アメリカ海軍はその数なんと50隻を発注している。
  • 膨大な数が建造されたカサブランカ級は素早く、そして大量に作られた。
    あまりに建造ペースが早く、1週間に1隻というスピードで就役した事から週刊護衛空母という異名まで持っている。
  • もっとも大量生産を重視した艦であり、性能は航空機を運用する上で最小限の程度に絞られた。
    機関は蒸気レシプロ機関であり、構造上整備泣かせの代物であったが、護衛空母としては初の機関シフト配置*2等も盛り込まれた。
    一方で装甲は殆ど犠牲になったも同然であり、それ故にジープ空母等とも呼ばれている。
  • 艦載機は主に対空用のF4FFM-2)を16機、対潜用のTBFTBM-3)を12機搭載。小型で鈍足な艦だが油圧式のカタパルトを装備していたため、ある程度の航空機は運用出来た。
    さらに全艦に対水上レーダーと対空レーダーを標準装備。日本軍では駆逐艦クラスへの配備も覚束なかったレーダーをこの規模の艦艇に標準装備出来たあたりにアメリカの工業力・技術力が伺える。
    航行速度も20ノット未満と空母としてはかなりギリギリの数値だが、それよりさらに鈍足な輸送船団の護衛が主目的なので充分ではあった(艦載機の発進についても前述のようにカタパルトがあるので無問題)。
  • 「航空機を運用する上で最小限」の性能ではあるが、逆に言えば「船団護衛という目的に対して必要十分」な性能を持った艦とも言える。
    現にこれらの「最小限の性能」で大量生産された護衛空母たちは、敵対する枢軸国軍からすれば「どの船団を襲おうとしても航空機が護衛についている」という悪夢にも等しい存在であった。
    特に通商破壊で猛威を振るった潜水艦にとって、これらの護衛空母とその艦載機はまさに天敵だった。
    • 「航空機が潜水艦の天敵」と書くと疑問符を浮かべる人もいそうだが、当時の潜水艦は現代のイメージと全く異なる兵器である。
      現代の魚雷を大きくしたような形状でずっと潜っている潜水艦と違い、第2次世界大戦の時代の潜水艦は水上艦に近い形状で、必要に応じて潜水する艦船だった*3
    • 当時の潜水艦は水上ではディーゼル機関、潜航時はバッテリー駆動が一般的だったが、バッテリーの容量が小さく、数時間程度しか連続活動出来なかった。
      さらに当時の潜水艦は潜航中に速度を出すことも出来なかった。艦級により前後するが、概ね水上では20ノット前後、水中では9ノット程度が限界で、潜航中は輸送船でも振り切れ得る速度しか出せなかったのだ。
      このため、普段は水上をディーゼルで航行(+バッテリーに充電)し、必要に応じて潜航するのが基本だった。
    • 上記のような事情から、襲撃前に遠距離から浮上中の潜水艦を発見出来る航空機が天敵になったのだ。
      浮上中に発見されればそのまま雷撃で沈められかねず、撃沈を逃れても輸送船団への攻撃はもう出来ない。前述のように潜航中は輸送船にすら振り切られる速度しか出せず、水上航行なら追いつけるものの20ノット程度でチンタラ追いかけようものなら護衛部隊に撃沈スコアを献上するのがオチ。
      このように、航空機に発見されればその時点でまず攻撃失敗は確定、最悪そのまま返り討ちにされるため、発見された潜水艦は潜って逃げるしか手がなかったのである。
  • イギリスへ貸与されたボーグ級とは対照的に、カサブランカ級はアメリカ海軍のみで運用された。
    もっとも、大西洋以外にも太平洋で運用された艦も多く、日本軍との激戦により4隻が戦没している。
    多くの場合は特攻機による損失であったが、レイテ沖海戦のひとつ、サマール沖海戦で日本軍戦艦の砲撃で沈んだタフィ3所属の「ガンビア・ベイ」も存在する。
  • 大戦を生き延びたカサブランカ級は戦後も引き続き使用され、一部の艦は航空機輸送船として1960年代まで使用された。

ガダルカナルの戦歴

  • ガダルカナルはカサブランカ級護衛空母の6番艦として建造された。
    起工は1943年1月5日、その半年後の6月15日に進水、9月25日に就役。
    艦名は太平洋戦争の激戦地であるガダルカナル島に因んでいる。
    起工時の名前はアストロレーブ・ベイであり、進水の際に艦名が変更された。
  • 就役後、ダニエル・V・ギャラリー艦長の指揮の下、ガダルカナルは大西洋で活動した。
    22.3任務群の旗艦となったガダルカナルは、主に対潜哨戒活動に従事している。
  • 1944年1月5日、北大西洋で活動中のガダルカナルは補給中のドイツ軍潜水艦3隻を発見。
    これを艦載機で攻撃し、U-544を撃沈する戦果を挙げている。
     
  • 1944年6月4日、ブランコ岬西南西で活動中だったガダルカナルは艦載機の哨戒活動でUボートを発見する。
    この時発見したUボートこそ、ドイツ海軍の潜水艦U505であった。
    旗艦のカサブランカが率いる22.3任務群はさっそく捜索を開始、僚艦の駆逐艦と共同でU505を炙り出した。
  • 駆逐艦のヘッジホッグによる攻撃などでU505を追い詰めるも、成果はいまひとつであった。
    艦載機がU505のいる位置へ機銃掃射を行い攻撃を指示、駆逐艦の爆雷攻撃でダメージを与え、U505は緊急浮上した。
    浮上後、乗員が脱出を開始、機密書類の破棄や自沈の手はずが整えられた。
  • ガダルカナルのギャラリー艦長はこの好機を見逃さなかった。
    予め、Uボートを捕獲するためのチームを編成されており、まだ航行するU505へ移乗。
    機密書類の確保、自沈の阻止作業が行われ、U505は制圧。星条旗が艦橋から掲げられ、作戦は大成功を収めた。
    この戦いの死者はU505の乗員1名のみ。米軍はドイツ海軍のUボート1隻まるごと鹵獲、そして貴重な機密書類、捕虜を手に入れた。
  • このU505入手の功績により、22.3任務群は殊勲部隊章が授与された。
    しかし、Uボート入手の秘密がドイツに漏れる事を防ぐため、緘口令が敷かれ、戦後になってようやくこの事実が世間に知らされた。
  • その後もガタルカナルは対潜哨戒や潜水艦掃討作戦に参加している。
    また、大戦終盤までの間は訓練活動にも参加、飛行訓練活動などで多くのパイロット育成にも従事した。
    そして1945年4月のドイツ降伏、さらに8月の日本降伏に伴いガダルカナルは大戦を無事に生き抜いた。
  • 1946年7月15日に退役。その後は予備役として保管状態に入る。
    そして1955年7月に分類を雑役空母(CVU)に変更され、1958年5月27日に除籍された。
    その後、船体はスクラップとして売却された。
    • 余談であるが捕獲されたU505の方は戦後、博物館船として保存され、今なお現存している。
      また、U505の保管に関しては他ならないガダルカナル艦長であるギャラリー氏とその兄弟も関わっている。
 

国別艦種一覧表

太文字は中国版のみ実装

アイスランド沿岸警備隊 Landhelgisgæsla Íslands/Icelandic Coast Guard

補給艦-------オーディン

アメリカ海軍 The United States Navy

航空母艦レキシントン級レキシントンサラトガ
レキシントン改サラトガ改
レンジャー級レンジャー改
ヨークタウン級ヨークタウンエンタープライズホーネット
ヨークタウン改エンタープライズ改
ワスプ級ワスプ
ワスプ改
エセックス級エセックスタイコンデロガレキシントン(CV-16)ハンコック
軽空母ラングレー級ラングレー
ラングレー改
レンジャー級レンジャー
サンガモン級サンティー
ボーグ級ボーグ
ボーグ改
カサブランカ級ガダルカナル
インディペンデンス級プリンストンサン・ジャシント
プリンストン改
サイパン級サイパン
戦艦ネバダ級ネバダオクラホマ
ネバダ改オクラホマ改
ニューメキシコ級ニューメキシコ
テネシー級テネシーカリフォルニア
テネシー改カリフォルニア改
コロラド級コロラドメリーランドウェストバージニア
コロラド改メリーランド改ウェストバージニア改
ノースカロライナ級ノースカロライナワシントンワシントンちゃん
ノースカロライナ改ワシントン改
サウスダコタ級サウスダコタインディアナマサチューセッツ
サウスダコタ改
アイオワ級アイオワニュージャージーミズーリウィスコンシン
巡洋戦艦アラスカ級アラスカグアム
レキシントン級コンステレーション
重巡洋艦ペンサコーラ級ペンサコーラソルトレイクシティー
ペンサコーラ改
ノーザンプトン級ノーザンプトンヒューストンオーガスタ
ノーザンプトン改ヒューストン改
ポートランド級ポートランドインディアナポリス
ポートランド改
ニューオーリンズ級ニューオーリンズタスカルーササンフランシスコクインシー
ニューオーリンズ改サンフランシスコ改クインシー改
ウィチタ級ウィチタ
ウィチタ改
ボルチモア級ボルチモアボストンメイコン
ボルチモア改
デモイン級デモインセーラムニューポート・ニューズ
軽巡洋艦オマハ級オマハ
オマハ改
ブルックリン級ブルックリンサバンナフェニックスセントルイスヘレナ
ヘレナ改
アトランタ級アトランタジュノーサンディエゴサンファンオークランド
アトランタ改ジュノー改
クリーブランド級クリーブランドコロンビアモントピリアデンバー
ファーゴ級ハンティントン
ウースター級ウースター
駆逐艦ポーター級ポーターフェルプス
ポーター改
ベンハム級スタレット
マハン級マハンカッシングスミス
マハン改
シムス級ハムマン
ベンソン級ラフィー
フレッチャー級フレッチャーニコラスオバノンシグスビーハルフォードコンバースサッチャー
アンソニーヒーアマンホーエルサリバンジョンストン
クラクストンダイソンウィリアム・D・ポーターブレインカッシン・ヤングチャールズ・オースバーンテイラー
フレッチャー改ブレイン改サリバン改ウィリアム・D・ポーター改ホーエル改ジョンストン改
アレン・M・サムナー級ラフィー
ラフィー改
ギアリング級ギアリングジャイアットフランク・ノックスティンマーマンパワー
ギアリング改
バックレイ級イングランド
ジョン・C・バトラー級サミュエル・B・ロバーツ
サミュエル・B・ロバーツ改
潜水艦ナーワル級ノーチラス
ガトー級アルバコアバーブ
アルバコア改
バラオ級タングアーチャーフィッシュ
アーチャーフィッシュ改
補給艦ARヴェスタル
防空ミサイル駆逐艦チャールズ・F・アダムズ級チャールズ・F・アダムズ
ミサイル戦艦アラスカ級アラスカ改グアム改
アイオワ級ミズーリ改

王立海軍(イギリス海軍) Royal Navy

航空母艦アーク・ロイヤル級アーク・ロイヤル
装甲空母イラストリアス級イラストリアスフォーミダブルインドミタブル
インプラカブル級インプラカブル
軽空母ハーミーズ級ハーミーズ
アーガス級アーガス
アーガス改
ユニコーン級ユニコーン
アタッカー級チェイサー
チェイサー改
コロッサス級コロッサス
戦艦エジンコート級エジンコート
クイーン・エリザベス級クイーン・エリザベスウォースパイト
リヴェンジ級ロイヤル・オーク
N3級セント・ジョージ
ネルソン級ネルソンロドニーロドニーちゃん
ネルソン改ロドニー改
キング・ジョージⅤ世級キング・ジョージ5世プリンス・オブ・ウェールズデューク・オブ・ヨーク
プリンス・オブ・ウェールズ改
ライオン級ライオン
ヴァンガード級ヴァンガード
ヴァンガード改
巡洋戦艦ライオン級ライオン
カレイジャス級カレイジャスグローリアス
レナウン級レナウンレパルス
レナウン改レパルス改
インコンパラブル級インコンパラブル
アドミラル級フッド
フッド改
航空戦艦カレイジャス級フューリアス
重巡洋艦ケント級ケントサフォークカンバーランド
ケント改
ロンドン級ロンドンシュロップシャー
ロンドン改
ノーフォーク級ノーフォーク
ヨーク級ヨークエクセター
軽巡洋艦ダナイー級デリー
エメラルド級エメラルドエンタープライズ
エメラルド改エンタープライズ改
リアンダー級エイジャックス
アリシューザ級アリシューザガラティアペネロピオーロラ
サウサンプトン級シェフィールド
エディンバラ級エディンバラベルファスト
ダイドー級ダイドーシリアスアルゴノート
シリアス改
ネプチューン級ネプチューン
タイガー級タイガー
モニター艦ロバーツ級ロバーツアバークロンビー
ロバーツ改アバークロンビー改
ロード・クライヴ級ロード・クライヴ
駆逐艦A級アーデントアカスタ
G級グローウォーム
グローウォーム改
トライバル級コサックエスキモーパンジャビ
コサック改エスキモー改パンジャビ改
J級ジャッカルジュノージャベリン
ジャッカル改ジュノー改ジャベリン改
K級ケリー
L級リージョン
S級ソーマレズ
V級ヴィーナス
ヴィーナス改
バトル級バーフラー
デアリング級ディフェンダー
改ブラックスワン級スターリングアメジスト
アメジスト改
潜水艦K級K1
潜水砲艦M級M1M2
防空ミサイル駆逐艦カウンティ級グラモーガン

イタリア海軍 Regia Marina

航空母艦ヴィットリオ・ヴェネト級インペロ
インペロ改
装甲空母アクイラ級アクィラ
軽空母スパルヴィエロ級スパルヴィエロ
戦艦アンドレア・ドーリア級アンドレア・ドーリアカイオ・ドゥイリオ
アンドレア・ドーリア改
ヴィットリオ・ヴェネト級ヴィットリオ・ヴェネトローマ
ヴィットリオ・ヴェネト改
重巡洋艦ザラ級ザラ
ボルツァーノ級ボルツァーノ
軽巡洋艦アルベルト・ディ・ジュッサーノ級アルベルト・ディ・ジュッサーノ
エマヌエレ・フィリベルト・デュカ・ダオスタ級エマヌエレ・フィリベルト・デュカ・ダオスタ
ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィ級ドゥーカ・デッリ・アブルッツィガリバルディ
カピターニ・ロマーニ級ポンペオ・マーニョ
モニター艦ファー・ディ・ブルーノ級ファー・ディ・ブルーノ
駆逐艦ナヴィガトーリ級アントニオ・ダ・ノリウゴリーノ・ヴィヴァルディアルヴィーゼ・ダ・モスト
ウゴリーノ・ヴィヴァルディ改
ソルダティ級カミチア・ネーラアヴィエーレ
潜水艦グリエルモ・マルコーニ級レオナルド・ダ・ヴィンチ

王立オーストラリア海軍 Royal Australian Navy

重巡洋艦ケント級キャンベラ
駆逐艦アドミラルティV級ヴァンパイア

オーストリア=ハンガリー帝国海軍 K.u.K(Kaiserliche und königliche) Kriegsmarine/Császári és Királyi Haditengerészet

王立海軍(オランダ海軍) Koninklijke Marine

軽巡洋艦デ・ロイテル級デ・ロイテル
デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン

王立カナダ海軍 Royal Canadian Navy/Marine royale canadienne

駆逐艦トライバル級ハイダ

ギリシャ海軍 Πολεμικό Ναυτικό

重巡洋艦ピサ級イェロギオフ・アヴェロフ
軽巡洋艦應瑞級エリ

スウェーデン海軍 Svenska marinen

軽巡洋艦トレ・クロノール級イェータ・レヨン
航空巡洋艦ゴトランド級ゴトランド
モニター艦スヴァリイェ級グスタフ5世

スペイン海軍 Armada Española

重巡洋艦カナリアス級カナリアス
軽巡洋艦メンデス・ヌニェス級メンデス・ヌニェス

ロシア帝國海軍 Российский императорский флот

重巡洋艦リューリク級リューリク
モニター艦ノヴゴロド級ノヴゴロド

赤色海軍 Военно-морской флот СССР

戦艦23設計戦列艦ソビエツキー・ソユーズ
巡洋戦艦82型スターリングラード
重巡洋艦66型モスクワ
軽巡洋艦スヴェトラーナ級クラースヌイ・カフカース
26型(キーロフ級)キーロフ
オマハ級ムルマンスク
ムルマンスク改
68bis型(スヴェルドロフ級)スヴェルドロフジェルジンスキーミハイル・クトゥーゾフ
駆逐艦オルフェイ級エンゲルス
7型(グネフヌイ級)グレミャーシチイレシーテリヌイ
20I型タシュケント
タシュケント改
38型(レーニングラード級)ミンスク
41型ネウストラシムイ
47型Проeкта47
48型(キエフ級)キエフ
旧・暁型ヴェールヌイ
旧・ソルダティ級ローフキイ
ミサイル駆逐艦56u型ベドーヴイ
57bis型(グネフヌイ級)ジュグーチイ

タイ王国海軍 กองทัพเรือ

モニター艦トンブリ級トンブリ

大韓民国海軍 대한민국 해군

駆逐艦旧・米フレッチャー級忠武
忠武改
旧・米ギアリング級江原
江原改
ミサイル駆逐艦蔚山級蔚山?

中華民國海軍 Republic of China Navy

軽巡洋艦海天級海圻
應瑞級應瑞肇和
逸仙級逸仙
逸仙改
寧海級寧海平海
寧海改平海改
旧・英アリシューザ級重慶
駆逐艦旧・陽炎型丹陽

中華人民解放軍海軍(中国人民解放军海军) People's Liberation Army Navy

ミサイル駆逐艦6607型(旧・露ソーコル級)長春

チリ海軍 Armada de Chile

軽巡洋艦旧・米ブルックリン級オヒギンズ

ドイツ帝国海軍 Kaiserliche Marine

巡洋戦艦モルトケ級モルトケゲーベン
ザイドリッツ級ザイドリッツ
駆逐艦1916型S113

ドイツ海軍 Kriegsmarine

ドイツ連邦海軍 Bundesmarine

防空ミサイル駆逐艦リュッチェンス級リュッチェンス

トルコ海軍 Türk Deniz Kuvvetleri

巡洋戦艦モルトケ級ゲーベン

大日本帝國海軍 Imperial Japanese Navy

航空母艦赤城型赤城
赤城改
加賀型加賀
加賀改
蒼龍型蒼龍
蒼龍改
飛龍型(改蒼龍型)飛龍
飛龍改
翔鶴型翔鶴瑞鶴
翔鶴改瑞鶴改
装甲空母大鳳型大鳳
大鳳改
大和型信濃
信濃改
軽空母鳳翔型鳳翔
龍驤型龍驤
祥鳳型祥鳳瑞鳳
祥鳳改瑞鳳改
飛鷹型飛鷹隼鷹
飛鷹改隼鷹改
大鷹型神鷹
戦艦金剛型金剛改
扶桑型扶桑山城
山城改
伊勢型伊勢日向
長門型長門陸奥
長門改
巡洋戦艦金剛型金剛比叡榛名霧島
十三号型十三号戦艦(有明)
B65型(超甲型)B65(黒姫)
航空戦艦扶桑型扶桑改
伊勢型伊勢改日向改
重巡洋艦古鷹型古鷹加古
古鷹改加古改
青葉型(改古鷹型)青葉衣笠
青葉改
妙高型妙高羽黒
高雄型高雄愛宕摩耶鳥海
高雄改愛宕改摩耶改鳥海改
最上型最上三隈鈴谷熊野
伊吹型(改鈴谷型)鞍馬
軽巡洋艦天龍型天龍龍田
天龍改龍田改
球磨型北上大井
長良型五十鈴
五十鈴改
川内型川内神通那珂
川内改
夕張型夕張
夕張改
香取型香取
香取改
大淀型大淀
阿賀野型阿賀野
重雷装巡洋艦球磨型北上改大井改木曽
航空巡洋艦最上型最上改
大淀型大淀改
駆逐艦峯風型峯風
睦月型睦月
吹雪型(特1型)吹雪白雪初雪深雪
吹雪改白雪改初雪改深雪改
綾波型(特2型)綾波敷波天霧
綾波改敷波改
暁型(特3型)
暁改雷改電改
白露型白露時雨村雨夕立
陽炎型陽炎不知火黒潮雪風天津風
不知火改嵐改
秋月型秋月涼月初月冬月宵月
秋月改涼月改
改秋月型早春
早春改
島風型島風
松型
潜水艦呂33型(海中6型)呂34

フィンランド海軍 Merivoimat

モニター艦イルマリネン級ヴァイナモイネン

フランス海軍 Marine nationale française

航空母艦ベアルン級ベアルン
軽空母旧・英コロッサス級アローマンシュ
戦艦リヨン級リヨン
ダンケルク級ダンケルクストラスブール
リシュリュー級リシュリュージャン・バール
リシュリュー改
重巡洋艦エドガー・キーネ級エドガー・キーネ
アルジェリー級アルジェリー
軽巡洋艦ジャンヌ・ダルク級ジャンヌ・ダルク
ラ・ガリソニエール級ジョルジュ・レイグ
ド・グラース級ド・グラース
駆逐艦ヴォークラン級ヴォークラン
ヴォークラン改
ル・ファンタスク級ル・ファンタスクル・テリブル
ル・ファンタスク 改
モガドール級ヴォルタ
ヴォルタ改
シュルクーフ級マイレ・ブレゼ
潜水砲艦スルクフ級スルクフ
スルクフ改

ポーランド海軍 Marynarka Wojenna

軽巡洋艦ダナイー級ドラゴン
駆逐艦グロム級ブリスカヴィカ

モンゴル海軍 Монгол улсын цэргийн

補給艦ОТА-900型スフバートル

ユーゴスラビア海軍 Jugoslavenske ratne mornarice

駆逐艦スプリト級スプリト

深海軍 Abyss Fleet

装甲空母Taihō classTaiho
Graf Zeppelin-classPeter Strasser
航空母艦Ο級敵航空母艦
Χ級
Shōkaku-classShokakuZuikaku
Akagi-classAkagi・Kaga
Kaga-class
----
軽空母Ξ級敵軽空母
Ryujo-classRyujo
戦艦Λ級敵戦艦
Μ級
Ψ級
Yamato-classYamatoMusashi
Bismarck-classBismarckTirpitz
Hindenburg-classHindenburg
Kaiser-classFriedrich der Grosse
Virginia
Southdacota-classBB-57
航空戦艦Ν級敵航空戦艦
(´・ω・`)
(´・∀・`)
巡洋戦艦Κ級敵巡洋戦艦
O ClassBarbarossa
Derfflinger ClassDerfflinger
No.13 super Battleship
重巡洋艦Ι級敵重巡洋艦
Ω級
重雷装巡洋艦θ級敵重雷装巡洋艦
軽巡洋艦Ε級敵軽巡洋艦
Ζ級
Η級
ei級
モニター艦Deutschland-classSchleswig-Holstein
Monitor
駆逐艦Α級敵駆逐艦
B級
Γ級
Δ級
Τ級
陽炎型yukikaze
ミサイル駆逐艦au級敵ミサイル駆逐艦
Zumwalt-classZumwalt
防空ミサイル駆逐艦be級敵防空ミサイル駆逐艦
潜水艦Π級敵潜水艦
Ρ級
Σ級
補給艦Υ級敵補給艦
迷子になった補給艦
旗艦旗艦Ν級Ⅰ型
陸上型Pachina
Kamikaze
要塞Leopold(K5)
Savoy
空港X. Fliegerkorps

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 水着モーさんかな? -- 2017-09-13 (水) 20:32:31
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 1882年~1967年没。ブロック工法と電気溶接を利用した戦時標準輸送艦、リバティ船建造の立役者でもある。
*2 タービンとボイラー室をそれぞれ交互に配置する事で、機関被弾時に動力を喪失しないようにする配置方法。
*3 このため可潜艦と呼ばれることもある